スポンサーリンク

2010年11月12日

【計13冊】気になる本がまたもや溜まってきました


気になる本(11/12)











【はじめに】

◆私は常日頃、ネットやTwitter等で気になる本を見かけると、「あとで読む」でGmailのアドレスに飛ばしております。

それがどうも、2週間に1度くらいのペースで棚卸しをしておかないと、受信ボックスが溢れてしまうことが判明。

前回から既に2週間以上経ってしまいましたので、今日はその「あとで読むで飛ばした本」をご紹介しておこうかと。

既に買ってあるものも、そうでないものもございますが、計13冊、まとめてどうぞ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【気になる本13冊】

遊ばない社員はいらない
遊ばない社員はいらない
楽しさとファッション性で多くの消費者に人気のFrancfranc。創業は20年前で、いまでは全国に150店舗を構える上場企業で、著者の高島氏が社長を務める。流行に左右される業界で20年も親しまれてきた秘訣は、よく遊ぶこと。著者自ら、仕事は快楽であり、私が一番遊んでいると豪語する。

◆以前、『仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか!? 』読んだときにも「カッコエエ!」と思った高島郁夫さんの仕事術&ライフスタイル本。

Francfrancのようにセンスよくなりたい私には必読かも!?


30日で人生を変える 「続ける」習慣
30日で人生を変える 「続ける」習慣
本書では早起き、勉強、片づけ、禁煙、貯金、ダイエットの具体的な対策はもちろんですが、「続ける習慣」(習慣化する力)を習得することがメインテーマです。
どんなことでも習慣化できれば、人生はより豊かになり、仕事では結果を上げ続けることができます。

本書で紹介する「習慣化メソッド」は、優秀な経営者やビジネスマンが自然に行なっている「続けるコツ」「続ける仕組み」を体系化したオリジナルの手法です。

◆「習慣化メソッド(=続ける仕組み)」を、NLPやコーチングをベースに科学的に解説したご本、とのことで、これまた面白そうなw

なお、15日までアマゾンキャンペーン実施中なので、お買い求めはお早めに。

「続ける習慣」ご購入キャンペーン / 習慣化コンサルティング


Facebookをビジネスに使う本
Facebookをビジネスに使う本
いよいよ日本もtwitterからFacebookの時代へ!5年で年商を15倍にした会社はフェイスブックをどのように使ったのか!先端15社の事例に学ぼう!フェイスブックのすごい活用法!

Facebook本も、いつぞやのTwitter本ブームの時のように、このところガンガン出版されております。

その中でもこの本は、ネット上でよく目にしますし、これまたアマゾンキャンペーン実施中とのことですので、Facebookをビジネスで活用されたい方は要チェックで!

Facebookをビジネスに使う本のキャンペーン。 | ソーシャルメディア研究所


心に響くコミュニケーション ペップトーク
心に響くコミュニケーション ペップトーク
ペップトークとは?スポーツの現場で発達した、短くてわかりやすく、記憶に残るスピーチです。本書ではビジネスシーンでペップトークを活用する方法をわかりやすく解説しています。

◆試合前等に選手を励ましたりするスピーチのエッセンスを、ビジネスに応用したもの。

現在、読みかけなのですが、思った以上にテクニカルで、記事を書く際にはどうまとめるべきなのか思案中です……。


未来型サバイバル音楽論―USTREAM、twitterは何を変えたのか (中公新書ラクレ)
未来型サバイバル音楽論―USTREAM、twitterは何を変えたのか (中公新書ラクレ)

◆アマゾンにも出版社サイトにも情報がないものの、既に津田さんのTLを見る限りでは、かなりの方が読まれているよう。

一応「リアル書店アタック」済みなんですけど、当ブログで紹介するのはテーマ的に難しいような?


口説く―人は必ず心を開く
口説く―人は必ず心を開く
『一番になる人』以来、つんく♂さんによるビジネスマン向け実用書。
つんく♂さんはメール・インターネット全盛の時代にあえて「泥臭い対面コミュニケーション」としての「口説き」を実践すること仲間や顧客を増やし、自分への自信と勇気を与えると提唱しています。シャ乱Qとして活動したミュージシャン、モーニング娘。プロデューサー、そしてTNX株式会社社長としての経験談・エピソードも満載。
つんく♂さん世代の30〜40代を中心としたビジネスマン向けに、ミュージシャン・プロデューサー・経営者としての体験から導かれる「成功するためのヒント」「生きるヒント」を熱く伝えます。
出版社サイトより)

◆その津田さんの本も話題にのぼった深夜のTwitterで知った1冊。

上記togetterが話題になった時は、アマゾンで在庫切れだったのですが、無事復活したようです。


成功をめざす人に知っておいてほしいこと
成功をめざす人に知っておいてほしいこと
『タイム』誌、『ニューヨーク・タイムズ』紙が絶賛する傑出した指導力!
バスケットボールの名監督が語る、能力を最大に発揮する方法。

「人生に対処するには、あなたは常に前向きでなければなりません。
それが正しい方法だからというのではなく、それが唯一の方法だからです」リック・ピティーノ

◆リアル書店では軒並み大規模平積み展開されている自己啓発本。

干場社長の記事もあわせてどうぞ!


誰も教えてくれなかった 飽きない!セックス
誰も教えてくれなかった 飽きない!セックス
「彼女が初めてイケた!」「マンネリエッチが変わった!」
4万件の悩みを解決した、3人の女性専門家が日本人特有の「隠れたセックスの不満」を解消!
人には言えないオンナの本音 “セックス力”を上げる12の具体例。

◆大ヒットとなった『女医本』(?)の隣で売られていたのがこちら。

当然恥ずかしくて、中身なんて見られませんってwww


ふせんでカンタン!テンミニッツ仕事整理術
ふせんでカンタン!テンミニッツ仕事整理術
朝、仕事前の10分を、ふせんを使って段取りを考える――それが「テンミニッツ仕事整理術」だ。
見える化、貼り替え、色分けで、もれなく、効率的に仕事が進む画期的なノウハウを全公開!

◆お仕事整理帳「テンミニッツ」の考案者さんによる1冊。

私も付箋は、読書の際には大活用しているものの、仕事では今ひとつなので、この本もチェックすべきかと。


これから24時間でかならず成長する方法
これから24時間でかならず成長する方法
これが24時間であなたを変える自己変革サイクルだ。日本初の「ポテンシャル・トレーナー」が自らを実験台に脳科学・認知心理学をベースにして開発した門外不出メソッド。

◆タイトルというか装丁がなんとなくあのTVドラマを連想させますが、それは置いといてw

「脳科学・認知心理学をベースにして開発した門外不出メソッド」なんて言われると、気になってしまいます。


毎日乗っている地下鉄の謎 (平凡社新書)
毎日乗っている地下鉄の謎 (平凡社新書)
地下鉄は味気ない?乗っても楽しくない?だが、北は札幌、南は福岡まで、全国9都市を走る地下鉄は、もしかしたら多くの人々にとって一番身近な鉄道かもしれない。その歴史から、地下を走る電車の疑問、地下鉄ならではの工夫など、知れば人に話したくなる面白話をたっぷり紹介。明日から地下鉄に乗るのが楽しくなる、うんちく、トリビア満載の“地下鉄百科”。

◆思い起こせば私は、目黒区に住んでいた時以外は、電車ではなくもっぱら地下鉄にお世話になっていたのでした。

この本も、ビジネスには使えないものの、面白そうです。


スティーブ・ジョブズの王国 ― アップルはいかにして世界を変えたか?
スティーブ・ジョブズの王国 ― アップルはいかにして世界を変えたか?
アップルの“革命”はここから始まった!
アップルの“神聖なる”社内を無制限で取材した唯一のジャーナリストにして、世界屈指のベンチャーキャピタリスト、マイケル・モーリッツによる伝説のクロニクル。
創業者の生い立ちから激動の創業期を追ったその内容は、繰り返し引用され、“アップル神話”の原典となっている。
ジョブズの追放、復活から現在までの軌跡を増補した新版で復刊!

「ジョブズ本の大本命」というウワサの1冊。

478ページというボリュームもスゴイです。


人生の指針が見つかる「座右の銘」1300 (宝島SUGOI文庫)
人生の指針が見つかる「座右の銘」1300 (宝島SUGOI文庫)
人生に迷った時、落ち込んだ時、救ってくれるのはただ一遍の「言葉」だったりする。偉人・賢人・才人たちが残した「言葉」は、どんな「自己啓発書」よりも人間の心を射る。幸福とは何か、人間とは何か、仕事とは何か、愛とは何か。彼らの言葉に解説など必要はない。古今東西の「箴言」「格言」を1300以上網羅した本書は、迷える人たちに「道標」を与えてくれるはずだ。

◆当ブログで、結構人気のあるのが、こういった「名言本」

まだ未チェックですが、1300も収録したら、解説はなさそうな気がします。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(0)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51877567