スポンサーリンク

2013年07月28日

【目標達成!】『絶対に達成する技術』永谷研一


絶対に達成する技術
絶対に達成する技術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事で取り上げた1冊。

普通「絶対に」といったフレーズがあると信憑性が低くなるものですが、本書はなかなかの説得力でした。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
目標達成とは、根性論や気合いとは無縁の、単なる「技術」です。
やる気があるかどうかも関係ありません。
基本は単に「知っているか、知らないか」、それだけです。
だからこそ、われわれ「ごく普通の人」でもできるものなのです。

ダイエットやランニング、英語勉強等で、途中で挫折した経験のある方なら、必見です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.行動目標は「問題」「課題」「成果」の3つを組み合わせてつくる
行動目標は、
「問題」を解決するため、「課題」を行い、「成果」を実現する
といった、3つの言葉を組み合わせることで作成することができます。このような構造となっている目標こそが、行動につながる「正しい目標」なのです。
▼野球チームの例
[優先的に解決すべき問題] 守備が弱い
[設定された課題] 足腰を徹底的に鍛える
[成果] 次の春季大会でエラーゼロの試合を実現する
             ↓
【行動目標】 守備が弱いことを解決するため、足腰を徹底的に鍛え、次の春季大会ではエラーゼロの試合を実現する


■2.行動計画は誰でもわかる簡単な言葉で
 行動計画は、もっと具体的にする必要があります。私はよく「小学生でもわかる簡単な言葉を使いましょう」と言います。もっともそうな言葉より、誰でもわかる簡単な言葉ほど、行動に結びつきます。先ほどの例を、簡単な言葉に変えると、次のようになります。
「部内の信頼を獲得する」
「毎日30分前に出勤し、部内書類の並理を行う」
「お客さまの満足を得る」
「お客さまに会うたびに、商品の改善点を聞く」
「商品の品質を向上する」
「出荷するときに、再度、不具合がないか確認する」


■3.行動の実践が期待できない計画「3つのNGワード」
(1)頭で考えることで、行動ではないもの
「心がける」「意識する」「考える」「検討する」など

(2)何をするのか、曖昧でわからないもの
「徹底する」「管理する」「向上する」「育てる」「発展させる」など

(3)人やタイミングによって、解釈がブレるもの
「努力する」「励む」「踏ん張る」「理解する」など

(詳細は本書を)


■4.習慣化させたい行動は「ついでに」やる
「毎日○○する」「毎週○○する」といったタイミングを計画する人が多いのですが、それでは習慣化することはほとんどありません。なぜなら、忘れてしまうからです。
 たとえばダイエットをしているときには、毎日体重を測る必要があります。しかし「体重を測る」という行動を、つい忘れてしまうのです。
 そこでおすすめなのが「ついでに」やること。そのとき、なんの「ついで」にやるのかが重要ですが、すでに習慣化している行動に着目します。たとえば、お風呂に入ることを忘れる人はいないでしょう。そこで、毎日お風呂に入る「ついでに」体重を測るのです。すると忘れないで、習慣化することができます。


■5.フィードバックは「共感+質問」で表現する
 フィードバックの構造は「共感+質問」です。共感だけでも、質問だけでもいけません。両方セットであることが肝心なのです。(中略)
 ここ1週問で、みなさんが取り組んで、「できたこと」を1つ思い出してください。たとえば「お客さまに提案した」「設計書が完成した」「経理処理が終った」など、たとえ成果でなくても「できたこと」ならなんでもよいです。
 では、私からフィードバックします。
「よくやりましたね。いつもがんばっている姿に感心しています。○○○ができたとのことでよかったですね。このまま順調にいけそうですね。また同じことがあったとして、こうすればよかったな、という点があるなら、次はどんなことが工夫できますか?」


■6.「3週間」続かなかったら「もっと簡単な行動」に変える
目標達成における習慣化の目安は「3週間」です。3日では成果が出ませんし、3ヵ月ではビジネス環境が変わってしまいます。
 ここで大切なのは、「3週間」続けられなかったら、もっと簡単に続けられる行動に計画し直すことです。行動は続けることに価値があります。続けられなければ、目標にたどり着けるはずがありません。
 続けられなかったら、変えればよいのです。難しく考える必要はありません。続けられないという事実を受け止め、すぐに行動計画を変えてしまいましょう。行動計画をより簡単にすることは、レべルダウンではなく、継続という観点ではレべルアップです。


【感想】

◆またまた引用部分が多くなってしまったので、この辺で。

本書では、まず「習慣化しない行動」について触れられているのですが、その行動というのが以下の3つ。

 ●自分を律する行動
 ●勉強関係の行動
 ●立派な言葉の行動


これは、著者の永谷さんが「のべ1万人以上の行動実践のデータを分析」した結果から判明したことですから、信憑性は高いと思います。

何でも、この3つは本人の「やる気」の有無にかかわらず、続かないのだそう。


◆この中で、特徴的なのが「勉強関係」で、ジャンルごと「アウト」なのがスゴイですw

本書では、実際に行動を続けられなかった「勉強関係」の行動計画が挙げられていたのですが、それがどれだか、次の中から選んでみて下さい。

 ・最新技術について、1日30分勉強する
 ・英語の例文を、1日10個覚える
 ・参考書を読み、ドリルを1日5ページ進める
 ・いろいろなジャンルの本を、毎月3冊読む




……答えは何と全部!

一番最後の「毎月3冊」というのは、当ブログの読者さんにとっては「え?」って感じでしょうが、元々「毎月3冊」としている時点で、読書習慣がない方でしょうから、あにはからんや。


◆一方で、ある女性は「1年で365冊の本を読む」という「目標」を立てました。

この目標を達成するために、どのような行動計画を立てるべきか?

普通の人なら「1日1冊本を読む」とするところでしょうが、これは「最も続かない行動計画」である、と永谷さんは指摘します。

ところが彼女の取った行動というのは、なんと「いつでも本を開けることができる環境を整え、3分でも時間が空いたら本を開く」というもの。

そのために彼女は、同じ本を複数冊買ってあらゆるところに置くのですが、このように「勉強する」という行動より、そのために「時間を有効活用する」行動をとることが、勉強関係では効果的なのだそう。


◆これはまた、上記ポイントの4番目にも関連し、要は「ついでに」やるということ。

事例で挙がっているのはダイエットですが、勉強で言うなら、「通勤」のついでに「ポッドキャスティングで英語を聞く」というのもそうです。

なお、ビジネスシーンでも「ついでに」は有効で、例えば

「出勤した直後に朝の挨拶をする」ついでに「上司に報連相をする」

「お客さまと会う」たびに(ついでに)「商品の満足度をお聞きする」

というように、あらゆるシーンで利用が可能。

なかなか習慣化できない行動がある方は、意識して頂きたいところです。


◆そういえば、昨年の秋ごろ、「意志力」をテーマにした良書が相次いで出版されました。

スタンフォードの自分を変える教室
スタンフォードの自分を変える教室

参考記事:【オススメ!】『スタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル(2012年11月02日)

ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣
ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣

参考記事:【スゴ本!】『ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣』イアン・エアーズ(2012年10月30日)

本書もそれに通ずると言いますか、読者それぞれの「目標を達成する」という点においては、むしろ本書の方が効果がありそうな。

本記事では、その仕組みについて総括的に述べるのではなく、断片的に抜き出してしまっていますが、上記2冊がツボだった方なら、読んで得るところは大きいと思います。


成し遂げたい目標がある方なら、必読!

絶対に達成する技術
絶対に達成する技術
序章 「達成できないスパイラル」から抜け出すのは今!
第1章 絶対に達成する人の「目標を立てる」技術
第2章 絶対に達成する人の「行動を続ける」技術
第3章 絶対に達成する人の「行動を振り返る」技術
第4章 絶対に達成する人の「人から吸収する」技術
第5章 絶対に達成する人の「行動を変える」技術


【関連記事】

【オススメ!】『スタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル(2012年11月02日)

【スゴ本!】『ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣』イアン・エアーズ(2012年10月30日)

【スゴ本】「予想どおりに不合理」ダン・アリエリー(2008年12月15日)

ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『「先延ばし」にしない技術』の真実(2012年01月09日)

【行動科学】『すごい「実行力」』石田 淳(2007年07月07日)


【編集後記】

◆ちょっと気になる1冊。

悪の引用句辞典 - マキアヴェリ、シェイクスピア、吉本隆明かく語りき (中公新書 2226)
悪の引用句辞典 - マキアヴェリ、シェイクスピア、吉本隆明かく語りき (中公新書 2226)

HONZで成毛 眞さん辺りがご紹介してくれそうなw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52086943
この記事へのコメント
Kindle版があったので今朝方購入しました。

先日、Amazon関連の本へのコメントを書いていたら、ええ800字を超える大作を書いたら、字数オーバーでかき消されてしまって落ち込んだ五条です。

電車の行き来ですが、気になるところを何度も読んでます。

私も根性で目標を達成するタイプで挫折経験も多々あるため、この本は新たなコンパスになってくれそうです。

何度も読み返し、メモを取り、早速実践します。

さぁ、収入倍増のため行動します。そして、ブルックスブラザーズのジャケットとトラウザーズを買うっぺ!
Posted by 五条 勝 at 2013年08月01日 20:19
>五条勝さん

ご無沙汰してます。
お買い上げ、ありがとうございました☆

そしてコメントについては、字数制限もさることながら、NGワードというのがありまして、それが入っていると投稿ボタンを押して弾かれても、元に戻れないことがあります。
五条さんのように長文コメントされる方は、メモ帳にコピペまでは不要ですけど、書き終えたらいったん全文コピーを取っておいて、弾かれた時に備えておいた方がいいと思います。

NGワードは、スパムを弾くためのエロ関係が多いのですが、ブランド品とかもいくつか含まれているので、何でダメなのか投稿された側では分かりにくいので……。

そしてこの本も、これから投稿するランキングに入っております。
皆さん前向きで素敵だと思います!

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2013年08月02日 06:25