スポンサーリンク

2012年06月29日

絶対に公開してはいけない『心を上手に操作する方法』


心を上手に操作する方法
心を上手に操作する方法


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、前作『心を上手に透視する方法』が日本でもベストセラーとなったトルステン・ハーフェナー氏の新作。

今回は「透視」から「操作」ということで、相手との関係性的には一歩踏み込んだ内容となっています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
ドイツで「マインド・リーダー」として活躍するトルステン・ハーフェナー氏が贈る、待望の最新刊。
前著『心を上手に透視する方法』は発売後たちまちベストセラーとなり、累計42万部を突破した。
その彼が本書では、嘘の見破り方から催眠術のやり方まで、「マインド・リーディング」の実践編のすべてを公開する。

当ブログではお馴染みの「アノ本」が、何とプッシュされまくりの巻!?

なお、タイトルは久しぶりに「ホッテントリメーカー」のお世話になりました。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.ミラーリングは慎重に行う
 体の姿勢をミラーリングするときは、小さいことから始めるといい。ゆっくりと一歩ずつだ。
 はじめはそっくり真似するのではなく、似たようなしぐさをするだけでいい。相手が両腕を組んだら、あなたは自分の右手で左腕を触る。つまり、相手の動作と似た動作を、縮小した形で行うのだ。こうした控えめな動きは効果的だ。
 さらに、相手の動作を真似るとき、同時にではなく30秒ほど退らせて行うミラーリングもある。すると、相手は何も気づかないまま、あなたとは波長が合うと感じるだろう。


■2.相手の反論を切り抜けて自分の意見を効果的に述べる方法
誰かが信念を声に出して言ったあとで、あなたがその信念に疑いを示したりしたら、強い向かい風が吹くのは当然だ。だから、まずは一歩下がる。やがて必ずあなたの出番が来るから大丈夫。ラポールを築くときはいつも、相手の目線から世界を眺めること。これが鍵だ。
 必ずしも相手が完全に正しいわけではない。しかし――ここが非常に重要なのだが――相手の目線に立てば、相手が正しいのだ。
 だから、まずは相手の立場になって、相手とまったく同じ行動をとり、とりあえず一歩引く。自分の意見をかたくなに通そうとしないこと。相手がすでにかたくなになっているのだから、あなたはもっと賢くふるまうことだ。


■3.高い商品を見せてから、手頃な値段の商品を見せる
 ある男性がスーツとワイシャツを買いに来たとする。手際のよい店員なら、まず高価なスーツを勧めてから、ワイシャツを勧める。ワイシャツも高いものを勧めるかもしれない。スーツに比べたら、ワイシャツのほうが安いに決まっている。安いものを先に勧めるより、この順番で商品を勧めるほうが、客がスーツとワイシャツの両方を購入する可能性が高くなる。(中略)

 僕自身、何年か前に車と自転車を購入した。あのときの自転車店はラッキーだった。車を買うために大金を出したあとだったので、二、三百ユーロの自転車もセール品のように感じてしまったのだ。


■4.ヒーラーや霊媒師にすがりつく人がいる理由
奇跡を起こすヒーラーと呼ばれる人や霊媒師にすがりつく人がいるのは、いつたいなぜだろう? そして、反対意見を言う人の話の説得力が増せば増すほど、自分の立場をよりしっかり守ろうとするのはなぜだろう?
 それは、一貫性の原理のせいだ。一度、真剣にヒーラーや霊媒師の助言を求めたら、周りの人から頭がおかしいと思われないように、一貫性を保とうと、助言者の味方をする。
 誰でも、他人に対して自分の正当性を示そうとする。逆風が強くなればそれだけ、自分の立場を守らなければならないという衝動も強くなる。それが賢明とはいえないが、とても人間らしいことは確かだ。


■5.紙に書くと不安が取り除ける
 最近、『ディー・ヴェルト』紙で読んだのだが、書くという行為は試験を前に不安な人にも有効だそうだ。この記事では『サイエンス』誌に掲載された「心理学――試験への不安を克服する、最近の研究」が紹介されており、目前に迫った試験への不安を抱える人が、短時間でも不安について書くことで、不安を取り除けるという。
 実験では、被験者の半数が、試験に対する自分の不安について短い文章を書かされ、もう半分は、ただ静かに座っているか、試験に関係のないほかの出来事について書かされた。不安について書かされたグループは、次の試験で成績が上がったという。


■6.嘘をすばやく見抜く方法
 まずは、最初から最後まで話をさせる。ただ耳を傾けよう。相手が長く話せば話すほど、こちらは有利だ。話が終わったら、今度は相手にもう一度今の話を、後ろから、つまり逆の順に話してもらう。嘘をついていたら、きちんと話せないはずだ。本当の話ならできる。ただし嘘の達人なら別だ。
 これは本当に効果がある。つくり話をしているときは頭の中が忙しく、普通は出来事の時系列を正確に覚えていない。だから、つくり話を後ろからは話せないことが多い。


【感想】

◆実は 本書で多くのページを割いているものの、今回バッサリ割愛しているお話があります。

それは「催眠術」。

本書では30ページ以上かけて解説がなされているのですが、実生活で使う用途があるかというと、ちと疑問な気がw

ただし、催眠に用いるテクニックで「五感すべてに働きかける」なんていうのは、プレゼン等でも使えそうです。


◆もう1つページが多いのに割愛しているのが、「顔の表情から心を読み取る」お話。

これは米テレビドラマ『ライ・トゥー・ミー』の主人公のモデルとなった、ポール・エクマンの本に詳しいそう。

ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 DVDコレクターズBOX
ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 DVDコレクターズBOX

本書では、「7種類の感情」によって起こる表情の特徴が、かなり詳しく写真入り(著者であるハーフェナー氏のw)で解説されているのですが、それら写真を掲載しないとご紹介が難しいのがツライところ。

そもそも「びっくりしたとき」と「驚いたとき」とで、違いがある、というのが目からウロコでした(詳細は本書を)。


◆さて、冒頭で『当ブログではお馴染みの「アノ本」』と申し上げたのは、こちら。

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

参考記事:【速報!】最強のビジネス本「影響力の武器」の[第二版]がいよいよ登場!!(2007年08月18日)

上記ポイントの3や4のお話は、まさにそうです。

元ネタとして使っているのに明かしていない本が非常に多い中、本書では「チャルディーニ」(『影響力の武器』の著者)の名前があちこちに見られました。

『影響力の武器』の愛読者(含む私)にとっては、既知の内容ではあるものの、新たな事例が加味されていたりしたので、良しとしましょうか。←偉そうw


◆本書のテーマである「人を操作する」ということに関して、著者のスタンスとしては、何か単独のスキルを用いるのではなく、上記のような複数のスキルによって行なうと考えるべきかと。

ちなみに第1章の冒頭で登場するのは「究極のカードトリック」であり、手品の要素も含まれています。

その方がショーアップ的な効果があるからかもしれませんが、そもそもこの方イケメンですしw

……ということで、最近アップされたYouTubeの動画がこちら(前作のプロモのようですが)。



そう言えば、テレビではメンタリストDaiGoさんもブームのようですし、本書もまた「クル」のかもしれませんね!


前作がツボだったなら一読の価値アリ!

心を上手に操作する方法
心を上手に操作する方法
1 お気に入りの手品の種明かし
2 玄関先での心理操作
3 相手と「ラポール」を築く方法
4 世代別の特徴を意識する
5 催眠術の歴史をひもとく
6 催眠術の具体的な手順
7 他人を操作することの危険性
8 自分の「ものの見方」を操作する
9 相手に気づかれずに影響を与える
10 心理操作の6つの原理
11 なぜ、私たちはだまされるのか
12 決断するときに影響を受けるもの
13 相手を操る「質問の仕方」
14 「顔の表情」から心を読み解く
15 嘘を見破る方法
16 言葉の魔力


【関連記事】

【読心術】『心を上手に透視する方法』トルステン・ハーフェナー(2011年09月05日)

心を上手に透視する方法
心を上手に透視する方法


この『最強交渉人が使っている 一瞬で心を動かす技術』がすごい!!(2012年05月15日)

最強交渉人が使っている 一瞬で心を動かす技術
最強交渉人が使っている 一瞬で心を動かす技術


リア充がひた隠しにしていた『敵を味方にする19のテクニック』(2011年10月05日)

敵を味方にする19のテクニック
敵を味方にする19のテクニック


アルファギークもびっくり 驚愕の「FBI式 人の心を操る技術」(2010年06月28日)

FBI式 人の心を操る技術 (メディアファクトリー新書)
FBI式 人の心を操る技術 (メディアファクトリー新書)


【性格判断】「一瞬で相手の性格を見抜く技術」で参考になった7つのポイント(2010年07月04日)

一瞬で相手の性格を見抜く技術
一瞬で相手の性格を見抜く技術


【ウソ看破?】「相手の隠しごとを丸ハダカにする方法」デビッド・J・リーバーマン(2010年04月02日)

とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法


【編集後記】

◆上記で登場した『ライ・トゥー・ミー』のポール・エクマンの著作から。

顔は口ほどに嘘をつく
顔は口ほどに嘘をつく

……中古でも全然値崩れしてないんですがーw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52023268