スポンサーリンク

2013年01月10日

【仕事術】『時給800円のフリーターが3年で年収1000万円に変わる仕事術』松田 元


時給800円のフリーターが3年で年収1000万円に変わる仕事術
時給800円のフリーターが3年で年収1000万円に変わる仕事術

【本の概要】

◆今日お送りするのは、昨日の記事にてご紹介済みの仕事術本

帯には、新 将命さん『荒削りだが、生き方・働き方の「原理原則」がギッシリと詰まっている』とのお言葉があります。

アマゾンの内容紹介から。
元「フリーター」、元「不良」が3カ月で第一線で活躍!高校中退・元フリーター・28歳の社長が作った“最強”プログラム。

確かに「荒削り」というか、「ハードコア」な1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.徒歩5分以上は即タクシー


new-york-yellow-cab / Ansalve

 歩くべきかタクシーに乗るべきか悩んだら、積極的にタクシーに乗ろう。タクシーは時間を生み出す魔法のマシンである。(中略)

 目安としては、徒歩5分以上の距離はタクシーに乗ったほうが時間を有意義に使える。2キロ範囲であれば初乗り料金でタクシーに乗れるのだ。初乗り料金分を投資して、タクシー乗車時間内に1万円以上の付加価値ある仕事をつくると心に決めること。そうすることで、1つひとつの仕事に魂が入り、業務のクオリティーも上がるものである。


■2.「明日・今度」ではなく、「今日・今」


Pledge / Gage Skidmore

 これは筆者の所感だが、稼げるビジネスパーソンは、小さな約束ほど大切にし、その約束を丁寧に守る傾向にあるように思う。そして彼らは、約束したことを即座に実現することを目指す。したがって、稼げるビジネスパーソンにとっては「即時処理が原則」である。とにかく決めたこと、約束したことをその場で実行に移すために、今・この瞬間、1つひとつの仕事をさばいていく。
 このスビード感のある処理と、小さな約束でも必ず守ってくれるという信頼が、時間を生み出し、将来のビジネス(お金)を生み出す。


■3.メールはすべて携帯に転送し10分ごとにチェック


iphone Mail / Jeremy Vandel

パソコンを開く環境にいなければ、取り急ぎ携帯電話のメールアドレスから、メールの内容を確認したむね返信をすればよい。大事なのは、返信する内容ではない。「私はあなたのメールを即座に確認していますよ」と合図をすることである。この、「即座に確認しますよ」という合図が、相手に安心感と信頼感を与える。そしてこの安心感と信頼感が、後に大金へと化けるのだ。


■4.1日15時間以上働く


Working hard / Jenny Kristina Nilsson

 "質より量"とはよく言うが、20代のうちは、"質"の仕事術を追求する暇があったら、とにかく働きまくったほうが早い。これは経営者としてではなく、一個人として経験上から学んだことだ。労少なくして稼ぎたいなど、虫がよすぎる。働きまくること。何をやるかも決めなくてもよい。はじめの頃は効率性も無視だ。とにかく、毎日最低15時間、できれば20時間働きまくると決めるのだ。


■5.他人がやらない仕事を無給でやる


Carpenter at work on Douglas Dam, Tennessee (TVA) (LOC) / The Library of Congress

 筆者も創業間もない頃、信頼も人脈も能力も経験も何1つない頃、何でエッジを立てればよいかまったくわからなかったことがある。そんなとき、筆者が行ったのは、"他人がやらない仕事を無給でする"というものであった。他人が嫌がること、他人が避けたがることを積極的に取り組んだ。それも無給で、である。無給で仕事をしていれば、「少しは目立つかな、よい経験になるかな」、という非常に安易な思いからだ。すると思いもよらず、この姿勢がまわりから非常に受けたのだ。
 仕事自体は無給ではありこそすれ、依頼された仕事を通じて、"さまざまな人脈"をつくることができた。しかも人脈をつくる上で、"無給"というのがこれまた効くのだ。


■6.ご馳走になったら、2回お礼する


Passover / carmel.mia

 あるとき、さまざまな方と会食をご一緒させていただくことで、圧倒的に稼いでいるビジネスパーソンとそこそこレべルのビジネスパーソンを明確に分ける、"明確なガイドライン"があることに気がついた。それは、「お礼の作法」である。稼げるビジネスバーソンと、そこそこで終わるビジネスパーソンを分ける、お礼の作法の決定的な違いは、「2回目のお礼ができるかどうか」に尽きる。

(詳細は本書を)


■7.人と会うときは、相手のことを徹底的に調べ上げる


Social Intranet Feature: Employee Profile Page in Noodle Intranet (1/2) - Vialect.com / Noodle Intranet

 稼げるビジネスパーソンが皆、実践している"ご縁の奥義"。それは、ご紹介いただいた方とお会いする前に、その相手のことを"徹底的に調べまくる"ことである。最低限、(1)出身地、(2)生年月日、(3)出身大学、(4)前職、(5)趣味、(6)夢・目標――の6項目は、事前に調べるべきだろう。事前に調べ上げておくことで、共通の話題も見つけやすくなるし、話も弾みやすい。何より、お会いする前から事前に下調べをしておけば、「よくお調べになっていますね」と、よい意味で相手の方が驚いてくれる。


【感想】

◆本書のテーマは大きく分けると2つあって、まずは「激しく働く」ということ。

基本は上記ポイントの4番目にあるように、「質より量」です。

これは俗に言う「量をこなすうちに質が伴ってくる」という話よりも、もっと単純に、「若いうちはとにかく一生懸命働け」という考えであり、そのためにまずは「スピード」が大事である、と。

下記目次にもあるように、本書の第1章では、この「スピード」をとことん追求しています。

ただ、ポイントの1番目の「タクシー」の活用は類書でもよく言われていますし、まだ理解できるんですが、「東京⇔横浜の移動は、新幹線」というのは、ちとやり過ぎな気がw


◆一方、スピードを追求するだけではなく、実際の労働時間についても「ブラック寸前」のレベルを要求。

そのポイントの4番目にあるように「最低15時間、できれば20時間」って、20時間働いたら、Max4時間しか寝れません罠ww

「え? 通勤時間は?」とお思いでしょうが、割愛した中に「会社から徒歩5分圏内に住め」とかあるんですよ、これが。

「20代のうちは」という前提があるとはいえ、その気になれば「20時間も不可能ではない」というハードコアぶりに、smooth涙目の巻。

ちなみに、これらは会社や上から要求されてするのではなく、「自ら望んでやる」わけですから「ブラック企業」とは違います。

もっとも他の小見出しに「血尿や血便は3回までは大丈夫」なんてあって、実はあんまりシャレにならないんじゃないか、と危惧しているのですが……。


◆そして、もう1つのテーマが、最初のとはうってかわって「感謝」という「コミュニケーション」系のお話。

上記引用部分で言うと、6番目と7番目が該当します。

前半部分の内容に抵抗がある方も、ここは是非実践して頂きたいところ。

特に7番目の「事前調査事項」は、毎回「フォーマット」として用意しておいても良いくらい。

いくつかの類書で、漠然と「会う前に相手のブログやサイトを読んでおきましょう」と言っているのに比べると、非常に具体的だと思います。

他にも「10歳以上離れた先輩の話」については、「聞くべき4点」と「聞かなくて良い4点」が挙げられており、個人的に参考になりました。

私は「話す方」の立場として、後者は「話してはいけないネタ」なわけですから(詳細は本書を)。


◆上記でも触れたように、本書は「仕事のクオリティを上げる」部分については、あまり(というかほとんど)言及されていません。

しいて言えば、「考える前に飛べ」といったスタンスでしょうか。

それだけに、読む人を選ぶと思いますし、人によってはこういう「チカラ技系」は苦手だと思われ。

それゆえ、自分に合いそうなモノだけを選んで、試してみるのが良いと思います。


読む「仕事術養成ギプス」がここに!

時給800円のフリーターが3年で年収1000万円に変わる仕事術
時給800円のフリーターが3年で年収1000万円に変わる仕事術
第1章 今すぐはじめろ。すべての「スピード」を1秒でも速め続けろ
第2章 大丈夫だ。絶対的な「自信」を持つためにチャレンジし続けろ
第3章 挑戦あるのみ。仕事のなかで鋭い「痛み」を感じ続けろ
第4章 無敵の呪文を授ける。どんな場面でも誰にでも「感謝」し続けろ


【関連記事】

【仕事術】『結果は「行動する前」に8割決まる 世界上位2%だけが知っている「達成思考」仕事術』金田博之(2012年12月05日)

【給料UP?】『うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ』平康慶浩(2012年10月23日)

【仕事術】『20代で身につける成長の法則』長井 亮(2012年09月03日)

【仕事術】『伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い』 小宮 謙一,紫垣 樹郎(2012年08月09日)

ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『仕事を見直す25の質問』の真実(2012年08月22日)

【伝説】『「伝説の社員」になれ!』土井英司(2007年07月10日)


【編集後記】

◆昨日の「未読本」記事ではご紹介し損ねたのですが。

自由な働き方をつくる 「食えるノマド」の仕事術
自由な働き方をつくる 「食えるノマド」の仕事術

あの常見陽平さんの「ノマド本」ということで、これは要チェックかと。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52055838