スポンサーリンク

2012年01月14日

【動画アリ】『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』を片手にジョブズのプレゼン動画を見ました


スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン―聞き手の心をつかむストーリーと50表現



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「ジョブズ流プレゼン」を英語表現の観点から分析した1冊。

何でもジョブズのプレゼンからは、学ぶべき表現が50あるのだそう。

当初、英語が苦手な私には「ハードル高杉」と思ったのですが、実際にジョブズのプレゼンを解説してもらうと、意外と真似できそうなフレーズもありました。

そこで今回は、本書に書き起こしが収録されているiPhone発表時のプレゼンから、ポイントを7つご紹介。

YouTubeにアップされている動画から、その部分を探してきましたので、併せてご覧ください。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.魅力的な報告で盛り上げる
Well, I'm pleased to report that now, in the U.S., Macs are selling through all channels; over half of them are being sold to people who have never owned a Mac before.

さて、うれしい報告がある。アメリカでは、Macはあらゆるルートを通して販売されているけれど、その半数以上が今までMacを買ったことがない人たちに売れているんだ。



■2.3点ルールで示す
The first one is a widescreen iPod with touch controls.
The second is a revolutionary mobile phone.
And the third is a breakthrough Internet communications device.

最初に、タッチコントロール式のワイドスクリーンiPod。
2つ目に革命的な携帯電話。
3つ目に画期的なインターネット・コミュニケーション・デバイスだ。



■3.問題点を提示する
The problem is that they're not so smart and they're not so easy to use.

問題は、これら(スマートフォン)はあんまリスマートでも、使いやすくもないことだ。



■4.細部を突き詰める方向に誘導する
So how are we going to take this to a mobde device?

では、どうやってこれをモバイル機器に使うか?



■5.デモへ誘導する
So rather than talk about this some more, let me show it to you.

じゃあ、これ以上説明するよりも、製品をお見せしよう。



■6.賛同を得る
I think when you have a chance to get your hands on it, you'll agree we have reinvented the phone.

手にとる機会があったら、きっと納得してもらえると思う。私たちが電話を再発明したってことを。



■7.アナロジー 身近なものにたとえる
iPhone is like having your life in your pocket.

iPhoneは、まるで生活をポケットに入れているみたいなものだ。



【感想】

◆本書で紹介されている50の表現は、全てがこの「Macworld San Francisco 2007 Keynote Address」からのものではないものの、冒頭で申しあげたように、この2007年のプレゼンだけは、巻末に原文とその対訳が掲載されているため、今般利用させてもらいました。



こんな感じで、左ページに原文、右ページに対訳が。

そして、50表現に該当する部分は色が変わっており、具体的に何番目のものかも明記されているという。

これはじっくり読み込めば、かなり勉強になりそうな。


◆また、あのスタンフォード大学卒業式の祝辞も、同様に原文と対訳を収録。



この書き起こしと対訳だけでも、本書を持ってる価値があるかと。

ただ、こちらは上記プレゼンほどビジネスライクではないせいか、50の表現はそれほど頻出していませんでした。


◆さらに「付録1」として、「自己紹介、会社紹介、質疑応答、トラブル時の場つなぎ」と題した、英語の例文を多数収録。

「付録2」でも「プレゼンの慣用句、数字、グラフ、役職名」という英語表現のアンチョコがw

この辺は、ジョブズは関係ないものの、英語でプレゼンをする方、もしくは「これからやりたい」という方にはマストだと思われ。

もちろんお目当ての50表現も、ジョブズのフレーズだけでなく、その応用例もしっかり掲載されていますので、ご安心を。


ジョブズのプレゼンが身近に感じられる1冊!

スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン―聞き手の心をつかむストーリーと50表現
スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン―聞き手の心をつかむストーリーと50表現
はじめに
スティーブ・ジョブズの英語プレゼンを解剖!
スティーブ・ジョブズの50表現
50表現の流れをもう一度つかもう
伝説のプレゼン、感動のスピーチで実感!
 iPhone発表のプレゼン
 スタンフォード大学卒業式の祝辞
付録1 自己紹介、会社紹介、質疑応答、トラブル時の場つなぎ
付録2 プレゼンの慣用句、数字、グラフ、役職名
参考資料


【関連記事】

【スゴ本】『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』カーマイン・ガロ(2010年07月11日)

【スゴ本再び】『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則』カーマイン・ガロ(2011年06月27日)

【神話完結】『スティーブ・ジョブズ II』ウォルター・アイザックソン(2011年11月03日)

【速報】『スティーブ・ジョブズ I』が想像以上に濃厚だった件(2011年10月25日)


【編集後記】

昨日の記事でご紹介し損ねた1冊。

あんぽん 孫正義伝
あんぽん 孫正義伝

この方もジョブズ並みに個性が強いので、面白そうです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「プレゼンテーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)プレゼンテーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51989460