スポンサーリンク

2013年07月17日

【圧巻!】『田中角栄秘録』大下英治


田中角栄秘録 (イースト新書) (イースト新書 8)
田中角栄秘録 (イースト新書) (イースト新書 8)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、田中角栄元総理の人物像を明らかにした1冊。

数多くの関係者の証言を元に構成されており、新書ながら300ページを超えるという「読み応えのある」作品となっています。

アマゾンの内容紹介から。
「借りた金は忘れるな。貸した金は忘れろ」、「人は実感したものを信用する」、「権力の中枢は空洞だ」等数々の名言を残した田中角栄。角栄とは何者だったのか。戦後日本の象徴。鉄の結束を誇った「田中軍団」を作り上げた宰相。さらにはロッキード事件後も「闇将軍」として威力をふるった権力の源泉はどこにあったのか。盟友大平正芳、ライバル福田赳夫、竹下登、金丸信、小沢一郎、羽田孜、石破茂といったその後、一世を風靡する数多くの側近たちの証言をもとに昭和の巨魁・田中角栄の実像に迫る。

改めて、田中氏のスケールの大きさに圧倒されました。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.「1対1で会ってはいけない」
 かつて、田中の盟友と言われた大平正芳元首相が、身内に言っていた。
「田中とは、絶対に1対1で会ってはいかん。あいつは、人間じゃない。霊能師だ。1対1で会うと、必ずあいつの言うことを聞かされてしまう。必ず、複数で行け」
 百戦錬磨の大平正芳でさえ、そんな状態である。当時、弱冠24歳の青二才の石破茂が、田中角栄と1対1で向き合って勝てるはずもなかった。


■2.史上最年少で大蔵大臣になった際の挨拶
 大蔵省の役人たちを前に、田中が歴史に残る挨拶に立った。
「自分が、田中角栄である。こ存じのように、わたしは高等小学校卒業。諸君は全国から集まった秀才で、金融財政の専門家だ。しかし、棘のある門松は、諸君よりいささか多くくぐってきている。
 しかし、今日から諸君と一緒に仕事をすることになるのだが、わたしは、できることはやる、できないことは約束しない。これから、一緒に仕事をするには、お互いをよく理解することだ。今日から、大臣室の扉は常に開けておくから、我と思わん者は誰でも訪ねて来てくれ。上司の許可はいらん。仕事は諸君が思うように、思いっ切りやってくれ。しかし、すべての責任は、この田中角栄が負う。以上」
 凄まじい迫力だった。


■3.渡した金に睨みをきかせる
 福田派の議員が福田にお金を借りに行くと、福田はさんざん理由を聞いて、そのあとで、値切る。
 田中の場合は、お金を借りに行くと、何も聞かずに、気前よく相手が必要としている額以上のお金をくれる。
 ただし、田中は、後々になって、その渡した金に睨みをきかせる。金をもらった議員が、田中の申し出を断ると、「そんなことを言えた義理か」と迫る。


■4.金はもらうときより、渡すときに気をつける
 しかし、田中は、ひとつだけ佐藤(昭)に口を酸っぱくして言い聞かせていたことがある。
「金はもらうときより、渡すときのほうに気をつけろよ。相手に負担のかかるような渡し方をしちゃ、死に金になる。だから、金をくれてやるというような態度で渡してはいけないよ」
 田中は、幼いころから、父の借金のために苦労させられた。親戚たちにも、下げたくもない頭を何度も下げた。その悔しさや辛さは、忘れていなかった。そのため、佐藤には、執拗と思えるほどに念入りに釘を刺したのである。


■5.下の者を大事にする
 朝賀(昭)が、田中の供をして料理屋に行ったときのことである。田中が、朝賀に言った。
「女中や下足番は大事にしろよ」
 朝賀は、田中からそう言われて、料理屋に行くたびに田中の評判が気になるようになった。女将の評判はもちろんだが、女中、下足番の評判は群を抜いていた。
 朝賀は思った。
<オヤジも、小佐野さんと同じ百姓の出だから、下の者を思う気持ちがあるんだろうな……>


■6.他派閥の人間でも応援する
「おい、羽田(孜)。そう多くないが、これも何かの足しにしてやってくれ。ただし、これは、田中さんからです、なんて一切、言うな。おれが、各方面に電話をしたことも言う必要はない。すべて、おまえがやった、ということにしろ」
 羽田は、恐る恐る訊いてみた。
「ご存じの通り、青木さんは石井派です。幹事長が総裁選に出ることがあっても、一切、応援はしてもらえないと思います。それなのに、幹事長から、いただいてよろしいんでしょうか」
 その瞬間、羽田に怒声が浴びせられた。
「馬鹿野郎! おまえが、そんな生意気なことを言うんじゃない! 青木一男は日本政界の宝だ。自民党の顔として、どうしても必要な人材なんだ。あの人がいなくなったら日本のためによくないッ」
 参議院選挙の結果、青木はみごとに当選をはたした。が、のちに鬼籍に入るまで、田中から受けた恩恵をついに知ることはなかった。


【感想】

◆ちょっと長くなってしまったので、この辺で。

冒頭でも触れたように、新書ながら300ページを超えるボリュームに、まずは圧倒されました。

ただし、いったん読み始めると、後はもうノンストップ。

おかげで寝坊して、記事の投稿が(ry


◆まず序章では、昭和55年頃の現自民党幹事長の石破茂氏と、その父親である二朗氏とのエピソードが紹介されていますが、田中氏が政治家になる前から第1章が始まります。

昭和22年に28歳で初当選を果たし、昭和32年には戦後初めて30代で大臣(郵政)就任。

さらに、昭和36年には政調会長、40年には自民党の幹事長にまで登りつめるという出世ぶり。

その最大の武器は「情」にありました。


◆実際、割愛したエピソードでも、年上年下に関わらず、情けをかけまくり。

例えば、最初に総裁選に名乗りを上げた際には、多数派工作で福田赳夫氏に勝てる目途が立ったものの、盟友である大平正芳氏が急に参戦。

田中氏は「自分の次に大平氏」と考えていたため、「票が少ないと総理の資格がなくなる」と、苦労して集めた票を大平氏にまわしてしまいます。

ただし、過半数を超えなかったため行なわれた決戦投票では、大平派はその思いに応え、田中氏に投票。

結果福田氏を圧倒して、田中氏が念願の総裁の座についたという……。


◆ちなみに本書では、本文とは無関係に、ところどころ田中氏の「名言」がコラム風に紹介されています。

これがまた、当ブログ的には非常に「ツボ」だったのですが、解説が一切ないため、いつどんな状況で述べられたものかがわからず、さすがに記事の中心にすることはできず(当たり前)。

それでももったいないので、いくつかピックアップ。

●初めに結論を言え。理由は3つに限定しろ。世の中、3つほどの理由を挙げれば、大方の説明はつく。

●必ず返事を出すんだ。結果が相手の希望通りでなくても『聞いてくれたんだ』となる。大切なことだよ。

●会議の長さは出席者数の二乗に比例し、会議の成果は出席者数の二乗に反比例する。

●時間の守れん人間は、何をやっても駄目だ。

●私はメシも仕事も早い。一生の間、理想を追っても結論を見出せないような生き方はキライだ。すべてのことにタイムリミットを置いて、可能な限りの努力をするタイプだ。


……どこぞのコンサルタントの言葉かと思う限りでワロタw


田中角栄、恐るべし!

田中角栄秘録 (イースト新書) (イースト新書 8)
田中角栄秘録 (イースト新書) (イースト新書 8)
序章 田中角栄 情は武器なり
第一章 越山 田中角栄の戦後
第二章 上昇気流
第三章 権力の階段
第四章 栄光と挫折――その死


【関連記事】

【人心掌握】『田中角栄流「生き抜くための智恵」全伝授』に学ぶ、7つの人心掌握術(2012年02月08日)

【成毛流】『成毛眞の超訳・君主論』(2012年01月06日)

【出世の心得?】『権力(パワー)に翻弄されないための48の法則〈上〉』が予想通り濃厚だった件(2011年05月24日)

ビジネスマンが選ぶ超イカした『人を引きつけ、人を動かす』10選(2011年12月03日)

リア充がひた隠しにしていた『敵を味方にする19のテクニック』(2011年10月05日)

本当は残酷な『「権力」を握る人の法則』 の話(2011年07月23日)


【編集後記】

◆本書は「ビジネスパーソン仕様」とは言い難いのですが、こちらは当ブログの読者さんにオススメ。

田中角栄流「生き抜くための智恵」全伝授 (ロング新書)
田中角栄流「生き抜くための智恵」全伝授 (ロング新書)

レビューは上記関連記事にございます。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。