スポンサーリンク

2013年10月22日

【コミュニケーション】『会話がはずむ人 はずまない人 たった1つの違い』樺 旦純


会話がはずむ人 はずまない人 たった1つの違い (青春新書プレイブックス)
会話がはずむ人 はずまない人 たった1つの違い (青春新書プレイブックス)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ピンク色の装丁に釣られて(?)思わず買ってしまったコミュニケーション本

会話に関するさまざまなTIPSを、幅広く紹介しています。

アマゾンの内容紹介から。
同じ話題でも、話がはずむ人もいれば逆もいる。最大の違いは「自分中心」か「相手と自分が中心か」である。後者にするのは、意識すればすぐにできて、相手の反応が即座に変わる。職場でも家庭でも、好感度、信頼度が上がり、仕事も人間関係もスムーズになる一冊。

会話に関する「王道ネタ」が結構あるものの、逆にそれらは、知らないと損すること必至です!




【ポイント】

■1.「話がはずまない」と思われている人の口ぐせ(抜粋)
●「〜のに」

●「〜べき」

●「あなたのためを思って〜」

●「今だから言うけど」


(詳細は本書を)


■2.相手をえり好みしない
 人に好かれたいなら、まず、その人を好きにならないとうまくはいかない。
 会話が退屈なら、自分から楽しい話題を提供することもできるはず。(中略)
 劇的な出逢いなどはドラマの世界で、互いに育む心を持っていなければ、どんな関係も長続きしない。えり好みをして、人との関係を育もうとしない人は、身近に素敵な人が沢山いても、その価値に気づかずにいることも多いだろう。
 会話を楽しいものにするのは、互いに楽しむ気持ちを持つことから始まる。「自分が楽しむ」と同時に、「相手にも楽しんでもらいたい」という気持ちを持つことだ。


■3.初対面の印象に気をつける
人は初対面で、相手をある程度判断する。初めて会った時に、相手の顔つきや外見、態度、雰囲気などから、暖かいか冷たいか、友好的か対立的かという印象を形成する。「話しやすい」と思われる人は、明るく笑顔で、暖かい感じの人。逆に、暗く眉間を寄せて、よそよそしい態度を示す人は、「話しにくい」という印象を与えてしまう。
 そして、最初の印象はあとで変えることは容易ではない。
 私たちが初対面で、身だしなみなどに気を配るのもそのためだ。相手を歓迎する態度を示すことは、相手に安心感を与え、会話をスムーズにすることにもつながる。


■4.相手の話をうなずきながら聞く
 話し上手は聞き上手というが、「この人とは気持ちよく会話ができる」と思える人がいたら、その人との会話を思い出してみてほしい。おそらく、その人は「うなずき上手」ではないだろうか。
 会った時は笑顔で挨拶し、相手の話をうなずきながら聞く。ごく当たり前とも思えることだが、コミュニケーションでは一番大切なことである。
 うなずきやあいづちは、会話を円滑にし、相手から話を上手く引き出すという効果もあ。初対面の人、苦手な人と話すときは、この「うなずき効果」を使うとよいだろう。


■5.相手との接点を探る
 相手の好きな話題が、こちらにとっては無関心の場合もあるし、その逆もあるかもしれない。共通の話題が見つからない時は、好きな食べ物とか、よく見るテレビ番組とか、日常の他愛もない話からはじめるといいかもしれない。接点を探しながら、気が合うかどうか、互いに探り合うようなところも会話ではあるはずだ。
 口下手な相手でも「私はこういうのが好きだけど、あなたは?」と質問系に持っていけば、相手は嫌がるどころか、逆に「自分に興味を持ってくれているな」と思い、喜んで答えてくれるだろう。


■6.ほめる時は具体的に
 外見をほめる時は、「カッコいい」「ステキ」などの言葉だと、ウソっぽく聞こえてしまうので、「髪型変えた? さっぱりしてていいね」とか、服装なら「センスのいい柄だね」「そのスーツの色、よく似合うね」というように、具体的にほめるのがポイントだ。
 性格面なども、「良い人」「優しい」という漠然としすぎた言葉ではなく、「対応の仕方が大人だと感じる」「考え方がしっかりしている」など、内面的な良いところをほめてあげるのだ。
 具体的にほめられると、「それだけ自分のことを見ていてくれているんだ」と相手は嬉しくなり、ほめてくれた人に対して好意を持つだろう。


■7.嫌な上司でも長所を探してほめる
 空威張りする上司ほど、自分に自信がないものだ。他人からほめられることで自信を持ち、ほめてくれた人に対して好意的な評価をするようになる。
「嫌な上司にお世辞を言うなんて、とんでもない」
 と思う人がいるかもしれないが、くり返すが、どんな人間でも、探そうと思えば長所の1つや2つはあるものだ。いいと思うところをほめてあげればいいのである。


【感想】

◆上記ポイントの1番目で「NGの口ぐせ」について言及していますが、実はここが本書の最初の方の部分でした。

私はリアル書店でここを読んで、本書の購入を決定。

本書では16項目挙げられており、もちろんそれぞれについて解説がなされています。

例えば上記にもある「君のためを思って」は、「説教の枕詞で、相手のために良かれと思って言うのだという自己正当化である」とバッサリ。

ホントはここからだけ個別に抜き出して、記事にしたいくらいでしたw


◆上記ポイントの3番目にある「初対面の印象は後で変えられない」というのは、類書でも読んだ記憶が。

だからこそ、ナンパの時には服装や髪形、清潔感が大事なのだな、と(ナンパはしませんがw)。

要は、身だしなみというか外見は、「自分のため」というより「相手のため」である、ということかと。

そう考えると、クールビズが今ひとつ普及しない(特にセールス業)のも、分かる気がします。


◆続くポイントの4番目の「うなずき」についても、「自分がしゃべらないで、相手の発言を促す」という意味では、「相手にとって」ポイント高し。

本書でも何度か「自分が話すのではなくて、相手の話を聞け」と強調されており、やはり「聞き上手」に徹するのが、コミュニケーションの秘訣のようです。

そこに、ポイントの5番目のように「接点」を探り、さらに「質問」までできれば、きっと相手は「この人とは話がはずむなぁ」と思ってくれるハズ。

もちろん、ポイントの6,7番目のように「ほめ」までカバーできていれば、なお一層良い結果が望めるのではないか、と。


◆私にとって本書は、上記で触れたように、初っ端の「NGの口ぐせ」の部分が最もツボでした。

他の部分は、かなり本質を突いてはいるものの、逆に「目からウロコ」というワケではなく、どちらかというと「王道ネタ」に近いもの。

ただ逆に、類書をあまりお読みでない方なら、本書の「教え」は意義があると思います。

もっとも、最近、巷で流行り(?)の「新書で1000円」という価格設定は、正直どうかと思うんですよね……。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)  <おっと、それ以上は言うなよ…
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\
.  |       /( ○)  (○)\
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \
   ヽ   |、    (  ヨ    | でも、最初に始めたのはディスカ ムググ…
   /    `ー─−  厂   /
   |   、 _   __,,/     \



人に好かれる会話をするために!

会話がはずむ人 はずまない人 たった1つの違い (青春新書プレイブックス)
会話がはずむ人 はずまない人 たった1つの違い (青春新書プレイブックス)
第1章 会話がはずまないのは、その口ぐせが原因だった
第2章 「話しかけにくい人」の残念な共通点
第3章 会話がはずむ人になる分岐点
第4章 仕事が10倍スムーズに進む話し方
第5章 楽しく会話をリードできる人の話し方


【関連記事】

【モテ?】『これだけ! ほめフレーズ』がモテ本としても秀逸な件(2012年10月15日)

【激ホメ?】『ホメ渡部の「ホメる技術」7』渡部建&テレビ朝日「お願い!ランキング」(2012年04月07日)

知らないと損する『「なぜか人に好かれる人」の11の法則』 活用法(2012年03月26日)

ビジネスマンが選ぶ超イカした『人を引きつけ、人を動かす』10選(2011年12月03日)

リア充がひた隠しにしていた『敵を味方にする19のテクニック』(2011年10月05日)

友達には秘密にしておきたい『90秒で好かれる技術』(2011年08月19日)


【編集後記】

◆ちょっと気になるモテ本。

「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術
「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術

いきなり品切れ状態なんですが、表紙を見る限り、かなり面白そうではあります。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。