スポンサーリンク

2011年01月23日

社会人なら押さえておきたい『稼いでいる人が20代からしてきたこと』


稼いでいる人が20代からしてきたこと
稼いでいる人が20代からしてきたこと

Kindle版アリ(何故か激安)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、自己啓発本の新刊。

タイトルの初っ端に「稼いでいる」なんてフレーズがあったので、一瞬ぁゃιぃ系かと思ってしまいましたが、むしろ、かなりオーソドックスな内容でした。

アマゾンの内容紹介から。
サラリーマンの生き方研究の専門家が「年収1800万円VS600万円」1000人実態調査から導き出す、より豊かで幸せな人生を送るための52の方法。
本書内でも、その「年収1800万円以上の人」と「年収600万円台の人」それぞれ500人ずつに行ったアンケートの結果が項目ごとに提示されており、これがなかなか興味深かったです。

そしてタイトルはお約束の(?)、「ホッテントリメーカー」作でございますw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

基礎編

3つの学び
学んだ人と学ばなかった人の違い
投資を惜しまず学習しよう ほか

「仕事に学ぶ」編

ビジョン
スキル
人間力 ほか

「独学で学ぶ」編

 生きのびるために学び続けよう
 勉強を1週間のスケジュールに組み込もう
 勉強嫌いを克服しよう ほか

「人に学ぶ」編

 人からの学びが一番大きい
 フロー人脈、アクティブ人脈の管理法
 人脈づくりはまずは社内から ほか


【ポイント】

■1.異動は飛躍のチャンス
 南カリフォルニア大学のモーガン・マッコール教授は、優秀な人たちはその成長過程でどのように「ひと皮むける」体験をし、成長していくかについて、十数年にわたって調査を行い分析した結果、「困難をともなう経験が成長を促す」と言ってる。
 また、ハーバード大学のJ・P・コッター名誉教授によると、全米の成功するリーダーには4つの共通する要素があるという。
 多様な経験、人間関係、ミスへの対応、ストレスマネジメントである。「多様な経験」とは、職場や仕事が変わることで、それによって飛躍的に成長することだ。


■2.出世する人の3つの共通点

●自信因子
 これまでのいろいろな職場で自分は実績を上げてきたし、これから別の仕事や別の会社に変わっても、自分は成果を上げる自信があるというものである。

●戦略因子
 自分が仕事の場面で、いろいろな提案をして、実行に努め、また部下にも戦略を示し、事業部や会社の経営戦略に貢献してきたということである。

●調整因子
 自分はある課題の遂行のために、人や時間や予算等のさまざまな要素を調整して、推進してきたということである。


■3.稼ぐ人は前倒し派が多い
 アンケートで、「金曜の夜、何をしているか」という質問に対し「翌週の準備をしている」と答えた人が「稼ぐ人」のほうが多く、「稼げない人」では、「その週のまとめをしている」という人が多かった。つまり、「稼ぐ人」は、前倒し派が多いのだ。
 なぜ前倒し派のほうがいいのか。まず、前倒し派の人は、早く仕事を終えてしまうので、自分の持っている時間やエネルギーのうち、その仕事が占める割合が少なくてすむ。その分、脳をからっぽにして、次のエネルギーをチャージしたり、勉強をしたり、別の仕事のプランニングをしたりする時間が多くなるわけだ。


■4.「ネガティブフィルター」でものごとを見る人の簡単な改善法
 その方法とは、寝る前に、今日あったできごとの中から、よかったことを3つ書く。これだけである。セリグマン教授は、これを1週間続けるとうつスコアが激減し、幸福度スコアが日を追って確実に増え続けていることを発見し、そのプログラムを提唱している。
 試しに私の教え子の大学生たちに1か月間やってもらったが、みな効果が感じられたという。


■5.本は汚しながら読む
 勉強は、汗をかかないと身につかない。汗をかくとは、ノートをとったり、何回も書いて覚えたり、身体で覚えるということ。効率は悪いがこうして身についたことはなかなか忘れない。本を汚すとは、本にフセンを貼ったり、直接どんどん思いついたことを書き込んだり、線をひいたりして、ぐちゃぐちゃにして1冊を終わらせる。
 この本から得たことで、ほかにも転用できそうだと思うノウハウは、手帳に控えたり、コピーをとってファイルしたりしてストックしておく。


■6.稼ぐひとはアウトプットを意識している
 アンケートの結果を見てみよう。
「稼ぐ人」の63.1%が、20〜30代の若い頃から勉強の成果をアウトプットする場を作っている。一方「稼げない人」は47.3%。15.8ポイントの差がある。「稼ぐ人」は若いうちから勉強にアウトプットを組み合わせ、学びの成果を体感して勉強する、という好循環を実現していた率が高いのだ。


■7.お金の動きから世界を見る
 余裕資金の中から、10万円でもいいから、ドル、投資信託、株式など、元本保証ではない金融商品を買う。元本保証でないことがポイントだ。リスクのあるものに投資することで、人はお金の動きにセンシティブになる。たとえば、海外旅行に行くために円をドルに換えたとしよう。すると、急にレートが気になるようになる。毎朝、新聞で今1ドルはいくらだろうと確認しないではいられなくなる。


【感想】

◆冒頭で申しあげたように、本書は「アンケート調査の結果」が、多くの項目でバックボーンとなっています。

そのアンケートについてもうちょっと詳しく触れておくと、「西山経営研究所では、2009年2月14日から16日にかけて、40歳以上の、個人年収1800万円以上の人(以下「稼ぐ人」)と、年収600万円台の人(以下「稼げない人」)それぞれ500人ずつにアンケート調査を行った」ということで、そもそも対象となっている層が「全て40歳以上」なのがミソ。

つまり、現時点で「若くして財をなした人」や、「就職氷河期でフリーター」の40歳未満の人は含まれていません。

そのせいなのかは分かりませんが、ほとんどの項目で「なるほどね〜」「そうだよね〜」の連続。

例えば、読書量も勉強量も稼ぐ人は稼がない人の約2倍だったり、年間自己投資額も、ほぼ同様だったりします。


◆一方、「年収アップにつながった勉強は?」という問いに対する、「稼ぐ人」のベストスリーの『1位「経営学」、2位「IT知識」、3位「語学」』のうち、「経営学」が1位、というのは、いかにも40歳以上だからのような!?

個人的には、若くして稼いでいる人が、経営学の勉強をしている、というのはあまりピンときません(もし勉強しているならスイマセン)。

この辺、先日ご紹介した、ちきりんさんの『ゆるく考えよう』にあったように、「数十年で変わること」については、あまり神経質にならない方が良いのかも。

ただ同様に、「時代の流れと関係ない部分」については、普遍的であるでしょうし、私も取り入れたいところ。

さっそくポイントの4番目にあった「よかったことを3つ書く」というのを、私もGoogleカレンダーでアカウントを1つとって始めてみましたw


◆なお、勉強については、本書でも現在の自分の仕事や将来に結びつくテーマについて行うことを推奨していますが、それ以上を目指す方のために、書籍が何冊か紹介されています。

例えば経済学の中級編としてこちらが。

スティグリッツ入門経済学 <第3版>
スティグリッツ入門経済学 <第3版>

この本は損益分析を深く研究されたい方向け。

政策分析入門
政策分析入門

こちらはお馴染みのマーケティング本。

コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 基本編 第3版
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 基本編 第3版

他にも興味深い本が何冊かありましたので、興味のある方は本書にてご確認を。


◆本書は、オーソドックスな内容である分、非常に読みやすく、流れるように読み切ってしまいました。

先日ご紹介した『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人』に比べて、「稼いでいる人」のハードルが低い分、実現性も高いハズ。

また、奇をてらったところもないですし、「これから自己啓発したい」、という方にはオススメできます。

ただ、逆に言うと既に大量の自己啓発本を読みまくっている方には、若干物足りない気がしないでもなく。

……とここでそう言っておいても、結局買っちゃうのが自己啓発書好き」なんですけどネ(自分モナーww)。

今回は7つしかご紹介してませんが、本書には50超のポイントがありますので、気になる方は、本書をご覧下さい。


自己啓発書好きの秘孔を突く(?)1冊!

稼いでいる人が20代からしてきたこと
稼いでいる人が20代からしてきたこと


【関連記事】

【スゴ本】『20代で人生の年収は9割決まる』土井英司(2010年12月21日)

【3000万】『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人』竹内正浩(2010年12月06日)

【自分軸の大切さ】『「思考軸」をつくれ』出口治明(2010年06月27日)

【処世術】「認められる力 会社で成功する理論と実践」太田 肇(2009年02月26日)

「仕事は、かけ算。」鮒谷周史(著)(2006年06月14日)


【編集後記】

◆今日の気になる1冊。

挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)
挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)

産業再生機構にいらっしゃった冨山和彦さんだけに、この内容は説得力がありそうです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(8)TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51899276
この記事へのコメント
とっても、勉強になりました!

ありがとうございます!
Posted by 齊藤正明 at 2011年01月23日 17:02
>齊藤正明さん

コメントありがとうございます。
お互い20代は過ぎてますが、地道に頑張りましょうw
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2011年01月24日 06:29
いつも拝見していますo(^▽^)o

本日の件で、質問をさせてください。

いいこと3つを書くためにカレンダーってどう使うのですか?

私もGoogleカレンダーは使っています。
Posted by ラッキー at 2011年01月24日 20:40
>ラッキーさん

はじめまして、コメントありがとうございます!
えっとですね、私も普通に使ってるGoogleカレンダーはあるのですが、一緒にしちゃうと見にくいので、アカウントから分けちゃいました。
ブラウザごと(IEとクローム)にアカウント分けているので、開けば即、カレンダーか、3つの記入用かに分かれています。
別アカの方は、それ専用にしているので、月表示であっても3つちゃんと読めるんで、いい感じですよ。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2011年01月25日 07:48
はじめまして。

参考にさせてもらいます。

これからもがんばってください!
Posted by 高村孝次 at 2011年01月25日 09:47
>高村孝次さん

はじめまして、コメントありがとうございます!
このブログが何かの参考になれば幸いです!
今後ともよろしくお願いします!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2011年01月26日 07:37
20代では無いですが、とても参考になりました。
『稼ぐ人は前倒し派が多い』これは確かにうなずけますね。
Posted by FMAction at 2011年02月28日 12:21
>FMActionさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
この本、タイトルには「20代」と入ってますが、気にしないで読んで頂ければ、どの世代でも参考になりますよね〜!
そして私は前倒しがなかなかできないタイプなのですがw←ダメじゃんw

今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2011年03月01日 04:33