スポンサーリンク

2012年02月05日

【スピーチ】『口下手な人のためのスピーチ術』生島ヒロシ


口下手な人のためのスピーチ術 (ベスト新書)
口下手な人のためのスピーチ術 (ベスト新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、テレビやラジオでお馴染みのフリーアナウンサー・生島ヒロシさんのスピーチ指南本。

今でも「講演の直前はドキドキするし、緊張もする」という生島さんらしい、私たちでも実践できそうなTIPSが多々ありました。

アマゾンの内容紹介から。
口下手な人でも人前を避けてきた人でも、スピーチしなければならない時が来る。震災直後でも話さなければならなかった著者による、愛される話し方から、アガらないコツまでスピーチ術を指南する。

ビジネスシーンから冠婚葬祭まで、役立つことウケアイです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.大小2つのアンテナで聞き耳を立てさせる
 大きなアンテナというのは、世界の政治経済の流れとか、トレンドとか、聴衆の知らない世界で起きている話題とか、そんなことにちよっと触れることによって、へー、俺たちの知らないことを、この人は伝えてくれるな、と思うと、やはり、聞き耳を立ててくれる。
 また、小さいアンテナとは、コンビニの新しいお弁当とか、百円ショップで見つけた便利グッズなど、身近な情報を提供すると、興味深く聞き耳を立ててくれる。そう「いかに聞き耳を立てさせるか」、これがアウェイで話すときに、欠かせないポイントだ。


■2.その場に合わせたテンポとスピードを考える
 聴衆が若手のビジネスマンなら、テンポアップして、情報量を増やし、キーワードをたくさん言っていく。
 高齢者が多い場合は、スピードダウンをして、ゆったりと説明する。そうすると、理解度が上がるが、反面、情報量は減ることになる。このように聴衆を見て、ケースバイケースで、分けていくことが重要である。


■3.アガる人は「片鼻健康法」でリラックス
 呼吸法にはたくさんの種類があるが、心を安定させ、頭の働きをよくする効果があると言われている片鼻呼吸法が、スピーチ前には効果的だ。あまり聞きなれない呼吸法だが文字通り、片方の鼻だけで呼吸する方法で、もともとはヨガの呼吸法としても知られている。
 右手の指で右側の鼻をふさぐ。
 心が落ち着くぐらいを目安に、1、2、3、4と8ぐらいまで数えながら大きく息を吸い込み、今度は数えながらゆっくりと息を吐く。
 これを3回繰り返したら、左側の鼻をふさいで同じように行う。

(詳細は本書を)


■4.手を使ったボディランゲージの注意点
 絶対にしてはいけないタブーは、ポケットに手を突っ込むこと。そして演台がある場合、演台の端をつかんだり、肘をついたりするのもダメ。話し手がエラソーに見えるし、聞き手がバカにされているように感じてしまうからだ。両手は自分のわきに出して、ここぞという場面で効果的なジェスチャーとして使うといい。


■5.突然指名された時は「逆ピラミッド法」で対応
 逆ピラミッドというのは、起承転結という発想より、重要なことから優先して話していく考えだ。自分の中での優先順位を1、2、3、4、5とつける。重要なことから話を始めて、時間がなけれぱ、4と5の話は捨てる。起承転結できれいにまとめるより、一番大切な言葉から話すと、あとで、「あれも言えばよかった」と後悔することもない。


■6.言いたいことの補強はエピソードが効果的
 僕は、スピーチの核はエピソードだと思っている。
 例えば、結婚披露宴でスピーチをする場合、当時の主役である人との今日までの付き合いの中で、心の琴線に触れるような出来事が何回かあったはずだ。
 その人のちょっとした心遣いに接して「ああ、いい人だな」と思ったり、「一緒にいるととても楽しいな」と思ったことがあったはず。これは自分が実感したことだから、自分にしか語れないエピソードとなる。


■7.普段からネタを準備しておく
 とっさのスピーチで困ってしまうのは、
「何を話していいかとっさに思いつかない」
「アガってしまう」
 だいたい、この2つによるところが多い。大事なことはスピーチの材料を普段から準備し、話を完成させておくことに尽きる。つまり持ちネタである。
 持ちネタがあれば、とっさのとき、その場に応じて話をすることができる。体験談だから、感動を呼び起こすことも可能だ。
 考えてみると、自己紹介を含めた突然の指名は結構多いものだから、定番のスピーチをいくつか用意しておくべきだ。


【感想】

◆本書はタイトルに「口下手な人のための」とはありますが、正直、「口下手」に特化したコンテンツというワケではありませんでした。

というよりむしろ、ほぼすべてのビジネスパーソンが気を付けておくべきポイントの方が多い気がw

もっとも、「口下手」なのであれば、上記ポイントの最後にあるように、あらかじめいくつかネタを準備しておくべき。

生島さんの場合、ちょっとした集まりで予告なしでスピーチの指名を受けることが多くあるため、4つの話を用意しているのだそう(具体的には本書にて)。

プロでさえこうなのに、私たち素人が手ぶらで指名されたら、それはテンパってしまいます罠。


◆また良く言われているように、「自分の話ぶりを録音(録画)してチェックする」ことも、本書では推奨されています。

「声の大きさ、ピッチや抑揚、ペース、リズム、話の間、話し方の強弱」等々は、練習次第でレベルアップが可能ですし。

加えて、自分の話を文字に起こせば、「文章の論理性や分かりやすさ」も一目瞭然です。

確かに「スピーチが長い人」に限って、何を言ってるのか良く分からなかったりするものですし。

この辺は「口下手ではない人」の方が意外と危ない気がします。


◆一方、「なるほど確かに」と思ったのが「エピソードの重要性」。

思えば、ジョブズのスタンフォードでのスピーチもエピソードが満載でしたよね。



私も1度、大学のテニスサークルの後輩同士の披露宴でショートスピーチをしたことがありましたが、「新郎との試合で初めて負けた時」のエピソードに触れて「あの時私が勝っていたら、今日そこにいたのは私なのに残念です」とブチ上げたら、笑いが取れました。

……いえ、もちろん全然冗談なんですけど、話として面白いと思ったのでw

なお、こういった「エピソード紹介」は、「この部分が長いとスピーチ全体が長くなる」ので、出来る限り凝縮せよ、とのこと。

スピーチは「長くてクレームが来る」ことはあっても「短くてクレームが来ることはない」のですから、意識したいものです。


◆ちなみに本書では、第4章と第5章でスピーチの文例を多数収録。

第4章は「イレギュラー・スピーチ」としてお通夜や弔事の挨拶等、第5章は「フォーマル・スピーチ」として披露宴や会社行事等がそのテーマになります。

この辺は、ぶっちゃけ生島さんご本人が文面を考えたとは思えないのですが、文例集として手許に置いておくと便利かも。

こうした「備え」をしておいてこそ、「口下手」でもスピーチに対応できるようになるワケですから。


スピーチで「デキる!」と思わせたいなら!

口下手な人のためのスピーチ術 (ベスト新書)
口下手な人のためのスピーチ術 (ベスト新書)
第1章 自分らしく話していますか?
第2章 聞き手が心を開いてくれるようにはじめよう!
第3章 どんなシーンでも使える「スピーチ・テキスト」作成法
第4章 とっさのときほど出る「イレギュラー・スピーチ」のテクニック
第5章 さすがと思われる「フォーマル・スピーチ」のコンセプト
第6章 身体で覚えていく「コミュニケーション・スピーチ」


【関連記事】

【奥義?】『スピーチの奥義』寺澤芳男(2011年05月19日)

【スピーチテク】『スピーチの天才100人』から選んだ10のTIPS(2010年11月01日)

【プレゼン】「伝える技術50のヒント」を読んで知った7つのコツ(2009年08月29日)

【テク満載!】ブライアン・トレーシーの 話し方入門(2008年08月03日)

【話し上手】「話し上手の法則」田中省三(2008年03月04日)


【編集後記】

◆気になる新刊情報を。

同業の弁護士から「どうしてそんなに仕事ができるの」 と言われる私の5つの仕事術
同業の弁護士から「どうしてそんなに仕事ができるの」 と言われる私の5つの仕事術

弁護士さんは時間単価が高いですから、その仕事術も要注目ですね!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「プレゼンテーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)プレゼンテーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51994097