スポンサーリンク

2013年10月28日

『モテ男になるバイブル』が想像以上に凄い件について


モテ男になるバイブル―女性385人が初めて語った (フランス書院ノンフィクション新書)
モテ男になるバイブル―女性385人が初めて語った (フランス書院ノンフィクション新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、結構前に出ていたモテ本

たまたま先週、自宅の引っ越しの際に、クローゼットの奥の方から発掘されましたw

アマゾンの内容紹介から。
ほとんどの男たちが勘違いしている!OL、女子大生たちのアンケートから学ぶモテるポイント132。

なおタイトルは、お約束の「ホッテントリメーカー」作です!




【ポイント】

■1.ブランドモノは知識と一緒に持つ
 同じブランドモノを持つのでも、そのものに対するうんちくを少しでも知っていたりすると、女のコは「ただ持っているだけじゃなくて、こだわりがあるんだ」と思い、ポイントアップ。ここでさらにブランドモノ以外に、例えばアンティークのジッポーなど「自分、こだわってます」的なものと合わせて持っていると、「独特のセンスがあるんだわ」って、簡単に思っちゃうものなの。その際、男は自分の持っているものに対するうんちくだけは最低限知っておくのは鉄則。


■2.モテ男必須の「笑う」「さわる」「誉める」
 まずは"笑う"。これは女のコのいったことに対し、ただ笑うんじゃなくて大きな声でゆっくりと笑う。こうすることで女のコが気持ちよく話せるだけでなく、大人っぽい印象を残すことができるんだ。
 そして"さわる"。これはヤリ過ぎがあってもいけない難ポイント。具体的には"相手の話に対し大きな声で笑う"という流れがあるとして、このパターンの3〜4回に一度の割合でさわる。(中略)
 最後に"誉める"。ここでただ「きれいだね」って誉めるんじゃダメ。じゃあ、どうするかって? それはね、人前で誉めるの。こうするとたいていは恥ずかしがるけど、悪い気はしないもの。


■3.ルックスの前に「笑顔」を誉める
私がここでいいたいのは、こういう黙っていても勝手に男から誉められる部分を指摘する前に、あることを誉めると女のコは「この人は私の別の部分もしっかり見てくれてる」って錯覚するっていう裏ワザがあるのよ。
 それはズバリ、"笑顔"。
 まず最初に「笑顔がかわいいね」っていうの。そんなことサラッといわれて、嬉しくない女のコなんてまずいないんだから。そしてその後にさっきの"自信満々ポイント"をつっこむ。


■4.病み上がり数日後に気遣う
 カゼをひいたり、精神的にも立ち直ってからわりと日にちが経過しているのにもかかわらず「カゼ治った?」、「もう大丈夫なの?」って聞かれると、女のコって「ああ、この人ってちゃんと覚えてて気遣ってくれているんだ」とか「本当に心配してくれているんだなあ」って思うものなの。ダウンしているそのときに声をかけることも大事だけれど、このアフターケアができる方が、男としての価値は数段高いわね。


■5.自分から先に明るく秘密を暴露する
 自虐ネタを中心に、過去の恋愛遍歴や失敗談をおもしろおかしく暴露するんだ。そうすることで、相手の女のコも対抗意識を燃やして、さらに上の笑える失敗談などを語ってくれる場合があるんだ。
 そして笑い話が終わったあとはちゃんとシリアスに語る。お互い、先に色々と暴露している分、通常よりも話しやすい環境ができあがっているんだ。


■6.「春+潤い」で女性に連想させる
「最近、春めいた話はないの? ちゃんと潤ってる?」
 これぞ、まさに恋愛の角度からエロスを引き出す魔法のフレーズ(笑)。"春めいた話"っていうと、たいていの女のコは"恋愛話"っていう風に解釈するんだ。もちろん、この意味だけとらえて恋愛談義で終わることもある。ポイントは次の"潤ってる?"っていうフレーズ。
 この言葉は「気持ち的に満たされてますか」という意味合いはもちろん「ちゃんとセッ●スしてますか」っていう風に解釈できなくもないでしょ?(笑)。


■7.「時間」「感情」「秘密」を共有する
今思うとある3つのことを特に多く共有したことが、"お兄ちゃん"から"恋人"へ変化する最大のポイントだったと思うのよね。
 それは頻繁に会うこと(時間の共有)、喜怒哀楽、お互いの感情をつねに出し合って人間的な魅力に触れる(感情の共有)、お互いの秘密を打ち明けること(秘密の共有)。
 どんなに片思いの相手であれ、このツボさえ押さえれば大概の女のコは相手の男性のことを意識するはずよ。もし気になる女のコがいるなら、まずは時間の共有から始めてみて。これさえできれば、あとの2つは自然とできていっちゃうものなの。


【感想】

◆本書は「女性へのアンケート」を元に編集されています。

ところが、第3章の途中で不意に「男っぽい話し方のコ」が登場。

「確かに女性でも『僕』って言う人いるよね」と読み続けていると、その後もちらほら出てきて、さすがに「これはおかしい」と思ったワタクシ。

そこでまえがき部分で確認したところ、本書のアンケート対象は、サブタイトルにあるように「385人の女性」だけでなく、「121人のモテ男」も含んでいることが、判明致しました(サーセン)。

合計すれば500人超えるのに、それよりも「385人の女性」で押し通した方が、フックとして強いということなのでしょうか?


◆ただ、ここで大事なのは、「モテテク」としての汎用性であり、「1人の女性」が恋に落ちたからと言って、それが即、誰にでも通用するものではありません。

かといって、あまりに汎用性ばかり重視すると、「体臭に気をつけろ」「デートの時は斜め前に座れ」みたいな、どの本でも言ってるようなTIPSに終始してしまいます。

ちなみに本書は、合計132ものテクニックを収録。

これらの中から、「類書であまり見かけず」かつ「汎用性がありそうなもの」を選んだのが上記の7つのポイントになります。

このうち、口調で分かるとは思いますが、5番目と6番目が「モテ男」によるもの。

個人的な印象としては、この2つに限らず、「モテ男」側のTIPSの方が、複数の女性で確認している(多分)分、汎用性がある感じがしました。


◆それにしても、下記目次をご覧頂ければお分かりのように、本書の守備範囲は多岐に渡っています。

このうち、恋愛のボトルネック(と私がかねがね思っている)「出会い」については第9章にてカバー。

この手のアンケートをもとにした本で、「ナンパネタ」を扱ってる事は珍しいと思うのですが、ここが意外と面白かったです。

というのも、本書は各章の最後に「女性アンケート集計」なるものがあり、第9章で掲載されているのが「つい足を止めた一言」

「なるほど、そんな声かけもあるものか」と感心してしまいましたよ(詳細は本書にて)w


◆結局、「132のテクニック」に加えて、こうした集計の小ネタも合わせたら、おそらく200を超えるTIPSを本書は収録しているということ。

「質より量」とは申しませんが、これだけあれば、各人、1つ2つは使えるものもあるのではないか、と。

しかも、マーケットプレイスで「絶賛底値販売中」とお求めやすい点もポイント高し。

まー、モテ本マニアであれば、一応押えておいておくべき1冊だと思いますが。


500人超もの叡知がここに!

モテ男になるバイブル―女性385人が初めて語った (フランス書院ノンフィクション新書)
モテ男になるバイブル―女性385人が初めて語った (フランス書院ノンフィクション新書)
第1章 モテ趣味&知識―女のコの方から寄ってくる!
第2章 モテ習慣―女のコは男のこんなところを見ている
第3章 モテる見た目―最低限のマナー&差をつけるポイント
第4章 モテる優しさ―女のコの胸を打つ気遣い
第5章 モテ行動―優しいだけでは恋に発展しない
第6章 モテトーク―女のコを虜にする魔法の話術
第7章 モテトーク2―うんちく&下ネタ編
第8章 モテる聞き役―悩みを聞いて励ますテクニック
第9章 出会い―知らない女のコと友だちになる方法
第10章 合コン―この行動がモテる、モテないを決める!
第11章 メール&電話―使いこなした者が恋愛を制する!
第12章 口説く―友だちから恋人になる方法
第13章 モテデート―誘い方から食事まですべて教えます
第14章 告白―このテクニックが勝負を決める
第15章 セックス―そのとき女のコが望んでいること


【関連記事】

【モテ】『みんなの街コン パーフェクトナビ』になかなか有益なアドバイスが載っていた件(2013年08月13日)

【大人モテ?】『こんな男に女は惚れる 大人の口説きの作法』に学ぶ7つのNG(2013年04月25日)

【オススメ】『合コン女王が教える 2時間で女ゴコロをつかむ技術』絵音(2013年04月05日)

【モテ】『モタク モテるオタクになる恋愛ガイド』アルテイシア(2012年05月29日)

【モテ】『モテる男の即効フレーズ』が結構スゴ本な件(2010年09月24日)


【編集後記】

◆この本ももうすぐ発売ですね。

結婚できない理由は、統計で答えがでている
結婚できない理由は、統計で答えがでている

アマゾンの内容紹介がとんでもなくディープなんで、ぜひご一読をw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52101151