スポンサーリンク

2013年01月29日

【ステマ?】『騙されてはいけない 広告コピーカタログ』


騙されてはいけない 広告コピーカタログ (晋遊舎ムック)
騙されてはいけない 広告コピーカタログ (晋遊舎ムック)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、雑誌『MONOQLO』が「巷に溢れるミスリード広告」を取り扱ったムック本。

『MONOQLO』同様「歯に衣着せぬ」物言いで斬りまくっており、対象となった広告の会社からクレームが来るんじゃないかと、読んでるこちらが心配になるくらいでした。

アマゾンの内容紹介から一部引用します。
広告業界に大きく蔓延する消費者を困惑させるウソ/日常に侵食する騙し広告の実態に迫る/ネット広告は嘘だらけ! 新手の手口に騙されるな

えー!あの製品に効果がなかったなんて!?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.ポロポロ落ちているのは角質ではなく製品のポリマー

プレミアムローズピール 2個セット <マッサージジェル>

 専門家によると、「肌の角質を取るという考え自体がそもそも疑問」という。必要以上の角質が肌に溜まることはない、というのがその見解だ。では、製品を使ったときの、このポロポロの正体は何?
 実はこのポロポロ、商品のジェルが肌の上で擦れてできたポリマー。出てくるクズは、角質ではなく、肌に付着した汚れと商品そのものが摩擦でこすれて固まったものなのだ。もちろん、多少は角質が含まれているかもしれないが、全体としては微々たる量。実際には、肌に溜まった垢とポリマーが大部分を占める。さも大部分が角質かのような印象を与える広告手法は、誇大広告なのでは?と思わざるを得ない。


■2.「天然」を強調するも人工では作り得ない自然界の天然成分

ツバキ シャンプー 詰替用 400ml

 茶カテキンとおなじく、そもそも自然界にしかないのに「天然」を謳っている有名製品に資生堂のへアケアシリーズのTSUBAKIがある。「天然椿オイル配合」ということで、髪がサラサラになりますよ的な宣伝をしているのだが、椿オイルと言っている時点で植物である椿は自然物なのだから当然「天然椿オイル」なのだ。冷静に考えてみれば人工の椿オイルなど存在するはずもない。(中略)

 それをあえて「天然」の名を冠してネーミングすることで、化学物質たっぷりのシャンプーを少しでもナチュラルな印象にすり替えてようとしているのだ。肌や髪に触れるへアケア製品だけに、イメージ戦略は重要。少しでも人体にやさしく、かつ効果のあるように見せる宣伝広告というワケだ。


■3.たまごの黄身の色はエサに影響されるので栄養には関係ない


Yolk-Broken-Eggs_193029-480x360 / Public Domain Photos

黄身の色は味や栄養と本当に関係があるのだろうか。ここはひとつ、鶏卵の販売を行っているJA全農たまごに聞いてみよう。
「結論から言うと、黄身の色は栄養価には関係ありません。黄身の色は母鶏の食べたエサの色によって決まるのです。トウモロコシや緑葉、またはパプリカなどをエサに添加すると、濃いオレンジ色の黄身になります」(JA全農たまご・広報)
 ガーン! 何と、黄身の色は、鶏が栄養成分をタマゴに送り込んでいる訳ではなく、エサに含まれる色の成分が黄身に移行しているだけだった!


■4.錠剤タイプ1回分とビタミンB類が同程度のチョコラBBドリンク

エーザイ チョコラBB ローヤル2 50ml×10本

 具体的に説明すると、チョコラBBドリンク兇蓮1瓶320円程度で用量は1日1本。一方、チョコラBBプラスの用量は1日2錠。実勢価格は120錠入りが3000円程度で販売されているため、1日のコストは約5円と、チョコラBBドリンク兇6分の1程度だ。(中略)
発売元のエーザイお客様ホットライン室に問い合わせてみたところ、以下の回答が得られた。
「主に効果が期待できるビタミンB2を主成分としている点で錠剤、ドリンクともに効果は同じです。価格の面からも、また1日2回飲むことで持続的に効果を発揮する点からも錠剤タイプをオススめします。」


■5.効果は気休め程度のダイエットベルト

最新版スレンダートーンシステムABS 男性用 腹筋ベルトEMS ヨーロッパ正規品 スレンダートーン最上位機種(一般用)

 EMSはエレクトリカル・マッスル・スティミュレーションの頭文字をとったもので、直訳すると「電気的筋肉刺激」となる。文字通り、電気刺激で筋肉を収縮させる運動およびその機器のことを指す言葉だ。(中略)
 有識者によると、200V程度の電圧であればEMSでの筋肥大も可能だろう、とのこと。しかし、数秒の使用でも激しい痛みを伴い、表皮を火傷させるような強い刺激なので、現実的ではないという。しかも研究用に使われる機器ですら全力の3割程度の筋収縮が限界で、市販品となればせいぜい数%がいいところであり、使い続けてやっと多少の変化があるかもしれないくらいだそうだ。効果はほとんど気休め程度であると考え、期待しないほうがよさそうだ。


■6.毒素を吐き出した気分だけ味わえるデトックスフットバス

【ゲルマ爽快スパ】 フットバス

 一般にラジカルデトックスやイオンデトックスと呼ばれるフットバスに使用される水は、多くの場合ミネラル水や水道水が使われる。そこに電極を入れると水分の鉄、マグネシウム、カルシウムといった不純物がイオン反応を起こす。結果、水の色が変化し、なんだかヨゴヨゴしたものが出るという仕組み。つまり足を入れようが、入れまいがドロンドロンになるというワケ。足湯でのリラックス効果はあるかもしれないが、「解毒」ではないので注意してほしい。


【感想】

◆これ以上続けると、利害関係者(?)からクレームが来そうなので、この辺で。

なお、画像は主に「イメージ」であり、具体的な商品名が明記されているもの以外は、本誌で具体的に糾弾しているわけではございませんので、あしからず(逃げ腰w)。

さて、本書のタイトルにもある「広告コピーの問題」では、「カロリーゼロ」が有名ではないでしょうか?

カロリーゼロに違和感あり:日経ビジネスオンライン

ただし、カロリーゼロ飲料を飲み続けると、かえって太る、という話もありますね……。

カロリーゼロなのになぜ?人工甘味料を定期的に摂ると6倍太る by Gow!Magazine(ガウ!マガジン)


◆本書ではこれに加えて、「三ツ矢サイダーオールゼロ」を俎上に。

「保存料ゼロ」を謳っているこの製品ですが、そもそも元から三ツ矢サイダーには保存料が入っていなかったのを「あえて」強調しているという。

アサヒ 三ツ矢サイダー オールゼロ PET 500ml×24本
アサヒ 三ツ矢サイダー オールゼロ PET 500ml×24本

これは上記ポイントの2番目の「天然」も似たようなモノで、決して「ウソ」は言っていません。

単に「あえて言う」ことにより、消費者の「誤解」を意図しているワケですが、まぁ比較的可愛い方。


◆それより問題になりそうなのが、上記ポイントの初っ端の「角質」の件です。

本誌に収録されている画像の元となったと思われる動画がこちら。



最初の20秒くらいで、ポロポロとれているのが角質であるかのような表現をしているのですが、まさかアレが製品に含まれるポリマーだったとは。

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<一>:::::<ー>。 
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j      てっきり角質が取れているものだと……
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._



◆そういえば、昔、「オトサンコーン」とか言う、耳に突き立てて火をつける耳掃除のグッズがありましたよね?

OTOSAN CONE - Google 検索

ポロポロ取れたカスが耳垢だと思っていたものの、実はロウのカスだったというオチ。

耳そうじグッズ | その他(美容・健康)のQ&A【OKWave】

……私ももちろん、信じて使っていました(遠い目)。

どちらかというと、これらは「広告コピー」の問題以前に、その製品自体が問題だと思いますが。


◆ついでに思いだしたのですが、私、こんな商品も買ってましたw

ジロンカ スメルキラー クラシックセット 【ブラック】
ジロンカ スメルキラー クラシックセット 【ブラック】

ていうか、アマゾンにまだデータとして残っている(販売はしていませんが)こと自体驚き。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、これ、効果がないとして、公正取引委員会が排除命令を出してるんですよね。

ステンレスで消臭『スメルキラー』の効果に疑問、公取委が排除命令 - 街の灯

あー、他にも「超音波でゴキブリ退治」とか、色々騙されてた自分、ハズカシスww


◆何やら食品やら健康グッズばかり取り上げてしまいましたが、本書には他にも

 ・無線LANの公称通信速度が出ることはほぼない

 ・楽天ボーナスポイントの期限が厳しすぎる 

 ・目的がわからない1万円のサプリ

 ・結局アップデート出来ないアンドロイド携帯

 ・ファイアウォールはウイルスを除去防ぎきれない


といった「デジタルネタ」もアリ。

「買って得をする」というより、これ以上「損をしない」「騙されない」という意味では読んで損はありませぬ。


まさに「騙されてはいけない」んです!

騙されてはいけない 広告コピーカタログ (晋遊舎ムック)
騙されてはいけない 広告コピーカタログ (晋遊舎ムック)
【Part1】ウソじゃない、言わなかっただけ編
【Part2】なんか、納得いかない編
【Part3】但し書きに真実アリ編
【Part4】ほとんど、ウソじゃん! 編
【番外編】まだまだあります、広告コピーの落とし穴


【関連記事】

【文房具】『MONOQLO (モノクロ) 2012年 02月号』は文房具大特集です!(2011年12月22日)

【文具マニア必見!】『MONOQLO特別編集 文房具完全ガイド』はかなりキテます!(2011年04月14日)

【在庫復活!】『MONOQLO』のアマゾン非公式ガイドが濃厚だった件(2011年10月07日)

【Amazon】今月号の雑誌『MONOQLO』の「アマゾン全方位読本」は必読!?(2010年02月22日)

【外食Hacks!】『グルメの真実』から学んだ、外食する際気を付けたい7つのTIPS(2011年10月30日)


【編集後記】

◆ちょっと気になる本。

合コンなんてこわくない!  ~「ぼっち」にならないために~
合コンなんてこわくない! ~「ぼっち」にならないために~

これも一種のモテ本なんでしょうね。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

この記事のカテゴリー:「生活」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)マーケティングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52058880