スポンサーリンク

2012年01月28日

20代で知っておくべき『「見えてる人」になるたった1つの法則』のこと


「見えてる人」になるたった1つの法則
「見えてる人」になるたった1つの法則


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、米国の人気作家で世界的なマーケッターでもあるセス・ゴーディンの最新作。

ただ本書は、マーケティング本とは異なり、自己啓発色の強い1冊となっています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
どうすれば「今すぐ、行動する人」になれるのか。そうなることで、どんな素晴らしい人生が開けるのか。
新しいことを始めるリスクや恐怖をいかに克服するか……。
そんなグローバル時代の生き方・働き方の本質を、具体的なエピソードとともに説いた、アクティブでポジティブでパワフルな自己啓発書。

私のように「実践しない人」には、なかなかに耳イタイ内容でした!

なおタイトルは、伝家の宝刀(?)「ホッテントリメーカー」作であります。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.外野を気にしない
 あなたがたくさんの新しい物事を始めると、周囲の人は、その仕事の品質は? とか、将来性は? などを、頼みもしないのに心配してくれるだろう。
 もしそうなら、かえってその仕事は成功するに違いない。
 外野はいつもそうだ。人を批判するのは楽しいことだから。
 世の中になかったまったく新しい仕事をどんどん推し進め、社会にとって有益な事業を、どんどん開拓していけばいい。


■2.ありきたりを受け入れない
 高いお金を払ってでも食べたいと思うメニューがあるレストランはとても少ない。
 これならしっかり税金を払ってあげよう、と思える課税政策など、まずあり得ない。
 どうしてだろう。
 どうも僕たちは、壊れてさえいなければよしとして、あまりにも多くのありきたりな製品やサービス、組織を受け入れてしまってはいないだろうか。

 壊れているものを修理するのは当然だが、より大切なことは(もちろんやるのは難しいが)、ありきたりを排するエネルギーと意志だ。


■3.自身で選び、自ら始める
 いわれたことを一所懸命やることが、エクセレントなのではない。
 やる価値かあると自分で決めたことを、自ら始めることこそ、エクセレントなのだ。


 これは、時間や行動管理に関するまったく新しい提言だ。
 操業ラインで仕事をするリーダーにとっても、官僚機構で働く官吏にとっても、またすべての組織の上長といわれる人たちにとっても。
 個人に対して今こそ必要なこと、すなわち、自身で選び、自ら始める。
 トム(・ピーターズ)はそれを言い続けている。


■4.アイデアだけの人は、仕事をしているとは言えない
 アイデアだけで終わってしまう人は、能力を見せびらかして、単なる時間の無駄遣いをしているに等しい。口先だけの人だ。
 それは、一所懸命に製品をつくってはいるものの、結局市場に投入しないという企業と同じだ。
 僕には本当に信じられない。

 市場に出荷しなければ、製品やサービスは存在しないことと同じ。
 そして、いったん出されれば、必ず市場や顧客から評価を受けることになる。
 その評価がないなら、それは単なる趣味の域を出ず、仕事とは呼べない。


■5.始める前に評価を気にしない
 原稿を書くというのは、僕にとってなかなか骨の折れる仕事だ。
 最終的に原稿を書き終えて、書籍として発表することで、僕の主張は批判されたり、共感を呼んだりしつつ、広がっていく。
 そこまできてようやく僕の仕事は終わる。

 大切なことは、書くこと自体に集中することで、書いた後に何が起こるかを(書く前から)心配することではない。


■6.成功の陰には常に失敗がある
 あなたがこれまで一度も失敗したことがないなら、とてもラッキーな人だといえる。
 あるいは、大変失礼な言い方を許してもらえるなら、実は今まで、一度も何かを自ら始めた経験がないだけではないだろうか。

 あなたがこれまで成功続きであったとしたら、そろそろ失敗のしどきだ。
 失敗、成功、そして失敗、失敗、失敗、その次にやっと成功、これが普通だ。
 誰でもいいから、成功していると思う人と話してみるといい。
 喜んで、過去の多くの失敗話をしてくれるだろう。


■7.ナイキの"just do it"の"just"の真意
 アイデアはあっても、それを皆にシェアしない限り、何かを始めたことにはならない。
 アイデアを説明して理解してもらうには、それ相当の力量も必要だから、それができていないうちは始めたことにはならないのだ。

 スポーツの場合も、トレーニングしているだけでは始めたことにならない。
 トレーニングをやり続けて、それが習慣になるくらいになって初めて、ようやく上達するためのスタート地点に立てたようなものだ。

 もうおわかりだろう。
 アクションを起こし、やり続け、そして次のアクションステップに移れるかどうかは、あなた次第なのだ。


【感想】

◆「口先だけでやらない人」というのは、日本人の特性かと思いきや、どうもかの国でもそのようで、本書はほぼ全編に渡って、「実行せよ」のオンパレード。

上記では挙げませんでしたが、子どもが「補助輪なし自転車に乗れるようになりたがらない理由」をあれこれ言い連ねたとしても、それは結局「単に怖いだけ」であるように、色々な理屈をつけるな、と。

ひたすらブログでノウハウだけを紹介して、ほとんど何もやらないワタクシ、「涙目の巻」であります。

まぁ、もともと自己啓発書に書かれている内容は似たようなものが多く、本気でやるなら読書なんてするな、となりかねないので、書評系ブロガーとしては「実践を犠牲にしても本をご紹介しなくてはならない」……と言ってみるテスト。


◆ちなみに巻末で簡単に触れられているのですが、本書は、アマゾンとセス・ゴーディンが立ち上げた「ドミノ・プロジェクト」の第1作なのだそう。

Domino Project―ベストセラー著者のセス・ゴディンとAmazonの新たな出版ビジネス
Amazonの協力を得て運営される直接出版プラットフォーム。入稿後6週間でハードカバー、ペーパーバック、Kindle版が出版可能。当初は「イノベーションに役立つアイディア」を盛り込んだ短いエッセイを中心とする。出版費用等は未定。
なるほど、あらかじめ「短いエッセイを中心とする」という制約があったので、本書も翻訳書にしては、比較的薄めだったのかと。

一応、洋書版では、このようなバージョンもすでに販売されています(さすがにKindle版はないですが)。

Poke the Box
Poke the Box (ハードカバー)

Poke the Box
Poke the Box [MP3 CD]

Poke the Box
Poke the Box [Audiobook] [CD]


◆それを踏まえて本書を読むと、また違った受け取り方ができる気が。

よりによって大事なプロジェクトの1冊目にこういうテーマを持ってくるとは、まだ本を出したことのない著者志望の人に

「YOU!、書いちゃいなYO!」

と呼びかけている気がするのですが、考えすぎでしょうかw?

以前読んだこの本が、いよいよ現実味を帯びてきたというか……。

私にはもう出版社はいらない~キンドル・POD・セルフパブリッシングでベストセラーを作る方法~
私にはもう出版社はいらない~キンドル・POD・セルフパブリッシングでベストセラーを作る方法~

参考記事:【アマゾン攻略法】「私にはもう出版社はいらない」は業界関係者必読な件(2010年06月13日)


◆そこまで深読み(?)しなくとも、本書は興味深いエピソードが多々。

ネタバレを自重して割愛しておりますが、小見出しから拾うとこんなところが。

●お金よりも人脈よりも大切な資本

●ジグ・ジグラーの最高の教え

●グーグルとヤフー。なぜこんなに差がついたのか

●フォードのプロジェクト vs アップルのプロジェクト

●スターバックス第1号店の失敗

●ブーイングを浴びた後のボブ・ディラン


立ち読みで済ませるには、ちょっと量が多いですかねw?


やる気にさせる1冊!

「見えてる人」になるたった1つの法則
「見えてる人」になるたった1つの法則
解説●今すぐ始めて、突き抜けよう!(佐藤可士和)
STEP1●扉を開けよう。あなたの番がやってきた。
STEP2●変化する者だけが抜け出せる。
STEP3●グーグルは決して昼寝をしない。
STEP4●人生も仕事も自分でコントロールしよう。
STEP5●これからのイノベーション。
STEP6●スターバックスの「失敗の成功」。
STEP7●始めたからには遂行あるのみ。
STEP8●ブーイングを浴びた後のボブ・ディラン
STEP9●楽しくなければ仕事じゃない。
STEP10●先駆けて、主導権を握る。
STEP11●始めることを習慣化する。
LAST STEP●今すぐ、実行!


【関連記事】

【"かなめ"になる】『「新しい働き方」ができる人の時代』セス・ゴーディン(著)神田昌典(監訳)(2011年07月01日)

【脱常識】「33人の否常識」セス・ゴーディン他(2008年02月07日)

【一石多鳥?】『25歳からのひとりコングロマリットという働き方』おち まさと,本田 直之(2012年01月25日)

【163のヒント】『エクセレントな仕事人になれ!』トム・ピーターズ(2011年10月04日)

【好きを極める】「才能を引き出すエレメントの法則」ケン・ロビンソン&ルー・アロニカ (著), 金森 重樹 (監修)(2009年08月04日)


【編集後記】

◆アマゾンのオススメに挙げられていて、つい買ってしまいました。

コンタクト 特別版 [DVD]
コンタクト 特別版 [DVD]

先日記事にも書いたように、元々好きだったのに加えて、アマゾンで激安だったものでw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51992451