スポンサーリンク

2012年11月10日

【50億?】『難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』大塚 健


難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!
難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、株式会社K-BOOKS代表取締役会長である大塚 健さんの仕事術&経営本。

最初タイトルを聞いた際には、ちょっと胡散臭さを感じたのですが、これがまたどうして、ガチに稼いでいらっしゃいました。

アマゾンの内容紹介から。
カネなし、コネなし、筋ジストロフィー。マイナスからのスタート。常識破りの仕事術と人材育成術。

たとえ「他力本願」であっても、「ラクして儲ける」のとは全く違いますので、ご了承ください!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■4.テレビを1日12時間観る
 僕は、楽しむためにはテレビを見ていない。
 ニュースにしろ、ドラマにしろ、バラエティーにしろ、「何が商売になるか」「どこが商売の役にたつか」、つまり、頭の中に「ビジネス」という絵を描いて、それに当てはめながらテレビを観ているのだ。(中略)
 テレビ局は、1クール(一般に3ケ月間、週1回で10回前後放送)毎にそれぞれ違うドラマを作っていて、その中には必ずと言っていいほど共通する「何か」がある。
 それはジャンルだったり、題材の傾向だったり、出演者のファッションだったりするが、それを探すのだ。
 それに気づければ、「ああ、今の社会はこういうものを求めているのか。だから、このドラマができているのか」とわかるのだ。


■2.同業他社がいるところにしか出店しない
 創業の地である巣鴨は別として、池袋に出店するときは、「アニメイト」がいたし、秋葉原には、「とらのあな」が陣を張っていた。渋谷に出店したときには、「まんだらけ」があった。
 このように、同業他社がオタクというお客さんを確保しているところへ、ケイ・ブックスも出店するのだ。
「芸術は、模倣から始まる」といわれるが、ビジネスも同様だ。
 アイデアを盗むのは、どの業界でもある。釣れている釣り師の近くで魚を釣る、ということと同じだ。


■3.徹底的にこだわった「執事喫茶 スワロウテイル」
 お客さんへのメニュー食材の説明や、コースのすすめ方なども、完璧を求めた。メニューにあるすべての紅茶の生産地から味、その特徴、それに合うケーキ、食事まで、頭、体に泌み込むほど叩き込んだ。
 紅茶のすべてを覚えるため、1週間毎日紅茶を飲み続けて、胃が荒れてしまいダウンした子もいた。(中略)

 シャンデリアなどの調度品も、外国から取り寄せたり、特注で作らせたりした。ティーカップも、高級ブランドの「マイセン」や「ウェッジウッド」などの一級品を揃えた。現在、お店にはティーカップだけで50種類以上ある。
 中途半端にせずに徹底的にこだわることで、その魅力がお客さんにも伝わるのだ。


■4.何千万円つぎ込んでも、負け戦ならすぐ撤退する
「客層が違うのだ」とすぐに実感した。もともと中古のマンガを求めるお客さんは、渋谷には少なく、オタクのお客さんは全然いないのだと察知した。
 なんといっても「まんだらけ」は老舗だし、渋谷という街にいるオタクのお客さんは「まんだらけ」だけのギリギリの数だったのだ。そう判断した。
 そう思うと、僕の決断は早い。すぐに撤退を決めた。(中略)
 
 結局、翌2005年の1月、渋谷店を閉店した。たった1ケ月の営業だった。最短記録である。


■5.毎月テストを行い、社員の能力を確認、評価する
 試験は、その部門のメイン商品、サブ商品に別れて出題される。ソフト部門なら、CDがメインで、ブルーレイやDVDがサブ1、ゲームソフトがサブ2といった感じだ。
 どのジャンルも半端なく難しい。覚える商品がどんどん増えていくばかりだから、本当にむずかしい。(中略)
 テストには、ポイントがついてくる。合格ラインは80%だが、正解率92%以上で1ポイント、92%で2ポイント、100%で3ポイントがつく。10ポイントたまるごとに手当てがついていく。(中略)

 ただし、ポイントは増え続けるだけではない。一度のテストで80%以下だと、マイナス2ポイントだ。そして、これが2回続くと買い取り担当から外される。だから、みんな一生懸命に勉強する。


■6.部下の能力を引き出すには、支持だけして手を出さない
 人に何かをやらせるとき、自分自身では手がだせないので、一人一人を見て、ああしろこうしろ、としつこく、細かく指示をだす。
 自分で動ける人は、指示をしてダメな場合、自分でやってしまうケースが多い。何度やらせても80%しか出来ないと、「しょうがないな。それならオレがやるか」と自分で動き出すのだ。
 効率的にはこちらが正解だろう。僕も性格的には、そちらに近いから、自分の体が動くのなら多分、そうすると思う。
 しかし、僕の体は動かないから、他力本願で、誰かにやってもらうしかない。
 僕の体の不自由さが、部下たちの能力を100%引き出していくことに結びついているのだ。


【感想】

◆実は私は、大塚さんのことも、ケイ・ブックスのことも本書を読むまでまったく存じませんでした。

ただし、唯一知っていたのが、上記ポイント3番目の「執事喫茶 スワロウテイル」。

執事喫茶 Swallowtail - 執事喫茶スワロウテイル Official WebSite



6年経った今でも予約制を取っており、平日でさえもほとんど予約でいっぱいなのだそう。

なお、屋大賞受賞作『謎解きはディナーの後で』は、この店からヒントを得ているとのことです(知らなんだ)。


◆しかし、こうしたカフェ事業は、ケイ・ブックスの売上の1割ほど。

メインとなるのは、古書などのリサイクル事業(6割)と新刊コミックス(3割)です。

特に契機となったのが、同人誌の取り扱いで、現在の男性向け同人誌の買い取り額や売値の相場は、ほとんど大塚さんが作ったと言っても過言ではないのだとか。

……この辺の知識が私にはとんとないもので、その凄さがイマイチ良く分からず。

アマゾンには「ケイ・ブックスにゆかりのある作家さんのイラスト」が掲載されているので、関心のある方はご確認を。


◆そして中古本を取り扱う以上、キモとなるのが買い取りの値段設定。

上記ポイントの5番目にあるように、社員は毎月テストを受けて、スキルを高めています。

テストは時間にして1〜1時間半で、300問前後が出題されるとのこと。

なお、ケイ・ブックスは離職率が高い(2011年度は新卒で100名とって、10月末現在で7名しか残っておらず)のですが、その理由の8割がこのテストによるものなのだそう。

ちなみに、離職率が高いのは、そもそもケイ・ブックスの仕事内容や商品が好きならば、学歴等関係なく採用し、入社後に限界をオーバーするような仕事を与えて、やる気やがんばりを見る、という社風のせいでもあるとは思いますが。


◆タイトルに「他力本願」とあるように、文字通り大塚さんは周りの方(お母様や妹さん、奥さん等)の助けがなければ、ここまで事業を大きくすることはできなかったでしょう。

ただ、身体的には大きなハンディがあったものの、そうしたフォローが得られたことは、逆に「恵まれていた」とも言えなくもなく。

もっともそれは、大塚さんにフォローを得られるだけの「やる気」があって、相手にそう思わせることができたから。

健常者である私たちも、この「闘い続ける姿」から得られるものは多いと思います。


やる気さえあれば、何でもできる!

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!
難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!

【関連記事】

【確かにスゴ本】『ローマ法王に米を食べさせた男』高野誠鮮(2012年07月06日)

【オススメ】『一億人に伝えたい働き方 無駄と非効率のなかに宝物がある』鶴岡弘之(2012年06月23日)

【スゴ本】『勝てば官軍―成功の法則』藤田 田(2011年11月25日)

【スゴ本】『おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』正垣泰彦(2011年07月24日)

【スゴ本】『トマトが切れれば、メシ屋はできる 栓が抜ければ、飲み屋ができる』宇野隆史(2011年05月12日)

【オススメ!】「外食の天才が教える発想の魔術」フィル・ロマーノ(2008年03月20日)


【編集後記】

相次いで土井さん勝間さんが紹介したことにより、話題となったこの本。

採用基準
採用基準

完全に出遅れてしまいましたが、週末にでもチェックしておきたいな、と。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

この記事のカテゴリー:「企業経営」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(3)TrackBack(0)マーケティングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52045868
この記事へのコメント
初めましてfreedomと申します。この度、「マインドマップ的読書感想文」様をリンクページにてご紹介させて頂きました。

私は読書一覧ブログという読書内容紹介のホームページを運営しているのですが、もしよろしかったら相互リンクして頂けないでしょうか?

サイト名:読書一覧ブログ
http://shingoonline.blog.fc2.com/

ご検討よろしくお願いいたします。

Posted by freedom at 2012年11月10日 09:38
昔に、KTと名乗っていた者です。
たぶん、覚えていないかな?w

今は、HNをグラさんに変えてます。

今回、ブログを新しく作ったので、ぜひ、見てもらえればと思い、書き込みしました。

マインドマップ的読書感想文は、お気に入りのブログで、毎日、欠かさずチェックしてます。
応援してます。

私も、ブログを今後、どんどん更新していこうと思ってます。

よろしくお願いします。

Posted by グラさん at 2012年11月10日 21:30
>freedomさん

始めまして。
コメント&リンクありがとうございます。

ただ、大変申し訳ないのですが、当ブログは相互リンクを行っておりません。

http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/50839328.html

既に現状でトップページの外部リンクが100を超えており、今後も難しいと思いますので、ご了承願います。

>グラさん

ご無沙汰しております。
KTさんからお名前を変えたことは、8月にコメントされて存じておりましたが、新たなブログで活動されるんですね!
ライブドアブログ仲間が減るのは寂しいですが(笑)、陰ながら応援しております!


Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2012年11月11日 00:48