スポンサーリンク

2013年02月10日

【全17冊】未読本・気になる本(2013年02月10日)



Max the Cat with Books 2 / Found Animals



【はじめに】

◆今日お送りするのは、恒例の「未読本・気になる本」のエントリー。

今回はまたまた2週間以上経ってしまった上に、取り上げたい作品が多くて、いつもよりちょっと多めのセレクトになってしまいました。

それでは、全17冊、ご覧ください!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【未読本・気になる本、全17冊】

コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング
コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング
「論理的に考えているつもり」を解消して、最大の成果を生み出そう!誰でも論理思考が身につく。コクヨで実践している究極のコミュニケーションスキルを伝授。

◆前作、『コクヨの1分間プレゼンテーション』がスマッシュヒットだった、下地寛也さんの新作。

前作はタイミングを逸してしまったので、本書は挑戦してみたいところです。


料理の科学―素朴な疑問に答えます〈2〉
料理の科学―素朴な疑問に答えます〈2〉
電子レンジ加熱の料理が速く冷めるのはなぜ?放射線の「食品照射」、ほんとうに安全?炭火とガスの火、長所と短所は?―誰もが感じる疑問を、わかりやすく、根本から解説。

◆最近、勝間和代さんが料理にハマっているのを見ていたせいなのか、リアル書店で思わず手にしてしまった1冊。

結構面白いんですが、これ2巻目で1巻目から読むべきなのか、思案中……。


キムタツ式 灘校生が実践しているTOEIC900点を当たり前のように取るためのパワフルメソッド    今度こそ失敗しない「使える英語」学習法
キムタツ式 灘校生が実践しているTOEIC900点を当たり前のように取るためのパワフルメソッド 今度こそ失敗しない「使える英語」学習法
灘校生が実際に行っている「大量インプット」を中心とした学習法を大公開。TOEIC900点もラクラク突破できます。 「使える英語」を意識して無駄な勉強からおサラバしましょう!

◆「灘校生が実践」「TOEIC900点」というフレーズだけで、思わずヨダレがw

アマゾンの画面で動画がありますので、そちらもご覧ください。


芥川賞物語
芥川賞物語
異様で滑稽、けれども愛すべき日本一有名な文学賞。その第1回から第147回までの受賞作と候補作の選考過程にまつわるエピソードを完全網羅した〈権威〉と〈喧噪〉のドキュメント。

◆新聞の広告で見かけて、リアル書店に確認しに行ったものの見当たらず、未だノーチェックなのですが、これは猛烈に面白そうです。

アマゾンレビューにある「太宰治がなぜ受賞できなかったのか」とか、気になりまくり……。


これからの広告人へ (アスキー新書)
これからの広告人へ (アスキー新書)
新たなメディアの登場やビジネスモデルの変化で、広告業界を取り巻く環境が大きく変化し、電通や博報堂といった大手広告会社ですら求められる役割や組織の在り方が変わっている。
「牛乳に相談だ。」キャンペーンやフリーマガジン『R25』など数々の大規模キャンペーンを手掛けてきた著者が考えるこれからの働き方の理想像とは?

◆メディアや広告系の新書をよく出されているアスキー新書さんの今月の新作から。

カテゴリ的に、当ブログではあまり得意ではないのですが、こういう真っ当な本が売れて欲しいものです。


Evernoteを使いたおす方法 「いつか使うかも」を入れておく備忘録 (アスキー新書)
Evernoteを使いたおす方法 「いつか使うかも」を入れておく備忘録 (アスキー新書)
「とりあえず入れおく」「自分が忘れても大丈夫」Evernoteを使う習慣を身に付けるために。スマホでの始め方からオススメの活用法までまとめてわかる。

◆もう1冊アスキー新書さんから。

Evernoteも、今年こそは活用したいんですけどね……。


本当に正しいネット恋活術 (SANWA MOOK)
本当に正しいネット恋活術 (SANWA MOOK)
本気で彼女が欲しいあなたのための手取り足取り男女交際マニュアル。
※女性に出すOKメールの実例付!!
これを読めばあなたも女性の友だちができる!?
本書ではパソコン、スマートフォン、デジタルカメラの準備からはじめ、SNSや婚活サイトなどにおける「恋活(こいかつ)」の手順を詳しくていねいに解説しています。
さらに初心者がおちいりやすい失敗のパターンにも言及し、なにより「間違いを繰り返さない」ことに焦点を絞りました。
あなたの部屋からマイペースで「恋活」の世界に踏み出せる、初心者のための手引書です。

◆これだけ当ブログではモテ本をご紹介していながら、実はネット恋愛について掘り下げた本というのは、ほとんどなかったりします。

本書も、この手のモテ本にありがちな「初心者向けの基本書」のような感じですが、とにかくリアル書店でまだ目にしたことがないという。


瞬時に人の心をつかむ── 人生を変えるプレゼン術 (朝日新書)
瞬時に人の心をつかむ── 人生を変えるプレゼン術 (朝日新書)
プレゼンは最初の「つかみ」が特に重要だが、実は行う前にほぼ勝負は決まっている。
ターゲットの好みや趣向の事前調査を怠ってはならないし、電車やトイレでのイメージトレーニングも欠かせない。
PRの達人が教える最強のプレゼン術!

◆当ブログにおけるプレゼン本というのは、ジョブズ本のように大当たりするものもあれば、そうでないものも(ry

果たしてこの本は、どちらになるのでしょうか……?


直径2センチの激闘-町工場が熱中する全日本製造業コマ大戦- (B&Tブックス)
直径2センチの激闘-町工場が熱中する全日本製造業コマ大戦- (B&Tブックス)
「全日本製造業コマ大戦」は、全国の町工場の職人が、自作の喧嘩コマを持ち寄り、戦わせて日本一を決める戦いだ。わずか直径2cmのコマに、磨かれた技術とそれぞれの想いをのせ、全国に散らばるライバルの頂点を目指す。ふとしたきっかけで始まったコマ大戦は全国に広がり、日本のモノづくりの魅力を伝える新たな旋風を巻き起こそうとしている。本書では、開催秘話と各大会の模様を紹介し、コマ大戦の魅力を伝える。

◆これこそ、HONZさんあたりが取り上げそうな1冊。

日本の中小企業の技術の高さは、かなり昔に『職人学』という本を読んで実感した記憶があります。


価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?
価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?
■「つい、買ってしまった! 」
高くてもお客が満足する値段の秘訣

本書では、価格戦略について「消費者の購買心理学」と「行動経済学」の観点からアプローチし、新しい価格設定の技法を解説します。お客は売り場で何をどう認識して購買を決定するのか、その決定はいかに「不合理」かを、さまざまな実証データや最新のリサーチをもとに明らかにしていきます。

◆帯を拡大してみる限り、行動経済学的な要素も含まれている模様。

さらに「値付け」はビジネスにおける非常に重要な要素なので、この本も見逃せないところです。


誰かに教えたくなる世界一流企業のキャッチフレーズ (GLOBAL BOOKS)
誰かに教えたくなる世界一流企業のキャッチフレーズ (GLOBAL BOOKS)
世界の一流企業が生み出したユニークなキャッチフレーズ(経営理念、スローガン、キャッチコピーを2,200以上厚め、ミシュラン風に格付けを行い、社会的あるいは歴史的なコメントや背景、企業収益に与えた影響などを分析。

この本からは、
「人々の記憶に残るキャッチフレーズとは何か」
「業界における上位フレーズとは」
「時代とともにキャッチフレーズはどう変化したか」
などがわかる。
企業経営者やマーケティング、ブランディングに携わる人には必読の本です。

◆その値付け同様に重要なのが「キャッチフレーズ」であり、それを解説しているのがこちら。

目次に具体的なキャッチフレーズの企業がABC順に載っているのですが「アバクロンビー&フィッチ、アディダス、BMW、クリスチャン・ディオール、フェラーリ、ギネス、日立、イケア……」とかなり豪華な面子です。


次の会議までに読んでおくように! ~モダンミーティング7つの原則
次の会議までに読んでおくように! ~モダンミーティング7つの原則
妥協しない、止まらない、先送りしない。これが史上最強の会議術!
たかが会議とあなどってはいけません。会議は、戦争が最終手段であるように、ビジネスにおける最終兵器なのです。
フォーチュン500に載る大企業で行われているダメな会議の数々を目撃した著者が、シンプルで誰でも実践できる7つの原則を提案!
この7つの原則を、チームのみんなでシェアすれば、今すぐ最強のチームに生まれ変わります!

◆引き続きアマゾンの内容紹介によると「本書は当初Kindle版にて好評を博し、発売初週に「世界で最も読まれているKindle book」の記録を樹立」したとのことですから、かなりの人気だったのだと思われ。

内容的にも、当ブログの読者さんにはマッチしそうな気が。


本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする読自の技術
本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする読自の技術
「中卒、家庭内暴力、家も燃えた。そんな自分を押し上げてくれたのは、いつも本だった」。
書評ブロガーとしても知られる著者が、「自分の人生に希望が持てない」という若者たちに向け、読書で人生を豊かにしていく方法を説く。

◆しばらく活動が控えめだった小飼 弾さんが、当ブログ的に「オイシイ」ご本を出されるよう。

私は超文系なんで二の足を踏んでおりますが、『「中卒」でもわかる科学入門 "+-×÷"で科学のウソは見抜ける!』の方は昨日発売されております。


出口 汪の「すごい! 」記憶術 (ソフトバンク文庫)
出口 汪の「すごい! 」記憶術 (ソフトバンク文庫)
★一生使える「武器」―それは、あなたの「記憶力」を強くし、東大合格レベルの「頭脳」を手に入れることに他なりません! ★

●ビジネス力&語学力アップ間違いなし!
○各種試験も楽々突破!
●東大合格レベルの記憶術がこの一冊で手に入る!
○30年を超える著者の講師経験から生まれた驚くべき記憶術が全部詰まっている!

◆表紙が勉強本らしからぬので、若干不安がありますが、これもチェックしておきたい1冊。

上記内容紹介を見る限りは、かなりの効果が期待できそうなんですが。


資格マエストロがこっそり実践する 驚異の『合格』勉強術
資格マエストロがこっそり実践する 驚異の『合格』勉強術
試験を独学で突破するための具体的なノウハウを紹介。
精神論的な内容にとどまらず、具体的なノウハウとそのメリットや効果もしっかり明記する。
一見非常識だが、実績ある著者ならではの画期的勉強法や試験会場で役立つ、様々なテクニックを伝授!

◆以前、当ブログで『ラクして受かる勉強法 』をご紹介した鈴木秀明さんの新刊。

ネタかぶりがあるのか若干気になりますが、こちらも期待大です!


新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!
新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!
どう考えても「社外秘」レベル!

大ヒット商品はいかにして生まれるのか?
その秘密をホンモノの企画書と担当者の肉声から徹底的に読み解く本!

商品やサービスだけでなく、事業戦略から販促まで広範な企画書を満載。

◆こちらもアマゾンの内容紹介に、具体的なヒット商品が掲載されているんですが、「Jagabee[じゃがビー](カルビー)、消臭力(エステー)、ポメラ(キングジム)、∞プチプチ(バンダイ)、サンシャイン水族館(サンシャインエンタプライズ)、フィットカット カーブ(プラス)」等々、かなり豪華です。

……これはちょっと読んでみたいカモ。


仕事はできるのに、机がぐちゃぐちゃで困ってるきみへ
仕事はできるのに、机がぐちゃぐちゃで困ってるきみへ

◆まだ装丁も内容紹介がアマゾンにはあがっていないのですが、お馴染み美崎栄一郎さんの新刊。

私も机がごちゃごちゃで困っているんですが、仕事ができるかは(ryww


【編集後記】

◆読んでも記事にはできないでしょうから、上記からは割愛しましたが、こちらもついでに。

ラジオのこちら側で (岩波新書)
ラジオのこちら側で (岩波新書)

思えば、ピーター・バラカンさんの『ポッパーズMTV』がなければ、社会人になってからもCDを鬼のように買いまくらなかったかも。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52060772