スポンサーリンク

2011年03月24日

【文章術】『100ページの文章術 -わかりやすい文章の書き方のすべてがここに』酒井聡樹


100ページの文章術 -わかりやすい文章の書き方のすべてがここに-
100ページの文章術 -わかりやすい文章の書き方のすべてがここに-


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、タイトルにもあるように、たった100ページで構成されている文章術の本。

ページ数が少ない分、無駄な要素は限りなく少なく、本全体が「文章術のまとめ」のような仕上がりでした。

また、著者の酒井先生のプロフィールが「東京大学大学院理学系研究科植物学専門課程博士課程修了。現在、東北大学大学院生命科学研究科・准教授・理学博士。専門分野は進化生態学」というだけあって、本書も雰囲気的にはアカデミック。

内容的には論文やレポート、卒論等の執筆に特に適しているようですが、「ビジネス文書・個人的な情報発信の文書までを対象に含めている」とのことなので、私たちビジネスパーソンにとっても有意義であることは間違いありません。

私の場合は、「耳イタイ指摘」の連続だったワケですが。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【内容等】

◆せっかく本文がタイトに詰まっているので、本エントリーも「短めにわかりやすく」を意識してみたく。

まず、「わかりやすい文章を書く意義」について、本書ではこう例えています。
文章を書くということは、文章という乗り物に情報を載せて読者に届けることである。乗り物の性能(わかりやすさ)と、その文章が載せている情報の価値は別物だ。
つまり、どんなにすごい情報も、乗り物の性能が低ければ(わかりにくければ)読者に伝わることはない、ということ。
読者に確実に届くように、可能な限り性能の高い乗り物に載せてあげようではないか。
なるほど、納得。


◆さて、それではどうすれば「わかりやすい文章」が書けるのか?

本書では「文章全体としてわかりやすくする方法」「一つ一つの文をわかりやすくする方法」に大きく二つに分けて展開しています。

最初に「文章全体としてわかりやすくする方法」から。
■1.無駄な情報を削る
■2.一度に一つの話題だけを扱う
  2.1.一つの章では一つの大きな話題だけを扱う
  2.2.一つの段落では一つの話題だけを扱う (中略)

■4.原則として、前の文の要素を次の文の話題とする
■5.読者が待っている情報を与える (後略)
結構細かいので割愛しましたが、これらのテーマの1つ1つについて、それぞれ例文(悪例も!)を提示し、細かく解説しています。

ちなみに、複数の話題が入り込んでいないかどうかを見分けるコツは、「その段落の初めの方と終わりの方の文を読み比べること」だそう。


◆次に「一つ一つの文をわかりやすくする方法」
■1.一つの文で、一つのことだけを言う
  1.1.無駄な情報を削る
  1.2.複数の情報を次々とつなげない (中略)
 
■2.語順:重要な要素を先にする
  2.1.その文の扱う話題を先にする (中略)

■3.語と語との修飾関係を明確にする
  3.1.長い修飾語を先に、短い修飾語を後にする
  3.2.短い修飾語を先にするとき、その後ろにテンをうつ (後略)
いやもう私の場合、思い当たるフシがあり杉なんですがw

特に、1.の「無駄な情報」という点では、「そう言えば」とか「なお」「ちなみに」あたりに続く文章は、結構怪しいモノがありそうな(怖くて読み返せませんw)。

また、3.の修飾関係については、書いてる本人は「そのつもりで読んでしまう」ので、気がついてないことも多い気がします。


◆酒井先生曰く、「わかりにくい文を書いてしまう最大の原因は、推敲をおろそかにしてしまうこと」なのだそう。
頭に浮かんだ文がわかりやすいとは限らない。だから絶対に、思い浮かんだ文を書いて終わりにしてはいけない。「わかりやすいか」という意識を持って読み直すことが非常に大切である。
私自身、文章のリズム感を意識することはありましたが、「わかりやすいか」という点については、心もとないというか、正直なところ意識しておりませんでした。

ただ、その結果、上記で言うところの「乗り物の性能がよくない」ことになり、自分の考えや、本の魅力が伝えきれなかったら、それはそれで残念です。

もっとも、どの記事も大抵夜中に睡眠時間削って書いているので、ついつい妥協してしまうんですがw←言い訳


◆なお、本書は前後に該当部分や具体例がある場合に、「(3.3.3項参照;p.45)」のように、いちいちリファー表記があるので、あまり速読には向いていない点にはあらかじめご了承頂きたく(そもそも100ページの本を速読する必要があるか、という話しもありますが)。

さらに、推奨されている文章も、セールスコピーやキャッチコピーのような「惹き込む文章」とは違いますので、セールスページ等には不向きだと思われ。

それでも、「わかりやすい」「誤解をまねかない」文章というのは、ことビジネスシーンでは必須です。

オンオフで言うところの、オンタイムの文章術の指南本としては、かなり秀逸ではないでしょうか。


実践的な文章術をお試しアレ!

100ページの文章術 -わかりやすい文章の書き方のすべてがここに-
100ページの文章術 -わかりやすい文章の書き方のすべてがここに-
第1章 文章術の前に
1.1 読者のために,あなたのために,わかりやすい文章を書こう
1.2 文章の理解とは
1.3 記憶の仕組み
1.4 わかりやすい文章とは

第2章 文章の構成要素
2.1 文章の構成
2.2 章・段落
2.3 文

第3章 文章全体としてわかりやすくする術
3.1 骨格を練る
3.2 無駄な情報を削る
3.3 一度に一つの話題だけを扱う
3.4 何の話をするのかを前もって知らせる
3.5 前の文の要素を,次の文の話題とする
3.6 読者が知らないであろうことは説明する
3.7 重要なことから述べる

第4章 一つ一つの文をわかりやすくする術
4.1 わかりやすい文を書くための心構え
4.2 一つの文で一つのことだけを言う
4.3 語順:重要な要素を先にする
4.4 語と語との修飾関係を明確にする
4.5 掛かり受けの関係を確認する
4.6 漢字とカナの混じり具合


【関連記事】

厳選! 「『人を動かす文章術』」の超簡単な活用法8個(2011年01月05日)

【文章心得】『書いて生きていく プロ文章論』に学ぶ7つの心得(2010年12月05日)

【知的生産】『小宮式 知的アウトプット術』に学ぶ「書く力」を高める7つのポイント(2010年11月04日)

【文章術】『【決定版】成川式 文章の書き方 』に学ぶ文章術の7つのポイント(2010年08月22日)

【文章術!】「文章のみがき方」辰濃和男(2008年02月13日)


【編集後記】

◆本書の中でも登場している、『日本語の作文技術』に新装版が出ていたとは。

新装版 日本語の作文技術
新装版 日本語の作文技術

さすがにアマゾンでも高評価ですね。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「メルマガ・ライティング関係」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)メルマガ、ライティング関係このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51915744