スポンサーリンク

2011年03月23日

知らないと後悔する『本屋さんへ行こう』を極める14の法則


本屋さんへ行こう (エイムック 2149)
本屋さんへ行こう (エイムック 2149)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ネット書店ならぬリアル書店を満喫するためのムック本。

地震の影響で、当然のように書店の売上も減ったというお話も聞きますが、本書を読んでぜひリアル書店にも顔を出して頂きたく。

内容的にも、いつも当ブログで扱う違うジャンルとは異なる本が多かったので、色々と勉強になりました。

なお、タイトルは久しぶりにホッテントリメーカーにお世話になっております。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【内容】

■決定!My本屋大賞。

●2011年 本屋大賞

「ビジネス書大賞」の審査員はやっていても、「本屋大賞」は、ノミネート作品はおろか、大賞受賞作も知らなかったワタクシ。

本書ではノミネート作10作品が紹介されています。

悪の教典 上錨を上げよ(上) (100周年書き下ろし)神様のカルテ 2キケン叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)

シューマンの指 (100周年書き下ろし)ストーリー・セラー謎解きはディナーのあとでふがいない僕は空を見たペンギン・ハイウェイ

そして、このノミネート作とは別に、各書店員さんの「個人的My本屋大賞。」も列挙。

計32人の皆さんが、3冊ずつあげてらっしゃるのに、重複があるとはいえ、私が読んだことがあるのがコレ1冊だけだなんてw

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

参考記事:【スゴ本】『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』カーマイン・ガロ(2010年07月11日)

超アウェー感パネェっす。


●過去の本屋大賞並びにノミネート作

◆また本書では、2004年から2010年までの過去の本屋大賞のノミネート作並びにランキングまでも完備されております。

それぞれ年度ごとに10冊ノミネートされていて、それらすべてに内容紹介があるので、何かのついでに知ったかぶるにはうってつけかも(?)。

せめて、各年度の大賞ぐらいは知っておきたいものです(って自分が知らなかっただけなんですが)。

2004年

博士の愛した数式 (新潮文庫)
博士の愛した数式 (新潮文庫)

2005年

夜のピクニック
夜のピクニック

2006年

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)
東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)

2007年

一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-
一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-

2008年

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー

2009年

告白
告白

2010年

天地明察
天地明察


●カテゴリー別My本屋大賞

◆ここでは「文庫」「新書」「文芸」「社会、経済、法律」「人文」「芸術」「コンピュータ」「児童書」「実用書」「コミック」「写真集」のカテゴリーごとに、書店員さんたちのオススメを紹介。

まぁ、そもそも当ブログで取り扱ってないカテゴリーがほとんどなんですが、私は、新書以外はほぼ全滅でございました。

一応ご紹介済みだったものを……。

プロアナウンサーの「伝える技術」 (PHP新書)
プロアナウンサーの「伝える技術」 (PHP新書)

参考記事:【名手の技術】『プロアナウンサーの「伝える技術」』石川 顕(2011年02月21日)

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)
考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)

参考記事:「考えないヒント」小山薫堂(2006年12月05日)

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

参考記事:【新マーケティング】『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる』佐々木俊尚(2011年02月09日)

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門
アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門

参考記事:【時間管理術】『アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門』Staffan Noeteberg(著), 渋川よしき,渋川あき(翻訳)(2010年12月19日)


■本屋はアミューズメントパークだ。

◆品揃え以上に、「個性」で勝負している書店さんあれこれ。

その中からいくつかご紹介してみます。

★青山ブックセンター本店



★リヤカー・ブックス



★SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS



★on Sundays



リンク先のサイトですと、必ずしもリアルショップの雰囲気が伝わりきれないので、できれば本書の画像を見て頂きたいところ。

また、後半部分では、スペースは小さいものの、専門ジャンルごとのお店紹介もあるので、こちらも必見。


■プロがオススメする。シチュエーション別リコメンドBook。

◆こちらでは5人の「プロ」(ブックコンシェルジェ&書店員)が、シチュエーション別にオススメ本を紹介。

「元気が欲しいとき」「ワクワクしたいとき」「泣きたいとき」「上司に叱られて凹んだとき」「子供が生まれたとき」等、全部で10の状況ごとに各人が1冊ずつ挙げてらっしゃいます。

そしてこれまた、私にとっては「読んだことがない本だらけ」なので、どれがオススメとか選びようがなく。

一応、個人的に気になる本はこんなところかと。

●上司に叱られて凹んだとき

就職しないで生きるには
就職しないで生きるには

●泣きたいとき

わたしが救われたたった一言
わたしが救われたたった一言

●元気が欲しいとき

それでも「人と会おうよ」 (新講社ワイド新書)
それでも「人と会おうよ」 (新講社ワイド新書)

私もこれらのシチュエーションでオススメ本を選んでみようとしたのですが、当ブログで取り上げているような本はなかなか難しいので断念。←ヘタレ


■POPは本を物語る

◆リアル書店ならではの販促グッズ「POP」。

ここでは、POPがスゴイお店とそのお店の「POPマスター」にPOP作りの秘訣をインタビュー。

ただでさえインパクトのあるPOPが、「これでもか」、とばかりに列挙されていて、ぶっちゃけ目がチカチカしましたがw

なお、登場されているPOPマスターの中には、本までお出しになっていらっしゃる方も!

書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる
書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる

実際、POPのおかげで爆発的に売れて話題となった作品もあるわけですから、書店員さんや出版社の方なら一読の価値はありそうです。

そう言えば、当ブログでも、こんなジェネレーターを使ったことがありましたっけw


参考記事:【ネタ満載】「仕掛力」村松美尚(2009年03月03日)


【おわりに】

◆簡単ですけど、この辺で。

できるだけご紹介してみたつもりですが、下記目次にもあるように、割愛しているコーナーもいくつか。

特に、装丁のコーナーは本来取り上げるべきだと思ったものの、存じ上げている方がいらっしゃらなかったので、泣く泣くカットしました。

この辺は、文芸系の書籍中心の装丁家さんだからなんでしょうかね……と自分の無知を棚に上げてみるテスト。


◆また、装丁のコーナーに限らず、本書は基本的には文芸系というか、「非ビジネス書」色が強いです。

それ故、今回ご紹介するかどうか迷ったのですが、何やかんや言っても、自分自身本屋さんが好きなもんでw

小学校の文集で「本屋さんになりたい」(「著者になりたい」にあらずw)と書いたのは伊達ではありませぬ。

それに、音楽の好みもハードロックからプログレ、R&B、ヒップホップとそれぞれのジャンルを聴いている時は、まさか他のジャンルにハマるとは思ってなかった、というタイプなので、いつか文芸にハマる日もくるかもしれないワタクシ。

そうでなくとも、たまにはこういうセレクトも「アリ」だと思いまする。

本屋さんへ行こう (エイムック 2149)
本屋さんへ行こう (エイムック 2149)
書店はみんなのパラダイス!
●決定!My本屋大賞。
・本屋大賞とは一体!?本屋大賞理事に教えていただきました。
・今年の栄光はどの手に?2011年本屋大賞ノミネート作。
・決定!個人的My本屋大賞。
・過去の本屋大賞を振り返ってみる。
・今、買うべきリコメンド本。

●本屋はアミューズメントパークだ。
・青山ブックセンター本店
・SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS
・リアカーブックス
・COW BOOKS
・BROOKLYN PARLOR
等など…

●奥深き専門書の世界

・プロがオススメするシチュエーション別珠玉のリコメンドブック。
・POPは本を物語る。
・本屋で発見した新しいBookのカタチ。
・知られざる装丁の世界。
・ブックカバー、読書の愉悦
・あらためて文学賞


【編集後記】

◆今日ご紹介した本に関連して。

12人の優しい「書店人」
12人の優しい「書店人」
書店経営の最先端が分かる本。紙から電子の時代へ。激動する出版業界を、販売面から支えるリアル書店。流通する「知」の最前線にある挫折、芽吹く希望。紙の本と生身の人間とが交差する、12の人生を追う―渾身のルポルタージュ。
書店員でもないのに興味津々の自分w


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「書店」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)書店このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。