スポンサーリンク

2012年12月17日

【モテ】知っておきたい「男性脳のトリセツ」4選


A Man and a Woman

【本の概要】

先日ご紹介した、黒川伊保子さんの『キレる女 懲りない男』

これが結構評判で、Twitter等でも言及されている方が多かったです(ありがとうございました!)。

ところで、あの記事は「女性脳」のお話。

「じゃあ、『男性脳のトリセツ』はどうなの?」という声がちらほらあったので、簡単にまとめておきます。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【「男性脳のトリセツ」4選】

■1.思いやりで、愛を測らない
 察して、フォローしてくれること。優しい共感の言葉をかけてくれること。私たち女性は、これを「思いやり」と呼ぶ。
 しかしながら、残念なことに、男性脳には、この機能はついていない。標準装備ではなく、経験で培うオプション機能なのである。だから、思いやりなんかで、男性脳の愛を測らないことだ。


■2.不満があったら、率直に言ってみる
 男性脳は、女性脳ほど、とっさに相手の事情を見計らわない。男性脳は、事実、無頓着だ。(中略)
 そんなとき、憤ってなじったりしないで、あっさり、「悪いけど、こうしてくれる? これからもね」と言えばすむだけだったりする。
 コツは、会話を「なんで、わかってくれないの?」から始めないことだ。このセリフで始めてしまうと、ことは複雑になり、意図が伝わらずに、わだかまりを残すだけになる。
 要は、気持ちをわかってもらおうとしないこと。してもらいたいことを率直に伝えることだ。


■3.優先順位で、愛を測らない
 女性脳は、大切な人のことを、常に最優先に思う。依怙贔屓も甚だしい。当然、彼氏や家族のことは、最優先で考慮する(たまに、それよりも自分のことを優先することもあるけれど)。なのに、男子ときたら……というわけである。
 男性脳の優先順位は、女性脳のそれと逆。遠くの縁ほど時間を割く。だから、優先順位で愛を測らないことだ。「男友達との飲み会を、彼女との約束よりも優先する」ようになって初めて、本当の「俺の女」になったってことだもの。


■4.とりとめのない話をしない
 空間認識能力の高い男性脳は、他人の話を聞くときも、空間認識のスキームを使う。すなわち、「この話の目的(ゴール)はどこ?」「いくつのポイントがあって、きみは今、いったいいくつ目をしゃべっているの?」という聞き取り方。ゴール志向型だ。
 ゴールが常に念頭にある以上、話の道筋がそれてゴールを見失うのは苦痛である。ましてや、そもそもゴールがない話はありえない。


【感想】

◆冒頭で述べたように、本書の前回の記事については、色々な感想が寄せられました。

ブコメやTwitterで見る限り、女性の方は、おおむね「納得」「あるある」といったもの。

一方男性の方は、「知らなんだ」という肯定的なものから、「理解に苦しむ」という否定的なものまでさまざま。

ただ、「モテ本マニア」としてひとこと言うなら、「正しいか」「正しくないか」で論じると、納得できない点が多々あることは認めるものの、じゃあ、「自分が正しければ、相手が惚れてくれるのか?」という……。

特に、カップルになる前に「自分が正しい」ことを証明したところで、何も得るものはないわけですから、「そういうものか」と素直に対応を取った方が「モテ」には近づくと思います。


◆そこで今回の「男性脳のトリセツ」。

前回「理解に苦しんだ」方(おそらく男性)も、今回はおそらく納得して頂けるのではないかと。

逆に女性の方にしてみたら、それこそ「ありえない!」話なのかもしれません(私は男性なので分かりませんが)。

ただ、女性の方は、こういう理解でいると、カップルとして長続きしますし、フリーであれば、おそらく「モテ」ます。

もっとも、これらはおもに「減点ポイントを防ぐ」手立てであって、「加点ポイントを稼ぐ」ものでもないかもしれませんが。


◆ですからむしろ、男性の方が「こういう点は女性は理解していないんだ」と認識して女性に接したら、それこそ「モテテク」w

例えば、上記トリセツの1番目の「思いやり」の具体的な行動として挙げられるのものの1つが、事故を未然に防ぐための「エスコート」。

これを「察して動く」のは難しいものの、あらかじめ「足元を気づかう」シーンである「車の乗り降り」「階段の上り下り」「椅子に座るとき立つとき」の3シーンだけ注意してエスコートすれば、あら素敵w

著者の黒川さんは、こういう作業を「任務」として息子さんを育てたため、前回の記事でも書いたように、息子さんは「80代のおばあちゃんと歩くときも自然とエスコートする」のだとか。

……そりゃモテます罠w


◆本書収録の「男性脳のトリセツ」は全部で13個。

どこまでニーズがあるのか分からないので、今回は4つだけに留めましたが、気になる方(特に女性?)は本書にてご確認を。

少なくとも、上記4つを「知らなんだ」と思われた方は、マストかも。

また、「知ってる」トリセツであっても、心理面ではなく「脳の仕組み」からアプローチしているのが、本書の大きな特徴だと思います。

実際、上記トリセツの4番目の「男性はとりとめのない話が苦手」というのが、空間認識能力に関係があるなんて、初めて知りましたよ(マジで)。


まだ未読の方なら、ぜひ!

キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学 (ちくま新書)
キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学 (ちくま新書)
第1章 脳には性差がある
第2章 恐るべき女性脳―女性脳の取扱説明書
第3章 切ない男性脳―男性脳の取扱説明書
第4章 齢を重ねてゆたかになる―年齢脳の取扱説明書


【関連記事】

【モテ】スゴすぐる「女性脳のトリセツ」7選(2012年12月12日)

【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)

【女性必読!】「ベスト・パートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月14日)

【モテ】『女性を味方にする言葉、敵にする言葉』伊東 明(2011年03月04日)


【編集後記】

◆未読と言えば、やはりこの本も未読の方は「マスト」でしょう。

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

レビューは上記関連記事にて。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 20:00
Comments(0)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52052047