スポンサーリンク

2013年10月29日

【仕事術】『なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話』小笹芳央


なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話
なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、リンクアンドモチベーション会長、小笹芳央さんの仕事術本

本書は「日経ビジネスアソシエ」連載の「耳の痛い話」の再編集版になります。

アマゾンの内容紹介から。
カリスマ人事コンサルタントが教える「仕事で結果を出し、評価されるための思考法」。

読めば、上から評価される事ウケアイの1冊です!




【ポイント】

■1.仕事の適正を思い悩まない
 私はよく、こう言います。
「配属はポーカーのカードだ」
 中には、初めから「ワンぺア」が揃っている人もいる。仕事でいえば、希望に近い部署に配属されたようなものです。でも多くの人の手には、バラバラのカードしかない。それでも、ディーラーに対して「なぜこのカードが来たのですか」と聞いたりはしないでしょう。(中略)
 キャリア形成も同じです。最初の配属は初期設定。それを生かすも殺すも自分次第。その後の役作りで変わっていきます。初めはいいカードが来ていても、気を抜けば「それ以上」は望めなくなる。


■2.約束はあえて口に出す
 1つの約束を守り続けていくと評判や信頼が積み上がり、仕事がしやすい環境になっていく。つまり、「約束と実行」は「信頼残高」を高めてくれるものなのです。(中略)
 では、日本人の美徳である「不言実行」はどうなのでしょうか。
 結論から言うと、これはダメです。言わずに実行することには、価値はありません。周囲にあなたのすることを見てくれている「目利き」のような人がいれば、話は別ですが、そういう人はめったにいません。それよりも「宣言は信頼獲得への絶好の機会だ」と捉えて、約束を口に出してしまいましょう。


■3.自ら「崖っぷち」へ向かう
「火事場のバカ力」という言葉はご存じですよね。人間は、大きなプレッシャーがあると、それをバネに頑張る生き物なのです。(中略)
「最近、仕事が楽だな」と感じることはありませんか? これは実は「黄信号」です。そんな時は自ら、崖っぷちに向かいましよう。1人で商談に行ってみたり、あるいは大きなプロジェクトに立候補してみたり。適度な緊張状態に身を置くことでアドレナリンが出て、結果としてあなたの成長を後押ししてくれることでしょう。


■4.失敗しても前向きに解釈する
 仕事とは、すぐに成果の出るものではありません。例えば営業職であれば、電話でのセールスやアポ取りに何度も何度も失敗し、落ち込むこともあると思います。そんな時「今日1日はムダだった」と考えるのでは、あまりにもむなしい。心だって折れてしまうかもしれません。
 だから明日への一歩を踏み出すために、背中を押してくれる解釈をすることが大切です。エジソン流に言うと、こんな具合に。
「今日、電話した会社はウチの会社のターゲットではないことが分かった」
 つまり、傍から見れば失敗に映るようなことでも、意味づけ次第で失敗ではなくなるのです。


■5.対極の筋力を鍛える
例えば論理力に優れた人は、創造性に欠けていることが多い。ITスキルが高い人は生身のコミュニケーション能力が弱点であることが多い。ここが目のつけどころです。つまり、対極にある2つの能力を持ち合わせている人は、現実にはなかなかいない。例えばITに強い人と対人コミュニケーション能力が高い人がそれぞれ1万人いるとしたら、両方で高い能力を持つ人は10人いるかどうかだと私は思います。
 だから「反対側の筋力」を鍛えると、あなたのバリューは「極端なまでに」上がるのです。


■6.印象に残る自己紹介の4つの要素
 相手の印象に残る自己紹介に必要な要素は、(1)相手への敬意、(2)相手にとって予想外の話、(3)相手との親和性、(4)適度な笑いの4つです。敬意が欠かせないこと、適度な笑いで場を和ませることが大切というのは分かりますね。
 予想外の話とは、例えば、自分は相手の会社の製品を10年来使っている、といった意外性のある話題。親和性とは共通の知人、趣味、同郷や同窓といった話題です。これらをフックに話が膨らめば、相手は自分に興味を持ち、自分を記憶に残せるかもしれません。


■7.「極論思考」で物事の核心をつかむ
 ここに、他社の買収を考えている経営者がいます。もし、傘下に収めようと思っている会社の全従業員が「辞めます」と言ったらどうなるか。会社には事業や技術、土地などの資産だけでなく「人」という最大の財産があります。これがすべてなくなってしまうと、買収する意味がなくなります。そう考えると、まず、従業員を後ろ向きな気持ちにさせないことが大切だと分かります。(中略)
 このケースのように極端な考え方をすることで、物事の本質が見えてくることがあります。この手法は、後述するようにビジネスプランを提案する時にも役立ちます。ビジネスの基礎技術としてぜひ身につけてください。


【感想】

◆タイトル通り「耳の痛い話」が満載でした。

特にアソシエの読者層である「20〜30代ビジネスパーソン」に向けたもの、ということなのか、若手に対する提言が多いこと。

上記ポイントの1番目のように「配属」に始まり、割愛した中にも「ロールモデル探しは時間のムダ」「『やり直せばいい』は甘え」「若手に葛藤などありえない」等々、第1章からエンジンフル回転です。

続く第2章も『成長に効く「ツボ」を押さえよう』というタイトル通り、やはり比較的若手向けのTIPSが中心。

実はこの1,2章の2つの章だけで、今回の記事が終わる所だったので、一部後半の章と差し替えております。


◆そして後半部分のキモとなっているのが、第5章の『仕事の「基礎体力」を鍛える』。

「基礎体力」というくらいですから、やはり若手向けのTIPSが並んでいます。

割愛した中でなるほど、と思ったのが、「会議の議題に優先順位をつける」というもので、そのためには「一歩引いて全体を俯瞰」せよ、とのこと。

コツは「一画面戻る」。

例えば「営業マンの育成方法」という議題であれば、「そもそもどういう営業マンを育成したいのか」というところに戻るワケです(詳細は本書を)。


◆また上記ポイントの5番目の「対極の筋力を鍛える」というのも、意識したいところ。

よく、「複数のスキルを身に付けよ」という話は聞きますが、意図的に「対極」のスキルにする、というのは目からウロコでした。

実際、小笹さんもリクルート入社後最初の2年間は、「気合と根性」で結果を出し続けたものの、「このままでは壁に突き当たる」と「有給&自腹」でロジカルシンキングの講座に通ったとのこと。

その結果「根性があるだけでなく、ロジカルでもあるんだな」と周りの評価も変わったそうです。


◆この濃厚な3つの章に比べると、真ん中の第3章&第4章は、当ブログ的には若干弱いかも。

それでも、普通の本に貼るくらいの量の付箋を貼っていますので、その点はご安心を。

思うに、普通の本であれば、多少薄いパートがあっても許されるところ、雑誌の連載だと1回1回で評価される分、手を抜きようがないのでは?

新入社員から中堅クラスまでのビジネスパーソンなら、一読の価値はあります。


「良薬口に苦し」を地で行く1冊!

なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話
なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話
第1章 働くための「心構え」を作り直そう
第2章 成長に効く「ツボ」を押さえよう
第3章 折れない心の作り方
第4章 「組織」とどう向き合うべきか
第5章 仕事の「基礎体力」を鍛える
第6章 「できる」と思わせる対人スキル


【関連記事】

【仕事術】「自分は評価されていないと思ったら読む本」から学ぶ7つのポイント(2009年12月30日)

【仕事術】『最強「出世」マニュアル』浅野泰生(2013年09月26日)

【出世の秘策?】『なぜか評価される人の仕事の習慣』濱田秀彦(2013年07月20日)

【出世の秘訣?】『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?』に学ぶ5つのNG(2013年06月09日)

【出世のヒミツ!?】『上司から評価される人になる仕事のやり方・考え方』萱野 聡(2013年04月29日)

【出世の秘訣?】『入社1年目から使える「評価される」技術』横山信治(2012年11月27日)


【編集後記】

◆ちょっぴり気になっている本。

カネ遣いという教養 (新潮新書)
カネ遣いという教養 (新潮新書)

うーん、当ブログ的にはどうなのかと……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。