スポンサーリンク

2012年02月01日

【Amazon】このブログでの人気本(2012年01月ランキング)





【はじめに】

◆今日お送りするのは、2012年最初の当ブログにおける「アマゾンアソシエイト売上ランキング」。

参考までに、当ブログの過去3ヶ月の各月のランキングを。

2011年12月分

2011年11月分

2011年10月分

今回は記事がホッテントリ入りしたアノ本が、1位を獲得しました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!





【売上ランキング】

第20位

日産 驚異の会議 改革の10年が生み落としたノウハウ
日産 驚異の会議 改革の10年が生み落としたノウハウ

◆昨年3月の震災後、大手自動車会社の中で、最も速やかに生産体制が復旧した日産。

その秘密は、日頃から行われている会議にあったことが分かる、注目の1冊です!

参考記事:【ゴーン流!?】『日産 驚異の会議 改革の10年が生み落としたノウハウ』漆原次郎(2011年12月30日)


第19位

口説きの技術---恋愛駆け引きの極意
口説きの技術---恋愛駆け引きの極意

◆草加大介さん久々の新作が、先月に続いてランクイン。

口説くのが苦手な方は、まずは本書のような「マニュアルタイプ」から試してみるとよいかもしれません。

参考記事:【モテマニュアル?】『口説きの技術---恋愛駆け引きの極意』草加大介(2011年12月24日)


第18位

たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック
たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック

2011年年間ランキングのおかげで、かつての人気本が復活!

世間的にはあまり話題にもなってませんが、この本のクオリティはなかなかのものだと思います。

参考記事:【話し方】「たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック」アラン・ガーナー(2010年06月06日)


第17位

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~
25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~

本田直之さんの新作も、しっかりランクに食い込んでおります。

プロデューサー気質の似たもの同士によるコラボレーションは、ほとんど違和感ありませんでしたw

参考記事:【一石多鳥?】『25歳からのひとりコングロマリットという働き方』おち まさと,本田 直之(2012年01月25日)


第16位

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

◆先月出た新刊効果で、5年ちょっと前の旧作が見事にランクイン。

もちろんこの本も50万部突破した「大ベストセラー」ですから、まだの方は要チェックです!

参考記事:『脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める』築山 節


第15位

練習しないで、字がうまくなる!
練習しないで、字がうまくなる!

◆紹介記事が年末だったこともあり、お買い上げが1月にずれこんでいたのかもしれない1冊。

本書を参考に、私は手紙用のボールペンを買いなおしました!

参考記事:東大教授も知らない『練習しないで、字がうまくなる!』の秘密(2011年12月25日)


第14位

稼いでいる人が20代からしてきたこと
稼いでいる人が20代からしてきたこと

◆タイトルから予想される怪しさとはまったく無縁の真っ当な1冊。

この本がお買い上げ頂いたのも、年間ランキングの影響が大きいかと。

参考記事:社会人なら押さえておきたい『稼いでいる人が20代からしてきたこと』(2011年01月23日)


第13位

アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】
アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】

◆さすがに昨年度の年間1位の作品だけあって、年間ランキング発表から多くの方にお買い上げ頂いております。

私自身、事例の多さには圧倒されました。

参考記事:マッキンゼーが選んだ『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』の10個の原則(2011年06月23日)


第12位

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

◆当ブログのモテ本の中でも、最も「定番」と呼ぶにふさわしい名著。

全てのモテ本の中で、まず最初に読んで欲しい1冊です。

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)


第11位

変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと
変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと

◆メルマガ『平成進化論』でお馴染みの、鮒谷周史さん5年半ぶりの新作。

途方もない量の出会いや学びから抽出されたコンテンツが、この1冊に詰まっています!

参考記事:【オススメ】『変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと』鮒谷周史(2012年01月07日)


第10位

受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)
受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)

◆大昔に当ブログでもご紹介した『最新脳科学が教える 高校生の勉強法』の加筆修正版。

高校生のみならず、社会人の資格試験の勉強にも役立つ1冊です!

参考記事:【オススメ】『受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法』池谷裕二(2011年12月09日)


第9位

2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)
2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)

◆まだキチンとご紹介していないにもかかわらず、すでにベスト10内に入る売れ行きを見せている神田昌典さんの新作。

何やら丸善オアゾ店では、「1000冊超え」というウワサですw

参考記事:【新刊チェック】聖幸さんとリアル書店を覗いてきました(2012年1月)(2012年01月19日)


第8位

男は女で修行する。 ~ビジネス運を上げる60の法則~ (だいわ文庫)
男は女で修行する。 ~ビジネス運を上げる60の法則~ (だいわ文庫)

◆「モテ著者」中谷彰宏さんの2002年の本の文庫化。

「デキる男」になって、中谷さんのようにモテモテになりたいものです(遠い目)。

参考記事:【モテビジ?】『男は女で修行する。』に学ぶモテるための7つの考え方(2012年01月10日)


第7位

ハリウッド流☆モテる技術
ハリウッド流☆モテる技術

◆米国風「モテテク」をマックス桐島さんが、日本人向けにアレンジした1冊。

タイトルをちょっとひねりすぎたのですが、おかげさまで当ブログでは人気でした!

参考記事:リア充による『ハリウッド流☆モテる技術』の逆差別を糾弾せよ(2012年01月16日)


第6位

課長になれない人の特徴 (PHP新書)
課長になれない人の特徴 (PHP新書)

◆タイトルからは、「ビジネス書風エッセイ」的な安易な作りを想定した(失礼!)のですが、思ったよりも深くて付箋貼りまくり!

「ひたすら頑張れば出世できる」と思ってる方は必読かと。

参考記事:【出世作法】『課長になれない人の特徴』に学ぶ7つの出世のコツ(2012年01月20日)


第5位

プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術
プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術

◆何と3ヶ月連続でランクイン、しかも1月はベスト5に入った俣野成敏さんのデビュー作。

当ブログのみならず、リアル書店でもよくプッシュされてます!

参考記事:完全『プロフェッショナルサラリーマン』マニュアル 改訂版(2011年11月14日)


第4位

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!
図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

◆2011年年間ランキングでは3位だった、当ブログではお馴染みの勉強本。

果たして2012年度も健闘するのか否か!?

参考記事:<【記憶&速読】「図解超高速勉強法」椋木修三/A>(2008年05月04日)


第3位

脳が冴える勉強法―覚醒を高め、思考を整える (NHK出版新書 369)
脳が冴える勉強法―覚醒を高め、思考を整える (NHK出版新書 369)

◆50万部を突破した『脳が冴える15の習慣』でお馴染みの、築山 節先生の最新作。

『脳が冴える15の習慣』のコンテンツを、より「勉強法」に特化した内容となっています。

参考記事:【脳を整える?】『脳が冴える勉強法―覚醒を高め、思考を整える』築山 節(2012年01月11日)


第2位

成毛眞の超訳・君主論 (メディアファクトリー新書)
成毛眞の超訳・君主論 (メディアファクトリー新書)

◆成毛眞さんが、マキアヴェッリの『君主論』をアレンジした興味深い1冊。

なるほど、成毛さんは現代のマキアヴェッリだったのかw

参考記事:【成毛流】『成毛眞の超訳・君主論』(2012年01月06日)


第1位

「先延ばし」にしない技術
「先延ばし」にしない技術

◆見事1位となったのは、下記参考記事がはてブ700超となったこの本でした。

個人的にも、この手の作品の中ではピカイチだと思います。

参考記事:ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『「先延ばし」にしない技術』の真実(2012年01月09日)


【感想】

◆12月と比べると、1月は「大健闘」しました。

まず、注文数は過去1年間では最多。

売上金額も景気が良かった頃には及ばないものの、久しぶりにかなり好調でした。

その大きな理由は、検索エンジンで評価されるようになったこと。

1月の5日頃からなんですけど、書名でググって1ページ目に出ることが多くなりました。

これ、当たり前のようですけど、実は当ブログでは過去4年以上ありえなかったことでしてw


◆もちろん1位となった『「先延ばし」にしない技術』は、あくまではてブ人気記事となったのが原因(しかもこの本は何故かググっても記事が上に来ないw)ですし、上位の本も検索経由というより、当ブログの読者さんが記事をご覧になってお買い求め下さったのだと思います。

ただ、トータルで見て「過去1年で最高」の数字の割には、今回の20冊の総売上数は、通常月とあまり変わってないという。

この辺はやはり、検索エンジン経由で過去の記事にアクセスしてお買い求め下さった方が結構いらっしゃったからではないかな、と。

まー、このブログも8年目に突入し、一貫して本ばかり紹介しているので、むしろこの方が自然なんでしょうがw


◆それ以外の傾向としては、まずは年間ランキングが発表されたことにより、そちらからの流入が多かったです。

13位、14位、18位あたりはそうですし、4位の本は定番とは言え、2008年に紹介して、さすがにこの順位はないでしょうw

また、年末年始を挟んでまとめ系の記事が多かったせいか、12月にご紹介した本がそのまま居座っていたりとか。

この件も、本来であれば記事数を増やして対応すべきだったところ、今年の1月は例年より本業が多忙で、対応しきれませんでした(反省)。


◆それでも今までなら「今日の朝の記事はアクセス少なかったから、夜に何か書こうか」となったのでしょうが、なまじ検索経由でのアクセスが多いので、ブログ全体でのアクセス数は、自分的なノルマを達成してしまうのが怖いところ。

ただ、検索エンジンからも、いつまた嫌われるか分からないので、気を引き締めて参りたいと思います。

そして水面下では、いよいよ「ブログの背景を白くする」プロジェクトが始動か!?

毎年同じこと言ってますが、「2012年は絶対背景を白くします!」←宣言w


皆さま、引き続きよろしくお願い申し上げます!


【編集後記】

◆ちょっと気になる本。

世界で勝負する仕事術 (幻冬舎新書)
世界で勝負する仕事術 (幻冬舎新書)

ITエンジニアさんのお話らしいのですが、タイトルからしてカッコイイですw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51993343
この記事へのコメント
ごぶさたしております。幻冬舎の小木田です。『世界で勝負する仕事術』、担当しました。
東芝でフラッシュメモリを開発したエンジニアの奮戦記です。ふつうのビジネス書とはかなり毛色が変わっていますが、ドラマチックでおもしろいです。本当。ぜひ読んで読んでw
Posted by 小木田順子 at 2012年02月02日 13:04
>小木田順子さん

こちらこそ、ご無沙汰しております。
おー!あの本、小木田さんがご担当でしたか〜!
了解しました。
今度チェックさせて頂きます!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2012年02月03日 03:43