スポンサーリンク

2013年06月05日

【モテ】AKB喰いのナンパ師オススメのモテ本3冊


AKB48 公式生写真 さよならクロール 通常盤 封入特典 【大島優子】


【はじめに】

◆先月の下旬頃、2ちゃんやはてブ界隈で話題となっていたのが、こちらの記事。

【祭り】AKB48大島優子の元カレ飯田義之、にちゃんねらーにTwitter特定され会社クビにwwww - NAVER まとめ 【祭り】AKB48大島優子の元カレ飯田義之、にちゃんねらーにTwitter特定され会社クビにwwww - NAVER まとめ

そういえば、発端の記事であるこちらも、以前読んだ記憶があったワタクシ。

AKBメンバーを喰った俺がモテる人間になる方法教える : 無題のドキュメント AKBメンバーを喰った俺がモテる人間になる方法教える : 無題のドキュメント

当時は、「相手が誰だったのか」とか、「どういう方法だったのか」、といった点ばかりが気になっていたのですが、元スレを改めて読んでみたところ、なかなかいいことおっしゃってます。

また、オススメ本として、当ブログでもレビュー済みのモテ本が3冊登場していたので、今般改めて取り上げてみようかと。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【AKB喰いのナンパ師オススメのモテ本3冊】

■1.『モテる技術』

モテる技術 (ソフトバンク文庫)
モテる技術 (ソフトバンク文庫)

◆当ブログではお馴染みの1冊。

何たって、記事を書いた2008年には、当ブログの年間ランキング7位という高順位につけております。

その大きな理由の1つが、コストパフォーマンス。

「696ページ」もありながら、1000円しない、というのはかなりのお買い得と言えるでしょう。


◆実は私は、文庫化される前の単行本の時点で、今は商業出版も果たしている某ビジネス書著者さんに本書を薦められて買いました。

その方曰く、「絶対効果ある!」とw

……と言っても、私自身は当時も今も既婚者であり、ナンパ自体はヘタレでできない封印しているんですが。

ちなみに、当時このブログは、それほどモテ本に特化していなかったのですが、この本や、同じ著者陣による『モテる話術』のヒットを受けて、徐々に「モテ本ブログ」へとシフトしていくのでした。

そういう意味では、当ブログの「ターニング・ポイント」とも言える作品だと思います。


◆なお、このナンパ師さんによると、本書は、「外見の改善」「モテ方」の面で参考になったとのこと。

「モテ方」というのはちょっと抽象的で、どの部分を指しているのか分かりにくいのですが、「外見の改善」としては、第3章が参考になるハズ。

下記参考記事にもあるように、この章には「洋服を選ぶときの4つのルール」「女性の心をつかむための13の身体的改造計画」なんてTIPSがありますので、ぜひお見逃しなく。

他にも

「彼女をその気にさせる家を作るための5つの秘訣」
「女性と最も簡単に出会える4つの場所」
「声をかけるときの3つのステップ」
「女性が喜ぶ官能的プレイ・ベスト6」


なんて小見出しもありますし、これは未読の方なら、押えておいた方がいいのでは……?

参考記事:【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件(2008年07月11日)


■2.『コミュニケーションのための催眠誘導』

コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)
コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)

◆これは結構古い本なのに、よく知ってたな、というのが、私の率直な感想です。

『一瞬で信じこませる話術コールドリーディング』で知られる石井裕之さんの、処女作の文庫版で、一部では「隠れた名著」と言われていました。

この文庫版自体が出たのも、すでに今から7年前と、かなり昔なんですが、書かれているテクニックは、今でも使われているものばかりです。

試しにいくつか挙げてみると、こんなところが。

『ダブルバインド』
『驚愕法』
『分離法』
『結合法』
『イエスセット』
 etc...

この手の心理系のモテ本をお読みの方なら、きっと見覚えがあると思います。


◆なお、この本を教えてくれた、知り合いのブロガーであるtenさんの記事によると、営業か何かだと思うのですが、「相手のダブルバインドとイエスセットを見破って、途中で拒絶した」ところ、驚かれたのだとか。

10倍ブログ(自己啓発編) : コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する 石井 裕之(著)

逆に言うと、知らなかったら言いなりになってしまった可能性もあるわけで、これは口説きの際には使えそうw

オススメしていたナンパ師さんによると、本書は「内面や態度」に効果があるとのことですが、なるほど納得です。

ついでに言うと、私は上記記事のコメントでtenさんに薦められて、石井先生の『ホムンクルスの目』も買ったところ、これまた大当たりでした。

参考記事:「催眠誘導」石井裕之(2007年02月19日)


■3.『ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル』

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)
ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)

◆こちらは、昨年当ブログでも大ヒットしたので、ご存知の方も多いはず。

何たって、昨年の当ブログ売上ランキング第4位ですからね〜。

とてもビジネス書レビューブログとは思えない高順位ワロエナイw

ただし、これはひとえに、著名なナンパ師の皆さんのレコメンドがあったからかと。

そもそも、この本の旧版をご紹介したときは、マーケットプレイスのプレミアが付いていたとはいえ、惨敗していますから。

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル
ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル

参考記事:【あのセレブも!?】ナンパバイブル『ザ・ゲーム』が、かなり濃厚だった件(2011年05月16日)


◆この旧版が出たのは2006年の5月なのに、たまたま新版が出る2012年の春先頃、ナンパクラスタの間でちょっとしたブームになっていた模様。

下記参考記事でも掲載しましたが、このお2人が激賞したのが大きかったかと。


また、当時は存じ上げなかったナンパ師の方の多くが、この本を推奨していることを後になって知りました。

個人的には、物語形式を用いている分(というかそもそも「ノウハウ書」ではなくて「物語」なんですがw)、収録されているTIPSを初心者がそのまま模倣するのは難しいと思います。

ただ、それを差し置いても、先のお2人に加えて、この「AKBゲット」のナンパ師さんが推されている(参考すべきは「モテ方」とのこと)のですから、ナンパに興味のある方なら、読むべき1冊と言えるでしょう。

参考記事:【速報】"究極のナンパバイブル"こと『ザ・ゲーム』が新版で発売される件(2012年07月31日)


【所感等】

◆それぞれ1度(もしくは2度)レビューしてる書籍なんで、この辺で。

人それぞれ、好き嫌いや、向き不向きがある以上、この3冊がベストかどうかは別としても、モテ本を大量に読み込んできた書評系ブロガーとしては、このセレクトは悪くないと思います。

……って学生時代以来ナンパなんぞしたことない私が言うのもアレですが。

なお、元スレでは、もう1冊、『引き寄せの法則』も推奨されていたのですが、これは読んだことがなかったので、今回は割愛しております。

引き寄せの法則
引き寄せの法則

これもモテに役立つなら、読んでみなくてはw


◆ところで、肝心のナンパ師さんなんですが、冒頭のまとめ記事によると、会社を自主退職(?)せざるを得なくなった模様。

元はと言えば、自ら2ちゃんでスレッドを立てたためではあるのですが、最初のスレッド読む限り、「武勇伝自慢」というよりは、自分が実践したナンパ&モテテクを、ねらーの皆と共有しよう、という感じなんですよね、彼……。

こんな風に同情するコメントも付いていました。
21:24:40.04 ID:/qaAKZLC0
元の元のスレ読んでるがメチャクチャ努力家じゃん
これは可哀想
これ、ゲットしたのが単なるシロウト女性だったら、普通に「良スレ」認定されるところですよ。

その代わり、ここまで盛り上がることもなかったかもしれませんけど。


◆そして、本名(?)と言われる「飯田義之」でググって、Twitterアカウント(?)の次に出てきたサイトによると、現在、情報商材を販売されているようです。

【末路】AKB喰った岡部こと飯田義之が会社クビになって情報商材売り始めてるwwwwww - 飯田義之まとめサイト - 炎上経緯と関連スレまとめ【AKB喰った俺】

されている、というか、既に6/3の時点で「キャンセル待ち」らしいですが。

130606追記:販売数が増加されたようです
当ブログでは、情報商材のレビューはしませんが、ぶっちゃけ読んでみたいというか、アナタ、ホントに大島優子とやっ(ry

「3万円」という値段が妥当かはさておき、興味のある方は、コンタクトしてみても良いかもしれませんね。


【編集後記】

◆先日既に編集後記でご紹介していますが、今日のテーマにぴったりの新刊をもう1度。

モテの定理   女心を知り、恋愛勝者になる究極の戦略【DVD付き】
モテの定理 女心を知り、恋愛勝者になる究極の戦略【DVD付き】

特典DVDはこんな内容のようです。
◎特典DVD
男性向けのモテセミナーを開講し、そこでの講義や質疑応答や相談内容を収録。

第1章 女は、男を「4つの役割」で見極めている
第2章 男の価値は「短期」「中期」「長期」の時間で決まる
第3章 価値を見積もる時間のショートカット
第4章 相手を知り、思いどおりにする「プロファイリング術」
第5章 成功の鍵はモチベーションにあり
第6章 モテない人は、こんな「戦略」を取りなさい!
これは楽しみ!


【関連記事】

「催眠誘導」石井裕之(2007年02月19日)

【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件(2008年07月11日)

【速報】"究極のナンパバイブル"こと『ザ・ゲーム』が新版で発売される件(2012年07月31日)

【あのセレブも!?】ナンパバイブル『ザ・ゲーム』が、かなり濃厚だった件(2011年05月16日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 19:00
Comments(0)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52079089