スポンサーリンク

2012年02月15日

【固形蛍光ペン】「テキストサーファーゲル」の対抗馬、「シャーピー ジェル ハイライター」が出ていた件


シャーピー ジェル ハイライター 5色セット
シャーピー ジェル ハイライター 5色セット

20160111追記:上記商品が現在アマゾンで取り扱いがないため、こちらをどうぞ。

B00DMRGW0A
シャーピー ジェル ハイライター 5色セット


【はじめに】

◆「裏写りしない蛍光ペン」として、私も「週刊税務通信」を読む際に必ず使っているのが、ステッドラーの「テキストサーファーゲル」。

テキストサーファー ゲル PP袋入 3色セット 264 PB3 JP
テキストサーファー ゲル PP袋入 3色セット 264 PB3 JP

参考記事:【固形蛍光ペン】ステッドラーの「テキストサーファーゲル」を試してみました(2009年10月26日)

このタイプの「固形蛍光ペン」としては、唯一の製品だと思っていましたが、なんとシャーピーから同様のタイプが、昨年秋に発売されておりました。

その名も「シャーピー ジェル ハイライター」

しかも、テキストサーファーゲルにない「ブルー」と「グリーン」も含まれているというのですから、「文具ヲタ」としては、買うしかないでしょうw

さっそく、簡単にご紹介しておきます!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【使用レポート】

◆まずは5色揃ったところから。



カラフルなんで、何かもう、使う前からニヤニヤしてしまう自分w

テキストサーファーゲルとの比較のために、イエローを出してみます。

まずボディから。



ちょっと意外だったのが、軸がまん丸ではなくて、やや平べったくなっている(楕円形)こと。

左が「シャーピー ジェル ハイライター」で、右が「テキストサーファーゲル」になります。



なお、固形の芯は、「テキストサーファーゲル」と同様に、お尻の部分を捻って出す仕組み。


◆次に、おなじみの(?)「週刊税務通信」を使って、実際にマーキングしたところを。



ひっくり返しても、「テキストサーファーゲル」と同じく、裏写りしていません。



具体的な固形インクの違いまでは分からないのですが、芯に関しては、「テキストサーファーゲル」と同じのような気がします。

参考までに、通常の液体タイプの蛍光ペンの裏写り具合を。



「これ、表にマーカーしたところじゃなくて、裏写りなんだぜ…」

紙質のせいなんでしょうけど、もう液体タイプには戻れませぬ。


【テキストサーファーゲルとの違い】

◆通常の液体タイプの蛍光ペンとの違いについては、以前書いたテキストサーファーゲルの記事をご参照いただきたく。

ここでは、上記と一部かぶりますが、「シャーピー ジェル ハイライター」と「テキストサーファーゲル」の違いについて簡単に触れてみたいと思います。


■1.色が5色揃ってる

◆「シャーピー ジェル ハイライター」は、「テキストサーファーゲル」の「オレンジ」「ピンク」「イエロー」に加えて、「グリーン」と「ブルー」の全5色。

新たに「寒色系」が加わったことは、マーキングする際にも便利と言えば便利でしょう。

私自身は、塗り分ける必要がない用途にしか使っていないため、基本的にはイエローしか必要ないものの、普段使いでこちらの蛍光ペンを使うのであれば、あった方が良いはず。

また、イラストやお絵かき等に使う場合でも「寒色系」は必要かと。


◆ただし、その肝心の「寒色」のクオリティについては、若干微妙。



「グリーン」はいいのですが、「ブルー」はちょっと薄めすぎるような。

この画像だと分かりにくいものの、かすれたような感じになってます。

色分けのためなら別ですが、この色単独ではちょっと使えないと思われ。


■2.蓋をしなくとも2週間大丈夫?

◆「テキストサーファーゲル」の方は、「キャップを外したままでも2,3日大丈夫」とメーカーサイトではうたっています。

STAEDTLER Japan

それに対して、「シャーピー ジェル ハイライター」は「2週間」といきなり約5倍の期間を提示。

SharpieR | シャーピー ジェル ハイライター

ぶっちゃけ、インクは多分同じだと思うのですが、オフィシャルに違いを明記しているのは事実です。

……ホントは試してみたかったのですが、時間がないので割愛(スイマセン)。


■3.芯が楕円形なので、塗る幅を変えられる

◆そもそもこういった固形の蛍光ペンは、紙に当てる角度を調節することで、塗る幅を変えるのが難しいです。

というのも、使用することで芯が削れて、どんどん太くなってしまうから。

ただし、「シャーピー ジェル ハイライター」は上記画像のように「楕円形」の芯のため、細い幅と太い幅を使い分けることによって、塗る幅を変えることが可能です。

特に、文字全体をマークするのではなく、下線を引きたいような場合には、重宝するのではないか、と。



先ほどマークした「週刊税務通信」の同じページに、細い幅で下線を引いてみました。

この画像だと分かりにくいですが、結構幅が違うので、使い分けには便利そう。


■4.キャップをお尻にはめることができる

◆「テキストサーファーゲル」は、外したキャップをはめるところがなく、それがちょっと気になっていました。

それに対し、「シャーピー ジェル ハイライター」は通常の蛍光ペン同様、お尻の部分にはめることが可能。



なお、はめたままでも、捻って芯を出すことができます。

おかげで、キャップを失くすリスクが軽減されました。


【所感などなど】

◆簡単ですが、こんなところで。

まず、「液体か固形か」という使い分けについては、前回の「テキストサーファーゲル」の記事で行いましたので、割愛。

次に同じ固形で「シャーピー ジェル ハイライター」と「テキストサーファーゲル」のどちらを使うか、という点については、少なくとも私は「シャーピー ジェル ハイライター」がファーストチョイスになりそうです。

というのも、固形タイプを使う場合、「イエロー」がほとんどであり、寒色(特に「ブルー」)の問題点が無視できるから。


◆また、上記で挙げたように、外したキャップをお尻に装着できる点や、太い線と細い線を引き分けられる点も大きいです。

やはり、後続の製品なだけあって、諸問題をクリアにしているのではないか、と。

後分かってないのが、「インクの持ちがどのくらいか」、という点。

ちなみに、キャップを外した長さだと、両者ほとんど同じくらいですから、それほど差はないと思われ。





とりあえず、当分『「シャーピー ジェル ハイライター」推し』でいかせて頂きます!

シャーピー ジェル ハイライター 5色セット
シャーピー ジェル ハイライター 5色セット


【関連記事】

【固形蛍光ペン】ステッドラーの「テキストサーファーゲル」を試してみました(2009年10月26日)

【文房具】ノック式蛍光ペンを比較してみました(2009年02月12日)

【本ネタ】カールの「ブックスタンダー」が極めて秀逸な件(2009年01月25日)

【絶品!】『ジェットストリーム4&1』をオススメする5つの理由(2008年12月16日)

【なんと8色!】色鉛筆「マルチ8」を買ってみました(2008年02月26日)


【編集後記】

◆固形、という意味では、我が家で子供たちが使っているコレもそうですね。

ぺんてる くるりら 12色セット GTW-12
ぺんてる くるりら 12色セット GTW-12

「クレヨンタッチの色鉛筆」で、固形式蛍光ペン同様に、お尻を捻って芯を出すため、折れにくく手も汚れないという逸品です。

小さなお子さんのいるご家庭にオススメ!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「文房具その他ツール」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 20:00
Comments(2)TrackBack(0)文房具その他ツールこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
smoothさん大変ご無沙汰しておりますm(__)m

あの…ひとことお伝えしたいことがありますので
コメントさせていただきます。

数年前携帯電話からは
smoothさんのブログから注文が出来ませんでしたよね^^;
私その時約束しました。
「携帯電話からでも注文出来る時代が来たら
励まして下さったりコメント下さったりした
smoothさんへの感謝の気持ち、お礼として
出来る限りsmoothさんのブログから注文する様にしますね」
って。
約束、果たしますm(__)m

これからもがんばって下さい(*^-^*)
Posted by 瑠璃 at 2012年02月15日 21:12
>瑠璃さん

こちらこそ、大変ご無沙汰しております!
最近は、かつて仲良くして下さった皆さんのところにも、あまりお邪魔してなかったのですが、瑠璃さんもお元気でいらっしゃいましたでしょうか?

注文の件は、確かに覚えておりましたが、ホント、お気遣いなく〜(汗)。

あの頃のブログ仲間の方でも、既に何人も著者デビューされてますし、私も負けずに、このブログで頑張りたいと思います。

今後ともよろしくお願いします!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2012年02月16日 07:05