スポンサーリンク

2011年05月04日

【モテ】「但し、イケメンに限らない為の恋愛本30冊」に寸評&上乗せしてみました



Wedding Dress For Happy Couple in Love / epSos.de



【はじめに】

◆昨日、はてブ界隈で見かけたのが、こちらの記事。

但し、イケメンに限らない為の恋愛本30冊 - ツンダオワタ情報 但し、イケメンに限らない為の恋愛本30冊 - ツンダオワタ情報

中を開けたら、ウチでご紹介しているモテ本がゾロゾロあって、あらビックリの巻でござる。

そこで折角なので、それぞれの本について、できる限りコメントしてみようかと。

また、上記記事で登場していない、私自身のオススメ本も3冊ほどピックアップしてみました。

ぶっちゃけかなり長くなりますので、予めご了承くださいマセ。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【但し、イケメンに限らない為の恋愛本30冊】

■代表的6冊

モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)

◆当ブログ2010年年間売上ランキング9位。

本書の特徴は、とにかくテクニカルな記述が多いこと。

アメリカならではの部分があって、そこは使えないものの、700ページ弱のボリュームゆえ、何かしら取り入れられれば、十分ペイすると思います。

参考記事:【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件 【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件


確実に女をオトす法則
確実に女をオトす法則

◆下記参考記事にあるように、「はてブ250超」の人気本。

すでに絶版らしく、記事を書いた当時は手頃な価格の中古本が瞬殺されてしまいました。

タイトルからも分かるように、基本的には「ナンパ本」なのと、上記の『モテる技術』同様に翻訳本なので、異文化ゆえのギャップさえ気にならなければ、読んで損はないかと。

参考記事:【モテ】「確実に女をオトす法則」から学ぶ7つのポイント 【モテ】「確実に女をオトす法則」から学ぶ7つのポイント


完全 ヒモマニュアル―ダメ男こそ女とカネをGETする!
完全 ヒモマニュアル―ダメ男こそ女とカネをGETする!

◆未読。

なので、購入しようか検討しましたが、アマゾンレビューで★5つ付いているレビュアーが、ことごとく著者の鍵氏の本ばかり賞賛しているので、とりあえずステイ。


ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル
ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル

◆未読。

実は、随分前に購入を検討したことがあるのですが、以下の理由により断念しました。

●物語形式であること(当ブログでは人気がありません)

●レビューを読む限り、あまりテクニカルではなく読み物として評価されていること

●中古価格が2000円弱であること(今現在でも)

追記:記事にしました

参考記事:【速報】"究極のナンパバイブル"こと『ザ・ゲーム』が新版で発売される件(2012年07月31日)


女が好きになる男 その行動、話し方、接し方の法則
女が好きになる男 その行動、話し方、接し方の法則

◆未読。

この本は、まったくノーマークで、今回初めて知りました。

値段的にもこなれているので、アマゾンアタック完了(レビューをお楽しみに!)。

追記:記事にしました

参考記事:あの芥川賞作家もびっくり 驚愕の『女が好きになる男』(2011年05月21日)


オンナの建前?本音翻訳辞典
オンナの建前?本音翻訳辞典

◆発売当時書店でチェック済み。

うーん、こういう本はどうなんでしょう。

当ブログで扱うには難しい(?)ので、スルーしました。


■他、評価の高いもの

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

◆この本が出てくるとは、元スレもなかなかやりおるな、とw

以前記事でも書いたように、私自身、恋愛系メルマガでネタにしたこともあります。

【モテ】ファイル整理していたら、恋愛系メルマガの原稿が出てきたでござるの巻 【モテ】ファイル整理していたら、恋愛系メルマガの原稿が出てきたでござるの巻

モテ以前の問題として、人生を生きていく上で、この本は絶対読んでおいた方が良いと思われ。

参考記事:【速報!】最強のビジネス本「影響力の武器」の[第二版]がいよいよ登場!! 【速報!】最強のビジネス本「影響力の武器」の[第二版]がいよいよ登場!!


モテる話術 (ソフトバンク文庫NF)
モテる話術 (ソフトバンク文庫NF)

◆上記『モテる技術』と同じ著者チームによる続編。

2010年年間売上ランキング14位。

『モテる技術』ほどではないものの、500ページを超えるボリュームで1000円しないコストパフォーマンスは評価されるべきだと思います。

参考記事:【モテ】「モテる話術」 【モテ】「モテる話術」


東京いい店やれる店
東京いい店やれる店

◆発売当時に読了済み。

考え方としては非常にユニークなのですが、いかんせんレストラン情報が古すぎて(1994年発売)、現時点で実際に使うのは難しいかと。

ただし、ホイチョイの作品としては、未だに連載している『気まぐれコンセプト』よりは、よほど面白いと個人的には思ってます。


草食系男子の恋愛学 (MF文庫 ダ・ヴィンチ も 2-1)
草食系男子の恋愛学 (MF文庫 ダ・ヴィンチ も 2-1)

「草食系男子」という言葉を流行らせた功績は称えられるべきだとは思いますが、モテ本としては、読み手を選ぶ感じ。

実際に意中の相手ないし、それに近い存在の女性がいて、その女性との恋愛を維持するには使えるものの、そういう相手がいない方が、この本に心酔してしまうと、非モテをこじらせる気が。

参考記事:【モテ】「草食系男子の恋愛学」森岡正博 【モテ】「草食系男子の恋愛学」森岡正博


口説きのマニュアル―超プロが教える 150のルール (フランス書院ノンフィクション新書)
口説きのマニュアル―超プロが教える 150のルール (フランス書院ノンフィクション新書)

◆著者はAV監督さんではありますが、意外と良かったのがこの本。

ネタも豊富ですし、使えそうなテクもいくつかありました。

特に「男運どう?」というのは、なるほどな、と。

絶版のようなので、手頃な価格でゲットできるなら、オススメ。

参考記事:知らなかった! 『超プロが教える口説きのマニュアル』の謎 知らなかった! 『超プロが教える口説きのマニュアル』の謎


プロカウンセラーの聞く技術
プロカウンセラーの聞く技術

◆未読。

大昔に某ブログ仲間に薦められて購入したものの、積読のままです。

ゆえに、モテ本としてはコメントできませぬ。


「聞く技術」が人を動かす―ビジネス・人間関係を制す最終兵器 (知恵の森文庫)
「聞く技術」が人を動かす―ビジネス・人間関係を制す最終兵器 (知恵の森文庫)

◆未読。

この本もモテ本ではないのですが、著者が当ブログで紹介した本がいずれも良かった伊東 明先生なので、期待できそうなヨカン。


現役女子大生キャバ嬢が教えるちょいモテ男になる技術
現役女子大生キャバ嬢が教えるちょいモテ男になる技術

◆未読。

同じ著者の本としては、その後に出た本を紹介済み

アマゾンレビューを読む限り、どうもキャバクラ戦術に特化しているようなので、この本は多分購入しないと思います。


ワルの恋愛術--ワルな男は3秒で女を虜にする!
ワルの恋愛術--ワルな男は3秒で女を虜にする!

文庫版読了済み。

下記参考記事でも書いてますが、タイトルは「ワル」となっているものの、やってることは全然ワルではないという。

唯一(?)ワルぶってるのは、本の中の口調だけなので、その点では肩すかし気味。

内容的には、いつもの内藤先生の本と同じで、過去の実験や研究結果といったエビデンスに基づくものなので、あながちウソではないと思います。

参考記事:理系のための「ワルの恋愛術」入門  理系のための「ワルの恋愛術」入門 


鬼畜のススメ―世の中を下品のどん底に叩き堕とせ!!
鬼畜のススメ―世の中を下品のどん底に叩き堕とせ!!

◆未読。

スレの紹介部分を読む限り、やってることは犯罪行為のようなので、パスします。


オタク女子研究 腐女子思想大系
オタク女子研究 腐女子思想大系

◆未読。

本自体知らなかったので、アマゾンレビューを見たところ、本書の対象とされている腐女子の皆さんから叩かれまくってました。


もう合コンに行くな―3時間で女をオトす恋愛戦略「ナンパマーケティング」 (ベストセレクト 783)
もう合コンに行くな―3時間で女をオトす恋愛戦略「ナンパマーケティング」 (ベストセレクト 783)

◆「ナンパテク」と「本としての面白さ」を両立させている稀有なモテ本。

以前、とあるナンパ師さんに「一番参考になった本はどれですか?」と問うたところ、この本の名前が挙がりました。

著者のリーマンナンパマスター氏は、次回作を期待されながら、表舞台から姿を消したままなのが残念です。

参考記事:【モテ】『もう合コンに行くな―3時間で女をオトす恋愛戦略「ナンパマーケティング」 』リーマンナンパマスター 【モテ】『もう合コンに行くな―3時間で女をオトす恋愛戦略「ナンパマーケティング」 』リーマンナンパマスター


「ナンパ塾」完全極秘マニュアル---最新最強の口説き術
「ナンパ塾」完全極秘マニュアル---最新最強の口説き術

◆当ブログでは何冊も著作をご紹介している草加大介さんのナンパ実践本。

以前出たDVDの書籍版がこの本になります。

参考記事:【DVD】「草加大介 ナンパ塾 口説き検定講座」を買ってみました(2009年09月14日)

実際にナンパの雰囲気をつかむには、このDVDの方が適してはいるものの、文字起こしされた資料が付されていないので、本書を読んだ方が手っ取り早くテクニックを得ることができるハズ。

参考記事:【モテ】『「ナンパ塾」完全極秘マニュアル』草加大介 【モテ】『「ナンパ塾」完全極秘マニュアル』草加大介


「モテ」の構造―若者は何をモテないと見ているのか (平凡社新書)
「モテ」の構造―若者は何をモテないと見ているのか (平凡社新書)

◆大学の非常勤講師である著者による、演習を元にしたモテ本。

当ブログでもあまり反応がありませんでしたし、実際、売れたという話も聞かないのですが、いくつかのアマゾンレビューにもあるように、前半〜中盤部分をバッサリとカットして、第5章だけ膨らませて書けば、かなり面白い本になったかと。

参考記事:【モテ】『「モテ」の構造』鈴木由加里 【モテ】『「モテ」の構造』鈴木由加里


女子の法則―Girl’s Research (2006年度版) (フェアベルムックシリーズ)
女子の法則―Girl’s Research (2006年度版) (フェアベルムックシリーズ)

◆購入済み。

買ってから知ったのですが、この本は完全にアンケートの集計結果がそのまま掲載されているだけの本です。

と言うか、タイトルが『Girl’s Research』なんですから、そのまんまなんですが。

企画の元ネタやマーケティング的な用途で使うなら、「アリ」だとは思います。


3分間誘惑術―女性の心を一気に奪うキメのひと言
3分間誘惑術―女性の心を一気に奪うキメのひと言

◆未読。

桜井秀勲さんのご本は、どうも合わないので、個人的に「著者スルー」しております。

著作が沢山出版されているので、売れてないわけではないと思われ。


別れ際に握手する奴とは二度と会うな。
別れ際に握手する奴とは二度と会うな。

◆書店でチェック済み。

本のクオリティはさておき、モテ本としては意識しておりませんでした。

モテるためには、もうちょっと素直な姿勢の方が良いと思いますし。


さかもと未明が教える 女のキモチ―レディコミにみる女のエッチ・男のエッチ
さかもと未明が教える 女のキモチ―レディコミにみる女のエッチ・男のエッチ

◆未読。

女性著者の本に対しては、どうしても見る目が厳しくなってしまいます。

というのも、女性のサンプルが著者自身か、その友人関係がほとんどで、テクニック的に汎用性に欠けると思うから。

女性がナンパ塾でもやってくれれば別なんでしょうけど……。


伊東明と小田原ドラゴンのモテ道を行け
伊東明と小田原ドラゴンのモテ道を行け

◆未読。

元スレには書影が出ていますが、小田原ドラゴン氏のイラストがある時点で、モテなさげなのがスゴイです。

でも、上記でも触れた伊東明先生が関与されている以上、中身は大丈夫だと思います。

追記:記事にしました

参考記事:【モテ】『モテ道を行け』に学ぶモテない男のNGポイント7選(2012年04月27日)


ブサヤリ―ブサイクがかわいい女とヤる技術
ブサヤリ―ブサイクがかわいい女とヤる技術

◆未読。

ビニール包装されているため、書店でもチェックできず。

アマゾンでは酷評されており、手が出しにくいところです。

著者は情報商材を出したり、恋愛塾を運営されたりしているので、この本もそのフロント商材かな、と思わざるを得ず。

元スレでは何故か(?)好意的に扱われている(2ちゃんのスレでもそうだったのか?)ので、気になる方はご確認を。


男は3語であやつれる
男は3語であやつれる

女は3語であやつれない―世界一わかりやすい「男と女の会話術」
女は3語であやつれない―世界一わかりやすい「男と女の会話術」

『女は3語であやつれない』の方のみ、文庫本を読了済み。

相変わらず絶版の単行本の方は高いので、後者を読むなら文庫本がオススメ。

そして前者は、どう考えても女性向けなので、男性がモテ本として読むのには微妙なのでは?

参考記事:【モテ】『女性を味方にする言葉、敵にする言葉』伊東 明 【モテ】『女性を味方にする言葉、敵にする言葉』伊東 明


モテの真実
モテの真実

◆元スレで「かなり王道的な内容」と言われてましたが、確かにそう。

出会いから、服装から、デート、結婚まで、本書で一通りのことが学べます。

500ページ超のボリュームですが、読む価値はアリ!

参考記事:【モテ】「モテの真実」に学ぶ7つのポイント 【モテ】「モテの真実」に学ぶ7つのポイント


口説きの理論―ナンパの鉄人が極めた最強のワザ (宝島社文庫)
口説きの理論―ナンパの鉄人が極めた最強のワザ (宝島社文庫)

◆紹介記事は「はてブ390超」の人気エントリーに。

おそらくナンパのテクニック本としては、この本が量、質、ともに一番ではないか、と。

相変わらず中古でも高い値がついてますが、元ネタとなっているムック本なら、未だ手軽な価格となっています。

なお、内容の違いについては、比較記事(【速報】品切れ『口説きの理論』の「原本版」が今なら安値で入手できるようです)参考のこと。

どうでもいいんですが、元スレから下記参考記事にリンク貼られていてビックリしました。

参考記事:【モテ】『口説きの理論―ナンパの鉄人が極めた最強のワザ』がパネェ件 【モテ】『口説きの理論―ナンパの鉄人が極めた最強のワザ』がパネェ件


相手を思いのままに「心理操作」できる!―常に自分が優位に立つための「応用力」
相手を思いのままに「心理操作」できる!―常に自分が優位に立つための「応用力」

◆未読。

元スレで「これでもか」と内容紹介されており、興味深かったので、アマゾンアタック敢行。

なかなか面白そうなので、読むのが楽しみです。

追記:記事にしました

参考記事:【会話術】相手を傷つけないようにモノをいう「8つのポイント」(2011年05月08日)


【当ブログのオススメ本3冊】

★これは私のベスト3というワケではなく、30冊に入らなかった中で、当ブログとしてオススメしたいものです。


ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

◆当ブログ2010年年間売上ランキング第4位の人気本。

男女の性差を理解するために、是非とも読んでおきたい1冊です。

モテのみならず、職場やゼミ、学校等で異性と上手くやっていくために、どうすれば良いのかがズバリ分かるかと。

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ 【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ


彼と彼女の科学的「恋の法則」―“幸せな結果”を知りたいっ! (王様文庫)
彼と彼女の科学的「恋の法則」―“幸せな結果”を知りたいっ! (王様文庫)

◆あまり知られてはいませんが、この本も秀逸。

マジで「身も蓋もない」ところが、私好みだったりします。

恋愛の「物々交換の市場原理の法則」ですとか、「愛の中央収束理論」などといった考え方も大いに納得。

中古がお安く手に入りますので、この機会にぜひ!

参考記事:【モテ】『彼と彼女の科学的「恋の法則」』はオススメ! 【モテ】『彼と彼女の科学的「恋の法則」』はオススメ!


40歳からのモテる技術
40歳からのモテる技術

◆上2冊が、周りに女性がいる前提の本なので、「出会いネタ」も含んだこの本を。

「40歳からの〜」となっていますが、テクニック的には若手でも使えるものが多々。

もちろん、30代以降の男性にとっては、かなり「使える」1冊と言えるかと。

参考記事:【若くても使える?!】『40歳からのモテる技術』青木一郎 【若くても使える?!】『40歳からのモテる技術』青木一郎


【関連記事】

当ブログのはてブ人気記事(■恋愛・モテ記事)

【全15冊+α】今年ご紹介したモテ本を振り返ってみました(2010年12月30日)

【全11冊+α】今年紹介したモテ本を振り返ってみました(2009年12月29日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(4)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51926678
この記事へのコメント
smoothさん、こんにちは。
お久しぶりでございます。

『ザ・ゲーム』が取り上げられていたので思わず書込みです(笑

テクニック本としては使えないという言説が多数を占めていますが、ビジネス書を多数読まれている方であれば、ノウハウ本、心理学本として活かすことは容易いです。
物語としての完成度の高さと、読み物としての面白さでだけでもかなりオススメですよ。


私の「人にはあまり教えたくない隠れた名著」No1です(笑


個人的には2000円なら損した感はないかと…、責任とれないですけど…(笑

ちなみに私、この本、原書でも読んで、訳書は3冊持ってます(爆

Posted by joy@そろそろ本気になって勉強してみようか。 at 2011年05月04日 13:15
>joyさん

コメントありがとうございます。
まさかの記事にまさかのコメントw

なるほど、joyさんがそこまで言われるなら、『ザ・ゲーム』も読まないといけないですね(汗)。
というか、原書で読んでる、っていうのが一番スゴイですよw

今回の元記事のおかげで、値段が上がっちゃうと困るので、今アマゾンアタックしました!
物語形式だと、ほんとウチは弱いので、ご紹介できるかはわかりませんが(汗)。

アドバイスありがとうございました!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2011年05月05日 04:24
オンナの建前―は価格が安かったので、購入しました。

「忙しいんですか?」というのはなんとなく分かる気がします。

女の子は「自分が暇」というのを極度に嫌う傾向にあると思います。

・・・あくまで主観ですけどwww。
Posted by デッドリー at 2011年05月07日 09:49
>デッドリーさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
レス漏れててスイマセン(汗)。
『オンナの建前?本音翻訳辞典』買われましたか。
私は立ち読みでチェックして、ブログで紹介するには難しいと判断してスルーしましたが、SPA!等で似たようなことよくやってること考えると、必須な知識なのかもしれませんね。

おっしゃるとおり、女のコは「ヒマ」を嫌いますが、ヒマな子にそれを指摘されるのも嫌われますので要注意ですねw

今後ともよろしくお願いします!

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2011年05月08日 05:54