スポンサーリンク

2013年07月08日

【メンタルハック】『つらくなったとき何度も読み返す 「ポジティブ練習帳」』志賀内泰弘


つらくなったとき何度も読み返す 「ポジティブ練習帳」 (DO BOOKS)
つらくなったとき何度も読み返す 「ポジティブ練習帳」 (DO BOOKS)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、実践すればポジティブになれることウケアイなTIPS集。

習慣や行動などの、簡単にできる「ポジティブ・スイッチ」をコンパクトにまとめた1冊です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
作り笑いでもいいから笑う、太陽の光を浴びる、「いいこと」メモをつける……など、どれも簡単にできる方法を、短いキーワードと900字程度の文書で説明しています。
これらを実践しているうちに、ポジティブな気持ちでいられる時間が増え、ネガティブな気持ちになる回数が減っていきます。
つらいことや気分の落ち込みがあるたびに、何度も読み返し、「ポジティブ・スイッチ」を入れ直しましょう!

これは確かに、試してみる価値大です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.頭に上がった「気」を丹田に持っていく


Fake Abs / macinate

 イライラや心配事というのは、自分で考えようとしていないのに、知らず知らずのうちに起きてしまいます。人間は、脳のある頭で考えるため、その「意識」が頭に上ってしまうわけです。とくに、ネガティブな精神状態に陥っているときに。
 そこで、「意識」を丹田に持っていきます。丹田とは、おへその下10cmくらいの位置のことです。頭に上った「意識」をボールだとイメージしてください。ゴルフボールくらいの大きさがいいでしょう。目を閉じて、おでこの裏側にあるボールを、「意識」して丹田へとゆっくりゆっくり下げていく。そうイメージします。すると、「腹に落ちる」「腑にに落ちる」とも言うように、ストンと自分の中におさまるのです。不思議に気持ちが落ち着き、平静になります。


■2.太陽の光を浴びる


Sunbathing / John Pavelka

 脳内にセロトニン神経という細胞があります。この神経は、うつ病やパニック障害など、心の病を治すために大きな役割をはたしています。セロトニン神経が活性化すると、セロトニンという神経伝達物質が放出され、心の不安や緊張を取り除いてくれたり、自律神経を適度なレべルに保てるようになるのです。
 では、どうすればセロトニンが増えるのか。
 その方法のひとつが「太陽の光を浴びる」ことなのです。目の綱膜から入ってきた「光」の信号が、セロトニン神経を興奮させるのだと言われています。


■3.パンッ! と目の前で両手を打つ


Clap / sskennel

 ひとつでも小さなミスをすると、ネガティブがネガティブを呼び込みます。
 ミスをした→叱られる→前のミスを思い出す→怖くて仕事が手につかない→またミスをする、というネガティブ・スパイラルに陥るのです。そのスパイラルを断ち切ることが重要です。「パンッ」と目の前で、できるだけ大きな音が出るように両手を打ってみましょう。
 もちろん、頬を叩いてもかまいません。その勢いで、心のポジティブ・スイッチを入れるのです。


■4.耳たぶを揉む


Sophia is the earlobe massage supplier / olofw

 また、耳を揉むことで、不安な気持ちや「うつ」な気分が軽くなるとも言われています。それには、少なからず医学的な理由があります。
 ストレスで身体が緊張すると、血の巡りが悪くなります。すると、肩や腰が凝ったりします。すると、食欲がなくなったり、身体全体が重くなります。
 耳を揉むことで、顔全体の血流か活発化します。耳の近くにはリンパがあり、滞留していたリンパがスムーズに流れ出すことで免疫力か上がるからです。


■5.大声で叫ぶ


Characteristicly Noah / Sherif Salama

 ちょっと恥ずかしいけれど、告自してしまいます。私の場合は、車の運転中に「ワ〜!」と、言葉にならない雄叫びを上げます。もちろん、窓を閉めて。よほど溜まっているんでしょうね。理屈は抜き。たった、1回叫ぷだけで、スッキリするから不思議です。胸の内のモヤモヤの塊が、ポンッと外に出る感じがします。


■6.自分の「いいところ」を10個書き出す


the list / sunshinecity

 手帳でも広告の裏でもかまいません。今すぐ、あなたの「いいところ」をサッサッと10個書き出してみてください。「本日限定」のよかったところでも、かまいません。(中略)
 ポイントは、ひとつずつ自分で自分をほめることと、「事柄」と「なぜいいのか」をセットにすることです。小さなことでかまいません。少々うぬぼれてもかまいません。「いいところ」がいっぱいあり過ぎて、びっくりしますよ。


【感想】

◆少々引用量が多くなったのでこの辺で。

初っ端の「丹田」は、少々テクニックというか「慣れ」がいりそうですが、それ以外のものは、簡単なものばかり。

これで落ち込んだ状態からポジティブになれるのであれば、試さない手はないかと。

以前、こちらの記事に書いたのですが、私も税理士試験に落ちるたびに、結構落ち込んでいたので、その頃こういうTIPSを知っていればと後悔しきりです……。

参考記事:【メンタルハック】『「凹(ヘコ)まない」技術 』西多昌規(2013年03月16日)


◆また、割愛したものの中にも、すぐ試せて効果がありそうなものが多々。

例えば、上記記事とかぶったのでカットしたのが、「睡眠」です。

横にならなくても良いので、「腕組みをして10分間目をつむる」だけでも、ネガティブな気分に効果があるのだとか

同様に、ベタなものとしては「泣く」こと。

「心のデトックス」として、泣くことはストレス解消になるのだそう。


◆なお、第2章は「言葉遣い」なのですが、途中までは見開き2ページで1つの言葉を収録していたものが、後半にかけて、状況ごとに2ページで5つずつ紹介するスタイルに変わっています。

それが30ページ続くので、その部分だけでも計75個の「ポジティブワード」が登場するという。

それぞれの状況と対応するワードとしては、こんなものが。

●「自らの責任で失敗してネガティブになったとき」⇒「これから、これから!」他

●「なかなか前向きになれない仕事や何かをする前」⇒「できる、できる」他

●「何をしてもうまくいかなくて悩んでいるとき」⇒「そういうときもあるさ」他

●「アンラッキーなことが続いているとき、運気を上げる」⇒「ツイてるなあ」他

実際にそんな状況になったら、ぜひとも口にしたいものです。


◆そういえば、先日ご紹介したこちらの本で、「ポジティブとネガティブの適正比率は3:1」というお話がありました。

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する!
人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する!

参考記事:お前らもっと『人を動かす、新たな3原則』の凄さを知るべき(2013年07月04日)

となると、何か1つネガティブなことがあったら、その3倍はポジティブ体験をしなければいけないということ。

黙っていてもポジティブになれる方なら別ですが、そうでなければ、本書に掲載されたTIPSを片っ端から試してみると良いのではないでしょうか?

何と言っても難易度から言ったら、「できる/できない」の次元ではなくて、「やるか/やらないか」ですから。


ポジティブな日々をおくるために!

つらくなったとき何度も読み返す 「ポジティブ練習帳」 (DO BOOKS)
つらくなったとき何度も読み返す 「ポジティブ練習帳」 (DO BOOKS)
LESSON1 習慣
LESSON2 言葉遣い
LESSON3 行動
LESSON4 イメージする


【関連記事】

「タテ型人脈のすすめ」志賀内泰弘(著)(2006年08月01日)

【メンタルハック】『「凹(ヘコ)まない」技術 』西多昌規(2013年03月16日)

【ストレス耐性】「凹まない人の秘密」アル・シーバート(著) 林田レジリ浩文(翻訳)(2008年04月24日)

【自己肯定】『ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則』森川陽太郎(2013年01月30日)

【オススメ】『「悩むこと」が「楽しいこと」になる本 悩む技術 完全マスター』伊東 明(2013年01月12日)


【編集後記】

『ストーリーとしての競争戦略』の楠木先生の新刊が登場!

戦略読書日記 〈本質を抉りだす思考のセンス〉
戦略読書日記 〈本質を抉りだす思考のセンス〉

ちょっとお高いのがアレですが、チェックしなくては……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。