スポンサーリンク

2012年11月28日

【超速レビュー】『LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか?』コグレマサト,まつもとあつし


LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか? (マイナビ新書)
LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか? (マイナビ新書)

【本の概要】

◆本日の夜の記事は、私のちょっぴり苦手なITネタから。

おなじみ「ネタフル」のコグレさんが、IT系ジャーナリストのまつもとあつしさんと組んで出されたのが、『LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか?』

コグレさんは、すでにLINEの公式ガイド本を出されていますが、本書はLINEのガイド本ではなく、サービス自体を分析したもの。

特別インタビューも含め、なかなか興味深い内容となっています!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【所感などなど】

■LINE流行のきっかけはテレビ?
LINEはテレビがきっかけだったと言えるかもしれません。2011年秋、LINEは大々的にテレビCMを流しました。出演したのは、旬のタレントのベッキーです。
 ベッキーが、スマートフォンでLINEをしながら、つまりテキストチャットでスタンプをしたり、無料通話をしているわけですが、笑ったり、涙を流したり……LINEに限らず、グループチャットというものを知っていたり、またLINEが後発のサービスであることを知っている、いわゆる業界の"アーリーアダプター"の目には、「いまさら何をしているんだろう……」と映ったのではないでしょうか。
◆そもそもこのテレビCM自体を見ていない私にはアレですが……って、YouTubeがあるジャマイカ!



ほうほう、今や「ウリ」となってるスタンプや無料通話が全面に出ていて、確かに訴求してそうな感じです。


■始めた瞬間から友だちがいる
「しかし、ユーザー数が多いというのは正義ですね。話題になっているので久しぶりにインストールし直したのですが、その瞬間から友だちがたくさんいるわけですよ。テレビCMは大正解でした(非IT系の中学時代の友人までいた!)」
◆これは、実はコグレさんのネタフルでのエントリーから引用されたもの。

[N] 【今さら聞けない】無料通話&チャットiPhoneアプリ「LINE」の始め方

TwitterでもFacebookでも始めた時は「ぼっち全開」なものですが、LINEは違います。

もっとも、それを可能にするために、アドレス帳のデータ(の一部)をアップロードしているんですが、そういうのをあまり気にしない人は、それは飛びつきます罠。


■キモ可愛いスタンプ
メッセージ性があって、コミュニケーションを引き出す、感情表現ができるデザインはそれなのか? ということを検討しました。
 そこで、社内でデザインパターンをA案、B案、C案と複数作って、このようなコミュニケーションのニーズが高いのは女性ですから、10代後半から30代の女性にきてもらって、グループインタビューをさせていただきました。
 A案もB案も良いと言っていただいたんですが、C案だけ賛否両論だったんですね。良いとも言われたし、気持ち悪いとも言われたし……つまり感情が動いていたんですね。キャッキャ、キャッキャ言ってくれたので、これだよね、と。それが今あるムーンやブラウンの表情のパターンだったんです。
◆こちらは運営元であるNHN Japan株式会社執行役員、舛田淳さんのお話から。

無難なA案やB案にしないところが、イキオイのある会社らしいところです。

なお、スタンプについては、「コーポレートロゴをスタンプにしたい」というお話がたくさんあるのを断っているのだそう。

なぜなら、ユーザーが使わないと思うから。
たとえお金をいただいたとしても、企業ブランドのためだけに場を提供する気持ちは1ミリもないんです。ユーザーが得することをやってください、と。
心意気よし!

ちなみに、あのイラストは、社内の1人のデザイナーがやってらっしゃる、というのにはちょっとビックリしましたがw


■その他まとめ

◆ホントはもっと深いお話が多々あるのですが、「超速レビュー」なのでこの辺で。

もうちょっと素養があれば、本書を読んで「LINE成功の7つのヒミツ」みたいにまとめられるんでしょうけど、相変わらず「5年落ちのPHS」使ってる私には、ちょっと難しい気がw

なるほど、と思ったのが、TwitterやFacebookは、オープンが主体で、クローズド(メッセージ等)がサブなところ、LINEはその逆であるということ。

もっとも、LINEの「オープン」なパーツであるタイムラインは、今のところあまり使われていない、というお話もあるのですが……。

mixiが死ぬどころか、LINEのタイムラインが全然使われていない件「毎日閲覧する」はわずか10% | サイプロ 〜とあるサイトプロデューサーのブログ〜


◆ただ、思った以上にLINEを全面支持されていたのが、巻末のインタビューに登場する、夏野剛さん。

質問に応じて、自身が手がけられたiモードや、現在タッチしているニコニコ動画と比較したり……。

最後の方ではインタビューのまとめとして
 やっと日本から世界に通用する、モバイルサービスがLINEとして出てきたのが、僕はうれしくてしょうがないんです。しかも、ちょっと革命的だと思うんです。キャリアしかできなかった領域に踏み込んでいて、AppleもGoogleもやってないところで、Skypeも見落としていて……だから、LINEが世界中で使われるようになったらいいと思っているんですよ。
なんて言われてます。

個々のテーマについては、インタビューが20ページにも渡っていますので、そちらをご覧いただきたく。


LINEというサービスをより深く知るために!

LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか? (マイナビ新書)
LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか? (マイナビ新書)
第1章 世界中で数千万人が熱中するLINE
第2章 これまでのネットサービスとの違い
 特別インタビュー(1)内閣広報室IT広報アドバイザー いしたにまさき氏
第3章 LINEでつながる人、つながらない人
第4章 スマホシフトがもたらす課題
 特別インタビュー(2)NHN Japan株式会社 執行役員・舛田淳氏
第5章 LINEはどこへ向かうのか
第6章 LINEが示すインターネットの未来
 特別インタビュー(3)慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授 夏野剛氏


【関連記事】

【メモ】『LINE 公式ガイド』にコグレさんとまつゆうさんのサインをもらいに行ってきました!(2012年06月27日)

【オススメ!】『ソーシャルもうええねん』村上福之(2012年10月28日)

【ネタフル流】『"知りたい情報"がサクサク集まる!ネット速読の達人ワザ』コグレマサト(2011年08月05日)

【号外】『できるポケット+ Evernote 改訂版』&『できるポケット Twitterをスマートに使いこなす基本&活用ワザ100 [できる100ワザ ツイッター 改訂新版]』発売のお知らせ(2011年04月04日)


【編集後記】

◆こちらはLINEのガイドブックの中では最新のものになります。

LINEを100倍楽しむ本 (アスペクトムック)
LINEを100倍楽しむ本 (アスペクトムック)

私もやってみたい……って、まずはスマホにしなくてはw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ITスキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 20:30
Comments(0)TrackBack(0)ITスキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52049009