スポンサーリンク

2013年08月01日

【モテ】『すべての婚活やってみました』石神賢介


すべての婚活やってみました (小学館101新書 170)
すべての婚活やってみました (小学館101新書 170)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、以前『婚活したらすごかった』をレビューしたことのある石神賢介さんの最新作。

なんでも、この『婚活したらすごかった』は、このジャンルとしては異例とも言える「5万部を超えるヒット」となったのだそう。

婚活したらすごかった (新潮新書)
婚活したらすごかった (新潮新書)

参考記事:【これは使える!?】『婚活したらすごかった』石神賢介(2011年08月18日)

アマゾンの内容紹介から、【編集担当からのおすすめ情報】を。
著者の石神氏は、おそらく日本で5本の指に入る婚活経験者であります。これまでの婚活といえば、婚活パーティー(かつてのお見合いパーティー)に結婚相談所、ネットでの婚活サイトくらいでしたが、新しく登場した婚活に体当たりで挑戦しました。何でこんなきれいな女性がいるのだろう!と思うこともあったが、ちゃんとそれには理由があった・・・・・・。さらに、様々な婚活の仕組みや流れ、成功するためのポイントなどにも言及しています。体験した者だからこそ書ける内幕まで軽妙洒脱な文体で綴られています。結婚したい人もすでにしている人も楽しめる1冊です。

これから婚活に挑戦される方、なかなか婚活で成果が出ない方なら必見です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.スタンダードな婚活パーティの「成果を上げるポイント」(抜粋)
・会費の高いパーティーを選ぶ。会費が安いものは真剣度が低い。特に女性の会費が無料や500〜1000円のパーティーは避ける

・ホテルの宴会場や品のいいサロンで開催されるパーティーを選ぶ。雑居ビルの一室のようなパーティーには、その会場と同レべルの男女が集まる

・1人で参加する。友達と一緒に参加すると、同じ相手を気に入った時に譲り合って共倒れになる

・1人参加の相手を選ぶ。友達と一緒の参加者は真剣度が低いことが多い。また、会場で仲良くなれても、帰りにカフェや食事に誘っても断られるケースが多い。

・清潔な服装を心がける。男性はジャケットを着用し、靴やシャツにも気を配る。女性もブラウスやワンピースを選ぶ

・パーティ会場では努めて笑顔を心がける


■2.婚活バスツアーは連絡先が入手しやすい?
 婚活トークがスタートしてから意外に感じたのは、参加しているほとんどの女性が自分の連絡先を教えてくれることだ。電話番号ではなくメールアドレスだったとしても、初対面の相手に連絡先を教えるのはためらわれる。でも、どの女性も躊躇なく連絡先を記したカードをくれたことには感激した。


■3.婚活クルージングの強みは「ロマンティック」
男性は女性と比べるとロマンティックだ。女性は現実的だが、ロマンティックが好きだ。だから、海の上で行う婚活クルージングは気持ちが高揚する。
 この日のサンセットパーティーでは、隣のパーティールームで船上の結婚式が行われていた。タキシードとウェディングドレスの新郎新婦がロビーで、来客たちに祝福されれていた。婚活クルージングを盛り上げるにはこれ以上ない演出になっていた。


■4.お料理婚活の「成果を上げるポイント」(抜粋)
・メニューに魅力を感じる会を選ぶ。食事がおいしいと会話がはずむ

・目が痛くなるタマネギのみじん切りや、食器洗いなど、みんなが嫌がる作業は率先して行う

・料理がうまい女性はスキルを思う存分発揮するべきだが、男性は自信があっても、あまり上手ではないようにふるまうほうが好意を持たれる。女性より上手な場合は自粛すること

・特に試食の時は参加者全員に話を振り、きちんと話を聞く

・できれば空腹な状態で参加して、試食の時はすべての料理をおいしそうに平らげる。まずくても「まずい」と言ってはいけない


■5.結婚相談所の選びかた
 会員数は多ければ多いほうがいい。目安としては男女各1万人以上が理想だろう。また、成婚料を設定している結婚相談所のほうが概して良心的だ。というのも、成婚料を払わなくていい会社は、入会後のケアがほとんどないからだ。理由は結婚相談所の気持ちになって考えればすぐにわかる。新規会員を増やさなければ人件費をはじめとするコストを生み出せない。一方、成婚料がある結婚相談所は成婚が会社の収入につながるので入会後のケアを期待できる。


■6.ネット婚活はプロフィールを具体的に記入する
 ただし、人が人を好きになる理由には収入や容姿のほかにも大きな要因がある。その1つは類似性だ。似た容姿、同じ趣味、同郷、同じ出身校、似た思考……など、人は自分と類似したものを持つ相手に対して安心感を持つ。
 この類似性はネット婚活にも活かすべきだろう。同じ趣味や似た思考を持つ相手に好意を持ってもらえるようにプロフィールを作るのだ。
 それはけっして難しいことではない。プロフィールの各項目にできるだけ具体的な内容を記入すればいいだけだ。
 趣味の欄には「映画鑑賞」「音楽鑑賞」「スポーツ観戦」という大ざっぱな書き方はしないほうがいい。
「1970年代のフランス映画はほとんど観ています」
「音楽が好きで、週末の朝はボサ・ノヴァ、夜はジャズを聴いています」(中略)
 など、具体的に書くことで、多くの人が類似性を感じるようにする。


【感想】

◆今回も盛りだくさんなので、この辺で。

冒頭の『婚活したらすごかった』でも、「ネット婚活」「お見合いパーティ」「結婚相談所」と多方面に渡って活動していた石神さんですが、本作ではさらにバリエーションが豊富に。

上記ポイントで登場するもののほか、「婚活ハイキング」「ランチ婚活」「タコ焼き婚活」「寺社婚活」などにも挑戦されています。

この中では「ランチ婚活」なんて、良さげだと思ったのですが、たまたま石神さんが参加したパーティは、週末の恵比寿のレストランの「個室でない普通のフロアで」行われたため、大変恥ずかしかったのだそう。

……そりゃ「1つだけ大きなテーブル」で「頻繁に席替え」とかしていたら、目立ちます罠w


◆また、上記ポイントの1,4番目のように、各イベントごとに「成果を上げるポイント」が付されているのもポイントが高いところ。

特に1番目の「スタンダードな婚活パーティ」のバージョンは、その後のすべてのイベントに共通するものなので、暗記必須でお願いします(大げさw)。

他にもイベントごとの「参加料金」や「提示するもの」といった情報も掲載されていますので、ピンと来たものがあれば、挑戦してみるべし!

個人的には「バスツアー」と「クルージング」が気になりました。

前者は味をしめた(?)石神さんが、別のバスツアーをリピートしてましたし、後者の「ロマンティック」要素は、口説きに効果ありそうな。

もっとも、いずれも乗り物酔いの「酔い止め薬」必須なのがアレですがw


◆ちなみに、前作『婚活したらすごかった』における「5万部超ヒット」の一番の要因は、石神さんが実際に出会った「キャラの濃い女性たち」だったと思います。

前作の内容紹介にもある「初対面でホテルに誘うCA(キャビン・アテンダント)、情が深過ぎる銀座ホステス、8歳もサバを読むアナウンサー、詐欺スレスレの輩」のほか、「ベッドで奉仕してくれたアニメ声の30歳の声優」なんて女性が登場すると思うと、気になる人はつい本を手にしてしまうハズ。

もちろん今回の作品でも、「濃いキャラ」の女性はしっかり健在(?)です!

「ヌー●写真を送信してきた現役ナレーター」
「いきなりハプ●ングバーに誘ってきた32歳のピアノ講師」
「人妻だった29歳の美人OL」
「自宅デートとラブ●テルが好きな28歳OL」


……って、結局下ネタばかりぢゃないですかww(Google先生用に伏字済み)


◆とは言え、本書は前作ほど「ハプニング中心」ではない印象を受けましたし、使える情報も多いです。

そもそも、フツウの人なら「タコ焼き婚活」とか「寺社婚活」なんて自腹ではまず行きませんってw

なお、石神さんご本人は、前作でも言われていたように「背は170なく、顔は大きく、手足は短い」「タレントのカンニング竹山似」というルックス。

その石神さんですら(失礼)これだけ活動されているのですから、負けてはいられませぬ(私は既婚なんで降りてますがw)!

ただし、アマゾンの書影だと分かりませんが、本書の帯には大きく

全裸写真が飛び出した!!

と記されているので、リアル書店ではマジで買いにくいと思われw


アマゾンアタック推奨の1冊です!

すべての婚活やってみました (小学館101新書 170)
すべての婚活やってみました (小学館101新書 170)
第1章 婚活パーティー その1 「参加する美女には理由がある」編
第2章 婚活パーティー その2 「異業種コラボでここまで進化していた」編
第3章 大出費覚悟で結婚相談所に登録してみた
第4章 自己責任が問われるネット婚活に挑戦した


【関連記事】

【これは使える!?】『婚活したらすごかった』石神賢介(2011年08月18日)

【オススメ!】モテ本『ザ・ゲーム 【30デイズ】』がやっぱりスゴかった件(2013年07月13日)

【モテ戦略!】『モテの定理 女心を知り、恋愛勝者になる究極の戦略』ぐっどうぃる博士(2013年06月29日)

【オススメ】『合コン女王が教える 2時間で女ゴコロをつかむ技術』絵音(2013年04月05日)

【モテ】女性にモテるために必要なたった1つのモノ(2013年07月06日)


【編集後記】

◆なぜか本書ではスルーされていた「街コン」ですが、こんな本を発見!

みんなの街コン パーフェクトナビ (タツミムック)
みんなの街コン パーフェクトナビ (タツミムック)

内容紹介見たら、結構面白そうなので、アマゾンアタックしました!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。