スポンサーリンク

2012年05月09日

【試してみたらこうなった】『崖っぷち「自己啓発修行」突撃記』多田文明


崖っぷち「自己啓発修行」突撃記 - ビジネス書、ぜんぶ私が試します! (中公新書ラクレ 416)
崖っぷち「自己啓発修行」突撃記 - ビジネス書、ぜんぶ私が試します! (中公新書ラクレ 416)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「自己啓発書」の書評ならぬ「体験記」。

自らの生き残りをかけて、体験派のルポライターである多田文明さんが、自己啓発書50冊の効能を探ります。

アマゾン書影がなかったので、画像を借りに行った版元のサイトから。
世を賑わすビジネス書、自己啓発法。本当に「夢を叶えて」「年収10倍」は「誰でも実現可能」か? ベストセラー『ついていったらこうなった』の一発屋では終われない著者が、速読・整理法・プレゼン術など、あらゆるノウハウの体験取材を敢行。壮絶な挑戦の末につかんだ“成功法則”とは?

果たしてその結果は如何に!?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.「レバレッジ・リーディング」で本をまとめる
 さまざまな読書法関連の本を読んだ結果、自分にしっくりくる読書法は、本を読みながら線を引き、必要があれば余白に書き込みを入れ、その要約をファイルにまとめるといった「レバレッジ・リーディング」方式であった。今後のビジネス書の読書法として、これを中心に行っていこうと決意した。

レバレッジ・リーディング
レバレッジ・リーディング


■2.「先読みテクニック」で速読する
 先読みテクニックでは、1行ずつ読みながらも、直後の2〜3行をまとめて目に入れて読む。読んでいる行の1行先を意識しておくだけで、速読はできる。(中略)
 この方法は私にとって、大変参考になった。この手法で読んでみると、たしかに本を速く読める。しかも、速く読みながらも、十分に内容も理解できている。

ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)
ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)


■3.「押し出しファイリング」で書類を整理する
 さっそく封筒を購入して、保留箱にためていた資料をそれぞれ封筒に入れ、本棚の左端から日付順に並ぺた。以後、新たに到着した資料や書類は、同じように封筒に入れて、棚の左端に入れる。取り出して使ったものは、一番左端に戻す。
 数週間後、ほとんど使わない書類は棚の右端へ追い出されていた。その中でいらないものを捨てて、使う可能性のあるものは、その封筒ごと、別な箱に移動させて保管した。「押出し方式」は簡単で手間いらずである。いやはや、部屋は実にすっきりした。

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)


■4.「豆本」でデータベースを作る
 私はさっそく、今年これまで読んだ本の目次を片っぱしからコピーを取り、ノートに貼りつけた。(中略)
 この豆本はなかなか便利な代物で、自分だけの書籍データべースになる。いちいち、本を書棚から探さなくても、この"豆本"の目次と、自分がまとめたパソコン上にある書籍の要約とをつき合わせれば、書く上でのたいがいのヒントは得られる。

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣
整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣


■5.「アテンション・コントロール」で集中する
 私は週に2〜3日事務職をしているが、始業時間は朝10時である。そこで仕事場に1時間ほど前の9時に着いて、カフェでライティング作業をする。そして、仕事の終了後にも、集中力が途切れるまで近くのカフェなどで作業をする。この作業の始まる前後少なくとも計2時間以上、集中してクリエイティブな仕事ができ、執筆作業もはかどるようになってきた。

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)
仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)


■6.「予定調和」を崩して注意を引く
ディレクターは最初、私の話を聞きながら「出会い系サイトの騙しの手口ですか」と、ありきたりの話だなという思いからか、あまり乗り気でない返事をした。実はこう思わせるのが、私の作戦であった。
 次の瞬間、私は予定調和を崩す話をした。
「以前は、騙されるのはスケべ心を抱く男性が多かったのですが、いまや、女性のほうが多いのですよ」
 すると、スタッフらは「えっ!」と驚いた声をあげた。この内容なら、番組の企画としていけるかもしれないと思ったのだろう。急に前向きな表情になった。
「詳しく教えてください」

企画脳 (PHP文庫)
企画脳 (PHP文庫)


【感想】

◆長くなってしまったのでこの辺で。

今まで「沢山の本の内容を実践する」という作品はちょこちょこありましたが、具体的に書名を出して実践し、ダメだったものはダメ、と言われているのはあまりなかったような。

たとえば本書では、「本を最後まで読む必要はない」という教えを受けて、休眠状態にしてあった『読書について』をゴミ箱に捨ててしまいます。

ちょwwおまww

第1章では名だたる「自己啓発書の名著」を参考にして、企画の売り込みをするのですが、これがことごとく失敗。

……ただこれは、本の内容と言うより、著者の多田さん自身に問題があったような?


◆というのも多田さんは、そもそも「出たとこ勝負」の「体験型」ライター。

ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ
ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ

徹底した現場主義ゆえ、本や雑誌の情報に目を通さず、そもそも月に読む本も1〜2冊という有様です。

ですから、編集部から提示された「自己啓発書50冊」を読む事自体が、まずひと苦労。
しかし、案の定、さっそく大きな壁にぶちあたってしまった。「仮説思考」「フェミニ思考」「PDCA」「ブレインストーミング法」など、未知のビジネス用語が出てくるたびに、思考がフリーズしてしまうのだ。
……節子、それ「フェミニ」やない、「フェルミ」や。(多分)


◆そこで、下記目次のように、「読書法」「速読法」から挑戦し、自分にあったスタイルを確立。

その後も「整理法」「発想法」「会話術」とクリアしていき、最終的に第7章で再度企画の売り込みに挑戦します。

ところがなまじ知識が増えて、企画の内容に自信が出てきた分、某出版社では「自分本位」で売り込みをかけてしまい、見事玉砕。

その失敗を反省して、別の出版社で多田さんが意識したことは……詳しくは本書にてご確認を。

いや、著者さんや著者志望の方は、第1章と第7章の、この企画の売り込みの部分はかなり参考になると思います。

基本的に「企画書を送って下さい」というのは、読んでもらえてない悪寒(マジで)。


◆ちなみに、上記で抜き出した部分だけでも、当ブログでご紹介した本が結構あります(下記関連記事をご参照の事)。

たとえ本書の執筆のためとはいえ、多田さんはこれらを実践し、最終的には「新聞連載」という「結果」を出しているわけで。

私たちも、ただ自己啓発書を読んでいるだけではなく、実践し、そして同じように結果を出したいもの。

雑誌『SPA!』辺りの特集チックなテイストではありますが、改めて我が身を振り返り、反省したくなる1冊でした。


本は実践してナンボです!←「お前が言うな」的なw

崖っぷち「自己啓発修行」突撃記 - ビジネス書、ぜんぶ私が試します! (中公新書ラクレ 416)
崖っぷち「自己啓発修行」突撃記 - ビジネス書、ぜんぶ私が試します! (中公新書ラクレ 416)
第1章 「自己啓発書」はダメ中年を救えるか?
第2章 あらゆる「読書論」を読み比べる
第3章 挑まずには済まされない「速読法」
第4章 「空間と時間の整理法」に挑戦!
第5章 ヒット企画を生み出す「発想法」を身につけたい!
第6章 顧客へのプレゼンを有利に運ぶ「会話術」をマスター
第7章 企画プレゼン、リターンマッチ!


【関連記事】

「レバレッジ・リーディング」本田直之(2006年12月06日)

【速読】『ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方』苫米地英人(2010年09月15日)

【整理術】「整理HACKS!」小山龍介(2009年06月29日)

【超仕事術?】「仕事するのにオフィスはいらない」佐々木俊尚(2009年07月20日)

【濃厚】「企画脳」秋元 康(2009年08月16日)


【編集後記】

◆最近話題の本。

媚びない人生
媚びない人生

まだ発売は先ですが、絶賛している知り合いが多いです。

これは読まねば!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(1)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのトラックバック
    崖っぷち「自己啓発修行」突撃記 - ビジネス書、ぜんぶ私が試します! (中公新書ラクレ)           各章の冒頭で、編集部から、課題となる自己啓発書を数冊提示され、それを読んだ著者が書かれていたことを実践し、どう変わっていったかを同時進行報告する
[自己啓発]自己啓発書を活用する!突撃記【OLDIES 三丁目のブログ】at 2012年12月30日 21:01
この記事へのコメント
はじめまして。

笹田周作世申します。

『自己啓発修行』の本

面白そうでね。

購入しようと思いました。


Posted by 笹田周作 at 2012年05月11日 20:53
>笹田周作さん

はじめまして、コメントありがとうございます。
私のように「本は読むだけ」な人間にとっては、この本は面白かったです。
良かったらチェックしてみてください。
今後ともよろしくお願いします!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2012年05月12日 05:00