スポンサーリンク

2013年04月17日

【1Q】このブログでの人気本(2013年第1四半期ランキング)




【はじめに】

◆今日お届けするのは、2013年第1四半期の当ブログにおけるアマゾン売上ランキング。

本年度初の「四半期別」であり、上半期の順位を占う上でも重要なランキングとなっております。

特にこの第1四半期は、ホッテントリ入り記事もコンスタントに生まれており、なかなかの賑わいw

果たして1位となったのは!?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【2013年1四半期ランキング】

第20位

嫌われずに人を説得する技術 (ちくま文庫)
嫌われずに人を説得する技術 (ちくま文庫)

◆当ブログではコンスタントな人気を誇る伊東 明先生のコミュニケーション本。

かなり昔の前の本の文庫化なのですが、今読んでも十分活用できる濃い内容でした。

参考記事:【説得術】『嫌われずに人を説得する技術』伊東 明(2013年02月05日)


キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学 (ちくま新書)
キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学 (ちくま新書)

◆以前も申し上げたように、『ベストパートナーになるために』を読まれた方が、次に読むべき1冊。

男女の性差を知ることは、モテのみならず、仕事上や夫婦間においても非常に大事だと思います。

参考記事:【モテ】スゴすぐる「女性脳のトリセツ」7選(2012年12月12日)


第19位

人の心を操る技術―マインドリーディングと話し方で交渉もコミュニケーションも上手くいく
人の心を操る技術―マインドリーディングと話し方で交渉もコミュニケーションも上手くいく

◆装丁がちと微妙だったので、当初はスルーしていましたが、いざ読んでみたら「大当たり」だったのがこちら。

今、記事を読んでみても、収録されているTIPSはかなり高クオリティな気が。

参考記事:【スゴ本?】『人の心を操る技術』桜井 直也(2013年01月02日)


第18位

学び続ける力 (講談社現代新書)
学び続ける力 (講談社現代新書)

◆池上さんも多作な方なので、そのほとんどの作品をスルーしておりますが、勉強本なら話は別。

下記レビューもホッテントリにはなりませんでしたが、はてブ100弱を集める人気ぶりでした。

参考記事:【勉強】『学び続ける力』池上 彰(2013年01月18日)


第17位

「先延ばし」にしない技術
「先延ばし」にしない技術

◆1年以上前にご紹介した作品ですが、今回の四半期ではKindle版を大量にお買い上げ頂きました。

マーケットプレイスでもあまり値崩れしていませんから、Kindle版を買う、というのも正解なのかも。

参考記事:ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『「先延ばし」にしない技術』の真実(2012年01月09日)


第16位

つねに結果を出す人の「勉強脳」のつくり方
つねに結果を出す人の「勉強脳」のつくり方

◆下記参考記事は、昨年末に投稿したものですが、その勢いは翌1月まで続きました。

前にも書きましたように、アマゾンでの評価は分かれていますが、個人的には「アリ」な作品だと思います。

参考記事:【オススメ】『つねに結果を出す人の「勉強脳」のつくり方』に学ぶ7つのポイント(2012年12月29日)


第15位

平凡な仕事をすごいプロジェクトに変える教科書
平凡な仕事をすごいプロジェクトに変える教科書

◆まさかこのタイトルから、『はじめの一歩を踏み出そう』のマイケル・E. ガーバーのお弟子さんの本とは思いもよらず。

ただし、起業のみならず、社内プロジェクトの改善等にも使えますので、起業や独立をお考えになってない方でも是非!

参考記事:【オススメ】『平凡な仕事をすごいプロジェクトに変える教科書』安東邦彦(2013年02月15日)


第14位

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

◆20位の本同様、男女の性差を取り扱っている「名著」。

毎年年間ランキングにも入ってきているのですが、どうして毎月のようにコンスタントに売れ続けているのか、私にも良く分からないというw

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)


第13位

「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア 人生を浪費しないための超時間管理術
「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア 人生を浪費しないための超時間管理術

◆この本が当ブログで人気なのは、以前ご紹介したコチラの本と装丁が似ているからなのかも?

さすがに「200のアイデア」とか言われてしまうと、いくつかは実践できると思っちゃいますよね〜。

参考記事:【グズ解消?】『「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア 人生を浪費しないための超時間管理術』野間健司(2013年02月03日)


第12位

最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)
最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)

◆こちらも14位の本同様、当ブログにおける「ド定番本」。

むしろ、戦術系でこの本を上回ると断言できる本が出ていないのが、ちとカナシイな、と。

参考記事:【スタディ・ハック】「最短で結果が出る超勉強法」荘司雅彦(2007年07月02日)


第11位

騙されてはいけない 広告コピーカタログ (晋遊舎ムック)
騙されてはいけない 広告コピーカタログ (晋遊舎ムック)

◆未だにどこかは分かっていないものの、どこかのメルマガさん(多分)のご紹介を受けて、一気にお買い上げ頂いた1冊。

記事にも書いたように、私自身がワロエナイくらい、こうしたグッズ系に騙されていたんですがw

参考記事:【ステマ?】『騙されてはいけない 広告コピーカタログ』(2013年01月29日)


第10位

伝え方が9割
伝え方が9割

◆この本は、記事にした時点からさらに売れており、現時点で「20万部突破」とのこと。

マーケットプレイスでも全然値崩れしていませんし、年末のビジネス書大賞でもノミネートされそうです。

参考記事:【こんな方法あったんだ】『伝え方が9割』佐々木圭一(2013年03月05日)


第9位

できる人の仕事のしかた
できる人の仕事のしかた

◆「ルール」シリーズの著者であるリチャード・テンプラーの仕事術本。

出世レースに興味がない方でも、足を引っ張られる可能性はありますから、本書を読んで防御されると宜しいかと。

参考記事:今こそ『できる人の仕事のしかた』の闇の部分について語ろう(2013年01月06日)


第8位

コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング
コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング

◆今回のランキングは、紙の本だけでなくKindle版の売上を足しているのですが、この本は紙版との比率がほぼ1対1でした。

下記レビューでも書いているように、『「論点」→「結論」→「理由」→「行動」』を押えるだけで、個人的にはペイしているというw

参考記事:【これは分かりやすい!】『コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング』下地寛也(2013年02月13日)


第7位

一流役員が実践している仕事の哲学
一流役員が実践している仕事の哲学

◆実はこの本も、8位の本同様、Kindle版が売れまくり。

役員を目指すアナタなら、読んでおいて損はないハズ!?

参考記事:友達には秘密にしておきたい『一流役員が実践している仕事の哲学』(2013年01月19日)


第6位

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!
図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

◆2009年、2010年&2012年の年間ランキング1位となった勉強本。

相変わらず中古も値崩れしてませんし、当ブログのみならず、評判は良いようです。

参考記事:<【記憶&速読】「図解超高速勉強法」椋木修三/A>(2008年05月04日)


第5位

面白い本 (岩波新書)
面白い本 (岩波新書)

◆お馴染みHONZ主宰の成毛 眞さんによるブックガイド。

ジャンル的には当ブログとはちと違うのですが、非ビジネス書をビジネスに活かすのは、成毛さんの得意とするところです。

参考記事:【これはヤバいw】『面白い本』成毛 眞(2013年01月24日)


第4位

ヤバい経営学: 世界のビジネスで行われている不都合な真実
ヤバい経営学: 世界のビジネスで行われている不都合な真実

◆3月の1位だった、東洋経済さんの「『ヤバい●●学』シリーズ」最新作。

下記レビューが見事ホッテントリ入りを果たし、ここまで順位を伸ばしました!

参考記事:お前らもっと『ヤバい経営学』の凄さを知るべき


第3位

価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?
価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?

◆「2万円超のマニュアル」をベースにした値付け指南本。

サブタイトル部分で誤解されているようですが、個人的にはかなり満足感の高いスゴ本だと思います。

参考記事:【スゴ本】『価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?』リー・コールドウェル(2013年02月17日)


第2位

統計学が最強の学問である
統計学が最強の学問である

◆当ブログの1月売上1位となった、今やリアル書店でも売れまくっている、西内啓さんの現時点での最新作。

ちなみに西内さんの作品は、当ブログでは勉強本からモテ本まで幅広くご紹介しておりますw

参考記事:【データ分析】『統計学が最強の学問である』西内 啓(2013年01月27日)


第1位

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか
そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか

◆2013年第1四半期を制したのは、2月売上1位だった山口揚平さんの起業本でした。

はてブ獲得数も、この期間では一番という「ダブルトップ」になっております。

参考記事:【起業の心得】『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』山口揚平(2013年01月31日)


【感想】

◆いかがだったでしょうか?

1年前に投稿した2012年の第1四半期と比較すると、まずは「モテ本が激減している」という事は確実に言えるかと。

今回のランキングでは、14位と20位タイの2冊きり。

ブログ全体でのアドセンスの広告配信停止が怖くて、ナンパ本やそれ以上のセ●ロス関係本が取り扱いにくいのも事実なんですが、当ブログの人気カテゴリなだけに、もうちょっと何とかしたいところです。


◆一方、もう1つの柱である勉強本は、6位、12位、16位、18位と、まぁまぁなデキでした。

ただ、これにしても、上位2冊は「ド定番本」であり、以前書いた記事の遺産で食べてるようなものですから、ジリ貧と言えないこともなく。

4月には、王道ネタだらけであるにも関わらず、ホッテントリ入りをした勉強本がありますので、今後の展開に期待したいな、と。

もっとも、モテ本も勉強本も、いずれも「効果のあるTIPS」はあらかた書籍化されているので、今後はよほど特徴のある作品でないと、出版自体が難しいかもしれません。


◆それにしても、今回のランキングでも「はてブホットエントリー」のチカラは偉大でした。

1位〜8位まで、すべて紹介記事はブクマ数100超で、ホッテントリ入りを果たしています。

書名が若干煽り系だったり、そうでない場合でも私が「ホッテントリメーカー」でタイトル付けて煽ったりしているので、必ずしもブクマ数ほど優れているとは断言できませんが、それにしても威力大。

一度復活しかけた当ブログの検索エンジンでの評価が、また元に戻って低くなってしまったので、今後も頼りにしちゃいそうな(ヲイヲイw)。


というワケで、皆さま、第2四半期もよろしくお願いします!


【関連記事】

【1Q】このブログでの人気本(2012年第1四半期ランキング)(2012年04月12日)

【Amazon】このブログでの人気本(2010年第1四半期ランキング)(2010年04月23日)

【Amazon】このブログでの人気本(2009年第1四半期ランキング)(2009年04月19日)

【Amazon】このブログでの人気本(2008年第1四半期ランキング)(2008年04月18日)

このブログでの人気本(2007年第1四半期ランキング)(2007年04月18日)


【編集後記】

◆「あの」『ビジネスモデル・ジェネレーション』にワークブックが登場!

図解ビジネスモデル・ジェネレーション ワークブック
図解ビジネスモデル・ジェネレーション ワークブック

こちらは、サイズもお値段も、極めて通常の本と同じとなっておりますw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52071453