スポンサーリンク

2011年12月26日

【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2011】


BRUTUS特別編集 合本・真似のできない仕事術 (マガジンハウスムック)


【はじめに】

◆今日お送りするのは、昨年、一昨年と行っている「今年1年を振り返る」企画。

まずは、当ブログで最も記事数が多いと思われる「仕事術本」をまとめてみたいと思います。

参考記事:【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2010】:マインドマップ的読書感想文 【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2010】:マインドマップ的読書感想文(2010年12月26日)

ただ売上順に並べてしまうと、年間ランキングが推測されてしまうので、今回も従前と同じく「記事を投稿した順」に列挙。

そして今回も、「月間ランキングに登場した分のみ」でご紹介してみます。

それでは全20冊、ご覧ください!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【2011年に人気だった仕事術本20冊】

P&G式伝える技術 徹底する力―コミュニケーションが170年の成長を支える (朝日新書)
P&G式伝える技術 徹底する力―コミュニケーションが170年の成長を支える (朝日新書)

◆「はてブ900超」の人気記事から。

実はこの本、2011年の年間ベストを争っている1冊なんですが、去年の1月にご紹介していたんですね〜w

参考記事:【P&Gの秘密!?】P&G社員が優秀と言われる5つの理由(2011年01月16日)


CIRCUS (サーカス) 2011年 03月号 [雑誌]
CIRCUS (サーカス) 2011年 03月号 [雑誌]

◆雑誌『CIRCUS』も「やればできる子」でした。

アソシエと比べても遜色ない仕事術の特集に、正直ビックリです。

参考記事:【仕事術】「結果を出す人のスピード仕事術」@『CIRCUS』がなかなかやりおる件(2011年02月11日)


ラクに勝ち続ける働き方
ラクに勝ち続ける働き方

◆こちらの紹介記事も「はてブ700超」と大人気!

この大きさの単行本が1000円というのは、幻冬舎さんは、さすがお上手だな、と。

参考記事:現役東大生もびっくり 驚愕の『ラクに勝ち続ける働き方』(2011年02月25日)


死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉
死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

◆「言葉」と言いつつも、結局は「いかに働くか」ということに他なりません。

タイトルには「20代」とありますが、40代後半の私が読んでも得るところが多い1冊でした。

参考記事:【Amazonキャンペーン有】『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』千田琢哉(2011年04月11日)


仕事で成長し続ける52の法則
仕事で成長し続ける52の法則

◆こちらの記事に至っては「はてブ1000超」!

アソシエ連載をまとめた、和田裕美さんの仕事術本です。

参考記事:東大教授もびっくり 驚愕の『仕事で成長し続ける52の法則』(2011年05月07日)


入社1年目の教科書
入社1年目の教科書

◆ライフネット生命の岩瀬大輔さんによる仕事術のご本。

新人向けだけあって、奇をてらったところもなく、多くの方が実践できる内容だと思います。

参考記事:【仕事術】『入社1年目の教科書』岩瀬大輔(2011年05月22日)


官僚に学ぶ仕事術 ~最小のインプットで最良のアウトプットを実現する霞が関流テクニック~ (マイコミ新書)
官僚に学ぶ仕事術 ~最小のインプットで最良のアウトプットを実現する霞が関流テクニック~ (マイコミ新書)

◆こちらの本、リアル書店でもやたらと平積みになってましたし、かなり売れている模様。

官僚の業務内容的にも「与えられた仕事を速くこなす」スキルは身に付きそうな気がw

参考記事:【霞が関流?】『官僚に学ぶ仕事術 〜最小のインプットで最良のアウトプットを実現する霞が関流テクニック〜』久保田 崇(2011年05月25日)


プロフェッショナルコンサルティング
プロフェッショナルコンサルティング

◆日本でも有数のコンサルさんお二人による対談本。

すぐに使えるノウハウ集ではありませんが、読んでおくと絶対タメになること間違いなしです!

参考記事:【スゴ本】『プロフェッショナルコンサルティング』波頭 亮,冨山和彦(2011年05月31日)


外資で結果を出せる人 出せない人
外資で結果を出せる人 出せない人

◆思えば2011年は色々な「外資本」が出版されました。

本書はそんな中の1冊で、日本オラクルやアップルジャパンを率いた山元賢治さんによるものです。

参考記事:【外資で働く?】『外資で結果を出せる人 出せない人』山元賢治(2011年06月05日)


奇跡の仕事術―自分の仕事をマネジメントする
奇跡の仕事術―自分の仕事をマネジメントする

◆15年以上前の作品なのですが、装丁とタイトル変えて、今出しても全然違和感がない高クオリティの仕事術本。

この本をご紹介くださった「シゴタノ!」の大橋さんには大感謝です!

参考記事:【スゴ本】『奇跡の仕事術―自分の仕事をマネジメントする』カール・P・ワージー(2011年06月14日)


人事部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)
人事部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

◆リアルでは、かなり売れていたらしい1冊。

出世したいのなら、「人事部の視点」は意識しておきたいものです。

参考記事:【出世の秘訣?】『人事部は見ている』に学ぶ出世の6つのポイント(2011年07月10日)


なぜあの人には「味方が多い」のか (PHPビジネス新書)
なぜあの人には「味方が多い」のか (PHPビジネス新書)

◆サブタイトルが「一流の気配り仕事術」というだけあって、「気配り」については抜かりがありません。

「接待してなお礼を言う」と言うTIPSは、さっそく取り入れております。

参考記事:【気くばり仕事術】『なぜあの人には「味方が多い」のか』山武也(2011年07月20日)


「権力」を握る人の法則
「権力」を握る人の法則

◆権力を握ると言うことは、すなわち社内において確固たる地位を築けるような働き方をすることかと。

「成功の最大の障害は自分自身」という指摘には、私自身ギクっとしました。

参考記事:本当は残酷な『「権力」を握る人の法則』 の話(2011年07月23日)


人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉
人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉

◆上記でご紹介済みの『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』の逆バージョン。

本書もやはり、仕事絡みの言葉が多いので選出した次第です。

参考記事:本当は恐ろしい『20代で使ってはいけない100の言葉』(2011年08月04日)


アンフェアにたたかえ!―上位1%の成功をつかむ秘密の力
アンフェアにたたかえ!―上位1%の成功をつかむ秘密の力

◆本書はちょっと「真っ当」とは言い難い仕事術の本。

ただし、これも1つの立派な「働き方」ですし、現に成功者の証言も得られている以上、無視することはできないかと。

参考記事:【成功法則】『アンフェアにたたかえ!』に学ぶ、成功者を支える6つの真実(2011年08月08日)


思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳 (青春文庫)
思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳 (青春文庫)

◆当ブログでは安定してお買い上げ頂いている、岩波貴士さんの新作。

この本も、文庫本に書き下ろすにはもったいないクオリティです。

参考記事:【アマゾンキャンペーン有】『思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳』(2011年08月10日)


残念な人の仕事の中身 ~世界中の調査からわかった「組織で評価されない人」の共通点
残念な人の仕事の中身 ~世界中の調査からわかった「組織で評価されない人」の共通点

◆厳密には「仕事術」とは違うものの、知っておかないと出世できないのなら、それもまた「仕事術」と言えるかと。

いずれも「本人には自覚がない」ところが怖いですし、もし望むような出世ができていないなら、確認しておくと良いかもしれません。

参考記事:【貴方は大丈夫?】『残念な人の仕事の中身 〜世界中の調査からわかった「組織で評価されない人」の共通点』ロバート・W・ゴールドファーブ(2011年08月23日)


仕事をしたつもり (星海社新書)
仕事をしたつもり (星海社新書)

◆こちらは、様々な「仕事をしたツモリ」の事例を検証。

思考停止することなく、「本当の仕事」に打ち込みたいアナタへ。

参考記事:【反常識?】『仕事をしたつもり』海老原嗣生(2011年09月25日)


プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術
プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術

◆地味な(?)装丁ながらも、リアル書店でも売れまくっているのがこちら。

それにしても、古くからお付き合いのあった俣野さんが、このような鮮烈なデビューを飾られるとは!

参考記事:完全『プロフェッショナルサラリーマン』マニュアル 改訂版(2011年11月14日)


パーソナル・プラットフォーム戦略
パーソナル・プラットフォーム戦略

◆平野敦士カールさんのこちらの本は、デビュー作である『アライアンス仕事術』の改定版。

そちらをお持ちでない方なら、一読の価値はあります。

参考記事:【Amazonキャンペーン有】『パーソナル・プラットフォーム戦略』平野敦士カール(2011年11月17日)


【関連記事】

【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2010】(2010年12月26日)

【全23冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました(2009年12月27日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51985183