スポンサーリンク

2011年02月27日

【スゴ本】『あなたを天才にするスマートノート』岡田斗司夫


あなたを天才にするスマートノート
あなたを天才にするスマートノート


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、オタキングこと岡田斗司夫さんの3冊同時発売のうちの1冊。

当ブログ的に、一番ツボなテーマだと思われる「ノート術」のご本、『あなたを天才にするスマートノート』です。

「天才にする」ですとか、「驚異のノート術」とあり、ちょっとマユツバだなー、と思って読み始めたものの、あらびっくり!

効果の性質も、その大きさも、想像をはるかに上回るものでした。

連日スゴ本が続いていて、ちょっとクドイようですが、この本もまたオススメせざるを得ません!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

僕はこんなノートをつけてきた

まえがき――ノートで「楽に」天才になる

スマートノートの段階(フェーズ)進行

第1フェーズ 5行日記をつける!

第2フェーズ 行動採点をする!

第3フェーズ 論理訓練を始める!

第4フェーズ 見せてお話をしてみよう!

第5フェーズ 脳内リンクが始まる!

第6フェーズ 知識から教養、見識へ!

第7フェーズ ついに世に出る!

あとがき――FREEexシステムについて


【ポイント】

■1.天才の条件とは?
「天才」とは、以下のような3つの能力を兼ね備えた人です。

1)発想力
2)表現力
3)論理力

 
 このそれぞれに関して高い能力を持ち、それが強い主体性によって1つの人格の中にまとまっている状態。
 これを「天才」と言います。(詳細は本書を)


■2.行動採点に反省や後悔は無用
 点数が低いと、人間は意識しなくてもごく自然にやらなくなったり逃げるクセがついてきます。それがこの第2フェーズの目的です。(中略)

 スケジュール術や仕事術などの本で「時間の節約をしよう!」という呼びかけをよく見かけます。
 でも、そうやって時間を節約する努力なんかより、自分で評価した「採点の低かった行動は繰り返さない」という方が、毎日楽しくなるし、結果として時間も節約できます。(中略)
 まず、ひたすら「行動記録」。
 そのあとに「行動採点」。
 これがもっとも効率のいい、幸せへの近道です。


■3.ノートでウツ症状が消えた
 本当にビックリしました。人から指摘されるまで気づかなかった。
 そう、私のウツ症状が治ったというか、とりあえず「忘れてしまうほどに軽微になった」のは、明らかにスマートノートの成果じゃないですか!
 第1フェーズの「今日、あったこと」だけを書くという行為。
 第2フェーズの「それに採点して、マイナスはつけない」という思想。
 これらはすべて「ウツ」で苦しかった頃、頭の中でしていたことをルール化したものだったんです。


■4.悩みの"ジャグリング"をやめてノートに書き出す
悩みの本質、苦しさの本質というのは、「複数の問題を頭の中でグルグルと回している状態」から生まれるのだと気付きました。
 これを私は「頭の中でジャグリングしてる」と呼んでいます。
 ノートを取らずに悩むことは、悩みをジャグリングのように空中で回しているのと同じことです。(中略)

 それよりも、ジャグリングしているものをいったんテーブル上に並べて、腕を組んで考えた方が、事態を冷静に見ることができるでしょう。
 記憶だけに頼って脳内で覚えておこうとすることがジャグリングなら、それをテーブル上に並べて一目で見られるようにするのが「紙に書きだす」です。


■5.解決法は「なぜ」をしっかり考えると生まれてくる
 充分に「なぜ?」と考えたあとで、「じゃあ、どうする?」と解決法を考えると、ちゃんとした答えに行きあたります。
 しかし、多くの人が物事を考えるとき、すぐに解決法を考えてしまいます。解決法を考えることを「考える」と思っている人があまりに多い。(中略)

「仕事、やめたい」と思った時、「じゃあどうしよう?」「次の仕事、なににする?」といきなり考えてはいけません。「なぜやめたいのか」を充分に考えること。
「なぜやめたいのか?」という疑問の中に、絶対に「次の一手へのヒント」が隠されています。


■6.相談された時の使い方
 たとえば、友人から恋愛相談を受けた場合。
 白紙のノート見開き2ページにメモ取りながら話を聞いてみてください。
 まず相手の話を右ページに箇条書きします。(中略)

 次に右ページに箇条書きした内容を一緒に見ながら、左ページに相手が言いたかった要点をまとめたり、図解を描いたりしてみます。
 そうすると、相手も感情だけにとらわれずに、冷静に状況を見ることができるようになります。左ページには互いに同意できたやりとりが残ります。(中略)

 やってみたらわかりますが、相手はものすごくビックリします。
 あなたのことを、とんでもなく頭が良い、と思い込むかもしれません。


■7.効率追求のみを求める方法を続けると、脳は涸れてしまう
 脳は一時的な効率追求で、たしかに生産性は上がる。だから効果があるとみんな思って、新メソッドに飛びつく。
 しかし同時に、脳は工場ではない。生産ラインを作るように思考プロセスは作れない。だからみんな、身につけたはずの思考法がいつの間にか上手く作動しないことに気付く。
「はは〜ん、耐用年数が過ぎたんだな。どれ、新型の海外製新思考法でも導入するか」と考える。

 違います。「思考法が古くなって作動しない」ではなく、あなたの脳内農場は「収穫物を促成栽培で作りすぎて、涸れ地になってる」だけの状態なのです。


【感想】

◆読み始める前は、タイトルの「あなたを天才にする」という部分から、本書は「アイデア系」の内容だと思っていました。

それはもちろん、ある意味正しいものの、個人的にはむしろ「それ以外の部分」が目からウロコ。

岡田さんがウツ症状だったことは知りませんでしたし、それ以上に、スマートノートによって症状が改善していたとはビックリです。

さらに、ポイントの5番目は第3フェーズの論理訓練のお話なのですが、もろに「問題解決」に通じること。

「なぜ?」「ということは?」以外にも「過去はどうだった?」「他に似たことは?」といった掘り下げや連想等の作業を行います。

そしてポイントの6番目のように相談にのる、ということは、「コミュニケーション」の一環とも言えるかと。


◆こういった様々な機能(効果)を持つスマートノートについて、本書では岡田さんの実際の手書きノートの実例を多数収録しています。

実は、53万部ベストセラーの『いつまでもデブと思うなよ』執筆の陰には、スマートノートの存在があったわけで。



特に本書の冒頭の「僕はこんなノートをつけてきた」には、見開き2ページで解説付きのノートが掲載されていますので、書店でチェックされるなら、まずこちらから。

六本木ヒルズで講演した際のノートもありますし、これは、もう当ブログをご覧のビジネス書著者の皆様は、必読ですね!←アサマシw


◆また、ポイントで挙げられなかった中にも興味深いネタがいくつもありました。

例えば、「『7つの習慣』等のミッションステートメント系のノート術に対する批判」

詳しくは本書を読んで頂くとして、私も岡田さんのお考えになるほど納得。

実際、有名な「イエール大学の目標達成の達成研究は実際には行われていなかった」というお話が、この本にもありましたし。

その科学が成功を決める
その科学が成功を決める

参考記事:「その科学が成功を決める」がもっと評価されるべき5つの理由(2010年03月23日)

他にも衝撃的(?)だったのが、岡田さんが勝間さんを「師匠」と見立てて、熱心に研究されている(オフィシャルサイトの分析ノートもアリw)こと。

岡田さんが、勝間さんをテーマに講演をされたら、かなり面白いことになりそうなw


◆一方、TwitterやFacebook、ブログをおやりの方(またはこれから始められる方)にとっては、このスマートノートでトレーニングすることにより、確固たる地位を築けるかも。

「人気ブロガーは、あたりまえのことが起こったときでも、面白いことが書ける」、というのは確かにあります。

上記の目次にあるようなフェーズをキチンと踏まえてスマートノートを書き続ければ、それは決して不可能ではないと思われ。

一応、本書では第7フェーズでのデビューを推奨しているんですけどねw

いずれにせよ、「仕事以外でノートを取らない私が、初めてやってみたくなった」という点で、物凄く期待してます。


全てのビジネスパーソンにオススメしたい1冊!

あなたを天才にするスマートノート
あなたを天才にするスマートノート


【関連記事】

【オススメ】『未来改造のススメ 脱「お金」時代の幸福論』岡田斗司夫&小飼 弾(2010年07月31日)

【アイデア】『自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法』米光一成(2010年12月27日)

【スゴ本】「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ」桝田省治(2010年03月21日)

【再録】★「ハンバーガーを待つ3分間の値段」斎藤由多加 (著)(2006年01月18日)

【スゴ本!】「広告コピーってこう書くんだ!読本」谷山雅計(2008年01月15日)


【編集後記】

◆本書と同時発売のこの2冊も要注目!

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人
人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人

今日のご本が良かったので、こちらも読んでみたいな、と。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「アイデア・発想・創造」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(4)TrackBack(0)アイデア・発想・創造このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51909063
この記事へのコメント
smoothさん

こんにちは。面白そうな本です!
解決法の前に「なぜ」を考えるとかツボです。もしかしたら、当たり前のことかもしれないですが(笑)。買います♪
Posted by 赤っぴ at 2011年02月27日 11:59
私も三冊注文し、人生の法則が先に届いたので読みました。
人間のパターン化も、人間関係に悩んでいる人にはオススメです!
ノート本も先ほど届いたので、読むのが楽しみです!
Posted by あきのり♀ at 2011年02月27日 15:23
smoothさん、こんにちは!
今日の電車のお供はこの本だったので、帰宅してブログみてビックリ!なかま〜です♪
ワタシも失敗談だけであれば山ほどかけるんですけどね(笑)。
ダイエット法同様、続けられそうなノート術なので、ワタシもがんばってみたいと思います!
Posted by ニャロメ at 2011年02月27日 17:22
どういう風の吹き回しか、女性陣によるコメントがw


>赤っぴさん

アマゾンアタックありがとうございます(涙)。
多分、赤っぴさんにはマッチしそうな気がします。
ところでRSSでチェックしてるんですが、咳大丈夫ですか?
ご無理なさらず。

>あきのり♀さん

おっと!すでに3冊ともゲットですか(汗)!
さすがですね〜。
『人生の法則』も良さそうですね。
当ブログも岡田さんに占領されてしまいそうなww

>ニャロメさん

ニャロメさんもゲット済みでしたか。
(・∀・)人(・∀・)ナカーマ
私もこのブログにこんだけ時間かかてなければ、絶対トライしてみたいノート術なんですが(涙)。
私の分まで頑張ってください!


Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2011年02月28日 06:08