スポンサーリンク

2011年03月01日

【Amazon】このブログでの人気本(2011年02月ランキング)





【はじめに】

◆今日お送りするのは、月初恒例の当ブログにおける「アマゾンアソシエイト売上ランキング」

夜中の3時に更新されたデータを集計して、いち早くお届け致します(でも眠い〜w)。

参考までに、当ブログの過去3ヶ月の各月のランキングを。

2011年01月分

2010年12月分

2010年11月分

今回は、終盤で猛烈な追い上げがありました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!





【売上ランキング】

第20位

合格(ウカ)る技術
合格(ウカ)る技術

『速読勉強術』で知られる宇都出雅巳さんの、久々の勉強本がランクイン。

徹底した試験仕様の勉強法は、資格試験に挑戦する方なら身に付けておきたいものです。

参考記事:【力作!】『合格(ウカ)る技術』宇都出雅巳(2011年02月24日)


世界で稼ぐ人 中国に使われる人 日本でくすぶる人
世界で稼ぐ人 中国に使われる人 日本でくすぶる人

◆当初は英語勉強本なのかと思って読み始めたのですが、それだけではありませんでした。

グローバル時代のキャリアプランについて、考えさせられる問題作です!

参考記事:【オススメ】『世界で稼ぐ人中国に使われる人日本でくすぶる人』キャメル・ヤマモト(2011年02月26日)


第19位

[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!
[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!

◆美崎栄一郎さんの本気出した文房具本。

アナログメインな分、ロングセラーが期待できそうです。

参考記事:【文房具】『[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術』から選んだ文房具10選(2011年01月30日)


第18位

もし御社の公用語が英語になったら
もし御社の公用語が英語になったら

◆私にとっては、この本が「英語社内公用語」に関する最初の1冊であり、その内容に軽い衝撃を覚えて、その後似たようなテーマの本を読み漁るようになりました。

英語の学習法に関する記述もありますが、むしろ「全般的に考えるべきポイント」が多数含まれています。

参考記事:【英語公用化!?】『もし御社の公用語が英語になったら 生き残るための21の方法』森島秀明(2011年02月05日)


第17位

誰とでも仲良くなれる人の聞き方・話し方
誰とでも仲良くなれる人の聞き方・話し方

◆元々は人付き合いが苦手の著者による、コミュニケーション本。

伊達に「3000人に声をかけて」データを集めていない「力作」です。

参考記事:【会話力】『誰とでも仲良くなれる人の聞き方・話し方』岩崎一郎(2011年02月19日)


第16位

超ビジネス脳の作り方 速読で脳と仕事が変わる! (別冊宝島) (別冊宝島 1731 スタディー)
超ビジネス脳の作り方 速読で脳と仕事が変わる! (別冊宝島) (別冊宝島 1731 スタディー)

軽めの装丁に、ムック本ということで、ナメてかかったのですが、意外や濃厚!?

速読とは関係ないものの、土井英司さんのお話も、得るところが多かったです。

参考記事:【速読】『超ビジネス脳の作り方 速読で脳と仕事が変わる!』(2011年02月17日)


第15位

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!
図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

◆今回も登場の、当ブログの2009年&2010年2年連続売上ランキングのトップとなった定番本。

この調子だと、ホントに3年連続売上ランキングトップもありそうなw

参考記事:<【記憶&速読】「図解超高速勉強法」椋木修三/A>(2008年05月04日)


第14位

ソーシャルネイティブの時代 ネットが生み出した新しい日本人 (アスキー新書)
ソーシャルネイティブの時代 ネットが生み出した新しい日本人 (アスキー新書)

◆未だかつて、こんなに興味深いアンケート&分析があっただろうか、という位に楽しめたご本。

マーケットに関わっている方なら、マストです!

参考記事:【スゴ本】『ソーシャルネイティブの時代 ネットが生み出した新しい日本人』遠藤 諭(2011年02月13日)


第13位

残念な人の英語勉強法
残念な人の英語勉強法

「残念な人」シリーズの山崎さんの新刊は「英語勉強本」でした。

結構テクニカルなことまで収録されていてこのお値段というのは、個人的にはアタリだと思われ。

参考記事:【英語】『残念な人の英語勉強法』山崎将志(2011年02月14日)


第12位

大金持ちも驚いた105円という大金
大金持ちも驚いた105円という大金

◆下記参考記事でも触れたように、成毛眞さんのブログで一番売れた本

内容が悪くないだけに、もうちょっとマシなタイトルにしていれば、もっと売れたでしょうに……。

参考記事:【せどり道】『大金持ちも驚いた105円という大金』吉本康永(2011年02月04日)


第11位

個人事業、フリーランス、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。
個人事業、フリーランス、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。

◆本来、当ブログではご法度(?)の税務関係本。

それでもこれだけお買い上げ頂いたのは、著者の岩松さんのお人柄なのかも。

参考記事:【速報】『「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。』アマゾンキャンペーンのお知らせ(2011年02月15日)


第10位

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト
ゆたかな人生が始まる シンプルリスト

◆リストの効果は分かっていても、「ToDo」や「やりたいこと」位しか作ったことがない方なら必見の1冊。

リストを作ることによって、改めて自分という人間のことが良く分かるような気がします。

参考記事:【リスト化】『ゆたかな人生が始まる シンプルリスト』ドミニック・ローホー(2011年02月15日)


第9位

魔法のシートで行う驚異のタイムマネジメント
魔法のシートで行う驚異のタイムマネジメント

◆私の弱点でもある「時間管理」に関する新作。

ただ、「最も重要な仕事を1日1つだけ決める」というのは、意識するようになりました。

参考記事:ダメ人間のための『魔法のシートで行う驚異のタイムマネジメント』の5つのコツ(2011年02月06日)


第8位

P&G式伝える技術 徹底する力―コミュニケーションが170年の成長を支える (朝日新書)
P&G式伝える技術 徹底する力―コミュニケーションが170年の成長を支える (朝日新書)

◆1月に続いてランクインした、P&Gの強さの秘密を探る1冊。

考えてみたら、P&Gこそ「英語が社内公用語」でしたね。

参考記事:【P&Gの秘密!?】P&G社員が優秀と言われる5つの理由(2011年01月16日)


第7位

必ず覚える!1分間アウトプット勉強法 (PHP新書)
必ず覚える!1分間アウトプット勉強法 (PHP新書)

◆当ブログでも何度か申し上げていますように、齋藤 孝先生は多作がゆえに、ある程度本を選ぶ必要があります。

本書はそんな齋藤先生の作品の中では、当ブログ的には「当たり!」な1冊かと。

参考記事:いまさら聞けない「『必ず覚える!1分間アウトプット勉強法』」超入門(2011年02月18日)


第6位

ラクに勝ち続ける働き方
ラクに勝ち続ける働き方

◆2月最もはてブを集めたのがこの本の記事なのですが、売上的には若干伸び悩みました。

とはいえ、仕事を効率化したい方なら取り入れたいTIPSが、多々収録されています。

参考記事:現役東大生もびっくり 驚愕の『ラクに勝ち続ける働き方』(2011年02月25日)


第5位

「女を楽しませる」ことが男の最高の仕事。 (だいわ文庫)
「女を楽しませる」ことが男の最高の仕事。 (だいわ文庫)

◆そもそもがモテ男である中谷彰宏さん。

真似ても同じようにモテるのは難しいと思ったので、とりあえず「やったらアカン」ことだけまとめたのが、下記参考記事でござますw

参考記事:【モテ】『「女を楽しませる」ことが男の最高の仕事。』に学ぶ7つのNG(2011年02月02日)


第4位

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)
高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)

勝間和代さん久々の得意分野での新書がベスト5入り。

本書を読むと、なぜ勝間さんの生産性が高いのかが分かります。

参考記事:【必読!】『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』勝間和代(2011年02月03日)


第3位

CIRCUS (サーカス) 2011年 03月号 [雑誌]
CIRCUS (サーカス) 2011年 03月号 [雑誌]

◆今まで雑誌がランクインしたことはありましたが、ここまで上位というのはなかったかも。

確かにテーマ的には「仕事術」なので、当ブログでウケるのは分かるのですが、それにしても大人気でした。

参考記事:【仕事術】「結果を出す人のスピード仕事術」@『CIRCUS』がなかなかやりおる件(2011年02月11日)


第2位

あなたを天才にするスマートノート
あなたを天才にするスマートノート

◆月末ギリギリでご紹介したのに、たった2日でこの順位まで登りつめました。

内容的にも納得感のあるオススメの1冊です。

参考記事:【スゴ本】『あなたを天才にするスマートノート』岡田斗司夫(2011年02月27日)


第1位

「週4時間」だけ働く。
「週4時間」だけ働く。

◆1月最終日にご紹介した本が、結果的にズレ込んで2月の1位に輝きました。

とはいえ、1月でも3位に入っているわけですし、これは年間ランキングでもいいところにいくかもしれません。

参考記事:【速報】『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』の拡大アップデート完全版がついに登場した件(2011年01月31日)


【感想】

◆2月はそもそも、通常月よりも2〜3日少ない以上、当初はあまり期待していなかったのですが、蓋を開けてみたら大健闘でした。

もちろん、好調だった1月を合計では若干下回ったものの、1日当たりに換算すれば実は上回っております。

その大きな要因は、お馴染み「はてなブックマーク」

さすがに、50以上のブクマが付いた記事が9つもあったのは大きく、特に最後の4日間で2回ホッテントリに入ったのは、ダメ押しになりました。


◆そんな2月のはてブ記事でも敵わなかったのが、1位の『「週4時間」だけ働く。』で、集計初日からほぼ独走状態。

このまま何の障害もなく逃げ切るかと思ったのですが、これまた月末になって紹介した『あなたを天才にするスマートノート』に猛追され、最終的には僅差での1位となりました。

あと数日あれば、おそらく逆転されていたでしょうし、これもまた28日しかなかった2月ゆえの結果かと。

もちろん逆に、その数日で紹介した別の本にまくられることもあるのですがw


◆さて、ジャンルごとに見てみると、今回は久々に勉強本が躍進しました。

ド定番の『図解 超高速勉強法』のほか、7位の『必ず覚える!1分間アウトプット勉強法』と13位の『残念な人の英語勉強法』、さらに20位の『合格(ウカ)る技術』の計4冊がラインイン。

ただ、『残念な人の英語勉強法』は、もう1冊の20位の『世界で稼ぐ人 中国に使われる人 日本でくすぶる人』や18位の『もし御社の公用語が英語になったら』と一緒に、「英語公用語化」の流れで考えた方が良いのかもしれません。

一方、もう1つの定番ジャンルのモテ本は、今回は中谷先生の『「女を楽しませる」ことが男の最高の仕事。』のみ。

それ以前に、「モテ本自体を紹介していない⇒定番本が露出しない」というマイナスのスパイラルに入っているので、ダメ元でも多少はモテ本を取り上げてみるべきなのかも。


◆というわけで、1月に続いて、2月も「不安定(?)な」展開となっております。

これは1月にも懸念したように、アクセスや売上がホッテントリに左右されるようになり、私自身の予想が立てられなくなりつつあるからなのですが。

とはいえ、たとえ反応がイマイチであろうとも、自分が「面白い!」と思った本を、今後もご紹介していく次第。


皆様、今月もよろしくお願い申しあげます!


【編集後記】

◆というわけで、さっそくモテ本を仕入れてみましたw

女性を味方にする言葉、敵にする言葉 (PHP文庫)
女性を味方にする言葉、敵にする言葉 (PHP文庫)

文庫本なので、スベっても気にしないww


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51909640