スポンサーリンク

2012年09月17日

【57連発?】『僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。』島田 始


僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。
僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、個人的に好きなジャンルである「アイデア本」

本書の著者である島田さんは、かつて『anan』『Hanako』の編集を通して、数々のブームを作り出されてきた方だけあって、本書も納得できる内容でした。

アマゾンの内容紹介から。
逆転の発想!ワコールの「胸が小さく見えるブラ」、人事だって稼いじゃう「ブライトンホテル」、「安心・安全」を約束しない旅行会社がある!?勝手に「日本一対決」をする熊本VS宮崎ほか、会社、ビジネスをぐいっ!と成長させたすごいアイデア57連発。

他にもアマゾンに「アイデア事例」がいくつも掲載されている通り、「ネタ満載」な1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.アイデアは「困った」から生まれる
 アイデアに困ったときは、「自分が困った」に返ればいい。
 僕らが雑誌『Hanako』の特集を組んでいたときに、その原則に立ち返って大ヒットした号があります。それが、「困った銀座」という銀座特集でした。(中略)

5〜8人のグループで入れる銀座のお店を取り上げ、店の名前と場所の紹介はもちろん、実際に細かく取材して、入りやすい時間帯をグラフにしました。月曜日なら18時くらいに入ればすんなり座れる可能性が高い、などと注釈を入れて紹介したわけです。
 この号が発売されるや、首都圏のみで発売するリージョナルマガジンであるにもかかわらず、35万部という想定外の大ヒットを記録することになります。やはり、僕たちと同じように困っている人がたくさんいたのです。


■2.「対決」という構図に当てはめる
 以前、「富士山がきれいに見えるのはどっち?」という企画をテレビでやっていました。闘うのは、静岡県と山梨県。両者が5枚ずつの絶景写真をもとに対決させて、審査員が採点する。僅差で、えーと、どちらが勝ったのか忘れてしまいましたが、僕が忘れてしまったように、結果などどちらでもいいのです。視聴者の頭の中には、富士山の絶景は静岡県か山梨県で見るもの、ということが刷り込まれます。ほかの県からだって、絶景ポイントはあるはずなのに。


■3.「困った」を解消すると別の「困った」が生まれる
「胸を大きく見せたい」という「困った」を解決するブラが流行すると、「胸を小さく見せたい」という「困った」が生まれました。数年前の「メガ食」ブーム到来のように、「カロリーを抑えたい」という「困った」を解決するソリューションが増えると、「本当はもっとがっつり食べたい」という「困った」が生まれます。
 このように「困った」を解消すると、面白いもので、別の「困った」が生まれます。ひとつ前のソリューションが、いつの間にか「常識」になってしまい、その背後に新たな「常識のウソ」が生まれるからです。


■4.「パティスリー・オ・グルニエ・ドール」のショーケースのアイデア
 普通のケーキ屋さんなら、一列に整然とケーキを並べるのですが、この店は違います。ショーケース内に、それぞれのケーキが一枚の絵のように配置されていて、あたかもケーキが主役のステージを見るようなのです。
 しかも、ショーケース全体は、材料に使われているイチゴやほかのフルーツが季節ごとに、ケーキのお皿の上やそこかしこに散りばめられている。(中略)

 話を聞いてみると、イチゴは入荷してきたときは、まだ熟成が足りず、少し置いておかなければ使えないようです。冷蔵庫に入れると保存はできても熟成しないので、熟成に適した温度の貯蔵庫が必要となる。そのためのちょうどいい場所が、このショーケース内だったのです。



■5.福利厚生をブランディングに利用したタニタ食堂
 タニタは、体重計や体組成計などの健康機器のメーカーです。タニタが素晴らしいのは、「健康をはかる」という自分たちの企業の理念を活かして、この福利厚生の分野でブランディングを図ったことです。
「タニタの社員食堂」は、社員の健康に寄与するだけでなく、会社のイメージと知名度をアップするのに大きく貢献しました。社員食堂のメニューを紹介した本『体脂肪計タニタの社員食堂』とその続編は累計300万部を超える大ベストセラーになり、ついに2012年1月、一般客のために、丸の内タニタ食堂をオープンさせました。

 福利厚生からプロフィットは生まれない。こうしたこれまでの常識的な発想にとらわれていたら、自分たち社員がその恩恵を受けただけで留まっていたでしょう。しかし、「それだけではもったいない」と考えることで、夕ニタでは新しい道が拓けました。

体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~
体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~


■6.調べればすぐにわかる未来を利用する
 記念行事やイべントを仕掛けたり、引き出物を売り込みたいのなら、周辺にある企業や商店、取引先が創立何周年なのか、社長や会長の年齢は何歳かを確認しておくといいでしょう。30周年や50周年、100周年などの周年行事や還暦、古希、喜寿、米寿などのお祝い事のパーティを開催する可能性があります。
 ケーキ屋やアクセサリーショップなどでも、得意客やその家族の誕生日はもちろんのこと、結婚して何周年なのか、子どもの入学がいつか、などを押さえておくようにすると、引き出物やプレゼントなどのビジネスチャンスに繋がるはずです。


【感想】

ちと引用量が多くなってしまったのでこの辺で。

冒頭でも触れたように、とにかく事例が豊富なので、読んでいて飽きませんでした。

特に興味深かったのが、ブームに関するお話。

「メディアがブームをしかける」と言うことがありますが、例えば、20年程前にあったティラミスブームは、当時島田さんのいた『Hanako』編集部が仕掛けたものだそう。

その頃、ティラミスはイタリアンレストランにはありましたが、ホテルのレストランにはなかったため、帝国ホテル等にもメニューの開発を要請。

近々『Hanako』でティラミスの特集をやるので、協力してくれないか、頼んで回ったのだとか。

他にも『Hanako』編集部では、海外ウェディングやアウトレット等のブームも創り出しているとのことなので、興味のある方は本書にてご確認を。


◆また、収録されている事例の中には、当ブログでご紹介した本に登場しているものもいくつか。

例えば、石川県羽咋市が行った「人工衛星を使った食味判定」については、この本が詳しいです。

ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?
ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?

参考記事:【確かにスゴ本】『ローマ法王に米を食べさせた男』高野誠鮮(2012年07月06日)

一方、本書と取り上げているサービスは違うものの、サトーカメラに関しては、こちらもお読み頂きたく。

一億人に伝えたい働き方 無駄と非効率のなかに宝物がある (PHP新書)
一億人に伝えたい働き方 無駄と非効率のなかに宝物がある (PHP新書)

参考記事:【オススメ】『一億人に伝えたい働き方 無駄と非効率のなかに宝物がある』鶴岡弘之(2012年06月23日)

ついでに言うと(?)、本書に登場する「世界一の朝食」で知られる「神戸北野ホテル」には、10年程前に私も夫婦でお邪魔していたりとか(素敵なホテルでした)。


◆ちなみに、本書の第4章には「純度の高い情報を手に入れる17の掟」と題して、島田さんが長年雑誌や書籍の編集者として知るに至った「情報の掟」が紹介されています。

ご存知のものもあるとは思いますが、いくつか抜粋。
●情報は、多く持つ人の元に集まる。

●情報は、情報と認識されない限り情報ではない。

●情報は、ひとつでは役に立たないものもある。

●情報は、秘密なものほど罠がある。

●情報は、距離が大きくなると歪む。
島田さん曰く「良い情報を手に入れることができると、良いアイデアをと出合う可能性も高くなる」そうですから、この掟も意識しておきたいところです。


◆本書は、先日の『あなたの大嫌いな人が100%考えていること』同様(?)、「いかにも」な装丁ゆえ、スルーしておりました。

ただし、内容的には上記で書いた通り、きわめて真っ当かつ、実践的なモノ。

アイデア本というジャンル自体、当ブログでの人気は今ひとつなのですが、個人的には多くの方にお読み頂きたい1冊です。


手軽に読めて、奥が深い良書かと。

僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。
僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。
1章 仕事が加速する9つのアイデア発想法
2章 人には見えない「微差」を見つける5つの方法
3章 「ひらめく人」と「ひらめかない人」の10の違い
4章 情報を制するものがアイデアを制する!
5章 未来を読めればアイデアが生まれる!
◎巻末付録 2013年の未来年表


【関連記事】

【確かにスゴ本】『ローマ法王に米を食べさせた男』高野誠鮮(2012年07月06日)

【オススメ】『一億人に伝えたい働き方 無駄と非効率のなかに宝物がある』鶴岡弘之(2012年06月23日)

【葉っぱがお金に?】「そうだ、葉っぱを売ろう! 」横石知二(2007年11月10日)

【スゴ本】『勝てば官軍―成功の法則』藤田 田(2011年11月25日)

【スゴ本】『トマトが切れれば、メシ屋はできる 栓が抜ければ、飲み屋ができる』宇野隆史(2011年05月12日)

【オススメ!】「外食の天才が教える発想の魔術」フィル・ロマーノ(2008年03月20日)


【編集後記】

◆アイデア系の中では、断トツで好きなのがこの本。

外食の天才が教える発想の魔術
外食の天才が教える発想の魔術

中古でもそれほど値崩れしていないのがサスガです。

レビューは上記関連記事最後にございますので、ぜひご確認を。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「アイデア・発想・創造」へ

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)アイデア・発想・創造このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52037034