スポンサーリンク

2013年01月19日

友達には秘密にしておきたい『一流役員が実践している仕事の哲学』


一流役員が実践している仕事の哲学
一流役員が実践している仕事の哲学

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、かなり前に『ロジカル・コミュニケーション』を拝読したことのある、安田 正さんの最新刊。

安田さんは、ビジネススキル系のご本が多いのですが、本書は「やや自己啓発風味の仕事術」といった感じです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
今、会社のトップにいるような人たちは、どんな哲学を持ち、どんな仕事をしているのでしょうか?
本書では、大手から中小企業まで一般社員5万人(会社全体では55 万人)、1000 人の部長以上の役職者(専務、常務、社長など)を相手にビジネスを行ってきたコンサルタントが、実際の研修やアンケートを通して発見した「平社員で終わってしまう人」「部長止まりの人」「役員まで行ける人」の習慣、そして彼らの持っている哲学について述べていきます。

本書を読めば、役員への道が開けるかも!?

なお、記事タイトルは、「ホッテントリメーカー」によるものなので、お友達には秘密にするどころか、むしろ積極的にTwitterやFacebookで(ry


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.メールは3分以内に返信する


Email email email / RambergMediaImages

メールが来た時
平社員は、5分考えた挙句、あと回しにする
部長は、空いた時間にまとめて返す
役員は、3分以内に返信する
メールのレスポンスが速いというのは、「思考をまとめるのが速い」。書くのに時間がかかるのは、「思考をまとめるのが遅い」からなのです。
 その点、役員クラスの人たちは常に物事を考え、処理しなければならないので、結論を出すのが速く、ポイントの絞り方が上手いのです。


■2.接待されたら必ずお礼メールをする


Dinner in Kuala Lumpur / Amber de Bruin

ごちそうしくもらった次の日、
平社員では、90%がメールすらしない
部長でも、80%の人がお礼を言わない
役員は、100%朝7時にお礼メールが来る
 これまで仕事をしてきて感じることですが、部長止まりの人と、さらに役員まで出世する人との差がどこに出るかというと、接待の次の日の朝です。(中略)
 大手企業の部長クラスの人たちでさえ、お礼メールが返ってくるのは20%がいいところなのです。
 ところがです。
 これが役員クラスの人になると、どうでしょうか。
 間違いなく100%の人からお礼メールをいただきます。


■3.時計や服装は王道を選ぶ

[セイコー]SEIKO 腕時計 MECHANICAL メカニカル SARB021 メンズ

時計を選ぶ時
平社員は、オシャレを重視する
部長は、値段やブランドで選ぶ
役員は、王道を好む
 出世した人は、いろいろなバックグラウンドの人と会う機会が多くなります。
 朝は役人と会い、昼間は不動産屋とIT業界の方、そして夜は業界のパーティーに出席、などという日々を送っています。
 そんな時には、あまりにも相手とかけ離れた服装はできません。
 しかし、いちいち服を変えるわけにもいきません。
 そうなると「王道」を行くしかないのです。


■4.継続してスポーツをする


Golf Practice / kazamatsuri

スポーツを始めると
三流は、3日で挫折する
二流は、数年で飽きる
一流は、数十年やり続けている
 出世された方々は、ゴルフ歴○十年、ウォーキング歴○十年といったように、ほとんど人生の一部になるくらいやって、そして、自分の体に影響するくらい、とことんやり抜いているのです。
 もちろん、他の流行のスボーツに浮気することもありません。
 たかが運動ですが、まさに自分の血肉になるまで黙々とやり抜く、「継続は力なり」を体現しているのが、彼らの運動への取り組み方です。


■5.英語はあえて勉強しない


Upper Intermediate Class / Shane Global Language Centres

英語に関して
三流は、TOEIC700点を目指す
二流は、ビジネス英会話に通う
一流は、あえて勉強しない
 役員たちは英語がしゃべれない。それはなぜか?
 皆さんに伺うと、「英語は話せるようになるまでに膨大な時間と労力がかかり、費用対効果が悪い。だから、無駄な投資はしない」というところがほとんどのようです。皆さん、それだけの労力を英語などにかけるよりは、結果が確実に期待できる仕事に時間をかけたい、というのが一番の理由なのです。


■6.運を味方につける


Working Hard / leepus

三流は、卑屈である
二流は、自分の力を過信する
一流は、運を味方につける
 もちろん、運だけで大企業の役員にまで大出世することはできません。
 恐らくそこまで行ったのは、努力して、努力して、努力して、たどり着いた果てに「もう、運だ」と思うしかないくらい努力した人だったからなのでしょう。
 それからもう1つ、「自分は運がいい」と信じられる前向きさや、ある種の楽観性もあると思います。


【感想】

◆なぜかボリューミーになってしまったので、今回もこの辺で。

引用量が多かった理由の1つが、本書の構成によるもので、上記の通り「平社員/部長/役員」「三流/二流/一流」といった区分けが、各テーマごとになされていました。

上記小見出しでは「役員」や「一流」に該当するもののみ拾っておりますが、それ以外のものを併記することにより、「違い」がより一層際立っているのではないか、と。

そう言えば、当ブログでも以前この本を紹介しておりまして……

一流の人に学ぶ自分の磨き方
一流の人に学ぶ自分の磨き方

参考記事:新入社員なら知っておくべき『一流の人に学ぶ自分の磨き方』の5つの法則(2012年03月31日)

この本のように「一流/二流」、もしくは「できる人/できない人」というのは良く目にしますが、本書のような「三段オチ」ならぬ「三段展開」というのは珍しいのではないでしょうか?


◆という訳で、さっそくその「違い」が、上記ポイントの1番目から披露されております。

「メールは早く返せ」という類書は多いものの、「3分以内」とはこれはまた極端な。

もっとも、大手企業の役員クラスになると、決裁事項は部長の10倍、社長は部長のさらにその10倍もあるとのことですから、これも結構本質を突いているのかもしれません。

同様にポイントの2番目も「部長止まりかその上か」でこんなに違いがあるのだとは!?

そして、「メールが朝7時の理由」については、書影やアマゾンでも明かされていないので、ネタバレ自重で(すいません)。


◆なお、割愛した中で「接待の際に連れていくお店」というテーマがあるのですが、「食べログ見てるのは平社員」とのことw

残りの部長と役員は本書でご確認頂くとして、本書では安田さんご推薦のお店が5店舗登場しています。

中でも一番フォーマル度が高そうなのがこちら。
皆美
[接待 個室 日本橋]
皆美
地下鉄日本橋駅 徒歩1分
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋4F(地図
ぐるなびで 皆美 の詳細情報を見る
※2013年1月19日現在の情報です
ぐるなびぐるなび会席料理×日本橋のお店情報もチェック!
食べログのスコアも良さげ(と確認してしまう私は平社員w)なので、一度使ってみたいところです。


◆ちなみに本書は、各テーマごとに4ページずつ費やして解説。

それぞれ最初の1ページ目は、太文字で「三段展開」していますので、全体の文字量としてはさほど多くありません。

ただし、意外とこういうコンテンツは、意識して探さないとネットにもなかったりするもの。

「55万人の一般社員、1000人の役職者と接してきた」安田さんだからこそ書けた内容だと思います。


役員になりたいなら要チェックで!

一流役員が実践している仕事の哲学
一流役員が実践している仕事の哲学
第1章 平社員と部長と役員の違い

第2章 三流の仕事 二流の仕事 一流の仕事

第3章平社員で 終わる人 部長止まりの人 役員まで行く人


【関連記事】

新入社員なら知っておくべき『一流の人に学ぶ自分の磨き方』の5つの法則(2012年03月31日)

今こそ『できる人の仕事のしかた』の闇の部分について語ろう(2013年01月06日)

【出世の秘訣?】『人事部は見ている』に学ぶ出世の6つのポイント(2011年07月10日)

【出世作法】『課長になれない人の特徴』に学ぶ7つの出世のコツ(2012年01月20日)

【出世心得?】『やはり、肉好きな男は出世する』に学ぶ7つの出世のポイント(2012年01月17日)


【編集後記】

◆ちょっと気になる1冊。

ニッチ: 新しい市場の生態系にどう適応するか
ニッチ: 新しい市場の生態系にどう適応するか

私の好きなマーケティング系みたいなので、これは食指がww



人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52057302