スポンサーリンク

2011年05月21日

あの芥川賞作家もびっくり 驚愕の『女が好きになる男』


女が好きになる男 その行動、話し方、接し方の法則
女が好きになる男 その行動、話し方、接し方の法則


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、またまたこのエントリーを読んでアマゾンアタックした1冊。

但し、イケメンに限らない為の恋愛本30冊 - ツンダオワタ情報 但し、イケメンに限らない為の恋愛本30冊 - ツンダオワタ情報

私はホッテントリに入る前に注文したので比較的安価に入手できましたが、読み始めた頃には在庫も僅少で、値段は最低でも3000円超でした。

ただ、本の内容的には非常に腑に落ちるものだったので、ぜひ記事にしたい、と思っていたところ、今度は在庫がだぶついたのか、値崩れがおきたよう。

翻訳のモテ本にしては珍しく(?)、「日本人でも実践できそう」なスタイルなのが、素晴らしいです!

果たして『「好みの女性」を手に入れるCCRの法則』とは?

なお、タイトルは性懲りもなく「ホッテントリメーカー」作でございます……。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ポイント】

■1.「第三者によるほめ言葉」が効果的
 誰かふたりが別の人を話題にしている場合、たいていはネガティブなことを言っていることが多い。もしあなたがそういった第三者を悪く言わないだけでなく、逆にその人について何かほめてあげることができれば、そばでそれを聞いている女性はあなたに対してとてもいい印象を持つものなのだ。(中略)

 これを実行する際には、会話の中に第三者の名前(それが男性であれ女性であれ)が出てきたときに、すぐにその人のことをほめるのが一番効果的だ。


■2.相手の感情の波にあなたの感情を合わせる
 Emotion Matching(エモーション・マッチング=感情の同期、感情の波を合わせること)は、コンパッションの重要な鍵だ。あなたが女性のムード(悲しい場合でも喜んでいる場合でも)に合わせることで、彼女はあなたと感情的なつながりを感じることができるのだ。もし相手から悲しい話を聞かされた場合には、次のように言ってあげよう。
「僕もそれはとても残念に思うよ」
 なにかの不満をあなたに漏らした場合には、
「うんうん、それ、僕にもわかるよ」
 と言ってあげればいい。


■3.その場の状況に関する話題からスタートする
あなたができる最善の質問、それは、"コンテクスト・クルー"(その場の状況に関する話題)と呼ばれる質問だ。コンテクスト・クルーとは、その場の状況について相手が悩まずにすぐに言葉を返せる質問のこと。(中略)

 もし地下鉄で声をかける場合には(できれば避けたほうがいいが)、まずは方向を尋ねるのが自然だ。
「すみません、○○駅方面はどっちですか?」
 相手の女性がちゃんと答えられる場合には、こう続けてみることができる。
「ありがとう。この辺りをよくご仔知なんですね。住んで長いんですか?」


■4.アイコンタクトは「片目の奥を見つめる」
 アイコンタクトをうまく続けるには、相手の片方の目に集中するのがコツだ。たとえば誰かから、自分の両目をせわしくかわるがわる見つめられたことはないだろうか。もしこうした経験が一度でもあれば、これがいかにイライラさせられるものか、よくわかっているはずだ。目と目の間や顔のほかの部分を見つめるより、片方の目の奥を見つめてあげたほうが女性にとっては効果的なのだ。彼女はあなたとのつながりを感じ始めるだろう。


■5.女性が嫌う「不満を言う男」にならない
 先日エレベーターに乗ったとき、こんな風に言っている男性と一緒になった。
「まったく、このボタン、いつもベタつくんだよな」
 一緒にいた女性がそれにこう言葉を返した。
「ジョージ、あなたはどんなことにも文句ばっかりなのね」
「CCR」を知る前の私たちだったら、このジョージの言葉を不平とは思わなかっただろう。今では女性がネガティブなことに対してどれほど敏感かよくわかっているし、それだからこそ、初対面の女性に何か言葉を発する前にはいつももう一度その内容を確認するようにしている。
 基本は単純なことなのだ。つまり、もしエレべーターのボタンがベタついていたとしても、それをいちいち口にしたところで、なんのメリットもない、ということだ。


■6.共通の趣味を見つけて、自然に連絡先を聞きだす
では、ジェレミーがどうやってテニスの約束まで話を持っていったのか、それを分析してみよう。これには4つのステップがあったのだ。

ステップ1 共通の趣味を見つける
ステップ2 共通の趣味を見つけられたことがうれしい、ということを相手に伝える
ステップ3 それを一緒にやってくれる人を、ずっと探していたことを述ぺる
ステップ4 非常にくだけた言い方で、そのうちにそれをふたリで一緒にできたら楽しいだろう、といううことを伝える


(詳細は本書を)


■7.美人の女性といるだけで安心マークを得られる
 あなたが一緒にいる女性が、きれいだったり、かわいかったり、とにかく魅力がある女性である場合、それを見ている女性はあなたに対して、ポジティブなフィーリングを感じるのである。女の目から見ても魅力的な女性があなたと楽しく過ごしているということは、おそらくあなた自身に(一見しただけではわからないかもしれない)なにかの才能なり魅カなりがあるに違いない、と潜在意識の中で考えてしまうわけだ。(中略)

 こうした役割を果たしてくれる女性として最適なのは、遠距離恋愛をしている女性か、彼氏がとにかく仕事か何かで忙しくて会う暇も十分にない(たとえば医学部の学生とか)、という女性だ。


【感想】

◆冒頭で出てきた「CCR」とは、「女性を追い求める男性にとって最も重要」な、コンプリメンツ(ほめ言葉)、コンパッション(思いやり)、リアシュアランス(相手を安心させること、新たな自信を持たせてあげること)の頭文字をとったもの。

これは本書の最大のキモなので、今回は極力「ネタバレ自重」しました(スイマセン)。

詳細については、本書を読んで頂くとして、方向性としては当ブログでも大人気の『ベスト・パートナーになるために』に近いもの。

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)

ただ、『ベストパートナーになるために』が、恋人間や夫婦間の関係改善をうたったものに対して、本書はそれ以前である「相手を探すため」のものであり、モテ本としてはその分秀逸です。

なるほど、あのエッセンスを付き合う前の女性に活かすには、このようにすれば良かったのか、と。


◆中でも、ナンパというか声かけのルーティンが「その場の状況に関する話題からスタートする」というのが、草食系男子にはありがたいところ。

本書には実際の会話術として、バーで女性に声をかけた受講生の会話例が1つ収録されていたのですが、その量なんと14ページ超!

ポイントの6番目にあるように、自然な流れで趣味を聞きだしており、連絡先をもらう行為には、しっかりとした必然性がありました。

ちなみに、同じ受講生が別の女性に声をかけて、不発に終わった会話例は1ページちょっとで終了。

こういう時には気にしないで、さっさと別の女性を目指すことを推奨しています。


◆個人的に「目からウロコ」だったのが、ポイントの7番目のナンパをしにいく際に、美人の女性を同伴させる、という行為。

そう言えば独身時代、私は後にヨメとなるナースの女性や、その友人の女性と一緒にクラブに通っていたのですが、一度ヨメが夜勤の際に、その女性と二人きりで、馴染みの店とは違う、俗に言う「ナンパ箱」に出かけたことがありました。

ぶっちゃけその女性は、タレント並みに美人でスタイルも良かったこともあり、男性陣からの視線を浴びていることは意識していたのですが、私にもモテるチャンスがあったとは。

よーし、「遠距離恋愛中の女性、ちょっと来い」←違うw

まぁ、確かに「美女と野獣」みたいなカップルだと、男性にちょっと見では分からない魅力があるのだと思いますよね。


◆基本的に本書のスタイルは、初対面の時点では連絡先を聞くだけで終わるので、「即日ベッドイン」のような短期決戦型ではありません。

また、第3章の「出会いに最適な場所・最悪な場所」では、「知り合いの紹介がベスト」という、ボッチには絶望的な主張もなされています。

とは言いながらも、巻末の付録では、声かけに使える「会話のきっかけづくりに効果的な質問集」や、「出会いのためのイベント例」を収録しているので、こもりがちな人でも大丈夫。

もちろん、すでに知り合いの状態の女性に対してなら、「CCR」を意識すれば、より一層親密な関係になれることは想像にたやすいです。


お買い求めやすい在庫があるうちに是非!

女が好きになる男 その行動、話し方、接し方の法則
女が好きになる男 その行動、話し方、接し方の法則
第1章 ふつうの男なのに、もてるヤツの研究
第2章 好みの女性を手に入れるCCRの法則
第3章 出会いに最適な場所・最悪な場所
第4章 女性にウケる魔法の話し方
第5章 連絡先の聞き方と一味違う「デート術」
第6章 いい女との関係を深める技術
第7章 「安心マーク」で出会いの成功率が高くなる
第8章 「CCR」を習得すれば、仕事もうまくいく


【関連記事】

【モテ】「但し、イケメンに限らない為の恋愛本30冊」に寸評&上乗せしてみました(2011年05月04日)

【モテ】『女性を味方にする言葉、敵にする言葉』伊東 明(2011年03月04日)

「女の子の取扱い説明書」について最低限知っておくべき3つのこと(2010年03月28日)

【モテ】『モテる男の即効フレーズ』が結構スゴ本な件(2010年09月24日)

【モテ】「また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座」大橋清朗(2009年01月27日)


【編集後記】

◆こんなモテ本(?)が最近出ていました。

異性に暗示をかける技術 「即効魅惑術」で学ぶ7つのテクニック (講談社+α新書 563-1A)
異性に暗示をかける技術 「即効魅惑術」で学ぶ7つのテクニック (講談社+α新書 563-1A)

これまた面白そうです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51931090