スポンサーリンク

2011年03月20日

【個人ブランディング】『会社でパッとしない人の「うだつ」の上げ方』小関敦之


会社でパッとしない人の「うだつ」の上げ方
会社でパッとしない人の「うだつ」の上げ方


【本の概要】

◆先日、はてブ人気記事に入っていたのがこの記事。

無知の痴の輪で築地市場が混乱 - 連れ込むな! 私は急に 泊まれない/ウェブリブログ 無知の痴の輪で築地市場が混乱 - 連れ込むな! 私は急に 泊まれない/ウェブリブログ

築地は私も地元なだけに、「困ったもんだ」と思ってたのですが、実は、築地市場の飲食店は、場内も場外も未体験だったりします。

それに対し、今日ご紹介する本の著者である小関敦之さんは、"築地王"として名高く、築地の飲食店のガイドブック『築地 これ食べるならここ!』(「グルマン世界料理本大賞」ノミネート)なんて本まで出されてらっしゃるお方。

果たして「うだつの上がらなかった」(ホントですか?)小関さんが、いかにして現在の地位を築かれたのか?

個人ブランディングに関心のある方、本を出されたい方なら必見です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

第1章 「好き」を極めてうだつを上げた人たちの秘密
      ――3人の「うだつ上げ」成功者に見る成功の秘訣

第2章 自分という商品を作る!
      ――「うだつ上げ」商品開発戦略・準備編

第3章 ブログで商品に磨きをかける!
      ――「うだつ上げ」商品開発戦略・展開編

第4章 編集者という名のバイヤーを攻略し、メジャーリーグデビューしよう!
      ――「うだつ上げ」販売戦略

第5章 結局やらなきゃうだつは上がらない
      ――「うだつ上げ」メンタルトレーニング


【内容&所感】

◆昨日ご紹介したご本の著者である高畑さんは「文具王」で、この小関さんは「築地王」

実はお二人のお名前の由来は、今はなき(2006年終了)テレビ番組、『TVチャンピオン』にあります。

「やはりテレビ出演は大きい」「やっぱテレビに出ないとだめなのか?」と思いがちですが、こと小関さんにとってはそうでもなく。

というのも、番組内で優勝し、「築地王」となっても、何のオファーもなかったのだとか。


◆さて、そこから小関さんのトライが始まります。

詳しくは本書に譲るとして、ひとつ言えるのは「人の縁は大切だな」ということ。

ちょっとしたパーティの後の飲み会の席で話していたことが、するすると処女作につながったのだそうです。

築地で食べる 場内・場外・”裏”築地 (光文社新書)
築地で食べる 場内・場外・”裏”築地 (光文社新書)

この本、私もよく知っているブックファースト銀座店のランキングで「4週連続総合トップ」となったとのこと。


◆とはいえ、「縁が大事」と人脈作りに励んでも、「コンテンツがないとどうしょうもない」のもまた事実。

小関さんの場合は、ご自身で公開されていたWeb日記(当時はブログはまだ広まってなかった)に、職場のある築地で食べたものを記録されていました。

結果的に、デビュー作やその後の著作、さらには雑誌でのグルメ記事でも、この時のコンテンツやそれらの書き方が役立ったのだそう。

やはりコツコツと続けておくことは大切なんですね。


◆もちろん、こういったコンテンツは紙に書いて誰にも見せないのではなく、積極的にWeb上で発信すべき。

メルマガやTwitter、SNSでの日記等色々ありますが、小関さんのオススメは、ずばり「ブログ」です。

第3章ではブログを使うべき理由や、具体的な書き方を解説されていますので、必ずしも出版まで目指さない方でも、このパートは要チェック!

もっとも、現在ブログを続けている方が、今さらテーマを変えるのは難しいんですけどね。


◆逆に第4章では、モロに「出版マーケティング」「出版ブランディング」的な内容なので、この本をお読みの方なら、既知の内容も多いかも。

出版で夢をつかむ方法
出版で夢をつかむ方法

参考記事:【ヤバ本】「出版で夢をつかむ方法」吉江 勝(2010年06月16日)

ここでは、小関さんご自身の「編集者の記憶に残り、かつ興味をひく名刺」が掲載されていますので、これまたご参考のこと。

そう言えばアソシエのこの号で、私の名刺は小関さんの名刺と共演したんでしたっけw

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2009年 11/17号 [雑誌]
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2009年 11/17号 [雑誌]

参考記事:【ブランディング】「日経ビジネスアソシエ2009年11月17日号」の「人生を変えるアピール術」(2009年11月03日)


◆私自身を考えてみても、ブログを地道に続けていたことで、聖幸さん勝間和代さんとたまたまお知り合いになれました。

また、本田直之さんが私を知ったのも、やはりこのブログ経由だったとのこと。

Twitterから今やFacebookに話題の中心はシフトしていますが、小関さん流に「うだつ」を上げるには、ブログは必須です。

Twitterを始めてから、ブログがお留守気味の方が多いですが、本書を読んで、ぜひブログを復活させて頂きたく。


個人ブランディングを確立させたい方に!

会社でパッとしない人の「うだつ」の上げ方
会社でパッとしない人の「うだつ」の上げ方


【関連記事】

【ヤバ本】「出版で夢をつかむ方法」吉江 勝(2010年06月16日)

【ブランディング】「日経ビジネスアソシエ2009年11月17日号」の「人生を変えるアピール術」(2009年11月03日)

「パーソナル・マーケティング」をうまく使う、たったひとつの冴えたやりかた(2009年11月18日)

【二足のワラジ】「ハイブリッドワーカー 会社勤めしながらクリエイティブワークする」ヨシナガ(2009年08月18日)

「プチクリ!」岡田斗司夫(著)(2006年07月10日)


【編集後記】

◆気になる1冊。

好きなことを仕事にして成功する方法 夢を実現させるためのセルフマネージメント術
好きなことを仕事にして成功する方法 夢を実現させるためのセルフマネージメント術
「好きなことを仕事にする」にはコツがある!芸能界で数々のタレントを成功させてきた著者が教える、プロの世界で活躍し続けるためのセルフマネージメント術。
「好きなこと」という点では、今日ご紹介した本とも共通する感じですね。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(0)ブランディングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51914694