スポンサーリンク

2012年10月25日

【本好き必読!】『ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊』


ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、本のレビューサイトとしては、今一番アツい「HONZ」による年間ベストレビュー集。

過去1年間に紹介した約500冊の中から、150冊を厳選して1冊にまとめたのが本書になります。

アマゾンの内容紹介から。
成毛眞のもとに集った精鋭レビュアーによるノンフィクション書評サイト〈HONZ〉の年間ベストを集大成。 メンバー間の互選で第一位に輝いた『理系の子』、第二位『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』、第三位『ナチスのキッチン』をはじめ、『さいごの色街 飛田』『河北新報のいちばん長い日』『地球全史』『神は数学者か?』『スパイス、爆薬、医薬品』『見て見ぬふりをする社会』『地図から消えた島々』など、精選150冊を紹介。 いま読むべき本はここにある!

各レビューもさることながら、座談会における裏話は、書評系ブロガーである私としては非常に参考になりました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【座談会から】

■レビューしやすい本とは?

◆本書の冒頭を飾るのが、「HONZ年間ベスト座談会」。

ここではまず、各メンバーが「自分以外の人のレビュー10本を投票」することで、「メンバーによるランク付け」をしています。

冒頭で触れたように、1位に輝いたのは『理系の子』。

レビューを書かれた成毛 眞さんによると、この本はレビューが書きやすかったとか。
 まず引用しやすいでしょ。14章のそれぞれに主人公がいて感情移入もしやすい。読者にも、科学好きとか人情好きとか、いろいろあるじゃない。気に入った一編ずつを引つ張ってくればいい。テクニックとしては非常に書きやすいと思いますよ。
この本がレビューを書きやすい、という点については、東えりかさんも同意されていました。

理系の子―高校生科学オリンピックの青春
理系の子―高校生科学オリンピックの青春

参考記事:『理系の子』 2012年No.1の第1候補登場!by 成毛眞 - HONZ

一応、この本は私も読んでいたので、当ブログのレビューも。

参考記事:【スゴ本】『理系の子―高校生科学オリンピックの青春』ジュディ・ダットン(2012年06月07日)

……比べられるとアレですがw


■書評を読んで満足するということ

◆2位の『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』は、村上浩さんによるもの。

この本のレビューに投稿したした人は多かったものの、本自体を読んだのは3人と少な目。

この件に関しては、こんな指摘も。
成毛 おれ、完全に書評で満足したもん。もうおなかいっぱいになりました。

 そう、書評で満足させてしまうという、ちょっと悪い傾向も表れた。
実は、書評系のブログをやっていると、これは結構悩むところで、浅く書くとスルーされるのに、深く踏み込んで書くと、それを読んで満足されてしまうという。

私もかつては、今以上にガッツリ書き込んでいて、ブログのコメントやはてブコメントで「これ読んだから買わなくてもいいや」的な指摘をよく受けていました。

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

参考記事:『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』 - HONZ


■エポックメイキングな書評とは?

◆同じく、東えりかさん曰く「書評でみんな満足してもらった最たるもの」というのが『ナチスのキッチン』。

ただしこの本、4200円(!?)もするのに、増刷がかかったのだそう。
成毛 明らかに料理研究家、土屋敦の手柄ですね。いわゆる長文ネット書評の面目躍如でしょ。自分で作った素材や料理の写真をのっけようとしたら、新聞でも月刊誌でもできない。アマゾンでもできないじゃないですか。新しい方向性を示しているのかもしれない。個人のブログでやる人はいるかもしれないけど、たいていはプロの文章でもないし(笑)。僕は『ナチスのキッチン』こそエポックメイキング的な書評だと思うんですよ。
確かにブログでやる場合、画像やYouTube等の動画を使って内容補足することが可能です。

私も必要に応じてそうすることがあるものの、それはどちらかというと、自分の筆力のなさを補うためだったりするんですけどねw

ナチスのキッチン
ナチスのキッチン

参考記事:作ってみました。『ナチスのキッチン』 - HONZ


■面白くない本の面白い書評?

◆一方、『白い死神』については、東えりかさんの「読んだ人はいますか?」の問いに対して、こんなやりとりが。
井上 はい。ネットで一部の間ではけっこう話題になっていましたよ。レビューのあと読んだんですが、中身は淡々と戦争の内容を書いているだけなんです。

足立 仲野先生が「あんまりおもしろくない本を、あんなにおもしろそうに書評して」って言っていましたねえ(笑)。

内藤 土屋さん、本の話をほとんど書いてない。あんなに内容に触れない書評ないですよ。
このレビューを私も読んで、えらく気になった記憶があったのですが、本自体は面白くなかったとわ!(確かにアマゾンのレビューも微妙)

うーん、これやっちゃうと、ホントは「騙された」的な「小さな失敗体験」になりかねないんで、痛し痒しだと思うんですよね。

特にHONZの場合、「これを読め」的な性格が強いので、飛びついて買って読んだら「アレ?」となるわけで。

一応、私の場合「100%オススメ」でない本については、どこかしらに「エクスキューズ」を入れて、ある程度ブロックしております。

……って言えるほど、そもそも影響力があるか微妙ですがw

白い死神
白い死神

参考記事:『白い死神』ー「ムーミン谷のゴルゴ13」の実像 - HONZ


【所感などなど】

◆この座談会では、今までHONZで読んできたレビューの裏側を垣間見れて、書評系ブロガーとしては大満足!

特に、「レビューを書きやすい本」という観点は、私自身今まで意識したことがなかったので、「目からウロコ」的な気づきでした。

いやもう、本を選ぶときは「買って満足してもらえるか」とか「記事を書いてアクセス望めるか」といったことしか考えておらず、選んでから「じゃー、どういう風に書くのがベストか」という流れだったので。

もちろん、私のように一人で毎日1本書いている者としては、400ページ以上ある本は、まず読む時間を確保する目途がないと、手の出しようがないのですがw

例えばこの本は、HONZのレビューを読んで買ったものの、未だ読み切れていないという。

たった独りの引き揚げ隊  10歳の少年、満州1000キロを征く (角川文庫)
たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く (角川文庫)


◆また、同じ本を書くにしても、「読者を意識した」結果、HONZと全然違った切り口になることもあります。

この本は最近出たものなので、本書の収録対象外だと思いますが。

非道に生きる (ideaink 〈アイデアインク〉)
非道に生きる (ideaink 〈アイデアインク〉)

HONZのレビュー(『非道に生きる』 刹那を生きる)だと、冒頭で著者の園子温監督監督が、小学校時代の通知表に「性的異常が見られます」と書かれたことをフックに、以降ぐいぐいと掘り下げているのですが、多分そう書いても、ウチのブログの読者さんには響かないかと。

逆に私が注目したのは、上記レビューのこの部分。
自作のビラを書店のベストセラーに勝手に挟み込んだり、有名映画監督のトークショーではゲリラ的に映画の告知を始めたり、呆れるほどしつこく映画評論家を試写会へ招待したり、と知力・体力の限りを尽くすのである。その発想力と行動力には目を見張る。
実際、買って読んでみたところ、想像以上にマーケティング的に面白かったので、そこだけにフォーカスして下記のような記事を書いた次第です。

参考記事:【非道?】園子温監督の売れるための努力がパネェ件(2012年10月13日)


◆基本的に、HONZの場合、自己啓発系の本は避けているようですし(最近できた「ビジネスHONZ」は分かりませんが)、成毛さんご自身も「仕事にすぐ役立てる」ような本はお好きではなかったハズ。

ですから、この『ノンフィクションはこれを読め!』で選ばれている150冊には、「仕事の特効薬」的なものは含まれていません。

ただし逆に、「人間的な深み」や「新な物ごとの見かた」を得るためには、こういった作品群を読むことが大事なのだと思います。

また、ご自分で書評系ブログを運営されている方なら、本書を読むことにより、さらなるレベルアップが図れるかと。


どうぞ、選ばれしHONZメンバー達の珠玉のレビュー集を満喫して下さい!

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊
HONZ年間ベスト座談会
日本史
世界史
民俗・風俗
事件・事故
ビジネス・テクノロジー
社会
アート・スポーツ
教養・雑学
生物・自然
医学・心理学
サイエンス


【関連書籍】

◆本書に登場する本の中から、当ブログで取り上げているものをご紹介。

理系の子―高校生科学オリンピックの青春
理系の子―高校生科学オリンピックの青春

⇒上記でも登場しているこの本。

実は下記記事にもありますように、面識のある川田先生のブログを読んで購入したという(成毛さん、スイマセンw)。

参考記事:【スゴ本】『理系の子―高校生科学オリンピックの青春』ジュディ・ダットン(2012年06月07日)


本当のモテ期は40歳から (メディアファクトリー新書)
本当のモテ期は40歳から (メディアファクトリー新書)

⇒まさかHONZでモテ本を拝めるとはw

ただ、この分野に関しては、自称「モテ本マニア」の私も、決して負けておりませぬぞw

参考記事:【モテ】『本当のモテ期は40歳から』青木一郎(2012年02月29日)


ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力
ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力

⇒この本は成毛さんのプッシュにより購入。

「全24章の最後の数行を読むだけでもお判りになる」といって、そこだけ抜き出すという荒業ワロタw

参考記事:【任天堂の力!】『ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力』ジェフ・ライアン(2012年01月02日)


ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?
ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?

⇒これはHONZ経由、百式・田口元さんの記事を見て購入。

キャッチ通り「確かにスゴ本」です!

参考記事:【確かにスゴ本】『ローマ法王に米を食べさせた男』高野誠鮮(2012年07月06日)


スティーブ・ジョブズ I
スティーブ・ジョブズ I

⇒さすがにこの本は、HONZでも避けては通れなかったかと。

私も下巻ともども、本の厚さに苦しみつつも、十二分にジョブズの人生を堪能いたしました。

参考記事:【速報】『スティーブ・ジョブズ I』が想像以上に濃厚だった件(2011年10月25日)


小田嶋隆のコラム道
小田嶋隆のコラム道

⇒一応「文章術の本」として、当ブログでもご紹介。

文章は文章でも、ビジネス用ではなく、コラム系ではありますが。

参考記事:【文章術】『小田嶋隆のコラム道』(2012年05月24日)


友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学
友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学

⇒この本も、成毛さんの記事を読んで買いました。

確かに「今年の科学読み物ナンバーワン」と言われるだけあって、超絶面白かったです。

参考記事:【オススメ】『友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学』ロビン・ダンバー(2011年08月05日)


【編集後記】

◆この本もHONZに先を越されそうな悪寒。

ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣
ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣

『その数学が戦略を決める』のイアン・エアーズの新刊です!

何とか時間を見つけて読まねば……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。