スポンサーリンク

2011年06月08日

【ファッション】「ネクタイの結び方」コレをお忘れじゃないでつか?



Abiball / karsten.planz


【はじめに】

◆先日、はてなブックマークの人気エントリーで見かけたのがこの記事。

ネクタイの結び方:ポピュラーな4つのスタイル : ライフハッカー[日本版] ネクタイの結び方:ポピュラーな4つのスタイル : ライフハッカー[日本版]

タイトルだけ見て、すぐ4つ思い浮かんだのでサイトを開いてみたのですが、あらビックリ。

「プレーンノット」「セミウィンザーノット」「ウィンザーノット」はいいとして、最後に出たのが「蝶ネクタイ」っすよ!?

「アレ」をお忘れじゃないでしょうか……?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ダブルノットがあるジャマイカ】

◆私が思い浮かべたのは、「ダブルノット」

上記サイトに動画があったので、ご紹介しておきます。



日本語で解説している動画もあったので、そちらも。



これがなかなかに便利でして。


【ダブルノットをお薦めする3つの理由】

■1,シンプルノットさえできればすぐできる

◆冒頭の記事で最初に紹介されていたシンプルノット。

確かにこれが名前どおり「シンプル」で一番簡単です。

それに対してダブルノットは、シンプルノットで行なう作業、つまり「大剣(ネクタイの幅が広い方の端)を小剣に巻く」作業を1回余分に行なうだけ。

ゆえにシンプルノットさえできれば、ダブルノットはすぐできるハズです。


■2.適度にボリュームが作れる

◆特に、薄めのネクタイをする際に、たまに起きてしまうのが、シャツの台襟の高さに比べて、ネクタイの結び目が小さいが故の「スキマ」。

そんな時、ダブルノットに変更すれば、少なくとも大剣1周分は結び目が分厚くなるので、うまい具合にスキマを防いでくれることも。

実際、私も薄めのネクタイの時は、ダブルノットを使うことが多いです。


■3.ボリュームの割りには、結び目が横に広がらない

◆単に結び目にボリュームを出すということなら、セミウィンザーノットや、さらに分厚くなるウィンザーノットでも構わないのですが、この両者は、その結び方ゆえ、若干結び目の形が横に広がることになります。

襟の形がセミワイドカラー等、横に広がった形であるなら良いものの、もしこれで襟がレギュラーカラーともなると、セミウィンザーやウィンザーノットだと、非常に窮屈なことに。

100番双糸 白ワイシャツ 縦しま柄 レギュラーカラー  j101rg

例えばこのくらいの襟の広がり具合でウィザーノットで結ぶと、かなりギチギチになってしまいます。

その点、ダブルノットだと、結び目にボリュームは出るものの、それほど横に広がらず、きれいに仕上げることが可能。


【感想】

◆こうやって書いてくると、何やらダブルノットが、セミウィンザーやウィンザーノットより優れている、と思われかねませんが、決してそうではなく。

本来、ネクタイの結び方というのは、ネクタイの厚さや幅、そしてシャツの襟の形で決めるべきものかと。

ですから上記3番目で「結び目が横に広がらない」と書きましたが、逆にシャツの襟がワイドカラーなのにダブルノットだと普通バランスが悪くなります。

ozie 綿100% 袖付け後付け 立体パターン ダブルカフス ワイドカラー ドレスシャツ

このくらいのワイドな襟だと、ネクタイの厚さにもよりますが、ダブルノットよりは、セミウィンザーノットの方がマッチするはず。

私はネクタイを結ぶ前に、シャツとネクタイからどの結び方で結ぶか決めているのですが、出来上がり具合を見て、違う結び方にすることもありますし。


◆それにしても、冒頭の記事のブコメを見ても、誰もダブルノットに触れてないので、ひょっとしたら、コレって、あんまり正式な結び方じゃないのかも、と思ってみたり(今さらw)。

ファッションブログでもないのに、こういう記事書いてサーセン。

まぁでも、「色々結べるようにしといた方が便利でね?」ということで。

スーパークールビズの記事書いといて、今さらネクタイ?というご意見もあるかとは思いますがーw


【関連記事】

【敏腕スタイリスト発】『男のお洒落の方程式 たかが見た目で損をしない』森岡 弘(2011年06月02日)

【スーツ指南】『男の「外見(ヴィジュアル)」コーチング 』(2010年01月16日)

【服装】ビジネスシーンにふさわしい服装術(男性編)<メモ>(2009年01月14日)

【外見】「仕事は見た目」谷澤史子(2008年11月04日)


【関連記事】

◆ネクタイの結び方、ということでこんな本を発見。

ネクタイの数学―ケンブリッジのダンディな物理学者たち 男性の首に一枚の布を結ぶ85の方法 (新潮OH!文庫)
ネクタイの数学―ケンブリッジのダンディな物理学者たち 男性の首に一枚の布を結ぶ85の方法 (新潮OH!文庫)

85種類ものネクタイの結び方が載っているそう。

レビューを読んだら欲しくなり、アマゾンアタックしてしまいましたw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ファッション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 19:30
Comments(0)TrackBack(0)ファッションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51936192