スポンサーリンク

2013年01月07日

【サッカー】『必ず成果を出す! サッカー名監督のすごい言葉』桑原晃弥


必ず成果を出す! サッカー名監督のすごい言葉 (PHP文庫)
必ず成果を出す! サッカー名監督のすごい言葉 (PHP文庫)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、サッカーネタの中でも特に「監督」にフォーカスした、書き下ろしの文庫本。

とはいえ、ガチガチのサッカー系の著者さんではなく、ジョブズ本バフェット本といった「語録」でお馴染みの桑原晃弥さんの手によるものなので、自己啓発書としても読める作りとなっております。

アマゾンの内容紹介から。
ファーガソン、モウリーニョ……プレッシャーの中で結果を出し続けるサッカーの「名将」たち。彼らのマネジメント術を語録形式で解説。

さすが世界の名監督たちの「語録」だけあって、なかなかに深いです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【サッカー名監督のすごい言葉6選】

(なお引用部分の太字は、私、smoothによるものです)


ジョゼ・モウリーニョ

モウリーニョの流儀

2008-2009年のチャンピオンズリーグでインテルがマンチェスター・ユナイテッドに敗れたあと、モウリーニョはプレスルームでこう言い放った。
「今日の戦いに対して選手たちを批判したいなら、まず私を殺してからにしてほしい」
 モウリーニョは、規律を守らない選手は一切の例外を認めずチームから外す厳しさを持っている。しかし、一方でマスコミの前で選手を批判しないという自己規律も持つ。外部からの批判には体を張って選手を守る。言うべきことがあればマスコミを通してではなく直接選手に言う。


アレックス・ファーガソン


Manchester - Old Trafford - Manchester United vs Crawley Town / Andrea Sartorati

 選手を大幅に入れ替えてチームをつくり直すと、結果が出るまで2〜3年はかかる。その間に解任されたら元も子もない。以来、ファーガソンは少しずつ選手を代えながらチームを成熟させていくようになる。こう言っている。
「今日のために戦い、明日のために考える」
 1995年、ファーガソンは「ファギー(ファーガソン)のひよこ」と呼ばれたべッカムやライアン・ギグスといったユース出身の若手を大胆に起用し、主軸を放出する。その一方で、エリック・カントナのようなべテランもチームに残した。その結果が1998〜99年の3冠に結実するのだ。


ジョゼップ・グアルディオラ


Joan Gamper Trophy / tpower1978

 グアルディオラが就任1年目からずば抜けた結果を残せた理由の1つは、仕事に対する熱心さによる。(中略)
 その徹底ぶりを表すのが、ある表彰式を欠席した際のコメントだ。
「次の対戦相手のクルトゥーラ・レオネッサの映像を3本分析しなければならないから」
 クルトゥーラ・レオネッサは強豪ではない。それどころか下部リーグに属する格下だ。普通は、表彰式を欠席してまで研究する必要はないと思う。だが、そこに手を抜かないのがグアルディオラである。彼をよく知る人が「1日24時間サッカーのことを考えている」と評しているが、これは、どんな分野でも一流になるために必要な資質だろう。


アリゴ・サッキ


Arrigo Sacchi / torre.elena

 サッキは監督時代、イタリアのサッカーをこう見ていたという。
「あの頃はどのチームも勝つことだけで満足していたのです。目的さえ達成できれは方法はどうでもよかった」
 伝統的なイタリアサッカーに対し、サッキは「勝つだけでなく、「納得のいくプレー」を追い求めていた。当然、ほかのチームに比べてサッキの要求は厳しく高度だ。不満をもらす選手にサッキはこう答えた。
「勝利は記録に残るが、よいプレーはサッカーを愛する人たちの記憶に残る。私は人々に、このミランのことをいつまでも覚えていてほしいんだ」
 結果はサッキの願い通りになった。


フース・ヒディンク

ヒディンク自伝―韓国を変えた男

「いったいどうすれば、サッカー大国ではない国を強くすることができるのか? 私は方法論を1つ持っている。まずやらなければいけないのは、その国がなぜそういうサッカーをするのか、本質的なルーツを知ることだ。言い換えると、その国の精神を理解するということである」
 たとえばロシアの選手は過去の社会主義体制の影響か、命令に従うことに慣れすぎていると言う。(中略)
 サッカーの試合は予測できなかったことが次々と起こる。選手が自分で考えて対応できなければならない。ヒディンクはロシアチームを率いるにあたり、自分で考える意識を植えつけようとした。
 その一方で、ロシア人のまじめさやスピードは生かす。ハイテンポでショートパスをつなぎながら相手ゴールに迫る「コレクティブ・カウンター」などを試みた。その結果がユーロ2008でのべスト4入りだ。


カルロ・アンチェロッティ


Carlo Ancelotti / Doha Stadium Plus

 試合だけでなく、日々の積み重ねが大切である。試合が行われるのはせいぜい週に1日か2日にすぎない。試合に向けての練習という準備があって初めて、自信を持って試合に臨むことができる。アンチェロッテイは言う。
「試合をめぐるさまざまな決断も、日々の練習における積み重ねがあって初めて、自信を持って下すことができるものだからだ。監督にとって、日常的な仕事の現場は、スタジアムではなく、むしろチームのトレーニングセンターなのである
 練習を通して信頼を獲得する。監督の力量は日々問われているのだ。


【感想】

◆引用部分が多くなってしまったので、この辺で。

下記目次をご覧頂ければお分かりのように、本書は実際には、9つの章で9人の名監督の言葉を収録しています。

しかも、今回割愛した監督がアーセン・ベンゲルヨハン・クライフイビチャ・オシムって、皆さん本まで出されてる大御所です罠。

勝者のヴィジョン
勝者のヴィジョン

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」
ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114)
考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114)

ちなみに、上記では1人1つしか「言葉」をご紹介しておりませんが、本の方では各人それぞれ10個程収録しておりますのでご安心を。


◆また、続く第10章では「世界を刺激し続ける6人の闘将」と題して、下記6人の言葉を1〜3つずつ収録。

ファビオ・カペッロ

マルチェロ・リッピ

ルイス・ファンハール

ロベルト・マンチーニ

アンドレ・ビラスボアス

フランク・ライカールト

こちらの方々は、まだ自著等が出てないので、資料が少ない分、個別の章にできなかったのではないでしょうか。

もっとも、監督経験も豊富な最初の3人はまだしも、残り3人の若手監督はこれからの面々ですから、今後さらに飛躍して頂き、個別の章で再登場して欲しいところです。


◆ところで、今回割愛した中にアリゴ・サッキ氏の「フィールドプレーヤーが職務を全うすれば、ミランにゴールキーパーは必要ない」という「言葉」がありました。

それを体現したのが、この試合。

1989年チャンピオンズカップ決勝、ACミラン対ステアウア・ブカレスト戦です。



上記動画も得点シーン(ACミラン 4-0 ステアウア・ブカレスト)しか入っていないので分かりにくいのですが、サッキ氏率いるACミランは「1本のシュートも打たれていない」のだそう。

一応申し上げておくと、ステアウア・ブカレストもタダの雑魚というわけではなく、1985-86年にはあのバルセロナを下してヨーロッパチャンピオンになったチームですから、当時のACミランがいかに強いか分かるというものです。


◆なお、冒頭で本書の著者の桑原さんの過去の著作について触れましたが、この方、著者紹介に「経済・経営ジャーナリスト」とあるように、元々スポーツ畑の方ではありません。

それゆえ本書も、「サッカー名監督の言葉」という素材を扱っているにもかかわらず、根底にあるのは「マネジメント」や「仕事術」的なもの。

本書の「はじめに」にもこうあります。
監督には、並外れた精神力、人間力、そして究極のリーダーシップが求められる。つまり、サッカーの名監督を知ることは、ビジネスにおける自分の勝ち方を学ぶことでもある。
それを受けて、今回「ビジネスに応用できる言葉」ばかり選んでみた次第。

各監督について、さらに深く知りたい方は、それぞれの著作に当たって頂いてもいいのですが、まずは本書でエッセンスを学ぶのも良いと思います。


皆さん、伊達に世界を股にかけて戦っていらっしゃいません!

必ず成果を出す! サッカー名監督のすごい言葉 (PHP文庫)
必ず成果を出す! サッカー名監督のすごい言葉 (PHP文庫)
第1章 ジョゼ・モウリーニョ
第2章 アレックス・ファーガソン
第3章 ジョゼップ・グアルディオラ
第4章 アリゴ・サッキ
第5章 フース・ヒディンク
第6章 アーセン・ベンゲル
第7章 カルロ・アンチェロッティ
第8章 ヨハン・クライフ
第9章 イビチャ・オシム
第10章 世界を刺激し続ける6人の闘将


【関連記事】

【オシムの言葉】「考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? 」イビチャ・オシム(2010年04月13日)

【オシム激白】「日本人よ!」イビチャ・オシム(2007年07月20日)

「オシムの言葉」とオシム語録の抜粋(2006年06月26日)

「オシムジャパンよ!」フィリップ・トルシエ(2007年05月17日)

【名言】「スティーブ・ジョブズ名語録」桑原晃弥(2010年08月05日)


【編集後記】

◆こちらはテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』の書籍化。

フット×ブレインの思考法 日本のサッカーを強くする25の視点
フット×ブレインの思考法 日本のサッカーを強くする25の視点

実はまだ番組は観たことないんですが(サーセン)、本は結構面白そうです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「サッカー」へ

この記事のカテゴリー:「マネジメント」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)サッカーこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52055378