スポンサーリンク

2013年03月01日

【Amazon】このブログでの人気本(2013年02月ランキング)




【はじめに】

◆今日お送りするのは、月初恒例の当ブログにおける「アマゾンアソシエイト売上ランキング」。

参考までに、当ブログの過去3ヶ月の各月のランキングを。

2013年01月分

2012年12月分

2012年11月分

今回は瞬間的とはいえ、はてブトップになったブクマ580超の記事があったのですが、それを上回る本が!?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【売上ランキング】

20位

最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)
最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)

◆今月も堅実にお買い上げ頂いている定番勉強本。

ホントはこの本こそ、Kindle化が望まれる気が。

参考記事:【スタディ・ハック】「最短で結果が出る超勉強法」荘司雅彦(2007年07月02日)


19位

デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座
デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座

◆この本は直接はご紹介していないのですが、山口揚平さんの『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』の記事にて関連書籍としてあげておりました。

その『そろ辞め』がしばらく在庫が切れていたため、こちらを入手された方もいらっしゃいそうなw

参考記事:【起業の心得】『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』山口揚平(2013年01月31日)


18位

学び続ける力 (講談社現代新書)
学び続ける力 (講談社現代新書)

◆先月に続いてランクインした本書の売上は、Kindle版込みでのもの。

私は発売後結構早めに読んだ方だと思いますが、この本は既に「10万部突破」しているとのことです(スゲー)。

参考記事:【勉強】『学び続ける力』池上 彰(2013年01月18日)


17位

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック
外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

◆昨年10月の本がランクインしたのは、ひとえにKindle版あってのもの。

もちろん、内容的にもオススメの1冊です!

参考記事:【オススメ!】『外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック』山口 周(2012年10月22日)


16位

キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学 (ちくま新書)
キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学 (ちくま新書)

◆とうとう3ヶ月連続して登場した本書も、個人的には激オススメ。

『ベストパートナーになるために』を読まれた方が、次に読むべき1冊だと思います。

最近はてな界隈で話題になったこういう記事を読むにつけ、男女の考え方の違いを知っておくのは、決してムダではないと思われ。

参考記事:【モテ】スゴすぐる「女性脳のトリセツ」7選(2012年12月12日)


15位

彼と彼女の科学的「恋の法則」―“幸せな結果”を知りたいっ! (王様文庫)
彼と彼女の科学的「恋の法則」―“幸せな結果”を知りたいっ! (王様文庫)

◆元々本書は、4年以上前にご紹介したものなのですが、当時は当ブログも今ほどモテ本ニーズがなく、今回が確か初のランクイン。

下記参考記事は、その昔のレビューですが、今回の浮上のきっかけはバレンタインデーに投稿した「恋愛のオキテ」記事でした。

参考記事:【モテ】『彼と彼女の科学的「恋の法則」』はオススメ!(2008年10月07日)


14位

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか
ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

◆この本も19位の本同様、山口揚平さんの本と一緒にお買い上げ頂いた模様。

コメント欄で山口さんが推奨されていたので、下記記事にてその3冊を簡単にご紹介しております。

参考記事:【お知らせ】山口揚平さん『そろ辞め』出版記念セミナーのお知らせ:マインドマップ的読書感想文


13位

こんな社長がいてくれたら!  社長あるある  リーダー98人の意外な共通点
こんな社長がいてくれたら! 社長あるある リーダー98人の意外な共通点

◆タイトルや装丁はライトですが、意外とディープな社長像を描いていたのがこの本。

本来、それぞれの社長さんで、1冊の本や1つの章を構成できるところ、サクサク抜き出しているのですから、それは濃くもなります罠。

参考記事:【あるある】『こんな社長がいてくれたら! 社長あるある リーダー98人の意外な共通点』夏目幸明(2013年02月19日)


12位

面白い本 (岩波新書)
面白い本 (岩波新書)

◆本来の当ブログの選書傾向とは全く違うものでありながら、「読書の楽しさ」を教えてくれるのが成毛さんの新作。

1月の下旬にご紹介してから、2月に入るまで1度も「在庫有り」にならなかった分、2月にお買い上げ頂いたのだと思います。

参考記事:【これはヤバいw】『面白い本』成毛 眞(2013年01月24日)


11位

話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える! (王様文庫)
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える! (王様文庫)

◆当ブログでは安定した人気を誇る伊東 明先生の、「男女の性差」を掘り下げた文庫本。

2008年の作品だけあって、マーケットプレイスでは安値でバンバン出ているという、お買い得な1冊です。

参考記事:【モテ】『話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!』伊東 明(2013年02月09日)


10位

本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする読自の技術
本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする読自の技術

◆弾さん復活の書(?)は、待望の読書本でした。

下記記事には、私が撮影した弾さんの速読の動画も掲載されていますので、まだご覧になっていない方は要チェックで。

参考記事:【小飼流】『本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする(2013年02月20日)


9位

嫌われずに人を説得する技術 (ちくま文庫)
嫌われずに人を説得する技術 (ちくま文庫)

◆2月はもう1冊伊東明先生のコミュニケーション本が。

それにしても、伊東先生の本は、私が読んだ限りとはいえ「ハズレなし」なのがスゴイです。

参考記事:【説得術】『嫌われずに人を説得する技術』伊東 明(2013年02月05日)


8位

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

◆言わずと知れた、当ブログの定番本であり昨年度の年間売上第2位であるモテ本。

当ブログの読者さんで、お読みでない方は、そろそろいらっしゃらないのではないか、というくらいお買い上げ頂いているのですが、未だランクインし続けております。

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)


7位

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!
図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

◆一方こちらは、その8位の本を押えて、年間ランキング1位となった勉強本。

これでKindle化されたら、またその分お買い上げになる方がいらっしゃいそうな。

参考記事:<【記憶&速読】「図解超高速勉強法」椋木修三/A>(2008年05月04日)


6位

平凡な仕事をすごいプロジェクトに変える教科書
平凡な仕事をすごいプロジェクトに変える教科書

◆タイトルからは全く想像ができなかった、『はじめの一歩を踏み出そう』のマイケル・E. ガーバー直系の起業本

ただし、一般的な「起業」だけでなく、売上不振に陥った企業や、事業再編を目指す企業が復活を目指すような場合も含む「プロジェクト全般」なのがミソかと。

参考記事:【オススメ】『平凡な仕事をすごいプロジェクトに変える教科書』安東邦彦(2013年02月15日)


5位

「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア 人生を浪費しないための超時間管理術
「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア 人生を浪費しないための超時間管理術

◆タイトルといい、ネタの多さといい、当ブログの読者さんには「ツボ」だと思われる1冊。

ただし内容的にはテクニカルというより。意外と心理面からのアプローチが多いのが特徴です。

参考記事:【グズ解消?】『「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア 人生を浪費しないための超時間管理術』野間健司(2013年02月03日)


4位

統計学が最強の学問である
統計学が最強の学問である

◆1月を圧倒的な数字で制したこの本は、2月も順当にベスト5に入ってきました。

なお、2月もKindle版の売上が1/4ほどでした。

参考記事:【データ分析】『統計学が最強の学問である』西内 啓(2013年01月27日)


3位

コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング
コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング

◆Kindle版の売上と言えば、トータルの数字ではこの本が2月のトップであり、紙版との比率はほぼ1対1でした。

記事にも書いたように『「論点」→「結論」→「理由」→「行動」』だけでも元は取ったかな、とw

参考記事:【これは分かりやすい!】『コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング』下地寛也(2013年02月13日)


2位

価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?
価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?

◆冒頭で書いたように、下記レビューはブクマ580超を集め、記事投稿以降、毎日のようにお買い上げ頂いているスゴ本。

さすが2万円超のマニュアルをベースにしているだけのことはあります。

参考記事:【スゴ本】『価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?』リー・コールドウェル(2013年02月17日)


1位

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか
そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか

◆その2位の本を大差で圧倒したのが、1月末日に紹介したこちらの本。

完全な月ズレであり、2月1〜2日の2日間だけで、2位の本を上回る数字を出してしまいました。

参考記事:【起業の心得】『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』山口揚平(2013年01月31日)


【感想】

◆今月もまずは全体の総括から。

2月の数字は、1月に比べると、売上高はそれほどではなかったものの、注文数は不振でした。

(´・ω・`)ショボーン

一応2月は1月より日数ベースで3日少ないので、1割程度減ることは覚悟しておりましたが、約16%減という結果に。

本来、日数が少ない分、夜の記事で多少なりともカバーすべきところ、それもできなかったのが痛かったです。


◆不振の原因ですが、やはりホッテントリ入り記事が少なかったことが大きかったかな、と。

1月は5つもありましたが、2月はこの2つのみでした。

【スゴ本】『価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?』リー・コールドウェル 【スゴ本】『価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?』リー・コールドウェル(2013年02月17日)

【これは分かりやすい!】『コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング』下地寛也 【これは分かりやすい!】『コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング』下地寛也(2013年02月13日)

もっとも、1位の本の記事は、2月1日時点でもホッテントリ入りしていたので、厳密には2.5本と言うべきですか。

ちなみに、この1位の本は、注文数も売上高も半端なかったので、もしこの数字がなかった(1月に計上した等)ら、2月の数字は壊滅的でした。

あぶないあぶない……。


◆一方、1月からカウントするようになったKindle版については、2月はさらに増加。

3位の『コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング』のように、紙ベースと半々の数字になる本もありました。

とはいえ新刊のKindleは、まだまだ少ないのが現状です。

結局、今回のランキングでKindle化がなされているのは、3位、4位、17位、18位の4冊だけでした。

ちなみに、このうち17位の本は、上記でも触れているように、昨年10月の本ですから、今後はこのように「Kindleになったことによる再ランクイン」も増えてきそうですね。


◆ジャンル的には、2月は1位の山口さんのご本に引っ張られるように、起業本が好調でした。

その山口さんの1位、19位のほか、山口さんご推奨の14位、さらに6位の本もそうですし。

なお、当ブログの2本柱のうち、モテ本については、4冊入っていて、何とか面目を守った感じ。

一方勉強本は、頑張って紹介したものの不発ばかりで、結局ランクインしたのは定番本が2冊と、池上さんの1月ご紹介した本という結果に。

そろそろ勉強本については、よほど斬新なアイデアでないとキツいかもしれません。


というわけで皆さま、引き続きよろしくお願い申し上げます!


【編集後記】

◆ちょっと気になる本。

励ます技術
励ます技術

ページ数が少ないようなので、どういうレイアウトなのかチェックしなくては。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。