スポンサーリンク

2010年11月15日

【気づかい】『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』能町光香


誰からも「気がきく」と言われる45の習慣
誰からも「気がきく」と言われる45の習慣


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「気がきかない」私にとっては、耳イタイ1冊。

著者の能町光香さんは、「日本人では数少ない上級米国秘書検定(CAP)合格者」で、重役秘書として主に活躍されてきた方なのだそうです。

アマゾンの内容紹介から。
いい人、優しい人、頭のいい人とはちょっと違う「気のきく人」。「気のきく」人は、余計なお世話をせず、感謝と信頼を集めるポイントをおさえているのです。相手の考えを理解し、先読みする技術と習慣を学びましょう。
思ったよりも仕事術系なのが、ちょっと嬉しかったりw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

第1章 いつでも気がきく人の3つの共通点

第2章 信頼される人の気づかいの習慣

第3章 臨機応変なコミュニケーションで敵をつくらない

第4章 細やかな配慮でやる気を引き出す

第5章 言いにくいことも言えるようになるスマートな伝え方

第6章 気配り上手の効率的なタイムマネジメント

終章 今さら人には聞けない、オトナの常識とマナー 5編


【ポイント】

■1.行動が伴なうと、気持ちがより伝わる

◆誰でも疲れているときに、気づかいの言葉だけでなく、何らかの「行為」があると、より一層嬉しかったりするもの。

例えば夜遅く、会議が終わって疲れているところに「お疲れ様でした」と言うだけでなく、一緒に飴やクッキーを渡したなら、きっと「気がきく」と思われます。
 これは、本当にちょっとしたことでもいいのです。
 言葉だけない何かを添えて、行動として見せることが本当の気づかいだと思います。
これはまさに「なるほど」なポイント。

ただ、私の場合は、行動以前に、「気づかいの言葉」すらも、忘れがちなんですがw


■2.タイミングを読む

◆一方、その行動以上に大切なのが、「タイミング」である、と。
 私もよく、「なんか集中できないなぁ」と思っていると、上司が「コーヒーが飲みたいな。ちょっとスタバに行かない?」なんて声をかけてくれることがありました。
 ほんの15分コーヒーを飲みに行き、他愛もない話をするだけですが、これが本当にいい気分転換になるのです。
 たぶん、私が疲れた顔をしていたのだと思います。
ただ、このタイミングを読むためには、相手をよく観察する必要があります。

私は会社員時代、飲み会で上司の話を熱心に聞くあまり、よくお酒を注ぐタイミングをよく逸して、手酌されていましたがw


■3.想像力で先読みする

◆著者の能町さんは、外国人が上司になったときに、新幹線の席を取る際に気をつけていることがあるそう。

それは何か?
…正解は、「必ず、富士山の見える窓側の座席を予約すること」でした。外国人ですと、やはり「マウントフジを見てみたい!」という方は多いのです。
これがもし、ノマドワーカーが上司になったらこうなります。


Togetter - 「@shigotanoさんが新幹線でやっているライフハック」

こうした細やかな準備や段取りに必要なのは、やはり「想像力」なんですね…って、大橋さんの例はちょっと特殊ですがw


■4.マネンジメントはしてもコントロールしない

◆能町さんがご覧になってきた限り、「いい上司」に共通する「いい接し方」と、「悪い上司」に共通する「悪い接し方」があるのだそう。

それは、「いい接し方」「マネジメント」であり、「悪い接し方」「コントロール」なのだとか。
たとえば人に何かお願い事を頼んでやってもらうことも、自分の身体を健康に保つのもマネジメントです。
 いい上司は本当にこれが上手で、自分のやりたいことに向けて人やものを動かし、その間に多くの人の信頼や感謝を集めてしまいます。(中略)

 一方、私の中でマネジメントと対義語になっているのが「コントロール」という言葉です。コントロールとは、日本語でいえば「支配」といったニュアンス。悪い上司は、人や組織に対してこれをやっていることが多い気がします。
これはまさに「子育て」にも言えることで、読んだ直後は深く反省致しました。

でも、その後、結局ムスメに「お片づけしなさ〜い!」と命令してしまったのですがw


■5.お礼には一筆添える

「お!お礼状なら自分もやってる!」とオモタのですが、プロはひと味違いましたw
 私はこのとき、カードだけではなく、ちょっとした贈り物も添えて、メッセージと一緒に届けることにしています。
 相手が女性なら「香りのいい石鹸」、男性なら「ハンカチ」、きちんとしたお礼なら「ネクタイ」を添えて、外国人の場合は「漆塗り風の手鏡(あくまで漆塗り"風"ですが)」…といった具合です。
しかも、こういったものは、あらかじめ大量に買い占めておくのだそう。

まさに「備えあれば憂いなし」ですね。


【感想】

◆自分自身、この本を読んで「出来ていない部分が多い」ことに、結構愕然としました。

いえ、そんなに気がきく方でもないことは認識しておりましたが、それにしても……。

例えば、上記でも触れたように、「お酒を注げない」というのは前々から気にはなっていたものの、最近は酒の席に出ていないこともあり、すっかり忘れていた次第。

「そうそう、タイミング計るのが下手だったんだ!」←今さらw


◆また、3番目の「想像力」の件で思い出したのが、「コピー取り」のお話。

会議の資料をコピーするよう言われた場合に、「どういう会議」「どういう出席者がいるか」等によって、コピーの取り方も変わってきます。

コピー取りも重要な仕事のうちの一つ|浜口直太の独り言

このレベルになるには、「想像力」だけでなく「観察力」も、当然必要だと思われ。


◆本書は最初に装丁とタイトルを見たときは、普通の「自己啓発系」の本だと思いました。

しかし実際は、「ビジネススキル」「コミュニケーション」「マネジメント」といった、ビジネスシーンでスグにでも実践できるものばかり。

その分(?)、45の習慣の中には「気がきく」こととちょっと離れたものもありますが、いつも通り「使えるものだけ使う」スタンスなら、全く問題ないかと。


出世できるのは、こういう気づかいができる人なのかも!

誰からも「気がきく」と言われる45の習慣
誰からも「気がきく」と言われる45の習慣


【関連記事】

【仕事術】『残念な人の仕事の習慣』山崎将志(2010年09月21日)

【出世する仕事術】「仕事ができる人に変わる41の習慣 朝イチでメールは読むな! 」酒巻 久(2010年03月19日)

【仕事術】「自分は評価されていないと思ったら読む本」から学ぶ7つのポイント(2009年12月30日)

【仕事観】「いい仕事ができる人の考え方」村山 昇(2009年04月06日)

【処世術】「認められる力 会社で成功する理論と実践」太田 肇(2009年02月26日)


【編集後記】

◆今日の本に関連して。

こんな言葉で叱られたい (文春新書)
こんな言葉で叱られたい (文春新書)

まさに「コントロール」ではなく、「マネジメント」にしなくては。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(2)TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51878437
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

これは!!!!まさに私に必要な一冊!!!! 買わせていただきます……。(涙目)
Posted by 赤っぴ at 2010年11月15日 20:43
>赤っぴさん

こちらこそ、ご無沙汰しております!
また、アマゾンアタックありがとうございます(涙)!

え?でも赤っぴさんて、気遣いできてそうなんですが、なぜに???
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2010年11月16日 03:08