スポンサーリンク

2012年11月17日

【翻訳本】この1年で人気のあった翻訳本20冊【2012秋】



Book Addiction / Emily Carlin


【はじめに】

◆今日お送りするのは、カテゴリー別売上ランキング。

昨年、一昨年と丁度1年前にお送りした、「翻訳本ランキング」の2012年版です。

【翻訳本】この1年で人気のあった翻訳本20冊【2011秋】(2011年10月15日)

【翻訳本】この1年で人気のあった翻訳本20冊【2010秋】(2010年10月16日)

本来なら1ヵ月前にお届けすべきところ、勉強本ランキングが1ヵ月遅れたことに伴い、こちらも1ヵ月ほど遅延。

とはいえ対象期間は、過去2回同様、10月〜9月の1年間としました(2011年10月1日〜2012年9月30日)。

全20冊、今年も高クオリティなラインナップをご覧ください!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ランキング】

第20位

パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法
パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法

◆結構昔の本なのですが、最近電子書籍化されたのをきっかけに読んでみた(といっても紙の本ですがw)ところ「キタコレ」状態だった1冊。

内田和成先生が自著でプッシュされてらっしゃるので、ご存知だった方も多いかと。

参考記事:【名著】『パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法』ジョエル・バーカー(2012年02月20日)


第19位

小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密
小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密

◆とにかくこの本には励まされました。

多くの成功者たちが、本書にあるように「小さく賭ける」ことにより、大成功を導き出していた事が分かります。

参考記事:【オススメ】『小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密』ピーター・シムズ(2012年04月05日)


第18位

「権力」を握る人の法則
「権力」を握る人の法則

◆得意の(?)「ホッテントリメーカー」によってタイトルを付けたおかげか、下記参考記事がはてブ人気記事になったのがこの本。

内容的には「権力」をうたうだけあって、ちょっとエゲツナイお話が多いです。

参考記事:本当は残酷な『「権力」を握る人の法則』 の話:マインドマップ的読書感想文(2011年07月23日)


第17位

権力(パワー)に翻弄されないための48の法則〈上〉
権力(パワー)に翻弄されないための48の法則〈上〉

◆まさかの「権力」続きですが、こちらの方は歴史上の人物に学ぶ、生き残りのための処世術の本。

ルイ14世、千利休、毛沢東、オットー・フォン・ビスマルク、諸葛孔明……といった面々のスゴテクが学べます。

参考記事:【出世の心得?】『権力(パワー)に翻弄されないための48の法則〈上〉』が予想通り濃厚だった件()


第16位

人を引きつけ、人を動かす きらりと輝く人になるコミュニケーション・テクニック70
人を引きつけ、人を動かす きらりと輝く人になるコミュニケーション・テクニック70

◆装丁が地味なので損している感じですが、個人的には秘かにオススメしているコミュニケーション本。

とにかく70ものテクニックが収録されているので、どなたにも1つや2つはきっとフィットするものがあるハズ!?

参考記事:ビジネスマンが選ぶ超イカした『人を引きつけ、人を動かす』10選(2011年12月03日)


第15位

傷つくならば、それは「愛」ではない
傷つくならば、それは「愛」ではない

本田健さんのモテ本で紹介されていて即ゲットした1冊。

ちょっぴりスピリチュアル系ですが、モテ本としてだけでなく、広くコミュニケーションを考えることができる良書だと思います。

参考記事:【モテ?】『傷つくならば、それは「愛」ではない』に学ぶ「恋愛のツボ」7選(2012年01月30日)


第14位

心を上手に操作する方法
心を上手に操作する方法

◆昨今の「心理本ブーム」の発端となったトルステン・ハーフェナーの、待望の2作目。

前回の「透視」から今回は「操作」と、より一層深い関係を目指しています。

参考記事:絶対に公開してはいけない『心を上手に操作する方法』(2012年06月29日)


第13位

モテる技術 (ソフトバンク文庫)
モテる技術 (ソフトバンク文庫)

◆翻訳本のモテ本としては、もはや定番の1冊。

「700ページ弱で1000円しない」コストパフォーマンスは、どう考えてもお買い得かと。

参考記事:【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件(2008年07月11日)


第12位

たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック
たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック

◆装丁があっさりしているものの、リアル書店で手にとって読んだところ、中身が濃くてびっくりした1冊。

タイトルだとテクニックは「13」ですが、小ネタ含めたら、実際にはものすごい数のネタが収録されていました。

参考記事:【話し方】「たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック」アラン・ガーナー(2010年06月06日)


第11位

90秒で好かれる技術
90秒で好かれる技術

◆未だ、当ブログにおける「被ブクマ数1位」の記事の本。

NLPをバックボーンにしたテクニカルな内容は、説得力がありました。

参考記事:友達には秘密にしておきたい『90秒で好かれる技術』(2011年08月19日)


第10位

究極の鍛錬
究極の鍛錬

◆勝間和代さんの『「有名人になる」ということ』で推奨されていた1冊。

下記記事を書いた頃は、マーケットプレイスで結構安く入手できたのに、今やプロパーとあまり変わらないお値段になってしまいました。

参考記事:一流職人もびっくり 驚愕の『究極の鍛錬』(2012年06月13日)


第9位

最強交渉人が使っている 一瞬で心を動かす技術
最強交渉人が使っている 一瞬で心を動かす技術

◆ビジネス書らしからぬ(?)装丁ゆえ、手に取るのを躊躇したものの、中身は充実したコミュニケーション本だったのがこちら。

ちなみに別の版元の某編集者さんからも「この本良かったです」とのお褒めの言葉を頂きましたw

参考記事:この『最強交渉人が使っている 一瞬で心を動かす技術』がすごい!!(2012年05月15日)


第8位

相手を思いのままに「心理操作」できる!―常に自分が優位に立つための「応用力」
相手を思いのままに「心理操作」できる!―常に自分が優位に立つための「応用力」

◆この本は、はてブ人気記事になっていた「但し、イケメンに限らない為の恋愛本30冊」というエントリー(現在移転中?)で知りました。

マーケットプレイスで未だ安価で入手できるので、未読の方はこの機会にぜひ!

参考記事:【会話術】相手を傷つけないようにモノをいう「8つのポイント」(2011年05月08日)


第7位

アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】
アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】

◆昨年度の当ブログ年間ランキング1位の本。

参考記事内の「M&M'sチョコレート」のお話は、Twitterでも人気でした。

参考記事:マッキンゼーが選んだ『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』の10個の原則(2011年06月23日)


第6位

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

◆言わずと知れた(?)、私にとっての「オールタイムでのベストビジネス書」

今まで3冊買って人にあげていますw

参考記事:【速報!】最強のビジネス本「影響力の武器」の[第二版]がいよいよ登場!!(2007年08月18日)


第5位

敵を味方にする19のテクニック
敵を味方にする19のテクニック

◆前述の8位の本と同じ、デビッド・リーバーマン博士の最新作。

これまた装丁がアレなんで、リアル書店で見て一瞬ひるみましたが、著者買いしたところ大当たりでしたw

参考記事:リア充がひた隠しにしていた『敵を味方にする19のテクニック』(2011年10月05日)


第4位

「先延ばし」にしない技術
「先延ばし」にしない技術

◆今年1月の月間ランキング1位だった仕事術本。

以前も書きましたが、この手の時間管理系の本ではベストだと思います。

参考記事:ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『「先延ばし」にしない技術』の真実(2012年01月09日)


第3位

新訳 成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法
新訳 成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法

◆あの幻の名著『スーパーエリートの受験術』で激プッシュされていた自己啓発本。

旧版が超高値だった分、今まで欲しくとも買えなかった方々が殺到されたようです。

参考記事:【速報】アマゾン中古で超高値の名著『成功の心理学』が新訳で登場!(2012年04月23日)


第2位

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)
ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)

◆3位の本に続いてこの本も、旧版が高値だった名著の新装版。

やはり潜在的なニーズがあった分、非常に多くの方にお買い上げ頂きました。

参考記事:【速報】"究極のナンパバイブル"こと『ザ・ゲーム』が新版で発売される件(2012年07月31日)


第1位

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

◆その2位の本を押えて1位になれたというのが、正直想定外だったのが、当ブログにおける「定番中の定番」であるこの本。

5年も前に紹介したにもかかわらず、未だ人気が衰えません。

参考記事【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日


【感想】

◆毎回翻訳本ランキングはそうなのですが、今回も比較的充実したラインナップとなりました。

前回はモテ本が多かったものの、今回は厳密な意味でのモテ本は4冊止まり。

もっとも、広い意味でモテ本だったり、紹介の仕方がモテ本だったものを含めると、相変わらず多い気が。

また、なんと言っても1位と2位がガチなモテ本なだけに、「モテ本強し」の印象が強いかと。

そう考えると、当ブログはもはや「モテ本ブログ」として認識されつつあるような気がしております(今さらw)。


◆また、前回同様「はてブ人気記事」入りした本は強いな、と。

一応、ジャンルごとに左サイドバーに上位3つの記事を載せ、さらにそれ以下の記事も特設ページにてまとめているのですが。

■人気記事:一般記事

■人気記事:勉強・語学記事

■人気記事:恋愛・モテ記事

やはり、初めて起こしになった方等は、こういう部分は気になったりするようです。


◆それと、ホッテントリメーカーでタイトル作った記事が多いのにお気づきになった方も、いらっしゃるかも。

なんと20冊中9冊というすさまじい割合です。

これは、翻訳本の記事を書く際に、ホッテントリメーカーを使うことが多いのが原因なんですが、基本的に翻訳本の場合、著者名で検索されることがすこぶる少ないんですよね。

最近は、やや自重しているものの、10月の売上ランキングで申しあげたように、現在当ブログは検索エンジンで上位表示されなくなっているので、今後もホッテントリメーカーにはお世話になるような予感w


今年もあと2ヶ月を切っておりますが、引き続きよろしくお願い申し上げます!


【関連記事】

【翻訳本】この1年で人気のあった翻訳本20冊【2010秋】(2010年10月16日)

【翻訳本】この1年で人気のあった翻訳本20冊(2009年10月12日)

【2008】今年ご紹介した翻訳本ベスト13(2008年12月30日)


【編集後記】

◆当ブログでも人気(?)の「ハーバード」ブランド。

ハーバード流宴会術
ハーバード流宴会術

アマゾンのページで大きな書影を見ると「岩瀬大輔氏激推薦」の文字がww

これはチェックしなくては……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(2)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52047110
この記事へのコメント
この中では『成功の心理学』しか読んだことがありません…。『影響力の武器』はブックオフで見つけたら、たぶん買いますが、まだ縁がないですね。でも、読んでみたい本です。
Posted by 臼井正己 at 2012年11月17日 13:57
>臼井正己さん

コメントありがとうございます。
『影響力の武器』は、たぶんブックオフ辺りには出ないんじゃないでしょうか?
可能性としては、新版を買って旧版の方を出すくらいかと(私は両方買いましたが)。

かく言う私も、勧められてから買うまで結構時間がかかったので、機会がありましたらぜひ!

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2012年11月18日 11:21