スポンサーリンク

2011年08月19日

友達には秘密にしておきたい『90秒で好かれる技術』


90秒で好かれる技術
90秒で好かれる技術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、シゴタノ!の佐々木正悟さんの記事で知った1冊。

自分ができる、できないは別として、「役立ちそうならご紹介する」のが当ブログのポリシーでございます。

アマゾンの内容紹介から、一部引用。
本書は、たった90秒で、クライアントや職場の上司、同僚、(あなたが経営者であれば)従業員たち、あるいはまったくの初対面の相手からも好印象をもたれ、彼らと心を通じ合わせる技術を習得するための本である。
本書でこのテクニックを身につければ、ビジネスも人生も、きっとうまくいくはずだ。(まえがきより)>
えー、私の場合献本されてませんので、当然自腹でございます。

なお、タイトルは久しぶりに「ホッテントリメーカー」のお世話になりました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.人と会ったら、相手の目を見てほほえむ
「うぬぼれだな。意味もなく笑顔を見せたらバカだと思われるんじゃないかと心配か?」
「バカどころか、まぬけですよ」
「よし、なら教えてあげよう。われわれが人とつき合う際の合図として使えるのは、なにも目だけじゃない。相手に好印象を与える一番手っ取り早い手段は、笑顔だ。君が笑顔を見せれば、世界中が君に笑いかけてくれる。
 笑顔を見せるというのは、すなわち『私に近寄ってきていいですよ』『私は喜んでいますよ』『信じていますよ』というシグナルを送っているのと同じだ。つまらないうぬぽれで、成功への道をふさいでいる場合じゃない」


■2.動作や態度、表情を相手に合わせる
「人は誰かと親しくなるとき、どんなことをしているかわかるかい?」(中略)
「互いに似た行動をとるんだ。同じ座り方をし、同じ話し方をする。今日、通販会社で客が首をかしげていたら、私も少し首をかしげた。相手が緊張している様子なら、私も緊張しているように見せた。リラックスしているときは、私もリラックスした。動作や態度、表情をその場に合わせて変えたんだ――すべてがうまくなじむようにね」
「カメレオンのように?」
「今も君に対して同じことをやっている――君はまったくそれに気づいていなかった。たとえ気づいていなくても、君は心地よさを感じ、リラックスできた」
「そうか! だから、あの社長と長年のつき合いのように見えたんですね」私にもようやく合点がいった。


■3.人が誰かを無意識に高く評価する決め手は、健康的でエネルギッシュな姿
人が求めているのは、自分の成長を助けてくれそうな相手、奪うのではなく与えてくれそうな相手なのだ。
 部屋に入ってくる様子、自分の場所を確保する様子、他人が話している内容に注意を向ける様子を見れば、一目瞭然。あなたの態度や姿勢、表情、アイコンタクトは、あなたの放つエネルギーのあらわれであり、相手はつねにそのエネルギーを見きわめている。


■4.初めて会った相手の"心をつかむ"7つのステップ(抜粋)
 (1)権威と親しみやすさのバランスを考えた服装を選ぶ

 (2)相手に近づく前に、自分の抱くイメージに自分の態度を合わせる

 (4)自分の心臓を相手の心臓に向ける姿勢をとる

 (6)近づいたらすぐに、気持ちをなごませる質問をする


(詳細は本書を)


■5.短時間で人とつながりたいときは、その理由を示せばうまくいく
 無意識の反応は、理由に左右される。あるいは少なくとも理由らしきものに左右される。人は決定を下し、自分の行動を正当化するために、理由を必要とする。(中略)

 たとえばあなたがQ社とビジネス関係をもちたいと思っているなら、その会社の重要な人物と出会った場合に、たんに「お会いできて光栄です」と言う挨拶にとどめず、「御社の先駆的なプロジェクトXYZについていろいろと資料と読んでいたものですから」と付け加えればうまくいく可能性がグッと高まるのだ。


■6."これからやりたい仕事"にふさわしい服装をする
 マルドゥーンは私にこう言った。「今の仕事ではなく、これからやりたい仕事にふさわしい服装をしなさい。電話で広告枠を売り込む仕事をさせるよりも、もっと大事なプレゼンテーションをさせようと上司に思わせるんだ。君のパーソナリティを君のスタイルで表現するのに、ワードローブをうまく使うんだ」


■7.人に話しかけるための"3秒ルール"
考えすぎてはダメ! 話しかけたい相手を見かけたら、心のなかで「1、2、3」と数え、ためらわずに近づいていく。ポイントは3秒で動きだすこと。脳に言い訳を考える余地を与えてはダメ。オープン・ボデイ・ランゲージを忘れずに(腕を組んだり、ポケットに手を突っ込んだりしない)、タイミングを狙って、3つ数えたら、心を落ちつけて相手に近づいていこう。


【感想】

◆冒頭でご紹介した佐々木さんの記事に「ありきたり」とありましたが、確かに本書には「ベタ」なテクニックは多かったです。

「目を見てほほえむ」は「王道中の王道」ですし、「動作や態度、表情を相手に合わせる」というのも、「ミラーリング」として良く知られるもの。

ただ、ミラーリングの方は、本書では「初対面なのに長年のつきあいのように見える」という効果をうたったおり、その指摘は私は初めてでした。

また、ポイントの5番目に挙げた「理由を示す」というのは、「コピーの列に割り込ませてもらう」エレン・ランガーの有名な実験を事例としてあげており、これらはいずれも「無意識のうちに」相手に影響を及ぼすもの、という共通点があります。

この辺りは著者(ニコラス・ブースマン)のバックボーンに、NLP(神経言語プログラム)があるからかもしれません。


◆さて、実際に本書に書かれたテクニックで「90秒で好かれる」ことができるか否か。

ブースマンは前作出版直後、ローカル新聞の記者の申し出に応じて、「見知らぬ人に声をかけて仲良くなる」実験に挑戦します。

郵便配達人、ビジネスウーマン、ヒューストン警察の警官…これらすべてに成功したところ、今度はその記事を見たニューヨーク・タイムズからもオファーが。
 彼は私に過酷な試練を与えた。話しかける対象として、ありとあらゆるタイプの人間を用意した。美人だが不機嫌そうな顔でグランドセントラル駅に1人でいる若い女性、カーネギー・デリの無礼で有名なウエイター、地下鉄のトークンを売ってる女性、などなど。結果はどれも同じだった――私は100%の確率で相手と仲良くなった。
素晴らしい!!

んで、ふと思ったんですが、コレって「ナンパにも使える」ってことですよね?

今改めて上記ポイントを眺めてみると、そんな気が。


◆今回割愛した中で、重要だと思われるものの1つが、「4つのビジネス・パーソナリティ」のお話。

これは、人を「夢想家」「分析家」「説得者」「管理者」の4つのタイプに分けて、それに応じてコミュニケートするというものです。

もちろん、自分がどのタイプかを知っておくことも大事で、この中では私はおそらく「説得者」ではないか、と。

弱点は「話しすぎること」……って、まさに「それ何て俺」状態。

他にも、相手を無関心から熱中状態にもっていくための「リンキング・ステイト(心の状態の連結)」のお話は、再度読み直して、ぜひとも実践してみたいところです(これまた本書にてご確認を)。


◆本書は多分にテクニカルであり、かつ事例も豊富なのが、高ポイント。

一方で、佐々木さんがご指摘されたように、それぞれが「簡単ではない」のも事実です。

比較的ハードルが低そうなのが服装で、「これからやりたい仕事にふさわしいもの」というアドバイスには、思わず納得。

結局いつも通り、「できるものがあれば1つでも」というスタンスで宜しいかと。


エクササイズもついてますので、まずはそちらからトライ!

90秒で好かれる技術
90秒で好かれる技術
はじめに
第1章 "社交の天才"マルドゥーンの教え
第2章 相手の心のガードを解除しよう
第3章 非言語コミュニケーションの「ABC」を意識しよう
第4章 好感をもたれる脳の言葉を使おう
第5章 相手の感覚に合わせよう
第6章 あなたと相手のパーソナリティタイプを知ろう
第7章 あなたの本質をひと言で伝えよう
第8章 自分にふさわしいスタイルを見つけよう
第9章 コミュニケーションの回線をひらこう
第10章 質問と"おしやべり"の技術を身につけよう
第11章 相手の関心を惹くアプローチを見つけよう
第12章 マルドゥーン再び〜優れたコミュニケーターの秘密
第13章 ショーは続けなくてはならない
あとがき


【関連記事】

【超説得】『瞬間説得―その気にさせる究極の方法』ケヴィン・ダットン(2011年06月30日)

【会話術】相手を傷つけないようにモノをいう「8つのポイント」(2011年05月08日)

【55のルール】『初対面の3分で誰とでも仲良くなれる本』新田 龍(2011年02月22日)

【話し方】「たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック」アラン・ガーナー(2010年06月06日)

【これは使える!】「“聞き上手”の法則―人間関係を良くする15のコツ」澤村直樹(2010年01月23日)


【編集後記】

◆今日の本の著者による10年前の作品。

90秒で“相手の心をつかむ!”技術―この5大原則で「好感を持たれる人」になる!
90秒で“相手の心をつかむ!”技術―この5大原則で「好感を持たれる人」になる!

こちらは全米370万部のベストセラーだそう。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(1)コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51954629
この記事へのトラックバック
久しぶりに、マインドマップ的読書感想文のSmoothさんのお眼鏡にかなう本!?本
彼には教えてあげたい90秒で好かれる技術というか、商談成功させる技術 ●干場【ディスカヴァー社長室blog】at 2011年08月21日 01:42
この記事へのコメント
で、人に好かれるブログの書き方は全然成ってないんですねw
イラっとくる文体を何とかしましょうw
それはきっとリアルの立ち振る舞いにも表れてますよww
Posted by wwww at 2011年08月20日 02:26
>wwwwさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
また貴重なご忠告もありがとうございます。
謹んで修正させて頂きました。
お気に召せば幸いです。
ブログもですが、リアルでも気を付けたいと思います。

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2011年08月20日 02:38