スポンサーリンク

2012年01月31日

【10選】『こだわり文房具』から選んだ気になる文具10選


こだわり文房具 (エイムック 2326)
こだわり文房具 (エイムック 2326)


【本の概要】

◆今日は眺めているだけでも楽しい文房具本をご紹介。

ムックだけあって、カラー写真オンリーで、心癒されることウケアイですw

内容的には、下記目次のように、「こだわり文具」がテーマなのですが、今回は451ものグッズが紹介されているカタログパートを中心に、気になる文具を10個ほど選んでみました。

それにしても、次から次へと新製品が出てくるものですね〜!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【気になる文具10選】

■1.MoMA スカルプチュアルシザーズ

◆見た目もクールな「右利き/左利き」どちらも使えるハサミ。



こんなユニバーサルデザインなハサミなのに、切れ味も抜群とのこと。


■2.パーカー プリミエ ブラックエディション ボールペン

◆『パーカー』史上初となるブラック・フルボディが特徴のボールペン。

パーカー ボールペン プリミエ ブラックエディション S1112373P
パーカー ボールペン プリミエ ブラックエディション S1112373P

服から持ち物まで黒の多い私にはぴったりの逸品!

……アマゾンでは「30%OFF」なんですが、もうちょっと安ければw


■3.タイムセーバー ボールペン

◆画像だと分かりにくいのですが、軸の両端が赤と黒のペン先になっているボールペン。

OSTRICH/オーストリッチ 【誰もが驚く書き味】 タイムセーバー セラミック ボールペン 【ボディーカラー:ブラック】
OSTRICH/オーストリッチ 【誰もが驚く書き味】 タイムセーバー セラミック ボールペン 【ボディーカラー:ブラック】

本書によると「乾燥しにくいインクで、なめらかな書き味」とのこと。

赤のボディカラーもアリ。


■4.グリーティングライフ ダブルクリップセット パンダ

◆さまざまな「パンダ柄」のダブルクリップのセット。

グリーティングライフ ダブルクリップセット パンダ
グリーティングライフ ダブルクリップセット パンダ

アマゾンで品切れのようなので、楽天で漁ってみたところ、実は同じシリーズで他の製品があることも判明!




■5.CANSAY NUboard

◆持ち運びが簡単な、リングノート式のホワイトボード。

ノート型ホワイトボード NUboard (A4変型)
ノート型ホワイトボード NUboard (A4変型)

ライフハッカーさんでも昨年暮れに取り上げられてたんですね。

屋外でも即興ブレスト会議! リングノートタイプのホワイトボード「NUboard(ヌーボード)」 : ライフハッカー[日本版]

ちなみに、中の紙だけでも売ってるようですw

紙製のホワイトボード 消せる紙 A4判 (8枚入り)
紙製のホワイトボード 消せる紙 A4判 (8枚入り)


■6.PENCO 3ポケットファイル

◆カラフルな3ポケットのクリアファイル。


曲線ごとに書類を3つに分けられる仕様となっています。

ちょっとしたプレゼントに良さげ。


■7.KUDAMEMO りんご

◆なるほど確かに「3D」なメモ帳w

フルーツメモ リンゴ
フルーツメモ リンゴ

他に洋ナシも紹介されていました。

ちなみに、本書内で価格が「各1,890円」となっているのは誤植かと。

120205追記:誤植ではなく正規版はこのお値段でしたので、アマゾンのリンクごと差し替えました。


■8.ドリーミィーパーソン ラバーバンドホルダー HOOP

◆「絡まない」仕組みの輪ゴムホルダー。


職人さんが1つひとつ削り出して作るのだそう。

「絶対に絡まない」とのウワサらしいので、気になっております。


■9.ぺんてる 筆touchサインペン

全11色の筆ペン式のサインペン。

筆touch(タッチ)サインペン【スカイブルー】 SES15C-S
筆touch(タッチ)サインペン【スカイブルー】 SES15C-S

筆ペンというと「黒」というイメージがありましたが、なるほどこれはユニーク。

本書によると「赤と黒を1本ずつ持っていると何かと便利」だそう。


■10.ミドリ カッター<ミニ>

◆小さなサイズながら、両利きに対応したユニバーサルデザインのカッター。

CL カッター<ミニ>【ピンク】 35050-006
CL カッター<ミニ>【ピンク】 35050-006

色は3色ある模様。

ペンケースに1つ入れときたいですね。


【おわりに】

◆今回はカタログページから、カタログ的に10個選んでしまいましたが、本来本書のキモは第1章の「達人が教える、こだわり文具コーディネート」にあるかと思われ。

登場する面子もひと癖もふた癖もありそうな……?
・フリーアナウンサー 堤信子さん
・代官山 蔦屋書店 上田元治さん
・イラストレーター 松尾ミユキさん
・電通コピーライター 橋本新さん/堀越富美子さん/傍島篤夫さん/三島邦彦さん/小郷拓良さん etc
いつものアソシエに登場するようなラインナップとはちょっと違います(電通ばかり5人も登場するのはアレですがw)。





また、それに続く定番文房具の美しい写真にもウットリ……。



……相変わらず私のPHSのカメラがアレなので微妙な感じですがw


◆文房具ネタの本は、単行本からムック、さらには雑誌での特集と色々出ております。

それぞれ特徴というか傾向があるのですが、本書の場合はタイトル通り「こだわり」を感じさせるものが多かった気が。

それは使う人のこだわりであったり、作る人のこだわりであったり。

例えば画像が使いにくいんで1つしか載せませんでしたが、デザインにこだわるMoMAのグッズが結構登場していたのが印象的でした。


文房具好きなら押さえておきたい1冊!

こだわり文房具 (エイムック 2326)
こだわり文房具 (エイムック 2326)
●達人が教える、こだわり文具コーディネート
●いつまでの愛され続ける定番の文房具
● ONにもOFFにも大活躍!キモチに応える、文房具カタログ451
●拝見!店主こだわりの愛着文房具
●テーマで選ぶ文具コーディネート


【関連記事】

【文房具10選】『仕事の整理術』から選んだ「おすすめ整理グッズ」10選(2011年12月18日)

【10選】『最強の文具活用術』から選んだスグレ文房具10選(2011年11月23日)

【10選】『最強の文房具394』から選んだ注目のガジェット10選(2011年07月17日)

【文房具15選】『デキる課長のスキルアップ文房具』はタイトルはアレだが中身はスゴいでござるの巻(2011年03月30日)

【文房具】『[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術』から選んだ文房具10選(2011年01月30日)

【スゴ本】『すごい文房具』から選んだ文具10選(2010年10月18日)


【編集後記】

◆小室淑恵さん監修の1冊。

全員成果を出して定時で帰る会社の - 毎日楽しく働く秘訣
全員成果を出して定時で帰る会社の - 毎日楽しく働く秘訣

その小室さんの「成功ノウハウやエピソードが満載」だそうです!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「文房具その他ツール」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(0)文房具その他ツールこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51993145
この記事へのコメント
本家のリンゴメモ帳(KUDAMEMO)は1890円で、誤植では無いですー。
Amazonのは模倣品ですね
Posted by 京 at 2012年02月04日 16:32
>京さん

コメントありがとうございました。
おっしゃるように正規版だとこのお値段なんですね(汗)。
ご指摘ありがとうございました。
さっそく差し替えさせて頂きました!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2012年02月05日 02:25