スポンサーリンク

2013年10月30日

【男の城?】『ミニ書斎をつくろう』杉浦伝宗


ミニ書斎をつくろう (メディアファクトリー新書)
ミニ書斎をつくろう (メディアファクトリー新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、当ブログの読者さんなら見逃せない(?)1冊。

テレビ・雑誌等でも「ちっちゃな家シリーズ」が好評な杉浦伝宗さんによる「小さな書斎」指南本です。

アマゾンの内容紹介から。
書斎がほしいが、自宅には空いている部屋がない。それなら、「ミニ書斎」をつくってみてはいかがだろうか。独立した書斎を持つことは難しくても、廊下やリビングの一角、階段下などの空きスペースを読書や趣味の世界に浸れる空間に変えることは可能だ。数々の狭小住宅を手がけ、居心地のいい空間づくりに定評のある建築家が、男の夢を現実にする福音の書!

自分の部屋がなくとも「書斎」は持てるんです!




【ポイント】

■1.ミニ書斎の定義
「ミニ書斎」を私なりに定義すれば、次のようになります。
ミニ書斎とは、寝室・リビング・廊下・階段などの一角に設けられた、広さ3畳以下の、世帯主の男性専用のスぺース。男性はここで一人だけの自由な時間を過ごすことができる。


■2.ミニ書斎の「3種の神器」
 私は、ミニ書斎に最低限必要な家具調度品として、またミニ書斎の空間を形づくるアイテムとして、「机」「椅子」「書棚」が重要だと考えています。いわばこの3つがミ二書斎の「三種の神器」です。
 ミニ書斎の場合、もともと屋内の一角を利用するものなので、空間の3要素のうちの「床」と「天井」は最初から確保できています。問題は「壁」ですが、ミニ書斎用に新たに壁を増設するのは難しいでしょう。
 ではどうするかというと、いま登場してもらったばかりのミニ書斎の三種の神器、「机」「椅子」「書棚」のうちの「書棚」に活躍してもらうのです。


■3.「こもり感」の必要度を読書で確かめる
 そこで、提案です。週末や休日の夜など、家族が最も集まる時間帯に、リビングで少し難しめの本(自然科学・先端技術・哲学・経済の専門書など)を読んでみましょう。一度読むだけで、書いている内容がすっと頭に入ってくれば、あなたは外界のノイズを気にせずに集中できるタイプ。すなわち、こもり感をあまり必要としない派です。同じぺージの同じ行を何度読んでも意味がつかめないのであれば、静かな環境でないと集中できないタイプ。すなわち、こもり感重視派になります。


■4.お互いの目と目が合わないよう、目線の高さを変える
 たとえば、家族が普段リビングのソファーに座っている場合や、テーブルを使っている場合は、ミニ書斎はわざと座卓でつくるのがいいでしょう。逆に、家族が普段リビングの床に直に座っているなら、ミニ書斎はこれまでの記述どおり、机と椅子で構成するといいのです。(中略)
もちろん、お互いの存在は視界には入っているので、完全に無視するのは不可能でしょう。とはいえ、目線にいくらかの高低差があれば、お互いを意識する心理は薄らぎ、それぞれが自分だけの世界に没入しやすくなります。


■5.間仕切りは書棚で兼ねる
 ミニ書斎をつくるときに、私が特に重視しているのが「こもり感」です。こもり感とは、「家族から一人離れて書斎にこもっている感覚」のこと。そこで問題になるのが、自分一人だけを家族からどう分離するか。書斎のように独立した一室を持たないミニ書斎の場合、自分と家族とのあいだでスぺースをどう仕切るかが大きなテーマになります。(中略)
より強固で確実なこもり感を得るためには、やはり書棚を活用するのがべスト。なぜなら、最低でも20cm程度の厚み(奥行き)がある書棚は、一般的な衝立やパーティションに比べて、感覚的にはより「壁」に近いからです。


■6.低い書棚で部屋を広く見せる
 欧米の住宅を視察して感心するのは、あえて背の低い家具を配置することで、室内をゆったりと気持ちのいい空間に仕立てていることです。欧米の住宅は実際の延べ床面積も広いのですが、視覚を抜く効果で、さらに広く見せることに成功しています。
 この効果をミニ書斎にもぜひ応用したいところ。視線を書棚で遮断するのではなく、書棚の上に抜いてやる。すると視覚効果で、そこは実際の面積以上に広い空間に感じられるようになります。


■7.無垢の一枚板とカラーボックスで自作の机を
 もっと簡単につくりたい、という人には、市販のカラーボックスを使う方法もあります。 
 カラーボックスの基本サイズはほぼ決まっています。幅約40cm、奥行き約30cm。高さは1段が約30cmですから、2段のもの(中板1枚)で約60cm、3段のもの(中板2枚)で約90cm。ミニ書斎の机は高さを約70cmにしたいので、2段のカラーボックスを4個、左右2個ずつ使います(カラーボックスは1個1000〜2000円)。
 カラーボックスの置き方は、開口部が1つは手前に向くように、1つは外側を向くように。このままだと高さが60cmで、目安となる70cmに10cm足りません。そこで、厚さ10cm分の板材数枚を、カラーボックスの幅と奥行きの長さに揃えてお店でカットしてもらい、それらを「ゲタ」としてかませる形で、その上に天板を載せてしまいます。


【感想】

◆「書斎」というと、丁度1年ちょっと前に、いしたにまさきさんのこの本をご紹介したことがありました。

あたらしい書斎
あたらしい書斎

参考記事:【読書ネタ?】『あたらしい書斎』いしたにまさき(2012年09月22日)

詳しくは上記参考記事をお読み頂きたいのですが、「デジタル書斎」としてEvernoteを推奨されたり、「アカデミーヒルズ 平河町ライブラリー」が登場したりと、「本」との関連性が高いです。

それに比べると、本書はやや「非読書用途」として「書斎」を捉えている感じ。

実際、著者の杉浦さんも趣味の「木工」作業を主に行ってらっしゃるようですし、「書斎」を「趣味の拠点になると考えている」とのことです。


◆ですから、「三種の神器」の1つである「書棚」は、本を収納する機能もさることながら、「壁」としての役割も需要に。

ある程度奥行きがあれば、自分のいる内側だけでなく、家族が外側からも本を並べることができれば、「ミニ書斎」を設置することの家族の同意も得やすいでしょう。

さすがに、リビングの一角に背の高い書棚を並べて「要塞」のようにするのは、いかがなものかと。

また、完全に遮断されていない分、ゆるやかに家族と接触できますし、完全に独立した別室の「書斎」とは違ったコミュニケーションが持てるのも、ミニ書斎の魅力です。


◆というわけで、本書の第3章以降は、実際の「ミニ書斎」作りのノウハウがぎっしりw

まず第3章では、「自宅にミニ書斎をつくる9のアイデア」と題して、さまざまな「ミニ書斎」のスタイルを紹介しています。

「押入れの中断を机にする」というのは、目からウロコでしたし、「押入れの中断を取り外して椅子、机、書棚を格納する」なんて、そのまま「秘密基地」杉ワロタ(賃貸だと難しいですがw)。

他にも「階段まわり」やら「廊下」も活用しているのは、さすが数々の狭小住宅を手掛けてきた杉浦さんならではでしょう。

続く第4章では、もうちょっと細かいTIPS(机や椅子の高さ、照明、etc...)が。

さらに第5章では、上記ポイントの7番目にあるように「DIY」で「三種の神器」を自作しています……って、私のような素人にはちょっとハードル高かったですがw


◆さすがに家具等を自作するのは、少々コストパフォーマンスが悪い(特に椅子は本書でも薦めていません)ですが、それ以外の章については、本書はなかなか役に立つと思われ。

特に、今現在、自分のスペースをお持ちでない方は、本書から「独立」のヒントを得て頂きたいところです。

逆に、独身だったり、まだ親元にいらっしゃる方にとっては、「自分の家」や「自分の部屋」そのものが、「ミニ書斎」の機能をカバーしているので、本書の意義は薄いでしょう。

ちなみに、私は今現在、納戸に置かれた机でこの記事を書いていますが、いずれこの部屋もムスコに解放するので、その後は「自室」はなくなりそうでして。

そうなったら、いよいよ本書に従って、リビングにでも「ミニ書斎」を作るつもりでおります。


自分のスペースが持ちたい方ならマスト!

ミニ書斎をつくろう (メディアファクトリー新書)
ミニ書斎をつくろう (メディアファクトリー新書)
第1章 書斎とは何か
第2章 ミニ書斎づくりの考え方
第3章 自宅にミニ書斎をつくる9のアイデア
第4章 快適なミニ書斎をつくるために
第5章 DIYでつくる三種の神器
第6章 ミニ書斎から独立した書斎へ


【関連記事】

【読書ネタ?】『あたらしい書斎』いしたにまさき(2012年09月22日)

【知的生産】『10分あれば書店に行きなさい』齋藤 孝(2012年10月27日)

【必読】『土井英司の「超」ビジネス書講義』に学ぶ、本の5つの選び方と2つの読み方(2012年05月30日)

【読書術】『頼れる!読書術』@週刊東洋経済(2011年01月18日)

【小飼邸動画アリ】「新書がベスト」小飼 弾(2010年06月11日)


【編集後記】

◆以前『150字からはじめる「うまい」と言われる文章の書き方』をご紹介して、「何で140字じゃないんだYO!」と散々言われた(?)高橋フミアキさんの新刊。

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック
一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

この本も面白そうですね。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

この記事のカテゴリー:「生活」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52101423