スポンサーリンク

2012年02月13日

【ご報告】「邪悪なハンコ屋さん」で、ハンコを作ってきました





【はじめに】

◆先日、当ブログでご紹介した、オリジナルハンコの「しにものぐるい」さん。

谷中にある、こちらのリアル店舗で、このたび無事オリジナルハンコを作ることができましたので、簡単にご報告を。

しゃれが分かる女子になら、ホワイトデーのお返しに良いかもしれませぬw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【オリジナルハンコご紹介】

◆まずは箱から。



購入した際には、紙袋に入れてもらいました。

そして中にはいっているのは、通常の認印と同じようなハンコ本体。




◆さっそく押してみます。



図柄は、べたですが、ゴールデンレトリバー。

ゴールデンレトリバー 認め印 - 邪悪なハンコ屋 しにものぐるい オリジナルハンコ、認め印通販

字体は「丸ゴシック」にしてみました。

もうちょっと冒険しても良かったような気もしましたが、仕事でちょっとしたモノを送る際に使ってみたかったので、ギリギリ許される線を狙った次第w


◆ところで、ハンコの大きさなんですが、ネットで見ていると、すごく大きく思えてしまうものの、実際は、通常の認印と同じ大きさになります。

比較のために、ジェットストリーム4&1を並べてみると、こんな感じ。



カジュアルで使う分には、もうちょっと大きい方がインパクトもあるんですけどね。

逆に、稟議書のハンコの欄にさりげなく押してあっても気がつかれないカモw


【所感などなど】

◆前回訪れた際、店内に「30分でできる」とあったのですが、ホントにものの30分ほどでできました。

ただし、これは先客がいない場合であって、混んでるとその分時間がかかります。

実は家族で谷中にでかけた際に、お店を訪れたのですが、私が選んでいるのを見て、子供たちも欲しがりまして。

あわせて4つ作ろうとしたら、当然その分時間がかかる、ということで、子供たちには諦めてもらいました。

「まさに外道」ww


◆それと、基本的に図柄はすべてネットにあるので、リアル店舗で購入する場合であっても、事前に決めておいた方が良いと思います。

店内には一応全部の図柄が収納されているファイルが3冊ほどあって、その場でチェックできますが、お店自体それほど広くないですし、気分的にもあせってしまうので。

せっかく30分で作ってもらえるのに、図柄を決めるのに15分も迷ってしまうというのは、何か間違うとるようなw←自分ガナー

今回は、ホントにお店に寄れると思ってなかったので、実は図柄も、ヨメの好みで決めてしまったという。


◆このハンコ、もちろんラッピングをしてもらえますし、出来上がった作品をそのまま送ってもらえるので、贈り物にも良さげ。

冒頭で触れたように、ホワイトデーのお返しにプレゼントしても良いかもしれません。

参考までに、紙袋に一緒に入っていたチラシと新聞の画像も載せておきます(いつもながら画像がアレでスイマセン)。

●チラシ表



●チラシ裏



●新聞(「伊藤製作所新聞」)




【関連記事】

【雑記】あの話題のはんこ屋にリアル店舗があった件(2011年11月03日)

【素敵!】『切手であそぶ絵封筒』ニシダシンヤ(2011年09月14日)

【文房具】「ハンコ・ベンリ」を買ってみました!(2009年03月09日)

【逸品?】ワンコインでプレゼントを作ってみました(2007年12月01日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「文房具その他ツール」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ

Posted by smoothfoxxx at 19:30
Comments(0)TrackBack(0)文房具その他ツールこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。