スポンサーリンク

2013年10月01日

友達には秘密にしておきたい『自分を変える89の方法』


自分を変える89の方法
自分を変える89の方法


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の「未読本・気になる本」の記事の中からの1冊。

いわゆる「自己啓発本」なのですが、刊行時期を考えると、さまざまな本の元ネタだったのかもしれません。

アマゾンの内容紹介から。
自分史上最高の「やる気」を引き出すセルフモチベーション術。25カ国20言語で出版。初版から18年読み継がれる世界的ロングセラー第3版、新訳で登場!

なお、タイトルは久々に「ホッテントリメーカー」のお世話になりましたw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.自分が死ぬ日のことを想像する
 心理療法士ディヴァーズ・ブランデンの指導で「自分がもうすぐ死ぬとしたら?」というエクササイズをしたことがある。このエクササイズのやり方はこうだ。
(1)「自分がもうすぐ死ぬ」という場面を想像する。
  そのときの自分の感情を具体的に思い描く。
(2)あなたの大切な人が、1人ずつあなたを訪ねてくる場面を想像する。
 彼らに、死ぬ前に伝えたいことを考える。
(3)それを声に出してはっきり言う。


■2.大きな仕事にはのろのろと取りかかる
 大きな仕事というものは、永遠に片づかないような気がするものだ。その仕事を最後までやり切ることを想像するだけでうんざりして、やる気なんて出るわけがない。
 しかし、こんなときにモチべーションを高めるいい方法がある。自分が世界一の怠け者になったつもりで、その仕事に取りかかるのである。(中略)
 これは、やってみればとても楽しい。しかも、こうやってのろのろと仕事を始めてしまえぱ、始める前の面倒だという思いも、不安な気持ちも、きれいに消えてなくなってしまう。
 さらに、不思議なことに、気合いを入れててきぱきと仕事に取りかかるより、ゆっくり始めるはうが、仕事は早く終わるのである。


■3.今日1日を最高傑作にすると決める
 伝説のバスケットボール・コーチのジョン・ウッデンは、父親から違うことを教わった。父親は彼に「今日という日を自分の最高傑作にしなさい」と教えたという。この言葉から、ウッデンはある人生の真実を学んだ。
 人生とは今日である。この先で待っている時間のことではない。
 時間が無限にあるかのように思っている人は、なりたい自分になるのをずっと先送りにしてしまう。目の前のチャンスに気づくことができず、ぼんやりと日々を送ってしまう。
 目の前にある"今日1日"がいかに大切であるかに気づいたとき、人は本当のやる気を持つことができる。


■4.小さな「過程の目標」をたくさん作る
 1日を通して小さな目標を設定する習慣がある人は、意識レベルもエネルギーのレべルも高くなるという調査結果がある。小さな「過程の目標」を作るというのは、アスリートが、試合の間ずっと自分のコーチをするようなものだからだ。
 小さな目標を決める人は、そうでない人よりも幸せになれる。それは、周りに振り回されず、自分の1日を自分でコントロールしているという感覚が深まるからだ。


■5.小さな変化から始める
 人生が停滞するのは、変化を起こせないからではない。小さな変化につながる、小さな取り組みをまったくしないからだ。
 人生を1枚の絵画と考えるなら、一瞬で人生を変えることを願うのは、たった10分で傑作を完成させてギャラリーに出そうとするのと同じことだ。自分は未完の傑作だと思うなら、小さな変化を大切にしなければならない。
 身体を鍛えたいなら、エレべーターを階段に替えることから始める。健康になりたいなら、ランチにサラダや果物を取り入れて、少しずつ食習慣を改善する。それだけで立派な変化だ。理想に向かって着実に歩んでいる。


■6.心配を行動に変える
 私には、心配を行動に変えるシステムがある。ご紹介しよう。
(1)気になる心配事を5つ書き出してリスト化する
(2)心配事1つにつき5分、具体的な行動をする
 以上だ。このシステムでは、行動にかける時間は全部で25分だけと決まっている。これなら時間がないときでも、集中して取り組める。やることの多さに圧倒されることもない。(中略)
 行動は、短時間で簡単な行動でいい。そんな小さな行動を取るたびに、恐怖が消えていくはずだ。恐怖と行動は共存できない。行動があるところに、恐怖は存在しないのだ。


■7.自分の"真の実力"のことは考えない
 ウィンストン・チャーチルはこう言った。
 私はライオンではないかもしれないが、ライオンのように吠えることならできる。
(中略)「自分にその力はあるのか」ということばかり考えていると、行動を起こす前に疲れ果ててしまう。それに「その力があるのか」を考えても、結論は出ない。結論は、やらなければわからないのだ。
「あなたの真の実力」がどうであろうと、とにかく行動することならできる。つまり「行動は、あなたの真の実力など気にしない」のだ。この事実を忘れないようにしよう。


【感想】

◆今回画像は貼っておりませんが、実はかなり付箋を貼りまくっております。

とはいえ、自己啓発書の王道的ネタと言うか、どこかで目にしたものがちらほらあったのも事実。

例えば、上記ポイント初っ端の「自分が死ぬ日のことを想像する」というものなど、まさにそうです。

ただし、冒頭で触れたように、本書の初版の刊行時期が18年も前だと思うと、このお話を含め、本書が元ネタの可能性は否定できないかと。

実際、和書における心理ネタの多くも、『影響力の武器』が元ネタだったりしますしね。


◆逆に私にとって初見だったのが、ポイントの2番目の「大きな仕事にはのろのろと取りかかる」。

確かに、「大きな目標」があった場合に、まず「小さな行動をする」ことの大切さは、この本でも強調されていました。

脳が教える! 1つの習慣
脳が教える! 1つの習慣

参考記事:【実践!】「脳が教える! 1つの習慣」ロバート・マウラー(著),本田直之(監修)(2008年07月06日)

本書で言うと、ポイントの5番目もそうですか。

ただ、そうではなくて「のろのろと取りかかる」というのは、ユニークだな、と。

これはちょっと、機会があれば試してみたいと思います。


◆また、割愛した中で興味深かったのが、リラックスには「自発的リラックス」と「受動的リラックス」がある、というお話。

「自発的リラックス」には「トランプ、庭仕事、犬の散歩、チェス、テレビゲーム」等々が含まれ、これらは「状況が常に変化するため、予測できない状況に対処する」必要があります。

ゆえに「自発的リラックスには、創造性と知的なやる気を高める効果がある」のだそう。

そして、こうした活動は、脳のある部分を休ませると同時に、他の部分を活性化する効果があるため、その後仕事に戻ったとき、リフレッシュされた脳は素早く回転するのだとか。

一方「受動的リラックス」には「飲酒、喫煙、エンタテイメント映画や小説」等々が含まれ、これらは、「精神の働きを鈍らせてしまう」ため、仕事に戻っても頭がうまく働かない、とのこと。

今までリラックスといえば、その人その人で嗜好があるものだと思っていましたが、仕事の合間に「受動的リラックス」を好まれる方は、意識しても良いのではないでしょうか?


◆もう1つ、小ネタとして面白かったのが、「受講したセミナーで覚えておきたいものを手紙に書いて家に持ち帰り、1ヵ月後に自分に向けて投函する」というTIPS。

もう1度セミナーを受講した気分になれた著者は、自分のセミナーでも受講者に手紙を書かせて、それを回収し、1ヵ月後に送り返したところ、大評判だったのだそう。

セミナーの受講内容をマインドマップでまとめてらっしゃる方も、自分宛てに1ヵ月後に送ってみれば、同じような効果が実感できるかもしれません。

私も日々書いてるこのブログを、たまに読み返すと、新たな気づきや発見に遭遇することもありますしね。


◆個人的には、先日レビューしたこの本のように、科学的なアプローチが施された自己啓発書が好きだったりします。

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~
やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

参考記事:【スゴ本!】『やってのける 〜意志力を使わずに自分を動かす〜』ハイディ・グラント・ハルバーソン(2013年09月24日)

とはいえこの手の本は、頭で納得できても、なかなか心で納得はしにくいもの。

その点、本書のような自己啓発書の「王道的なアプローチ」だと、感情的な「やる気」が湧き上がってくることウケアイ。


モチベーションを高めるために!

自分を変える89の方法
自分を変える89の方法
自分が死ぬ日のことを想像する
なりたい自分になったかのように行動する
未来の「最高の自分」を思い描く
不安に集中しない。目標に集中する
本番以上の状態を経験しておく
すべての行動基準をシンプルにする
周囲の世界から黄金を見いだす
自分の「やる気ボタン」を見つける
小さな目標を立て必ずやり遂げる
「人生の指南書」を見つける〔ほか〕


【関連記事】

【自己啓発】『まずは、自信をつけてしまえ!』ブライアン トレーシー(2013年09月14日)

【オススメ!】『習慣の力 The Power of Habit』チャールズ・デュヒッグ(2013年04月26日)

意外と知られていない『自信がつく方法』のテクニック10選(2012年06月08日)

【速報】アマゾン中古で超高値の名著『成功の心理学』が新訳で登場!(2012年04月23日)

【ネバリズム】『たった1つの言葉が人生を大きく変える』マーディ・グロース(2012年04月04日)


【編集後記】

◆齋藤 孝先生の書き下ろし文庫本。

プレッシャーに強くなる技術 (PHP文庫)
プレッシャーに強くなる技術 (PHP文庫)

これは齋藤先生の本の中では「当たり」のヨカン!?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52097259