スポンサーリンク

2013年01月16日

【Amazonキャンペーン有】『お金をかけずにお金を稼ぐ【儲かる! ニッチ商売】気づきのネタ帳』岩波貴士


お金をかけずにお金を稼ぐ【儲かる! ニッチ商売】気づきのネタ帳
お金をかけずにお金を稼ぐ【儲かる! ニッチ商売】気づきのネタ帳


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、出す本がことごとく「アタリ」の岩波貴士さんの新作。

「ネタ帳」を名乗るだけあって、相変わらず美味しいネタが溢れかえっておりますw

アマゾンの内容紹介から。
稼げるヒントは、ちょっとした発想のズレとスキマにある!ニッチ商売を発見する目利き術。

なお、本書の発売を記念してアマゾンキャンペーンも本日から行われますので、そちらの情報もお見逃しなく!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.扱うべきでない商品から逆算して商品を探す


関東地方で業績好調のスーパー「北野エース(株式会社エース)」では、保存の利かない生鮮食料品を置かず、長期の保存が利くレトルト食品や調味料の品揃えを圧倒的なまでに充実させる戦略で、首都圏売上100億円を目ざすまでに成長しました。商品特性を重視し「管理上の経費」のかかりにくい商品に特化させたわけです。


■2.「情報貿易」という視点を持つ

ショウワグリム おりがみ 教育おりがみ 40色 23-1236

小予算で実行できる二ッチなコンテンツの例を挙げれば、知能を高める教育「知育」の視点から海外でも注目されている日本の「折り紙」の折り方を商品にするなどです。つまり「折り紙の折り方」を教える動画コンテンツの販売です。単純な内容であっても外国人にとっては新鮮であり興味を示します。また、折り紙にはたくさんの折り方が存在し、伝統的な作品は著作権の制限がないのも魅力です。


■3.あたりまえに「あるもの」をなくす

三菱 NJ-XSB10J-R 蒸気レスIH炭炊釜 (ルビーレッド)

三菱電機が発売した「蒸気レスIH」は蒸気の映き出し口がない炊飯器です。蒸気をタンクに集めて水に戻す新機構で密閉構造化に成功した商品です。この工夫により蒸気が原因で発生していた壁の汚れや、匂いの充満、火傷の発生を無くすことができました。


■4.歴史上の出来事などの多くは著作権フリー


Mount Rushmore / ConspiracyofHappiness

歴代の総理大臣や、アメリカ大統領をパッケージに起用した饅頭などを手がけることで有名な食品メーカーも存在します。政治家は著名人でありながら「公人」扱いのため、肖像権の使用が一定の条件のもとに許されるという「法のスキマ」を活用した商品開発の例といえます。


■5.商品の販売でなく、使い方の指導で稼ぐ


無料配布されている高度な画像処理ソフトの「使い方教材」を手がける方がいますが、これはすばらしい視点です。無料ソフトといっても、数千円出してもよさそうなレべルのものも存在します。ところが、高度なために使いこなせないユーザーも多数います。そこで「高度な無料ソフトの使い方を有料で提供する」という商品が成立するわけです。指導の丁寧な教材は購入者からの評判も高く貢献度も高いといえます。


■6.数字を用いて具体的な戦略を立てる


PING PONG / zimpenfish

 かつて人気のなかった卓球競技をメジャーにするため、業界関係者はさまざまな取り組みをおこないました。
 その中で、競技中の観客の歓声の大きさに注目し調査したところ、ラリーが7回から8回続いた後が最も観客の歓声が大きくなるという統計が出ました。
 そこで、ラリーの回数を調整するため、流体力学の専門家に調査をさせたところ、ボールの直径を2ミリ大きくすれば、ラリーの回数が理想的になることが判明しました。その研究に基づき、ルール改正をおこなったところ、以前より人気の高いスポーツに変えることができたのです。


■7.逆方向のアプローチで攻める


ballpoint pen / AlanH2O

革新的なボールぺンが初めて市場に現れたころ、なぜかしばらく経つとその姿はいったん消えてしまいました。当時のボールぺンは、しばらく使うと先端のボールが摩耗することで小さくなり、インクが飛び出しでしまう欠点があったのです。しかし、ある技術者が気づきました「摩耗する前にインクのほうが早くなくなればいい」と。この逆転の発想がボールぺン普及のキッカケでした。標準的なボールぺンのインクが細長いのはそのためです。


【感想】

◆冒頭でも書いたように、本書はとにかく「ネタが豊富」でした。

ニッチな商品やサービスを考え出すための「発想フレーム」の数は全部で33。

そのフレームごとに、上記ポイントのような具体例が、複数(だいたい4〜7個)掲げられている訳ですから、それは付箋も貼りまくります罠。

類書でありがちなパターンとして、「1つの具体例について延々と解説が続く」というものがありますが、本書は別。

日頃の引用部分に比べるとあっさりし過ぎなくらい、コンパクトにまとめられています。


◆割愛した中で「なるほどー」と思ったのが、イベント等で用いる「巨大バルーン」専門の企業のお話。

このジャンルは参入企業が少ないため、堅実な経営なのだそう。

本書では具体的な会社名は挙げられていませんでしたが、こういうところとか?

風船の総合メーカー 株式会社スカイアーテック

「巨大」といってもバルーンですから、「空気を抜けば小さくまとまる」というのがミソですねw


◆また、岩波さんご自身が最初に本を出される際に数字を調べたところ、通常の本に比べ、文庫本なら約2倍の数が発行されることを発見されたのだとか。

人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳  (青春文庫 い- 19)
人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳 (青春文庫 い- 19)

その結果、後々「累計発行部数」をアピールできる「文庫本戦略」に気が付いたのだそう。

私は上記処女作を拝読した際、そのクオリティの高さに「正直、何で文庫本書き下ろし?」とブログでも書いたのですが、そんな理由があったとは!

ちなみに、私が存じ上げてる某著者さんは、「名刺代わりに気軽に配れる」と言って、文庫本を出されたことがありました。

このように、「戦略」は表面だけで判断してはいけないのですね。


◆さて、本書だけでも十分「濃い」のに、さらに続きがありました。

『本書で紹介した事例以外の「応用事例」やアイデアの「ズラし方」・「応用の仕方」を音声と豊富なカラー写真とともに提供』するという「発展編」が、PDFとMP3で提供される、とのこと。

下記キャンペーンページに説明があるのですが、何でも、この価格で本を発売するには、カラー写真を使いたくても使えなかったようです。

私はまだ申し込んでいないのですが、この「発展編」があれば、ますます理解が深まること間違いナシ。


これはもうオススメせざるを得ません!

お金をかけずにお金を稼ぐ【儲かる! ニッチ商売】気づきのネタ帳
お金をかけずにお金を稼ぐ【儲かる! ニッチ商売】気づきのネタ帳
序章 お客様を惹きつける「ニッチな商品」をあなたへ!

本編 商品・サービスで、心のスキマを突くこの発想!

(なお細かい小見出しはアマゾンのページにございます)


【アマゾンキャンペーンのお知らせ】

◆本書の発売を記念して、本日からアマゾンキャンペーンが行われております。

岩波貴士 最新刊 豪華特典多数 発売キャンペーン


■日時

●2013年1月16日(水)〜1月17日(木)


■特典

<著者からの特典>

(1)本書の全文読み上げ「音声ファイル」(MP3)

(2)リンク先情報100件以上が掲載された大人気「ビジネス情報源」(本書特典版 Vol.1)



<「著者仲間」からの応援特典>

●株式会社ぴっく代表眞喜屋実行先生より「オリジナル・ビジネス情報」(仮題)(PDF)

お金をかけずに売上を上げる[販促ネタ77]
お金をかけずに売上を上げる[販促ネタ77]

●高田靖久先生のノウハウを圧縮した貴重な資料「1回きりのお客様を「7倍固定客」に変える方法」(PDF)

「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい! (DO BOOKS)
「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい! (DO BOOKS)

●(社)メンタルサポート・ジャパン代表百世安里(百世瑛衣乎)先生より

(1)アマゾン「社会起業」で1年以上ベスト3に入り続けている『社会起業家スタートブック』1〜3章の原稿(PDF)
(2)以下の講座の【500円割引】
 1/20 「いじめ、どう防ぐ?どう止める?」予防・対策講座
 1/28 心のブレーキをはずし、人生を輝かせる「トラウマ解凍ワーク」


社会起業家スタートブック――自分と社会を活かす仕事
社会起業家スタートブック――自分と社会を活かす仕事

●NLPコミュニケーションスクール代表 前田忠志先生より「儲かる発送を気づきで終わらせない!脳のブレーキの外し方」(PDF)

脳と言葉を上手に使う NLPの教科書
脳と言葉を上手に使う NLPの教科書


なお、応募フォームその他詳細については、キャンペーンサイトをご覧ください!

岩波貴士 最新刊 豪華特典多数 発売キャンペーン


【関連記事】

【Amazonキャンペーン有】『お金をかけずにお金を稼ぐ【儲け】のアイデア発想術』岩波貴士(2012年04月17日)

【アマゾンキャンペーン有】『思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳』(2011年08月10日)

【Amazonキャンペーン有】「人にはぜったい教えたくない「儲け」の裏知恵」岩波貴士(2010年01月17日)

【ネタ満載】『人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳』岩波貴士(2008年11月02日)

【アイデア】『バカ売れ販促アイデア500』堀田博和(2011年12月05日)


【編集後記】

◆ちょっと気になる本。

熟睡する技術
熟睡する技術

毎日、数時間仮眠を取って、明け方記事を書いて、また数時間寝る、というサイクルの私は、熟睡できているのでしょうか……?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

この記事のカテゴリー:「アイデア・発想・創造」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)マーケティングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52056808