スポンサーリンク

2012年02月29日

【モテ】『本当のモテ期は40歳から』青木一郎


本当のモテ期は40歳から (メディアファクトリー新書)
本当のモテ期は40歳から (メディアファクトリー新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、私を含め中高年世代の方なら「マスト」な情報を扱っているモテ本

とはいえ、実は若い世代の男性にとっても、かなり有益なTIPSも含まれております。

アマゾンの内容紹介から。
就職活動でリクルートスーツを着るように、恋愛でも「選ばれたい」なら採るべき行動には合目的な方法がある。40歳を超えて衰える判断力、体力を補って余りある「知恵」を使えば、草食系の若いモンなんて敵ではない。若い女性の本音が教える「たったこれだけ」の外見改良、最初から話が弾むPC活用術。大人のための論理的恋愛導入術。

このお値段でこの情報量というのは、なかなかお買い得ではないかと。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.ジャストフィットは「サイズ補正」で
 ジャストサイズの服を選んだら「お直し」、つまリサイズ補正をしましょう。ジャケットは肩で合わせて袖を直す、パンツはヒップで合わせてウェストを直すなど、「お直し」で既製品を自身の体型によりフィットさせることができます。料金はショップや補正箇所によってまちまちですが、各パーツ数千円程度と、そう高くありません。大半のショップには有料の補正サービスがありますし、補正サービスがない店で買ったとしても、洋服の補正を行う店は別にあります。


■2.襟で顔を小さく見せる
 周りに小さいものを配置すると物体は大きく見えますが、逆に大きなものを配置すると小さく見えます。大きい顔を小さく見せるにはこの原理を応用します。顔の周囲に大きなものを配置するのです。
 例えばスーツの襟、これをラペルといいますが、ラぺルを大きいものにする。また、ワイシャツなら襟の大きなものや、ワイドスプレッドという左右の襟が大きく開いたものにする。またネクタイの結び目を大きくする。このように顔の周囲に大きいものを配置すると錯視が生じて、顔が相対的に小さく見えるようになります。


■3.清潔感に気を付ける
 女性は男性よりも汚れや臭いに対して敏感です。顧客行動分析の世界的な権威であるパコ・アンダーヒル氏も著書『彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?』(早川書房)のなかで、女性が重視するものとして真っ先に清潔感を挙げています。「なぜかって? 清潔さは、生理用品や子育て、食事を作る際に重要な点だから」。
 この本によると、ほぼすべての女性が「いま私がいる場所は『清潔?』」と直感的に思い浮かべるそうです。同じように「いま私の目の前にいる男は『清潔?』」と吟味するのではないでしょうか?

彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?: 世界で売れる秘密
彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?: 世界で売れる秘密

参考記事:【男性必読!】『彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?: 世界で売れる秘密』パコ・アンダーヒル(2011年07月12日)


■4.むだ毛の処理は必須!
男性がつい見すごしやすいのがむだ毛の処理です。鼻毛には特に注意しましょう。たいていの場合、女性のほうが背は低いので、男性を下から覗き込むように見ています。このため、鼻毛は男性が思っている以上に目立つのです。(中略)

 鼻毛をはじめ、耳毛、眉毛などむだ毛の処理は、ヒゲ剃りと同じように習慣化しましょう。お勧めは「エチケットカッター」と呼ばれる電動カミソリ。鼻毛だけでなく、耳たぶなど微妙なラインを安全に剃ることができます。

Panasonic エチケットカッター 黒 ER-GN10-K
Panasonic エチケットカッター 黒 ER-GN10-K


■5.シンプルで効果的な3つの会話テクニック
 具体的には「あいづち」「うなずき」「話の繰り返し」の3つです。たったこれだけのことですが、やるとやらないとでは大きな差がつきます。
 会話上手な人、接客のプロはこの3つの小技を使って相手に気持ちよく話をさせます。例えば明石家さんまさん。彼が大勢の素人女性を相手に司会をしている番組をよく見ると、この3つの小技を上手に繰り出して相手の話を盛り上げています。「ハイ、ハイ」と言いながらあいづちを打ったり、ヒャッヒャッと笑いながらうなずいたり、「それって、こういうこと?」と相手の話を繰り返したり。よくしゃべる人というイメージがあるさんまさんですが、実は「聞き上手」、というより「話させ上手」。だからこそ、素人の女性たちに生きいきとカメラの前で話してもらえるのでしょう。


■6.女性が感激する3つの感情共有テク
 さて、女性に「あなたの話に共感していますよ」というメッセージを発するうえで、もう1つ重要な技術があります。それは「態度」「ムード」「話し方」、この3つを相手に合わせること。
「相手に合わせる」はコミュニケーションの基本です。具体的に「態度」とは、姿勢や身振りなどのボディランゲージ。「ムード」は話し手の雰囲気のこと。悲しそうだとか、楽しそう。情熱的だとか、冷静でクールなど、文字どおリムードのことです。「話し方」は話すスピードやテンポ、声の大小、口調です。この3つを相手に合わせると、女性は自分と感情を共有してくれていると感じます。

(詳細は本書を)


■7.初メールに盛り込むべき3つの点
 まずメールの冒頭で名前を呼びかけると、受け手の印象がぐっとよくなります。例えば、「サトミさん、はじめまして」と書くだけで、「サトミさんだけに送っているメールです」というメッセージを込められます。
 また、「どこに興味をもったか」と「お互いの共通点」をメールの文面に盛り込むと、さらに印象はよくなります。これらも、相手のプロフィールをちゃんと読んでからメールを書いたことを相手に示しているからです。


【感想】

◆本書の「はじめに」で、著者の青木さんは、「おじさんでもモテる人か否かの差を生ずるコツ」が次の分野にあると言われています。

それは「外見」「コミュニケーション」「出会い」の3つ。

特に「外見」のうち「加齢」の問題については、若者と最も違うところでもあり、本書では1章と2章でしっかり掘り下げています。

私自身、加齢臭については、この製品を愛用することで、ある程度カバーしているツモリではありますが……。

(エム・エックス・ピー)MXP 丸首半袖シャツ MX11101 W ホワイト M
(エム・エックス・ピー)MXP 丸首半袖シャツ MX11101 W ホワイト M

参考記事:【消臭下着】「MXPマキシフレッシュプラス」が極めて秀逸な件(2011年07月15日)

今現在は、寒いので長袖シャツロングタイツを愛用中ですw←オサーン


◆もちろん、臭いだけでなく見た目の加齢対策も重要らしく、本書ではアンチエイジング系のスキンケア商品を推奨。

アラミス ラボ シリーズ エイジ レスキュー 49g
アラミス ラボ シリーズ エイジ レスキュー 49g

「そこまでする必要あるのか?」と思いつつ、元ソニー会長の出井さんは、「経営者の肌ツヤが悪いと、会社の印象まで悪くなる」と、人前でスピーチをする機会の多くなった40代から、肌の手入れをしっかりされていたそう。

実は私も若い頃は、シーブリーズのローションで済ませていたのですが、30歳頃に付き合っていた彼女に脅かされて、保湿も心がけるようにしました。

今もし、私の肌が多少なりとも衰えてなければ、その彼女のおかげかと。


◆さて、「コミュニケーション」面については、上記ポイントでも挙げたほか、当ブログではイヤというほど類書をご紹介しているので、ここでは割愛。

1点だけ、本書であの(?)羽賀研二氏のホメ言葉について触れられていて、これがなかなかに秀逸でした。

男性アナウンサーに「ウチの加藤アナ(女性・仮名)、どうですかね?」と振られた羽賀氏。

テレビを観ていた青木さんが「こんなセリフで口説かれたら、どんな女の人でも骨の髄までしゃぶられる」と絶句した「ホメ言葉」をサラっと繰り出したのだそう。

そこには、「ホメ言葉+その理由」「近くより、遠くでホメる」「『もし……だったら』+『メリット』」という3つの技法が含まれていました(ネタバレ自重)。

……こ、これは口説くのに使えそうなw


◆最後の「出会い」については、「合コン」や「婚活パーティ」ではなく、ネット、特に「SNS」の活用を提案しています。

「おじさん」が故に、年齢で足切りされない「趣味」のコミュニティに注力するのですが、これは若者でまだ年収が低い層にも言えること。

下手な結婚相談所で婚活するよりも、こういった「趣味」「価値観」があう女性を探す方が、確実かも知れません。

本書では、女性に好印象を持たれるプロフィールページの作り方や日記の書き方等も指導してますので、「ネット恋愛」に抵抗がある方でも気軽に始められそうです。


◆と、ここまでプッシュしておきながら、残念なことが。

実は本書は、以前ご紹介した青木さんの著書である『40歳からのモテる技術』と、ネタがかぶりまくっています。

例えば、下記の関連記事にこの本のレビューもありますが、そこで挙げたポイントはすべて本書にも登場しているという……。

ただ逆に、そちらをお持ちでない方なら、本書は単行本の半値以下ですし、かなりオススメ(『40歳からのモテる技術』は中古でも安くないです)。

もし、これからどちらかを買おうとお考えならば、ノータイムで本書でしょう。


かなり真っ当なモテ本です!

本当のモテ期は40歳から (メディアファクトリー新書)
本当のモテ期は40歳から (メディアファクトリー新書)
はじめに 適切なノウハウでおじさんは必ずモテる!
第1章 見た目からおじさん臭さを簡単に消す方法
第2章 身ぎれいになり加齢に抵抗する
第3章 会話がはずむ段取り術
第4章 モテる大人のコミュニケーション術
第5章 「価値観」×「ネット」は中年の味方
第6章 女性がつい返信してしまうメール術
おわりに おじさんの恋は世のため人のため


【関連記事】

【若くても使える?!】『40歳からのモテる技術』青木一郎(2010年10月04日)

【モテ】バブル世代男性に学ぶ7つの恋愛テク(2009年09月07日)

「女の子の取扱い説明書」について最低限知っておくべき3つのこと(2010年03月28日)

【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)

【モテ】「また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座」大橋清朗(2009年01月27日)


【編集後記】

◆ちょっと気になっているモテ本。

男子のための恋愛検定 (よりみちパン!セ)
男子のための恋愛検定 (よりみちパン!セ)

復刻版らしいのですが、かなり評価は高いですね。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51999067
この記事へのコメント
こんばんは、タッキーです。

この本は面白そうですね。 私も読んでみたいです(^o^)

Posted by タッキー@自己啓発&感動大好き at 2012年02月29日 20:32
>タッキー@自己啓発&感動大好きさん

コメントありがとうございます。
この本、記事にも書いたように前作をお持ちでなければ(そして30代後半以降なら)「買い」だと思いますよ〜!
ご検討くださいませ。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2012年03月01日 00:46