スポンサーリンク

2013年08月20日

【自己啓発】『人生を変える行動科学セルフマネジメント』石田 淳


人生を変える行動科学セルフマネジメント~自分を変化させるたったひとつの方法
人生を変える行動科学セルフマネジメント~自分を変化させるたったひとつの方法


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「行動科学マネジメント」でお馴染みの石田 淳さんの最新作。

当ブログでは、過去石田さんのご本を何冊かご紹介してきていますが、その中でも比較的実践しやす1冊だと思います。

アマゾンの内容紹介から。
1日3時間「変わりたい」と思っても、あなたは何も変わりません。でも、1日に5分ずつ行動起こせば、人生は確実に変わっていきます。人生は「今日の行動」の集積。科学的アプローチで、「意志」ではなく「行動」に変化を起こさせる。それが「行動科学セルフマネジメント」です。

人生を変えたいアナタにオススメです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.「意志」ではなく「行動」にフォーカスする
 意志が強ければ、人一倍努力できるし、感情も抑えられるし、ダイエットも禁煙も成功できるのだから、まずはそういう人に変わらなければというのは勘違いです。
だから、これまでずっと変われなかったのです。(中略)
 結果を導き出すのは「行動」しかありません。どれほど強い意志があろうと行勘なきところに結果は生まれません。逆に意志は弱くても行動すれば結果は出ます。


■2.過去の失敗に囚われない
 人間は、「できるだけ失敗を避けたい」と考えて行動します。それ自体は悪いことではありません。(中略)
 しかし、それは失敗が起きる前の話です。現実には、すでに起きてしまった失敗は早く見据えたほうがいいのです。
「本当はこうあって欲しかった」という思いに固執せず、今後に目を向けて行動したほうがいい結果が生まれやすくなるでしょう。


■3.「今」「現実」にフォーカスする
 あなたが通勤電車の中で見知らぬ男にぶつかられ、かつ舌打ちされたとしましよう。朝から不愉快ですね。1日中、何かにつけ思い出し、嫌な気持ちになるかもしれません。
 しかし、それはもう過去のことです。
「ぶつかられたうえに舌打ちされた」というのは、過去には事実であったかもしれないけれど、今は事実ではありません。今現在のあなたには、誰もぶつかってきていないし、舌打ちもしていません。
 こうやって「今」「現実」にフォーカスしていくと、ほとんどのことは解決します。解決できないことなど存在しないと言ってもいいでしょう。


■4.自分の行動を実況中継する
 仕事中、不安を感じたり、イライラが募ったときなども、この手法で「現実」「今」に意識を戻すことができます。
「パソコンに向かっています。右手が動きました。キーボードを引き寄せました……」
「コピー機のカバーを開けました、書類を置きました、蓋を閉じました……」
 頭の中で中継することで現在の自分の心身に意識が戻り、過去への後悔や未来への心配を排除できます。結果的に、今やらなければならないことに集中しやすくなり、いい仕事ができるのです。


■5.将来のために今を犠牲にしない
 よく、「将来のために今を我慢すべき」というストイックな考え方をする人がいます。とくに、起業を目指している若者に多く見られます。その将来の目的が明確になっているならまだしも、「今を苦労して我慢していれば、将来はいいことがある」と漠然と考えているのなら、その思考はさっさと捨てましょう。
 それは人生に立ち向かっているようで、実は現実から顔を背けているだけなのかもしれないということに気づいてください。


■6.「優先順位」よりも「劣後順位」を大切にする
劣後順位とは、捨てるものを先に決めるやり方です。私たちは何事も優先順位で決めようとしがちですが、「何を取るか」より「何を捨てるか」を先に決めたほうが効率的に行動できます。
 たとえば、あなたに10個の仕事があったとき、優先順位で考えると順番は振ったにしろ最終的に10個のことをやろうとします。でも、実際には10個をやる時間はないから、「やり残してしまった」という思いが募ります。(中略)
 劣後順位なら、できない分は先に捨ててしまいます。どう考えたって6個やる時間しかないなら、まず4個を捨て、残った6個に順番をつけます。だから、非常に明確で動きやすくなります。


■7.1日5分でいいから行動に移す
 1日5分でもいいのです。5分でいいから行動に移しましょう。ダイエットをしたい人が1日3時間「やせたい」と考えても体重計の数値は変わりませんが、5分歩けたら結果が変わります。
「5分歩いたくらいでやせるはずないでしょ」と思うのは間違いで、小さな行動に成功し、それを積み重ねていくことは確実にいい結果をもたらします。
 まずは5分、何かできることはありませんか?
 その5分を1か月続けられたら、あなたは確実に変わります。


【感想】

◆冒頭で申しあげたように、石田さんのご本は既に何冊かご紹介しているため、今回はかぶった内容をある程度割愛しております。

例えば、こんなところが。

ABC理論 - Jinkawiki

「MORSの法則」|行動科学マネジメント入門|ダイヤモンド・オンライン

ただ、こうした内容を含め、どちらかと言うと「部下マネジメント」的な要素が強かった過去の本に比べると、本書はとことん「自分中心」。

「自分自身をどう変えるか」にフォーカスされています。


◆まず上記ポイントの初っ端にあるように、「意志は関係ない」と。

本書では、お馴染みの「マシュマロ実験」も登場します。

類書でよく言われるのが「食べるのを我慢できた子が、その後成績優秀だった」という結論なのですが、むしろ「我慢できた子はさまざまな工夫をしていた」という点に本書は注目。

マシュマロが見えないように手で目を覆う、おさげの髪をいじって気をそらす、マシュマロを人形に見立てて遊び始める等々……。

結局こうした「効果的な行動をとれていたか否か」が、結果につながってくるわけです。


◆なお、上記ポイントの4番目の「自分の行動を実況中継する」というのは、テーラワーダ仏教の重鎮、アルボムッレ・スマナサーラ氏が提唱しているもの。

これは、認知行動療法や、マインドフルネスの見地からも、非常に有効なこととされているのだとか。

そう言えば「第2回WBCの決勝・対韓国戦の10回表で、プレッシャーを跳ねのけるために、同じことをイチロー選手がやっていた」……というお話をこの本で読んだ記憶が。

頭の回転が速くなるすごい!法 (知的生きかた文庫)
頭の回転が速くなるすごい!法 (知的生きかた文庫)

参考記事:【能力開発】『頭の回転が速くなるすごい!法』佐々木豊文(2011年08月29日)



なるほど、これは試してみる価値はありそうです。


◆また、ポイントの最後の「1日5分でいいから行動に移す」は、石田さんご自身の経験でもあったこと。

今でこそサハラマラソンを完走するような石田さんですが、もともとは運動する習慣はありませんでした。

それが「マラソンを走ってみたい」と思って専門家に相談したところ、「まずは週2回、30分ずつ歩く」ことから指導されたのだそう。

その後ほどなく「30分のうち、5分だけ走る」になり、やがて走る時間が10分、15分と延びていき、最後には30分を完走。

その後は10キロマラソン、ハーフマラソン、フルマラソンと完走できるようになり、現在のようなアスリートになられているのですから、ビックリです。

これこそ「小さなことの積み重ね」が、結果に繋がったと言えるかと。


◆ちなみに本書の第2章では、「衝動的な感情に飲み込まれる」「困難から逃げる」「流されやすい」「タバコや食事、酒への依存」といった「人生を台無しにする習慣」に対して、それぞれ具体的な対策を提示しています。

「手首の輪ゴムを弾く」「環境を変える」等々、既知のものからスマホのアプリを活用するものまで様々。

そう言えば、本書ではこのパート以外にもいくつかアプリが紹介されていたのですが、私がスマホ使いでないもので、丸ごと割愛させて頂きました(スイマセン)。

ただ、結果を変えるためには、意志の力より、こうした「仕組み」に任せる方が楽ですし、かつ効果的だと思われ。


人生を変えたい方なら必読かも!?

人生を変える行動科学セルフマネジメント~自分を変化させるたったひとつの方法
人生を変える行動科学セルフマネジメント~自分を変化させるたったひとつの方法
第1章 あなたがなかなか変われなかったワケ
第2章 人生を台無しにする習慣をなくす
第3章 思い込みのワナに気づく
第4章 小さな習慣をはじめる
第5章 落とし穴をよける
第6章 自分で自分を認めるために


【関連記事】

【55のメソッド】『教える技術』石田 淳(2011年06月22日)

【Amazonキャンペーン有】「超!部下マネジメント術」石田 淳(2009年01月23日)

【整理術】「超! 自分マネジメント整理術」石田 淳(2008年08月23日)

【オススメ!】『習慣の力 The Power of Habit』チャールズ・デュヒッグ(2013年04月26日)

【オススメ!】『スタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル(2012年11月02日)

【スゴ本!】『ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣』イアン・エアーズ(2012年10月30日)


【編集後記】

◆今日の気になる本。

新人力: 1年目でも結果を出せる人は何が違うのか (PHPビジネス新書)
新人力: 1年目でも結果を出せる人は何が違うのか (PHPビジネス新書)

「今さら新人じゃないだろ!」というツッコミはご勘弁をw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
smoothさん

確かに、石田さんは部下へのマネジメント本が多かった気がしますね。自分自身の行動習慣を見直すために購入しようと思います。酒井若菜さんの写真集と一緒に(笑)

Posted by がってん at 2013年08月21日 23:16
>がってんさん

ご無沙汰しております。
本のお買い上げありがとうございます!

そして酒井さんの本、私は既に予約済み(ry

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2013年08月22日 04:12