スポンサーリンク

2012年03月21日

【ホリエモンの今】『刑務所なう。』堀江貴文


刑務所なう。
刑務所なう。


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、堀江貴文さんの最新獄中記。

成毛眞さんの記事を見て、「512ページって何ぞww」と思っていたら、マジに厚くて(辞書並み)ビビりました。

アマゾンの内容紹介から。
2011年6月20日、モヒカン頭で収監されてから発信しつづけた、前代未聞の「リアルタイム刑務所日記」。獄中メシで何キロやせた? オリンパス事件どうなの? シャバを見つめた「時事ネタ時評」と、刑務所での読書記録150本も掲載。
《娑婆にいるスタッフや協力者に助けられ、私自身がずっと関わってきたインターネットによる情報発信が普及したおかげで、ボールペンで便箋に書いた原稿が、メールマガジンやTwitterのつぶやきにトランスフォームされて世界に拡散することになった。その結果が本書である。――「塀の中から皆さんへ」より》

ブログやツイッターで堀江さんをチェックされていた方なら、楽しめることウケアイです。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【所感などなど】

■構成等

◆下記目次だと分かりにくいのですが、本書のコンテンツは5つ。

●収監報告誌

⇒刑務所内ライフログ(?)


●時事ネタ評論(途中から「時事ネタオピニオン」に改題)

⇒気になる時事ネタについての感想


●スタッフは見た

⇒スタッフS氏によるメルマガの舞台裏等


●マンガ「刑務所入門」

⇒西アズナブル氏による「収監報告誌」の漫画化(1〜10)


●刑務所図書館

⇒書評&映画評


このうち、マンガについては、メルマガには収録されていないので、おそらく描き下ろし(サンプルがこちらにありました)。

それ以外については、版元サイドでの編集が入っているかもしれませんが、基本的にはメルマガのコンテンツの一部なのだと思います。

堀江貴文のブログでは言えない話(まぐまぐ)


■「収監報告誌」について

◆メインコンテンツ(?)の「収監報告誌」は、冒頭の成毛さんの記事にもあるように「食事の記録」や、刑務所内での作業(紙袋を作ったり、高齢者の介護等)、その他堀江さんの暮らしぶりが中心。

食事が質素(でも本人曰く「美味しい!」)なせいか、体重がみるみる減っていくのがスゴイです。

こんなサイトもあったりして。

堀江貴文の「ダイエットなう。」 〜 95kgから65kgへの挑戦 〜 ダイエットクラブ

また、こちらの記事によると、最終的には62キロで落ち着くのではないか、と。

刑務所内の生活でみるみる痩せたという話をきいて - とらねこ日誌


◆また、時事ネタ以外の所感についても、この「収監報告誌」が対応。

当初「刑務所ハックス」みたいに「もし収監された時に豆知識として知っておきたいこと」に付箋を貼っていたのですが、どう考えてもニーズがないので、途中で止めますた。

ただ、「どういう物を送ったら面倒なことになるのか」は、知っておいても良いかも。

例えば「香水のついた便箋」「きらびやかなシールが沢山貼ってあるカード」なんてのは、いったん本人が読んだ後で、没収される(部屋に入らない取り扱いになる)そうです。

献本を考えている出版社の皆さんは、お知りおき頂きたく。


■「時事ネタ評論」について

◆基本的には、その週その週におけるトピックについて、堀江さんがコメントするスタイル。

途中から名前が「時事ネタオピニオン」に変わると同時に、いくつかの項目を深く掘り下げて、単なるコメントではなく、長めの「オピニオン」形式に。

政治経済ネタ以外では、やはりIT関連のネタが多いです。

auのiPhone発売ネタは「超長文w」でしたし、AppleのiCloudについてのコメントは「なるほど」と思わせられました(詳細は本書を)。


■有料メルマガが推奨されている件

◆ところで個人的に気になったのが、他の方の有料メルマガをいくつか薦めていたこと。


中島 聡さん:週刊 Life is beautiful


津田大介さん:津田大介の「メディアの現場」


井戸 実さん:<ロードサイドのハイエナ> 井戸実のブラックメルマガ

毎月、何冊か「ハズレ本」を掴まされることを考えたら、私も有料メルマガを購読してもいいんですけど、それをブログで紹介できないのがツライという……。


■書評&映画評について

◆なお、書評&映画評は時系列ではなく、巻末にまとめて収録してあり、その数150!

本文より小さな文字でビッシリ書かれてあり、最初本書をここから読み始めたので、それだけでも結構時間がかかりました。

ただし、映画に関しては、「刑務所内で放映されたもの」であるため、堀江さんのセレクトではない点にご留意を。

それ以前に、書評もマンガや文芸が中心で、当ブログで扱えるようなものは、ほとんどないのがカナシイんですが。

とんび (角川文庫)
とんび (角川文庫)

最初のオトコはたたき台 (文春文庫)
最初のオトコはたたき台 (文春文庫)

私の履歴書 経済人 2
私の履歴書 経済人 2

グラゼニ (1)
グラゼニ (1)


■コストパフォーマンスは?

◆ところで、本書は作りから言うと「ペーパーバック」になるのだと思います。

同じような「ペーパーバック」として私が知っているのが「光文社ペーパーバックスBusiness」シリーズ。

最近はシリーズとして出てないのか、アマゾンでも新品の在庫があるものがほとんどないのですが、例えばこの本は「296ページで1000円」。

やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)
やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)

それを考えると、本書の「512ページで1000円」というのは、たとえメルマガのコンテンツの流用だとしても、お買い得と言えばお買い得(アソ●エのムック本も同じですしw)。

本書に有料メルマガのチラシが挿入されていたので、そのフロントエンド商品ということで、印税を下げ、その分値段を抑えた、と推測したのですがどうでしょうw?


■まとめ

◆本書を通じて、堀江さんはほとんど「恨みつらみ」や「ネガティブ」なことを言われていません。

自らを嘆いても、状況が変わるわけではないので、合理的と言えば合理的。

むしろ、何かツライことがあっても、むしろメルマガの「笑いのネタ」として、嬉々として(?)取り上げているくらい「ポジティブ」です。

さらには、スタッフも驚くくらい精力的に働き、自分が働く刑務所のことまで考えているという(詳細は本書を)。

やはり堀江さんは、堀江さんのままであり、今後の成り行きも楽しみです(特に体重がw)。


ホリエモンファンなら、一読の価値アリ!

刑務所なう。
刑務所なう。
収監報告誌―モヒカン頭で報道陣にもみくちゃにされて出頭!
1週目 6/21→6/27―東京拘置所で丸刈りに。山下清みたいだよ…。
2週目 6/28→7/3―長野刑務所へ!いろいろ切ない夢を見た…。
3週目 7/4→7/10―ずっと一人で独房。ウツになってきた感じ…。
4週目 7/11→7/17―作業報奨金267円。安っ。100倍を寄付!
5週目 7/18→7/24―天突き体操はキツイ!体重10キロ減目前だ。
6週目 7/25→7/31―介護衛生係に配役。鈴木宗男さんと同じ!
7週目 8/1→8/7―忙しいのはいいことだ。休日返上で働きたい。
8週目 8/8→8/14―なんだか今日は下の世話が多かったな…。
9週目 8/15→8/19―刑務所も夏休み。羽アリが大量で寝苦しい!〔ほか〕


【関連記事】

【堀江節】「徹底抗戦」堀江貴文(2009年03月12日)

【オススメ】『そこまで言うか!』勝間和代,堀江貴文,西村博之(2010年09月06日)

【対談】『ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」』(2009年09月06日)

【正論?】「まな板の上の鯉、正論を吐く」堀江貴文(2010年04月11日)

【堀江流成功本】『夢をかなえる打ち出の小槌』堀江貴文(2009年10月24日)


【編集後記】

ちょっと気になる本。

食いっぱぐれない「働き方」のテクニック (ビジネスファミ通)
食いっぱぐれない「働き方」のテクニック (ビジネスファミ通)

あの「流通ジャーナリスト」として雑誌「SPA!」やテレビでも見かける金子哲雄さんが、キャリア本を!?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「堀江貴文」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)堀江貴文このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。