スポンサーリンク

2011年11月12日

【モテ】『口説きません、魔法をかけるだけ。: モテる男の恋愛法則55』中谷彰宏


口説きません、魔法をかけるだけ。: モテる男の恋愛法則55
口説きません、魔法をかけるだけ。: モテる男の恋愛法則55


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、お馴染み中谷彰宏さんの新刊。

多作過ぎる著者さんは、できるだけ避けているのですが、中谷先生の場合、モテ本だけはもれなくチェックすることにしております。

アマゾンの内容紹介から。
「口説き方を教えてください」という相談がよくあるが、口説き方を知ろうとしているうちは、モテない。口説かれたいと思っている女性はいないのだ。女性が男性にしてほしいのは、「魔法をかけてもらうこと」。モテる男の「魔法をかける方法」とは?
「魔法をかける」といっても、魔法使いになってはいけませんよ〜!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.口説き方を知ろうとしない
「口説き方を教えてはしい」というのは、「どうしたらもっと強い武器を持って敵を倒せるか」という発想と同じです。
 武器で戦わなくても相手が味方になってくれれば、それがベストです。
 口説いて相手がなびくよりも、口説かないのに最初から恋人というほうが、よリカッコいいのです。
 現実に、いい男といい女のカップルは、両者の間に「口説く」ということはありません。


■2.女性を、パターンでとらえない
 モテない男に限って、女性をバターンで把握しようとします。
「どういうタイプが好き?」という質問自体、パターン発想です。
「どういうタイプが好き?」と聞きながら、目の前にいる女性を「このコはこういうタイプの男が好きなタイプだ」と、パターンで分類したがるのです。(中略)
 
「君ってこういうタイプなんだよね」と言われると、女性は「私のことをよく知らないのに、なんで決めつけるの」と思います。


■3.おばあちゃんにモテる男が、モテる
 おばあちゃんは、いい男をきちんと見抜きます。
 数で稼いでいる時間はないので、本質的に男を見抜く力がつきます。
「冥土のみやげに1回ぐらい抱いてほしい」と思っているのです。
 そういう生命エネルギーに長けているおばあちゃんにモテる男は、ます間違いなくいい女にモテます。


■4.横柄な男は、女性に好感を持たれない
 女性に好感を持たれない男性の共通点は、「横柄」です。
 偉くなればなるほど、
 (1)腰が低くなる人
 (2)横柄になる人

とに分かれます。(中略)

 横柄な人は、自分が横柄だと気づいていません。
 男同士でも、この人と一緒に仕事をしたくないと思う人は、横柄な感じの人です。
 本人に悪気はありません。
 雑というよりも、どちらかというと、サービス精神に欠けているのです。


■5.自分を追い込んでフェロモンを出す
 男性がフェロモンを出すためには、
 (1)女性に愛情を注ぐ
 (2)自分自身が何かにトライする

という2つの方法があります。
 トライすることがなくなったら、フェロモンは出ません。
 女性を口説いても、トライすることにはなりません。
 それよりは、自分が目指すものに対して、ギリギリいっばい自分自身を追い込むことです。


■6.女性はもともと安い小物に目が行く
 一番センスの差がつくところは、もともと高いモノで高いものを持っていることではありません。
 もともと安いモノで、ちょっとそこにぜいたくをしていることです。

 そのほうが目立つのです。
 ブラックカードのほうが財布よりはるかに年会費がかかっています。
 男性はブラックカードを見られていると思っています。
 女性はブラックカードが入っている財布の角がすり切れているほうを見ているのです。


■7.相手のまわりの人を喜ばせてあげる
 飛行機の中で客室乗務員の女性とたまたま話して、その日、現地で同じ宿泊場所だとわかりました。
「じゃ、ごはん食べに行こうか。友達もみんなでどうぞ」と言える男性はモテるのです。
 そう言ってくれる男性だったら、1回はみんなと行っても、次からは1対1で行きたいと相手が思うようになります。
 ここであせる男性は、「友達も連れていっていいですか」と言われると、「えっ、友達も来るならやめておこう」と言います。
 これはモテない男性の典型です。
 まわりの人たちにどれだけサービスできるかです。


【感想】

◆本書も、構成としては「中谷さん印」というか、いつもと同じパターンでした。

ただ、ちょっと変わっているのが、章ごとのテーマで、いくつかの章が通常のモテ本とはちと違う感じ。

例えば第2章は「パーティーに行くよりも、1冊の本を読む」というタイトル通り、「本を読む」「群れない」ことが「モテる秘訣」と看破し、それに関連した内容が。

また第5章では「男性がきちんとしていれば、女性もきちんと見える」ということで、レストランやホテルに女性と行く際の「身だしなみ」が中心です。

この辺は、「モテ」において、ある一定レベルの男性が気にかけるべきことで、今まで当ブログで扱ってきた内容とはレイヤーが違うような。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´ そこまで達するのが問題なんだが…
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /




◆一方、第3章ではいつもの(?)中谷さんらしいモテ論が展開されております。

上記でも挙げた「おばあちゃんにモテる男が、モテる」というので私が思い出すのが、以前電車で「どうぞどうぞ!」と席を譲ったおばあちゃんに、周りにたくさん乗客がいるにもかかわらず、

「私がもっと若かったら……(ニッコリ)」

と言われたこと。

「昔から、結婚適齢期以外の女性には人気ですが何か?」とオモテましたが、この方向性で良いのかもw

……既婚なんで、もうどうでもいいんですけどね(投げやり)。


◆それと同じようにポイントで挙げた「小物がチェックされている」というのは、確かにそうかもしれません。

いくらブランド物のスーツを着ていても、そういう部分でクラス感が出てしまうと、一気にそっちに引きずられること必至。

同じように、胸に差している「100円ボールペン」も気を付けないといけません。

デートの時ぐらいは、モンブランをサッと胸ポケットから出してサインしたいもの。

私もいい加減、いい年なんでこの辺でいいから持っておきたいな、と。

モンブラン MONTBLANC ジェネレーション GENERATION プラチナ ボールペン ブラック 13419
モンブラン MONTBLANC ジェネレーション GENERATION プラチナ ボールペン ブラック 13419

「機能性を求める」というより、「武装する」意味で。


◆本書は、指摘したように中谷さんのモテ本の中では、どちらかと言うと「自分磨き」的な側面が強いです。

また、割愛したものの「パーティや合コンでは運命の人には出会えない」と、出会いの「分母」を増やすことにも否定的という。

しまいには「記念日こそ1人でいるべき」とボッチ推奨。

いやいやいや、それはモテの「基礎体力」がある人のお話でしょうw

もちろん「運命の人」も大事ですが、いきなり「ド本命」を狙うのではなく、地道に色々な女性とコミュニケーションをとっていくことが、個人的には大事だと思っております……。


できれば、中級者以上の方にオススメしたく

口説きません、魔法をかけるだけ。: モテる男の恋愛法則55
口説きません、魔法をかけるだけ。: モテる男の恋愛法則55
1.モテる男は、駆け引きをしない。
2.パーティーに行くよりも、1冊の本を読む。
3.「気がついたら、してた」というのがリードだ。
4.男性がきちんとしていれば、女性もきちんと見える。
5.「ルックス」「若さ」の勝負から、「オーラ」「フェロモン」の勝負へ。
6.ケーキカットの時は、左手を女性の腰に。
7.孤独になって、初めて愛することができる。


【関連記事】

【モテ】『強引に、優しく。』から選んだ7つのNG行為(2011年09月30日)

【モテ】『キャバクラ嬢の「私が口説かれた言葉」』中谷彰宏(2011年05月06日)

【モテ】『「女を楽しませる」ことが男の最高の仕事。』に学ぶ7つのNG(2011年02月02日)

【モテ】『すべてはモテるためである』二村ヒトシ(2011年01月14日)

【女子目線】『やはりモテる男 意外にモテない男の違い』に学ぶ社内恋愛を成功させる7つのポイント(2011年01月06日)


【編集後記】

◆本田健さんも、モテ本業界に参戦w

20代にしておきたい17のこと <恋愛編> (だいわ文庫)
20代にしておきたい17のこと <恋愛編> (だいわ文庫)

えーっと、もうすぐ50代なんで、もう手遅れですかねw?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51975702